就活のメガネの選び方!好印象を与える色・フレームのおすすめは?

就活は、身だしなみも慎重になるため視力が低めの方はメガネ選びも迷うと言われています。メガネとコンタクトどちらが必要なのかも気になる方も少なくないようです。就活のメガネの選び方を始め、面接官に好印象を与えるメガネの色やフレームのおすすめなどご紹介していきます。

目次

  1. 就活にはコンタクトよりメガネがおすすめ?
  2. 気が抜けない就活メガネの注意点
  3. 『企業にマッチしている』就活メガネの選び方ポイント①
  4. 『デザインのこだわり』就活メガネの選び方ポイント②
  5. 『面接官が受ける印象』就活メガネの選び方ポイント③
  6. 『顔タイプ』就活メガネの選び方ポイント④
  7. 就活にNGのメガネフレームの色は?
  8. 企業に好まれやすいベストな就活メガネの色は?
  9. 【Chrome Hearts】就活におすすめメガネブランド①
  10. 【dunhill】就活におすすめメガネブランド②
  11. 【POLICE】就活におすすめメガネブランド③
  12. 【JINS】就活におすすめメガネブランド④
  13. 【BOTTEGA VENETA】就活におすすめメガネブランド⑤
  14. 【Ray-Ban】就活におすすめメガネブランド⑥
  15. 就活メガネは企業に寄り選び方も慎重に!

就活にはコンタクトよりメガネがおすすめ?

就活には、自己PRや質疑応答なども大事ですが、身だしなみも面接官はしっかりチェックしているため気が抜けません。就活と言えば、リクルートスーツの着こなし方やマナーを覚えておくことも大事です。就活中は、メガネに関しても厳しいといいます。

パソコンで長時間作業をしたり、スマホを遅くまでチェックしていたりする時代というのもあり、視力が良い方が昔に比べて減っているようです。そのため、コンタクトにするかメガネにするか、就活で内定をもらうためにも悩みどころです。

就活の際に、面接官は20秒ほどでその人の印象を見抜くといいます。それだけに、就活時のメガネも色やフレームなどの選び方にもこだわったほうがいいと言われています。就活には、コンタクトよりメガネがおすすめなのか迷う方も多いと言われています。

悩む方も多い、就活中のメガネに関してですが、コントクトとメガネどちらが面接官に好印象を与えるかはあまり関係ないようです。ただし、身だしなみはしっかりしなければいけないため、それを意識しておくことは大事です。就活の身だしなみは、おしゃれを意識するのではなく、面接官が受ける印象を意識することが大事といいます。

知的な印象や真面目な印象を与えたいならば、コンタクトよりもメガネのほうがおすすめされています。男性は、女性と違い化粧で変化をさりげなくするということが難しいため、メガネを利用して就活を乗り切る男性も増えているようです。カジュアルな印象はNGですが、メガネの色やフレームの選び方に気をつけることで、就活に最適なメガネ選びが出来ると言われています。

職種に寄って就活メガネは危険?

就活にメガネをかけていこうとお考えの方は、職種に寄ってはメガネが向いていない場合もあるため注意が必要です。メガネ禁止の企業もあるため、予め調べておくのも必要になります。

特に、航空会社は決まりがあるようで、メガネ着用はNGと言われているため、面接を受ける企業が航空会社の場合は、メガネではなくコンタクトをつけたほうがいいと言います。

男性でも、メイクアップアーティストや美容系のお仕事の面接を受ける際にはメガネではなく、コンタクトにしたほうがいいようです。

気が抜けない就活メガネの注意点

就活メガネに関して、面接官に好印象を与えるためにも、幾つか注意点を知っておいたほうがいいと言われています。

履歴書と同じメガネを着用すべきか、就活をする際の悩みどころでもあるようです。また、メガネを着用して就活に挑む際には、心がけなければいけないこともあります。

証明写真と同じメガネを着用する

履歴書に貼ってある証明写真と同じメガネを着用するべきなのか気になる方も多いです。可能であれば、なるべく履歴書の証明写真と同じメガネを着用するのがベストと言われています。

その理由は、面接官にしっかり顔を覚えてもらうためというのもあり、履歴書と実際の顔の雰囲気がちがうと、ハッキリ覚えられない場合もあります。数人ではなく、何十人もの面接を担当している面接官にとって、こういった気遣いも大切のようです。

就活メガネのクリーニングはこまめにしよう

就活は、身だしなみから内定がもらえるかどうか決まるとも言われているだけに、就活メガネも汚れが目立っていては、それだけで相手にしてもらえなくなってしまうといいます。

就活のために、メガネを着用すると決めたら、レンズの曇りや汚れなどはしっかりクリーニングしておきましょう。毎日でも磨くことで、就活へのモチベーションアップにもつながります。

念のため予備のメガネも準備

念には念を入れよという言葉がありますが、就活もメガネひとつにしても、予備のメガネを準備しておくことも頭に入れておきましょう。

また、就活にメガネをかけて挑むと決めても、メガネがこわれてしまって他の代用のメガネが無い場合は、コンタクトも念のために準備することも大切です。

就活の面接マナーとは?入室・退室など抑えておきたいポイントまとめ | MensModern[メンズモダン]

『企業にマッチしている』就活メガネの選び方ポイント①

就活メガネの選び方のポイントもおさえておきましょう。就活メガネの選び方ポイント①は、面接を受ける企業にマッチしたデザインかどうかも大切な選び方のポイントと言われています。

企業に寄って、適した就活メガネの印象も違うといいます。企業のカラーに合わせた就活メガネを選ぶことも大事です。そして、あまり個性的なメガネは、就活には向いていないため、シンプルなメガネを選ぶようにしましょう。

『デザインのこだわり』就活メガネの選び方ポイント②

就活メガネの選び方ポイント②は、デザインのこだわりです。メガネをおしゃれに取り入れるメンズも増えていますが、あくまでも就活ということを忘れないのも大事なポイントです。

就活のためのメガネのデザインは、無難過ぎてもいけないようです。だからと言って、先ほどご紹介したように個性的過ぎるメガネも就活には向いていません。多少なりとも、素材やデザインなどに自分らしさが出ているメガネも、時には就活に適していることもあるようです。

『面接官が受ける印象』就活メガネの選び方ポイント③

就活メガネの選び方のポイント③は、面接官が受ける印象を考えて選ぶことです。面接を受ける企業に与える自分の印象、そして、その企業の面接官にどんな自分をアピールしたいのかも考えながら、メガネ選びをするのも重要と言われています。

優しい印象を与えたい場合の就活メガネから落ち着いた印象を与えるメガネまで、選び方も様々といいます。フレームの選び方でも、印象は大分変るようです。

フレームのタイプも優しい印象を与えるならオーバルタイプのメガネがおすすめのようです。フォックスタイプのフレームのメガネは、厳しい印象を与えてしまうため、あまりおすすめではないかもしれません。ただし、企業に寄っては、フォックスタイプでも通るかもしれないと言われています。

フレームなしのリムレスタイプのメガネは、ごく自然な顔の印象を与えるためこちらも就活におすすめのようです。フレームが上半分のもにあるハーフリムタイプのメガネも、さわやかで清潔感もあふれる印象を与えると言われています。ただし、これらのフレームは、それぞれ顔のタイプにも寄っておすすめのフレームが変わるため、そこもしっかり事前チェックしたほうがいいでしょう。

就活の軸とはなに?決め方や的確な伝え方・例文について徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

『顔タイプ』就活メガネの選び方ポイント④

就活メガネの選び方ポイント④は、顔タイプで選ぶべきメガネも変わってくるところです。先ほどもご紹介したフレームが与える印象ですが、どのフレームも全ての顔タイプに自然な印象を与えるわけではないようです。

顔タイプが丸顔ならば、スクエアタイプとリムレスタイプとハーフリムタイプがおすすめされています。面長のタイプなら、ウェリントンタイプ、フォックスタイプ、リムレスタイプが自然な印象を与えると言われています。

顔タイプが三角顔なら、丸みのあるボストンタイプのフレームやリムレスタイプのフレームがおすすめのようです。そして、顔タイプが四角顔の場合は、透明のリムレスタイプのメガネを選ぶのがおすすめされています。

就活にNGのメガネフレームの色は?

就活メガネには、間違っても選んではいけないと言われるNGの色があると言われています。それは、メガネフレームがブルーやグリーンなど派手な色フレームは避けたほうがいいようです。

おしゃれのためのメガネではなく、就活のためのメガネなので、派手すぎるメガネの色は避けなければいけないといいます。真面目な印象を面接官に与えるためにも、就活メガネ選びはフレームの色は派手な色は避けましょう。

メガネフレームの色だけではなく、メガネのレンズの色も、うっすらブラウンがかったメガネレンズや紫外線カット機能対応のレンズを使用したメガネは色付きのメガネレンズが多いためNGと言われています。

企業に好まれやすいベストな就活メガネの色は?

企業に好まれやすいベストな就活メガネの色も知っておく必要があります。就活のために良いメガネは、やはりシンプルなデザインで、色もフレームも落ち着いた印象を与えるメガネがいいと言われています。

企業に好まれやすいベストな就活メガネの色は、フレーム部分がメタル素材になっているものは知的に見えて良い印象を与えると言われています。

細目のタイプのフレームならば、べっ甲色のフレームのメガネを選んでもセーフのようです。ただし、厳しい面接官だと、細目のフレームだとしても、企業に寄ってはカジュアルに見られてしまうこともあるため、気をつけたほうがいいかもしれません。

就活で内定が決まらない・もらえない学生の特徴!共通するのはどんなこと? | MensModern[メンズモダン]

【Chrome Hearts】就活におすすめメガネブランド①

就活メガネを手に入れるためにも、就活におすすめのメガネブランドもおさえておきましょう。就活におすすめメガネブランド①は、Chrome Hearts(クロムハーツ)です。

Chrome Heartsは、アクセサリーブランドとして有名ですが、就活に適したメガネも人気と言われています。Chrome Hearts好きな男性なら、就活メガネもChrome Heartsで揃えてあげるのもいいでしょう。

Chrome Heartsのメガネは、就活中の緊張をカモフラージュしてくれる雰囲気にしてくれるメガネもあり、ブラックのフレーム色のChrome Heartsメガネが印象的です。

【dunhill】就活におすすめメガネブランド②

就活におすすめメガネブランド②は、dunhill(ダンヒル)です。dunhillといえば、ネクタイやネクタイピンなどでも人気の、ビジネスマンに人気のブランドでもあります。そのdunhillから、大人の落ち着いた雰囲気に溢れるメガネも発売されていて、就活で使いたいシンプルさも魅力です。

dunhillのメガネは、シンプルなメガネながらしっかり存在感もアピールしていて、しっかりした男性というイメージもアピール出来るでしょう。

落ち着いたブラック寄りのブラウンカラーのフレームも、就活に適した落ち着いた印象を与えてくれると言われています。dunhillのネクタイにdunhillのメガネで就活に挑むのもありかもしれません。

【POLICE】就活におすすめメガネブランド③

就活におすすめメガネブランド③は、POLICE(ポリス)です。POLICEのメガネは、フレームが上半分にあるのが特徴のハーフリムタイプのメガネが特徴です。

これからビジネスシーンで活躍していくための第一歩として、就活からPOLICEのメガネを着用するのも、なかなか渋いです。就活でも普段のおしゃれにも、両方使えるデザインもあり便利です。

就活は、移動することも多いため、長い時間メガネをかけていなければいけない日もあります。そういった事も心配することない、長時間かけていても耳元が痛くなったりしない軽量な作りも、就活メガネとして大活躍してくれるでしょう。

就活はいつから始まる?開始時期や動き方・選考解禁について解説 | MensModern[メンズモダン]

【JINS】就活におすすめメガネブランド④

就活におすすめメガネブランド④は、メガネなしでは語れないという方は誰もが知っているJINS(ジンズ)です。JINSのメガネは、就活のためのメガネ選びに適していると言われています。

JINSのメガネは、種類も豊富で顔タイプにあったものをスタッフさんに相談しながら購入出来るのもJINSだからこその思いやりかもしれません。

種類が豊富なので、つい普段使いのメガネも一緒に購入しようと、肝心な就活メガネを選ぶのを忘れてしまうという方もいらっしゃるようなので、あくまでも就活メガネを選ぶというスタンスで、JINSのショップに足を運ぶといいでしょう。

【BOTTEGA VENETA】就活におすすめメガネブランド⑤

就活におすすめメガネブランド⑤は、BOTTEGA VENETA(ボッテガ ヴェネタ)です。BOTTEGA VENETAの注目されている就活に適したメガネは、マットな印象を与えるシルバーが印象的で、細目の知的な印象を与えてくれるメガネになります。

BOTTEGA VENETAのメガネは、就活のために1つ持っておくと便利かもしれません。面接官に、スマートな印象を与えるためにもおすすめされています。

【Ray-Ban】就活におすすめメガネブランド⑥

就活におすすめメガネブランド⑥は、サングラスなども人気のRay-Ban(レイバン)です。Ray-Banのメガネは、使いやすく面接官に好印象を与える確率が高いと言われるメガネが人気です。

年齢層も幅広く人気のRay-Banのメガネは、就活に頑張る学生さん達の味方となるでしょう。Ray-Banのメガネを持っていれば、安心して面接に挑めるという方もいらっしゃるようです。

就活の自己分析のやり方は?適職診断につながる効率的な方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

就活メガネは企業に寄り選び方も慎重に!

就活メガネは、企業に寄って選び方も変わってくるといいます。就活に必ずしもメガネをかけて行った方が良いとは限らないため、面接を受ける企業の身だしなみの条件なども予めチェックしておきましょう。

就活のためのメガネは、色もフレームのタイプも重要です。それぞれの顔タイプに寄っても、おすすめのフレームも変わってきますが、色はあくまでもシンプルで落ち着いた色を選ぶのも大事と言われています。是非この機会に、就活のためのメガネをお探しの方は、ご参考になさって未来の扉へつなげていけること願っております。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ