龍が如くをプレイする順番!どのシリーズから始めればストーリーがわかる?

人気ゲームシリーズの『龍が如く』その重厚なストーリーは、多くの若者や青年男性、そしてかっこいい男が好きな女性から支持されています。そんな龍が如くのシリーズの順番とストーリーの順番が違うのです。そんな龍が如くのストーリーの順番とおすすめな順番を紹介します。

目次

  1. 龍が如くシリーズをプレイする順番は?
  2. 龍が如くシリーズはどんなストーリー?
  3. 実在の繁華街をコンセプトにした重厚なストーリー
  4. 龍が如くシリーズの発売の順番は
  5. 龍が如くのシリーズの順番とは別の番外編
  6. 龍が如くシリーズのストーリーの順番
  7. ストーリーの順番として最初になる龍が如く0とは
  8. シリーズの順番を把握して龍が如くを楽しむ
  9. ストーリーを順番に追うのが無難か
  10. シリーズを順番にプレイしてその世界観を堪能しよう

龍が如くシリーズをプレイする順番は?

人気ゲームシリーズの『龍が如く』仁義の世界をリアリティたっぷりに表現するこのシリーズ。現在まで7シリーズ。そしていくつかの番外編のゲームがあります。

しかし、リリースされた順と時系列は同じではないので、そのプレイする順番に迷う人が多いようです。そんな龍が如くのおすすめのプレイの順番を紹介するとともに、その作品のストーリーを紹介します。

龍が如くシリーズはどんなストーリー?

龍が如くシリーズは累計で950万本を売り上げる人気作品。キャッチコピーは『伝説の男と100億の少女』というものです。龍が如くを規格したのはゲームクリエイターの名越稔洋でした。

1989年にゲーム会社のセガに入社し、『バーチャレーシング』や『バーチャファイター』などの、後に人気作品となるゲームのCGデザイナーとして参加しました。1994年にはいまだに根強いファンのいる『デイトナUSA』をプロデュースし、その後はディレクターとして、ゲームを制作する立場に回りました。

様々なシリーズに関わった名越稔洋が生み出した龍が如く

一度は子会社の代表取締役になった後に、改めてセガに再統合され、セガR&Dクリエイティブオフィサーとして、ゲーム開発に関わります。

その前後に、名越稔洋は、実在の繁華街をコンセプトにしたゲームの制作を考えます。それが、龍が如くシリーズの誕生秘話なのです。

実在の繁華街をコンセプトにした重厚なストーリー

龍が如くは当初から成人男性をターゲットに制作され、日本人の成人男性向けに、日本だけでリリースするという形で制作が進んでいきました。このコンセプトは、海外でも人気の高いセガにとって、上層部が納得しないコンセプトでした。

CEROと呼ばれる対象年齢の設定や、暴力シーンなど、問題点も多く当初は上層部から不安視されたゲームでした。シリーズとして、このゲームは一貫して『自分から相手に絡まないと殴れない』『子供の死と薬物摂取シーンの排除』というルールもあります。

親友と愛する女のために、組長殺しという罪をかぶった主人公の桐生一馬。懲役10年の刑を終えて、神室町に戻ってくると、母を探す少女と出会います。

この少女が、桐生一馬がかつて所属していた広域暴力団『東城会』から盗み出された100億円の鍵を握っていることから、主人公は様々な事件に巻き込まれていくというストーリーです。

龍が如くシリーズの発売の順番は

この龍が如くシリーズの発売順は、初代の龍が如くがPS2で2005年にリリースされました。そして、高い評価を得たことから、すぐに2006に龍が如く2がリリースされました。

龍が如くの初代は、龍が如くのベスト盤などの発売によってミリオンヒットし、ファミ通アワードで優秀賞を受賞するなど、龍が如くは人気ゲームの仲間入りを果たしました。発売順の中でも、この初代の龍が如くは、非常に高い評価を受けています。

龍が如くのシリーズは2009年にPS3で、龍が如く3の登場によって再開され、2010年に龍が如く4がリリースされました。新型のゲーム機によって、そのリアルな街並みの描写はさらにグレードアップされました。

2012年に龍が如く5がリリースされ、そして龍が如く0が最新型のゲーム機のPS4で2015年にリリースされました。2016年に龍が如く6がリリースされています。

龍が如くのシリーズの順番とは別の番外編

また、龍が如くはナンバリングタイトル以外に、スピンオフ作品が大量に制作されています。2008年にPS3で販売された龍が如く見参!は、なんと江戸時代を舞台にした作品です。

2011年にPS3で販売された龍が如くOF THE ENDはなんと、ガンショットバトルのゾンビとの戦闘物になっています。

2014年にPS3で龍が如く維新!も発売され、こちらも見参と同様に江戸の舞台でストーリーが展開されます。発売順をあまり気にすること無く、プレイ出来る龍が如くの番外編ですね。

また、初代の龍が如くと龍が如く2は度々、リメイクされたりリマスターされており、最新ゲーム機であるPS4向けに龍が如く極という形で、新しく販売されています。

龍が如くシリーズのストーリーの順番

龍が如くはゲームとしてリリースされた発売順と、ストーリーの順番は少しだけ違うんです。それは、5の後に登場した龍が如く0が重要なキーポイントです。

この点を踏まえて、龍が如くの発売順とストーリーの順番を改めて整理します。龍が如くのストーリーの順番は、龍が如く0に始まり、1→6の順番にストーリーが流れていきます。

龍が如くシリーズの初代は2005年、龍が如く0が出たのはゲーム機もPS3(PS4版と同時発売なので、正確にはPS4の時代)になった2015年です。ストーリーの順番とゲームの発売順がかなり年代的な差があるため、このプレイ順番が非常に難しいのです。

ストーリーの順番として最初になる龍が如く0とは

気になるのが、ストーリーの順番として最初になる龍が如く0です。時代は昭和末期、主人公は桐生一馬と真島吾朗の2人。舞台は神室町と蒼天堀の2つの都市が中心です。龍が如くの時代より17年前の1988年のストーリーになっています。

シリーズの主人公である桐生一馬がまだ暴力団の二次団体に入ったばかりで、とある土地の権利をめぐる抗争に巻き込まれるというストーリーで『金』が中心となったストーリー展開となっています。

では、この0を始めにやるべきなのか、という問題があります。現在で言えば0から始めるのはおすすめできます。かつては初代の龍が如くとのグラフィックの違いが生まれるため、先に0をやって1をやると、どうしてもグラフィック的な見劣りが発生します。

しかし、龍が如く1と2がPS4でリメイクされたことで、そのグラフィックの見劣りを防ぐことが出来るんです。そのため、おすすめのプレイ順番としては、0→リメイク1→リメイク2→3という風にやっていくのがおすすめですね。

スピンオフに関しては、龍が如くシリーズを気に入った人が、発売順ではなく好きなタイミングでやるのがおすすめですね。龍が如くのパラレルワールドであり、直接は龍が如くのストーリーには関わってきません。

PS4はできることが豊富!ゲームをするためだけじゃない! | MensModern[メンズモダン]

シリーズの順番を把握して龍が如くを楽しむ

一応、龍が如く0には別のシリーズのキャラの過去が深く関わるため、先に4までのシリーズをするのがおすすめという意見もあります。しかし、いずれにしてもおすすめの順番は、やはり0からリメイク、そしてナンバリングタイトルという流れがおすすめの順番ですね。

ストーリーの順番的に龍が如く0の評価が高い

本当にこの龍が如く0というゲームの扱いは難しく、ファンの中ではこの龍が如く0がシリーズのストーリーの中で一番だという意見まであるのです。そのため、全シリーズをやってから0をやるのがおすすめという意見まであるんです。

逆に、正直にシリーズの中でストーリーの評判がイマイチなのは、龍が如く3です。詳しい説明はネタバレになるのですが、この龍が如く3は各シリーズと違って、スタート地点が沖縄ということです。龍が如く1と2のファンからは、かなりこのスタート地点である沖縄に違和感を感じた人も多かったんです。

また、龍が如く5もシリーズの重要なキャラクターである澤村遥がフューチャーされすぎて、ちょっと遊びすぎという意見もあるようです。ストーリー的にもラストへの流れが納得出来ないなど、龍が如くのコアなファンが増えたことから、かなりその評価が厳しくなっています。

PS4のおすすめホラーゲームを厳選!人気の怖いソフト一覧を紹介! | MensModern[メンズモダン]

ストーリーを順番に追うのが無難か

龍が如くのシリーズが長期に渡り、多くのファンが生まれたことから、様々なコラボも行われるようになりました。龍が如くの醍醐味は、その本編はもちろんサブの遊び心満点な内容です。

バッティングセンターでバッティングゲームをしたり、キャバクラに通ったり、ボーリングをしたり、ミニゲームの作りが手を抜いていないことが、高い評価を受けたのです。しかし、徐々にそれが弊害となり、やややりすぎた感もあります。

龍が如くのゲームに出演するキャバ嬢をオーデションで募集し、ゲーム内にキャラクターとして登場させたのは、あまりにもやり過ぎという評価もありました。そのキャバ嬢も元アダルト女優が含まれているなど、何かきな臭いゲームになったのは残念でしたね。

そういったサブの部分に時間をかけたせいで、ストーリーが極道ものから、ヒーロー物に変わったとまで言われるようになりました。龍が如く6では少し話題性に力を入れすぎて、毎回おなじみだった芸能人をモデルにしたキャラに力を入れすぎて、またもやストーリーが弱くなったと言われています。

シリーズの高い出来栄えを維持する難しさを感じさせますね。しかし、シリーズを通してやっている中で、評価できる点もたくさんあるので、龍が如くのシリーズを通してプレイした上で、自分なりの評価を下してほしい作品ですね。

PS4のおすすめアクションまとめ!ゲームが苦手でも遊べるソフトは? | MensModern[メンズモダン]

シリーズを順番にプレイしてその世界観を堪能しよう

シリーズは一応の決着を見せ、リメイクが最新作となっています。そして、人気漫画の『北斗の拳』を龍が如くの制作スタッフがゲーム化することを発表し『北斗が如く』が2018年に発売されることが決定しています。

龍が如くというシリーズをプレイするのは、今からでも遅くありません。その世界観は一度プレイすると病みつきになると言われています。

リメイクがリリースされている現在は、発売順を踏まえて、とてもプレイしやすい環境になっています。ぜひ、龍が如くの世界観を堪能してみてください。ただのヤクザの抗争ではなく、龍が如くには男の仁義の世界がたっぷりと表現されているんです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ