ミステリーランチのスイートピーがおすすめの理由!評価やレビューは?

ミステリーランチの人気のリュックの中でもスイートピーは注目度が高く、話題に上ることも多いです。ミステリーランチのスイートピーは街中で大きすぎるか、登山用には小さすぎるか、様々な意見やレビューを踏まえ、その点を調査してみました。

目次

  1. ミステリーランチのスイートピーが愛される理由
  2. スイートピーの33Lをタウン仕様とする人達
  3. ミステリーランチの購入価格は現地より高い
  4. ミステリーランチを少しでも安く買うテクニックを探そう
  5. ミステリーランチのスイートピーは登山用かタウン用か
  6. スイートピーを大きすぎると思う人
  7. スイートピーが丁度良い人
  8. ミステリーランチは使う人次第
  9. ミステリーランチスイートピーはジップが堅いか
  10. ミステリーランチスイートピーは外側の小物入れが少ない
  11. ミステリーランチスイートピーのぶら下げ部分が貧弱
  12. ミステリーランチスイートピーは信頼できるリュック
  13. ミステリーランチスイートピーに感じる懐の深さ
  14. ミステリーランチスイートピーの3ジップアクセス
  15. ミステリーランチというブランドを持つ魅力

ミステリーランチのスイートピーが愛される理由

使い勝手の良さから人気のミステリーランチは場面によって使い分ける人や一つを愛用し続ける人もいる人気のブランドです。熱烈なファンとしてミステリーランチを知人におすすめする人もいることと思います。

ミステリーランチは登山やタウンなど使用する場面で様々な種類がありそのどれもが人気です。今回はその中でスイートピーにスポットライトを当て、スイートピーが愛される理由、他のミステリーランチとの比較をし、使い勝手などを探っていきたいと思います。

ミステリーランチが愛される最大の理由は職人手製

ミステリーランチは職人手製のリュックとして人気があり評判の高いバックパックのブランドです。ミステリーランチはバッグ類の、特にリュックの中では高額な製品なので、気軽に何個もとはいきません。ただ使うと職人手製ならではの魅力にはまる人が多くおすすめです。

帆布や皮革のバッグ類なら職人手製というのもわかりますがナイロン製なら1万円以下で手に入るバックパックで良いのではという考えもあるでしょう。

ただ一度ミステリーランチを使うと職人ならではの使用する人の目線を考えた作りに感動し、他のものとは違うと納得をしてしまうのです。

米国特殊部隊が採用するほどの機能性や耐久性は一般人でもその良さを理解できますし、ミステリーランチはやはり他のものとは違う、と納得させられます。高額なバックパックなのは手作りで大量生産ができないというだけではなく、手に入れた人が納得し愛用したくなる職人手製だからこそで、愛されて当たり前であり避けられる理由にはならないのです。

ミステリーランチのリュックでおすすめは?!究極バックパックの評価まとめ | MensModern[メンズモダン]

スイートピーの33Lをタウン仕様とする人達

米国特殊部隊が採用するだけあり、ミステリーランチのリュックは登山に適した大容量のものが展開されています。今回取り上げたスイートピーは33Lという容量から登山よりもタウン仕様として購入する人もいるようです。

ミステリーランチのスイートピーは33Lというコンパクトな装備がおすすめです。登山用にしては少ない容量でありながらミステリーランチ独自の3ジップアクセスを最初に取り入れた広く開閉できる機能がおすすめです。

フューチュラヨークシステムという無段階調整で体格に合わせられる本格的な機能はうれしいですし、パックサイドでスッキリ収納ができるウエストベルトも邪魔になりません。収納OKなので、街中でスッキリと使用できるのもスイートピーがおすすめな理由として挙げられます。

色はさほど派手ではなく服との相性を気にする必要はありません。価格は3万円台半ばと結構なお値段ではありますが、正規販売店で購入さえしていれば修理をしてくれますし、耐久性に優れているので末永く愛用すると考えれば高いリュックにはならないと思います。

気に入って手に入れたミステリーランチのスイートピーならば手入れをし更に長く愛用したいものです。パック表面の汚れはブラシでこするかタオルを湿らせ拭きとり、内部はゴミやほこりを取った後日陰で乾燥させてください。保管は直射日光を避け風通しの良い場所で保管です。除湿剤を入れれば更におすすめな保管となります。


汚れがひどいならば表面は薄めた洗剤をつけた後ブラシかタオルを使い落してください。必ず自らの手で行い、生地を傷めてしまう為、洗濯機を頼るようなことはしないでくださいね。日陰での保管も生地を傷めない為です。

完全防水の生地とまではいきませんが表面にはDWRコーティングまたはテフロンコーティングという耐久はっ水がされ、裏面もPUコーティングなので耐水性を持たせている為、薄めたものとはいえ洗剤の手入れが可能なのです。

ただ生地も、ジッパーも完全防水でないということは忘れないでください。米軍特殊部隊に採用されているとはいえミステリーランチのスイートピーは完全防水を目的には作られていないのです。どうしても雨の中で使用したいのならばパックカバーが必要ですが、そこまでサバイバルな使用をスイートピーで想定している人はいないはず、ですよね。

ミステリーランチのスイートピーの評価やレビュー

ここまでのミステリーランチ、スイートピーの説明を色々としてみましたが、それだけではスイートピーの魅力が届くには足りないはず。そこで実際に使っている人達の評価や感想を紹介していきます。熱烈なファンから冷静なレビューまでありますから参考にしてくださいね。

まず最初は3DAYとスイートピーのどちらにしようか迷い、スイートピーを選んだ方のレビューです。Y字ジップで大きく広がる開口部をやはり評価しており背負った時のフィット感も気に入っています。しっかりとした造りなので通常のバックパックよりは多少重く感じるとレビューされていますが、背負ってしまうと重さは気にならないと、やはり高く評価していました。

次のレビューです。しっかりとした機能のリュックなのに軽いと評価です。33Lも容量があるのに内部に仕切りがないスイートピーは、荷物を入れると中で分散されるし、背面や肩のパッドのお陰で、重さをあまり感じないとも評価していました。荷物を入れる前のリュックは形が崩れがちなのに、スイートピーは形状が保たれるのがスマートだとやはり収納面で高い評価を得ています。

次は収納面、防水面、デザイン性のレビューです。軽い、肩に優しい、開けやすく入れやすい、容量たっぷり、丈夫、が収納面での評価です。スイートピーの生地も止水チャックもほぼ完ぺきと満足しています。街中で使用するには十分な防水という評価です。3ジップアクセスという独自性のあるデザインは、機能と合理的に合致していると絶賛していました。

品質面でのレビューです。1年半の通学でもヘタれないと高評価です。通学での荷物の重さを経験した上での評価は貴重です。強いて、ということで完全防水ではない事とシンプルな構造で仕切りの少ない収納を欠点としており、リュックに仕切りが欲しい人には不便かもとの意見です。ただデザイン面が全てをカバーしているとスイートピーに対し星5のレビューをつけています。

マイナスなレビューからも耐久面での高評価が伝わる

ミステリーランチのスイートピーを気に入り、約半年のうち通勤、休日の外出、海外旅行とほぼ毎日使用してきた人のレビューには、これはあり得る、というものがあるので紹介します。あまりに気に入ったバックパックだったので半年間毎日使用し続けたせいで飽きてきた、というのです。

高額なリュックを気に入って手に入れたのですから確かに毎日使いたくなるのは理解できます。ただそれを通勤でも旅行でもとオンオフ関係なく使用していたら流石に飽きは来るかもしれません。気に入ってしまったゆえの悲劇ですが、半年間休みなく使用してもビクともしないミステリーランチの耐久性を証明するレビュー、ともいえると感じました。

ミステリーランチ・アーバンアサルトの特徴と評判は?使用レビュー紹介 | MensModern[メンズモダン]

ミステリーランチの購入価格は現地より高い

日本でミステリーランチのスイートピーを手に入れるならアフターケアのことも考慮し、正規代理店での購入がお勧めなのですが、価格は税抜きで3万円半ばとかなり値が張ります。 米国での価格が$189時点での差を比べてみると、レートにもよりますが、5割増し程度となり、現地でなんとか手にいれらないかとミステリーランチファンからよく声が上がります。

個人輸入が難しい言われるミステリーランチは、米国出張があるような人であれば現地購入は可能なのかもしれません。しかし、そういったチャンスがあった人でも仕事の合間にミステリーランチ製品を見つけることは難しく、日本の正規代理店での購入を選ぶ結果になる人もいます。

ミステリーランチを少しでも安く買うテクニックを探そう

人気はあるが米国との価格差が激しいミステリーランチ。現地購入は無理ということで安く手に入れることはあきらめるしかないと思ったあなた。実は日本でほんの少しではあるのですが安く買う方法があります。

たとえばセールでミステリーランチを手に入れるという方法はいかがでしょう。スイートピーがどうしても欲しいが価格がと悩んでいるのならば、こういったセールは絶対利用するべきです。

ミステリーランチのスイートピーをどうしても低価格で手に入れたいと思えばネットオークションなどで中古を購入ということも考えると思います。しかしスイートピーのレビューを見ていると長く愛用する人が殆どです。ブランドのロゴにのみこだわるより、逸品を持つ、ということが大事であるなら新品を頑張って手に入れる方が満足感に違いが出るような気がします。

ミステリーランチのスイートピーは登山用かタウン用か

33Lという容量は使用する人により大きすぎる、丁度良いと評価が分かれるのがスイートピーの感想です。ミステリーランチには登山用、タウン用でイメージされ様々な種類がありますが、スイートピーの場合、33Lという点が登山かタウンかの判断が難しいのです。

ミステリーランチのスイートピーの特徴である両サイドのペットボトルや折り畳み傘の為のスリーブポケットや収納可能なウエストベルト。便利だと絶賛する人もいればタウン仕様にはゴツい、と判断する人もいます。

33Lの容量は13kg(3歳児相当)まで入るから荷物が多い時便利だとの評価もあれば、上部のフラップポケットがあっても本体は大きすぎて下の方にあるものが取り出しにくいとの感想もあります。自慢の3ジップも開口部が広く便利との声とは反対に、ガバっと開くのは街中では恥ずかしく登山用ではないかとレビューするものもあるのです。

背面長が調整可能なフューチュラヨークシステムやハイドレーションチューブを固定するエッグロールは登山向きのデザインとの判断対象にもなります。ただタウンか登山かで議論に熱が入るスイートピーは「信頼できるリュック」と評価しされていることに変わりはないです。

スイートピーを大きすぎると思う人

上記の感想ですが、値段に腰が引けてしまうと確かにそういった評価をされがちかもしれません。

ミステリーランチのスイートピーを大きすぎると思ってしまった人は自分が日常でどれほどの荷物を持ち移動するか、ということを把握していない場合が多いです。学生でも学ぶ内容により通学で持参する荷物の量は異なります。定期一つで登校可、なんて人がミステリーランチのスイートピーを使用したら大きすぎると思うのは当たり前です。

ミステリーランチというブランド名やスイートピーに憧れ自分の生活習慣を顧みず手に入れると実際使用してから大きすぎたとなってしまいます。ミステリーランチではもっと小さなリュックやバックパック以外の製品も展開し、各場面毎に考えられていますので、よく考え選んでください。

スイートピーが丁度良い人

ミステリーランチのスイートピーが丁度良いという人は常に重い荷物で肩や腕の痛みに悩む人ではないでしょうか。背負う為の充実した機能のスイートピーならば手提げタイプのバッグより重さを感じることなく荷物を運べます。バックパックなので両手も自由になります。

スイートピーの大きさに一目惚れをしたのならば荷物の多さなどは気にせず使用するでしょう。スイートピーは中身が入っていなくても形が崩れないリュックです。大きなリュックをワイルドにさりげなく背負う、という姿がいいというならばミステリーランチのスイートピーは格好のリュックと言えます。

ミステリーランチは使う人次第

学校や会社の行き帰りで荷物が多かったり、途中で買い物をすることが多いのならば、ミステリーランチのスイートピーのバックパックとしての容量は非常に便利です。

大きすぎると思うのならばミステリーランチにはタウン仕様の容量のリュックやボディバッグ、または手提げ形式のバッグなどを選びましょう。

ミステリーランチのスイートピーは3ジップは開口部が広く便利ではありますが、個人的な私物の出し入れには向かない場合もあるので、そういった人は他のミステリーランチのバッグを使うことをおすすめします。

自分が使って良かったからスイートピーを周囲におすすめするのではなく、その人がスイートピーを使用する状況にあるかどうかを見極め、おすすめするのが一番だと思います。折角気に入ったスイートピーを間違った人におすすめして、評価が下がるなんて、スイートピー愛に溢れた人ならば悲しい結果は避けなければなりません。

ミステリーランチスイートピーはジップが堅いか

ミステリーランチのスイートピーはジップが堅いという声を聞きます。職人手製ゆえものによって差があるのかと思いましたが実はそうではないようです。

他のミステリーランチの製品はジップがスムーズであることが多いので、もしかすると防水面で配慮している点がジップの堅さにつながっているのかもしれません。使用するうちにスムーズになるとのことなので長期に愛用していれば問題がないと考えるのかもしれませんが、折角購入したのですから、初めから気持ちよくは使いたいものです。

ただ2014年製と2015年製でジップの動きに差があり、2015年製の方がスムーズだったとレビューをされている方がいましたから、日頃からジップの堅さへの声がミステリーランチに届いており、改良したのかもしれません。愛するミステリーランチのスイートピーなのですから、使用中の感想は常にメーカーに届けておくと改良のきっかけになるのかもしれませんね。

ミステリーランチスイートピーは外側の小物入れが少ない

外側にペットボトルや折り畳み傘が入る収納部、上部のフラップ部しかポケットがないのがスイートピーの特徴です。中には全くポケットがないです。通勤通学で定期やスマホを入れる場所が上部フラップポケットしかないので本体側に荷物を入れないと頭でっかちな印象になります。ただ上部フラップ部に物が沢山入るということは評価に値します。

ミステリーランチにはスペードロックシステムというものがあるので、PC用のラップトップケースの取り付けが可能ですが、PCの持ち歩きが必要でなければ取り付ませんし、アクセサリーを外部に取り付け、小物入れを追加もできますが、折角のスイートピーのデザインが雑然とし、登山用ではありかもしれませんが、タウン用のバックパックとしてはよくないような気もします。

ミステリーランチスイートピーのぶら下げ部分が貧弱

電車内では、周囲への配慮から、リュックなどバックパックの類は前に抱えたり手にぶら下げたりします。スイートピーの場合もそういった場面は街中で使用するのならば当然あります。

実は手にぶら下げるとわかるのですが、上部についているストラップがナイロン製なので容量の沢山入るスイートピーの場合、手に食い込みかなり痛いです。バックパックの他の機能が充実しているのでナイロンのストラップが貧弱にさえ見えます。大容量なのでアウトドア用としては背負う機能は充実しても、ぶら下げ部分には工夫が少なかくなってしまったのかもしれません。

ミステリーランチスイートピーは信頼できるリュック

登山でも使用するミステリーランチはスイートピーも含め、バックパック類は底面の布を二重にしています。単純に二枚重ねただけではなく、内側の布の面積を小さくし外側の布との間に空間を設けることで外側の布の耐久性を最大限に発揮させています。店頭で実際に触るとその心遣いに感動すると思うので是非触ってみてください。

ミステリーランチのリュックで絶賛されるのは背面長の調整が可能な点です。フューチュラヨークシステムというもので、無段階に調整が可能な為、ミステリーランチならではの心地良さはここからきています。

ただ細かく設定が出来る分、2人で調整する方がより良いフィット感を得られます。便利な分、多少の複雑さもあるようです。また「フレームシート」や「ベルクロの結束を断つ」という説明がわかりづらい人が多いようです。

背面長の調節で活躍するヨークシステムはSサイズしか日本では購入できないのですが、175cmがSサイズという設定なので日本人ならばそれで十分なのかもしれません。魅力的な背面調節機能ですが、複雑である為、苦労はあるかもしれませんが、それさえクリアすれば絶妙な背負い心地を得ることが出来るので努力してみる価値はありそうです。

スイートピーのショルダーハーネスは荷物の重さを想定してフレーム入りです。このフレームのお陰で重い荷物も楽に背負えます。固いだけではなくパッド入りですし、リフターストラップやショルダーストラップも調整可能なので更に背負いやすいです。購入当初に少し固さを感じはしますが使用するうちになじみ、安心して荷物を背負うことができます。

ミステリーランチスイートピーに感じる懐の深さ

遅刻しそうな時、走ると揺れるのが難点のリュックですが、ミステリーランチのスイートピーではチェストストラップを止めることによりリュックが左右にブレるのを防止し、とても楽です。またカウンター席で荷物の置き場がない時に椅子の後ろにチェストストラップで止めることができるのも魅力的です。

ウェストベルトを使用すれば重量負荷が分散され、荷物も安定し、背負う側には本当に楽な機能と言えます。普段は街中でゴツ過ぎると収納していてもウェストベルトは本当に役に立つ存在なのです。

通常で使用することが多いショルダーハーネス、急ぐ時や場所が狭い時に重宝するチェストストラップ、そして重量級の時にはウェストベルト、と、使用する場面により使い分けができる、ミステリーランチのスイートピーは、懐の深さがあるリュックだと感じます。

ミステリーランチスイートピーの3ジップアクセス

ジップが堅いとミステリーランチのスイートピーでは、マイナス面に挙げましたが、馴染み始めれば、交差する部分をつかんで上に上げればフタを開けられるようになり、その快感さは爽快ともいえます。

この開け方は電車など、立ちの状態でリュックからものを出す時、とても便利です。ただ堅いうちからこの開け方をやってしまうと防水フラップ部分がボロボロになりやすいので、あくまで馴染んできてから行うようにしてください。

3ジップでバッグを全開にするのは快感です。プライベート過ぎるものならば抵抗はあるかもしれませんが、そうでなければ、床においてガバっと開き、奥底に隠れていた必要アイテムが見つかった時に何とも言えない快感と開放感がクセになると面白い評価をする人もいます。

ミステリーランチというブランドを持つ魅力

リュックやバッグ類として優秀だから、使用目的をハッキリさせてから、とミステリーランチのスイートピーを購入する時の注意をしてきました。しかし、やはり「ミステリーランチのスイートピーを持っている」というブランド威力はどうしてもなしにはできないでしょう。

台風の威力並みだったブーティバッグの人気を考えてもミステリーランチのスイートピーを持つというステイタスはやはり抗うことは難しく感じます。

機能性、耐久性、デザイン性、ブランド力の全てに魅力的ならばなんとか手に入れたいのがミステリーランチのスイートピーだと思うのです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ