男の子の名前人気ランキング!かっこいい漢字・響きなど徹底まとめ

男の子の人気の名前をランキングにてご紹介します。時代と共に名前も流行があり今の流行の男の子の名前や漢字や響きなども一目でわかります。名前を考える際のポイントもご紹介。子供への初めてのプレゼントでもある名前、素敵な名前をプレゼントしましょう。

目次

  1. 男の子の名前人気ランキングを調査
  2. 名前を考える時の注意点
  3. 男の子の名前を考える時に重要なポイント
  4. 男の子の名前人気ランキング20位~16位
  5. 男の子の名前人気ランキング第15位「結翔」
  6. 男の子の名前人気ランキング第14位「悠翔」
  7. 男の子の名前人気ランキング第13位「陽斗」
  8. 男の子の名前人気ランキング第12位「奏太」
  9. 男の子の名前人気ランキング第11位「朝陽」
  10. 男の子の名前人気ランキング第10位「悠」
  11. 男の子の名前人気ランキング第9位「樹」
  12. 男の子の名前人気ランキング第8位「悠斗」
  13. 男の子の名前人気ランキング第7位「悠人」
  14. 男の子の名前人気ランキング第6位「陽太」
  15. 男の子の名前人気ランキング第5位「湊」
  16. 男の子の名前人気ランキング第4位「陽翔」
  17. 男の子の名前人気ランキング第3位「大翔」
  18. 男の子の名前人気ランキング第2位「蓮」
  19. 男の子の名前人気ランキング第1位「悠真」
  20. 男の子の名前は「悠」「翔」「陽」「ゆう」「はる」が多い
  21. 男の子の名前人気ランキングまとめ

男の子の名前人気ランキングを調査

時代と共に人の名前も流行があります。家族になってから死ぬまで変わることの無い男の子の名前ですが、そんな男の子の人気の名前のランキングを調査しました。

名前は、この世に生まれて来てから家族や両親からの初めてのプレゼントです。子供にも大好きな名前と言ってもらえるような素敵な名前をプレゼントしたいですね。

かっこいい苗字ランキング!実在する憧れの名前や珍しい姓の由来は? | MensModern[メンズモダン]

名前を考える時の注意点

新しく迎えた家族の名前を付ける時には、両親や家族が様々な思いを込めて名前を付けてあげるでしょう。小学生になると自分の名前の意味を両親や家族に聞くこともあります。そういった時に、様々なエピソードを交えながら名前の由来を子供に話してあげるといいですよ。

名前に使える漢字は約3000字です。せっかく意味を込めて決めた名前がいざ役所に提出した際に、使えませんとなる場合もありますので、漢字は下調べも必要です。

さらに、意味を込めて付けた名前でも名前として不適当とされる場合もあります。家族や両親にとっては良い意味で付けても、他人からは別の意味で取られてしまう場合もありますので注意しましょう。

男の子の名前を考える時に重要なポイント

ポイント①間違えられやすくはないか

男の子も女の子も共に中性的な名前が多く見られ、幼稚園や小学校に行くと同じ名前だけれど性別は違うなどということもあるようです。そして、姓も多く見られる姓の場合、同姓同名だけれども性別は別となってしまった場合も実際あるようです。

ポイント②響きやバランス

男の子は、姓が変わることが少ないので姓と名のバランスが必要になります。ひらがなにして書いてみたり、声に出して読んでみたりすると名前の印象が大きく変わることもありますので、バランスはとても大事なポイントです。さらに、名前の響きのバランスも大事なポイントになるでしょう。

響きがかっこいいからと言って、漢字で書いた場合に姓も含めて画数が多い場合は、ごちゃごちゃして見えてしまう場合もあるようですので、画数の姓とのバランスも大事になるでしょう。

ポイント③読めるかどうか

両親や家族がたくさんの意味を込めて付けた名前、漢字や漢字の意味にこだわりを持って考えるでしょう。ですが、せっかく素敵な名前を付けても読めないとなれば、間違って呼ばれることもありその度に子供が訂正しないといけませんので、読める名前を付けましょう。

現在読めない名前の子供が多く見られます。特に男の子の場合、響きがかっこいいから、漢字がかっこいいからなどと言い、漢字そのものが持つ意味を知らずに名前に使っている方も居るようですので、読めるかどうかだけでなく、隠語として使われていないかなども調べておくと安心でしょう。

ポイント④個性的過ぎないか

世間では、たくさんの「キラキラネーム」・「DQNネーム」と呼ばれる名前が存在します。名付け親ももちろん知っていて名付けをしたわけでは無いでしょう。ですが、個性的過ぎる名前は、子供自身が嫌な思いをする場合もあります。

将来、就職活動をする上で読めない名前や個性的過ぎる名前の男の子は、不利という話もあります。もちろん名前だけで不採用となることは無いでしょうが、就職し今後の仕事を考えると不安に思う採用担当者も居るようです。ただ、逆に考えると個性的な名前は、憶えて貰いやすいという点もありますので、一概には言えない部分もあるようです。

ポイント⑤意味を子供に伝える

生まれて大きくなってからとはなってしまいますが、子供自身が自分の名前の由来や意味を理解していると、名前に対して嫌な思いをしても自信を無くしたり不安に思うことは無いでしょう。なので、子供にもたくさんの愛がつまった名前だということを伝えると良いでしょう。

10年以上前よりも男の子も女の子も様々な名前があり、時代と共に聞きなれない名前の子供が増えています。ネット上には様々な意見が溢れていますが、両親や家族が良いと思い付けた名前でしょう。

子供が将来どんなことを友達に言われるかなんて想像もつかない部分がありますが、両親や家族も色んな思いを込めて名前を考えたわけですから後悔しない名前であれば良いのではないでしょうか。

男の子の育児は大変?子育ての中で大切なこと・注意点などまとめ | MensModern[メンズモダン]

男の子の名前人気ランキング20位~16位

様々な意味などを込めて名付けを行うわけですが、今回は人気の男の子の名前ランキングをご紹介します。男の子の名前にどんな漢字が流行っていて、どんな響きの男の子の名前が流行っているのかこれを見れば一目でわかるでしょう。

男の子の名前人気ランキング第20位「拓海」

「拓海」は、「たくみ」と読みます。「拓」には、切り開くなどの意味があり、「海」には、そのままうみということや広くて大きいという意味もあります。

「拓海」には、広く大きな心を持ちどんなことにもチャレンジし、道を切り開いていって欲しいなどという意味が込められているようです。「拓」という漢字は、80年代後半から人気の漢字で、「拓斗(たくと)」「拓哉(たくや)」などという名前も人気の高い名前です。

かっこいいイメージのある「拓海」という男の子の名前ですが、響きの良さから男の子だけでなく女の子の名前でも使われているようです。女の子の名前としては、決して多くはありませんが「拓美」などと漢字では表記されるようです。

男の子の名前人気ランキング第19位「大和」

「大和」は、「やまと」と読みます。「大」には、大きいなどという意味があり、「和」には、やわらぐやなごむという意味がありますが、「大和」には、強くて優しい男の子になって欲しいという家族の思いが込められているようです。

一見当て字にも見える「大和」ですが日本の古称でもあり、かつては「倭」と記していたそうですが、様々な説がありますが、それが「大和」となったそうです。漢字のイメージや響きもかっこいいですし、当て字のようにも感じますが、男の子の名前としても誰もが読める名前でもありますね。

男の子の名前人気ランキング第18位「颯太」

「颯太」は、「そうた」と読みます。他にも「はやた」などと読む場合もあります。「颯」には、風が吹くさまという意味があり、「太」には、ふとい。ゆたかなどという意味があります。

「颯太」には、たくましくて明るく爽やかな人になって欲しいという家族からの希望が込められているようです。「颯」には、「立」と「風」という漢字が組み合わさっていることから、どんな風にも立ち向かって欲しいという願いもあるようです。

男の子の名前人気ランキング第17位「新」

「新」は、「あらた」と読みます。「新」には、ご存知の通り新しいなどという意味がありますが、男の子の名前で使われる意味としては、生まれて来た我が子との新しい生活に対する感謝の気持ちや、どんなことにも挑戦して欲しいという意味から「新」という希望と期待を込めて付けるようです。

一見なぜ「新」という漢字?と思われるかもしれませんが、「新」という漢字には、マイナスなイメージが無くプラスのイメージしかありませんよね。そういった漢字のイメージと、漢字一文字のすっきりとしたかっこいいという印象があるので、家族の希望や願いが込められているようです。

男の子の名前人気ランキング第16位「陽向」

「陽向」は、「ひなた」と読みます。「陽」には、ひなた。日のあたる場所などという意味があり、「向」には、むこう。むかう。などという意味があります。

「陽向」は、明るく元気に目標に向かって頑張って欲しいという家族から子供への希望を託した名前のようです。ただ「ひな」は、女の子の中でも人気の名前なので、女の子の中にも「ひなた」という名前の子が多いようです。「陽向」という漢字にはかっこいいイメージもありますが、響きには可愛らしいイメージもあることから男女共に人気のようです。

男の子の名前人気ランキング第15位「結翔」

「結翔」は、「ゆうと」「ゆいと」と読みます。「結」には、むずぶ。ゆう。まとめる。などと意味があり、「翔」には、かける。とぶという意味があります。「翔」は男の子らしい漢字ということで近年人気の漢字のようです。

「結翔」には、人と人との縁を大事にし大きく羽ばたいて欲しいという思いがあるようです。「結」という漢字には可愛らしいイメージがあり、「翔」にはかっこいいイメージがあり、読みは「ゆうと」「ゆいと」どちらにもやわらかなイメージがありますね。

男の子の名前人気ランキング第14位「悠翔」

「悠翔」は、主に「ゆうと」と読みます。他には「悠」を「ひさ」と読むことから「ひさと」などと読む場合もあるようです。「悠」という漢字には、はるか。とおい。ゆったりとしたなどという意味があり、「翔」には、かける。とぶという意味があります。

「悠翔」には、のびのびと大きく羽ばたいて欲しいなどという意味が込められているようです。「ゆうと」という名前の響きのやわらかさと漢字が持つかっこいいイメージどちらもある名前ですね。

男の子の名前人気ランキング第13位「陽斗」

「陽斗」は、主には「はると」と読みますが「ひなと」「あきと」などと他にも読む場合があります。「陽」には、ひなた。日のあたる場所などという意味があり、「斗」には、ひしゃくや容器の単位などという意味がありますが、名前で使われるこの「斗」には意味よりも、漢字が持つかっこいいというイメージや読みやすさなどから男の子の名前の一文字として選ぶ方が多いようです。

「陽斗」には、「陽」が持つ太陽のようなイメージと明るいイメージと「斗」という漢字が持つかっこいいイメージ、さらに「はると」という読みが持つやわらかいイメージが人気のようです。

男の子の名前人気ランキング第12位「奏太」

「奏太」は、主に「そうた」と読む場合が多く「奏太」の「太」を「汰」にした「奏汰」という名前も人気です。「そうた」以外にも「かなた」と読む場合もあるようです。ちなみに、「そうた」という名前は若手人気俳優の福士蒼汰(ふくしそうた)の人気と共に、男の子の名前としても人気が高くなってとも言われているようです。

「奏」には、かなでる。演奏する。という意味の他に成し遂げるという意味もあります。「太」には、ふとい。ゆたかなどという意味があることから、大きな目標を持って成し遂げて欲しいという意味があるようです。漢字も末広がりでバランスの良さから人気が高い男の子の名前です。

男の子の名前人気ランキング第11位「朝陽」

「朝陽」の読み方は、「あさひ」です。「朝」と「陽」という漢字には、太陽などなど明るいイメージがありますね。意味としては、「朝」は、あさ。というそのままも意味もありますが、人の集まるところなどという意味もあるようです。「陽」には、ひなた。日のあたる場所などという意味があります。

「朝陽」という名前には、漢字そのものが持つ明るさと、「朝陽」には日の出という意味もあることから男の子の名前として響きもかっこいいですね。

男の子の名前人気ランキング第10位「悠」

「悠」は、そのまま「ゆう」と読みます。「悠」という漢字には、はるか。とおい。ゆったりとしたなどという意味があり、響きも柔らかいことから男の子の名前としても人気が高いです。

「悠」という字は、「はるか」と読む場合もあり男の子の名前よりは少ないですが、女の子の名前としても使われることもあります。男の子では、「悠」に「真」や「斗」などを組み合わせた名前の人気が高く、響きのやわらかさと漢字のかっこいい部分が合わさって男の子の名前の中でも人気が高いようです。

男の子の名前人気ランキング第9位「樹」

「樹」は、主に「いつき」と読みますが「たつき」などと読む場合もあります。漢字の意味は、き。立ち木などという意味があります。

漢字としての意味は、き。という意味ですが、名前としては、生命力などをイメージ出来ることから「大きく成長して欲しい」「まっすぐ素直な男の子に」などという意味が込められているようです。

「いつき」「たつき」という名前の読みは、男の子の名前の中でもとにかく響きが人気です。漢字一文字なので姓とのバランスも取りやすいこととかっこいいということから男の子の名前として多いようです。以前は、女の子の名前としても使われていた「樹」という漢字ですが、最近では男の子の名前として多く使われているようです。

男の子の名前人気ランキング第8位「悠斗」

「悠斗」の読み方は、主に「ゆうと」や「はると」と読む場合が多いですが、他には「ひろと」と読む場合もあるようです。

「悠」という漢字には、はるか。とおい。ゆったりとしたなどという意味があり、「斗」には、ひしゃくや容器の単位などという意味がありますが名前で使われるこの「斗」には意味よりも、漢字が持つかっこいいというイメージや読みやすさなどから男の子の名前の一部として選ぶ方が多いようです。

男の子の名前で「と」と読む漢字は、以前は「人」という漢字が多く使われていましたが、2010年以降は「斗」という漢字が、かっこいいという理由で男の子の名前に選ばれるようになってきたようです。

男の子の名前人気ランキング第7位「悠人」

「悠人」の読みは、主に「ゆうと」と読む場合が多く、「はると」「ひさと」「ひろと」などと読む場合もあります。8位の「悠斗」とは漢字や読みは似ていますが「斗」と「人」に違いがあり、漢字の印象などが違いますね。

「悠」という漢字には、はるか。とおい。ゆったりとしたなどという意味があり、「人」には、人柄という意味もあることから「悠人」には、ゆったりとした心の人にという意味が込められているようです。

強いというイメージよりも誰にでも優しくのびのび育って欲しいなどと願い男の子の名前として選ぶ方も多いようです。

男の子の名前人気ランキング第6位「陽太」

「陽太」の読み方は、そのまま「ようた」と読みますが、他にも「ひなた」「はるた」などと読む場合もあります。「ようた」は、読みやすく響きも柔らかい印象ですね。

「陽」には、ひなた。日のあたる場所などという明るい意味とイメージがあり、「太」には、ふとい。ゆたかなどという意味があることから、明るく心にゆとりのある男の子になどという意味が込められているようです。

男の子の名前人気ランキング第5位「湊」

男の子の名前人気ランキング第5位は、「湊」です。主に「みなと」と読む場合が多く、他にも「そう」などと読む場合もあります。

「湊」という漢字には、水の集まるところや人の集まるところなどという意味があり、「友達がたくさん出来るように」「たくさんの人が集まるような男の子に」などという意味を込められているようです。

さらに、「湊介」や「湊真」など「湊」という漢字と組み合わせた男の子の名前もたくさんあります。2004年から人名漢字として使えるようになったことから少しずつ人気が高くなってきたようです。ちなみに、男の子に限らず女の子の名前としてもこの「湊」という漢字は多く使われているようです。

男の子の名前人気ランキング第4位「陽翔」

男の子の名前人気ランキング第4位は、「陽翔」です。主に「はると」と読む場合が多いようですが、「はるひ」「ひなと」「あきと」などと約10種類程の読み方があるようです。

「陽」には、ひなた。日のあたる場所などという明るい意味とイメージがあり、「翔」には、かける。とぶという意味があります。なので「陽翔」という男の子の名前には、太陽のように明るく、そして羽ばたいて欲しいなどという意味が込められているようです。

男の子の名前人気ランキング第3位「大翔」

男の子の名前人気ランキング3位は、「大翔」です。主に「ひろと」と読む場合が多いのですが、他にも「そら」「おうが」「たいが」「だいと」「はると」など読み方は人それぞれで約20種類ほどの読み方があるようです。

「大翔」という男の子の名前の意味は、大きく羽ばたいて欲しいなどという意味が込められているようです。ちなみに、この「大翔」という名前は、長きにわたり男の子の名前ランキングにランクインされていて流行に流されない名前です。

男の子の名前人気ランキング第2位「蓮」

男の子の名前ランキング第2位は、「蓮」です。読み方は、「れん」です。水草の一種でもあるハスの花ですが、ハスは仏教の象徴的な花であり、池や沼地で咲くハスの花ですが、そのような環境でも美しい花を咲かせる姿から「辛く苦しいことがあることで幸せを感じ取れる」という仏教の教えと重なり、ハスの花の花言葉は、「清らかな心」「神聖」という花言葉があります。

「蓮」という名前の意味は、「困難に打ち勝つ」「負けずに力強くたくましく」などと言った願いを込めて付けられているようです。

「蓮」という名前は、名前の響きも良くて読める名前であることから男の子の名前として大変人気のようです。あまりの人気に同じ名前が多数居る場合もあるようで、「蓮」と組み合わせた「蓮斗(れんと)」などが男の子の名前の中でも最近は多く見られます。

男の子の名前人気ランキング第1位「悠真」

男の子の名前人気ランキング第1位に輝いたのは、「悠真」です。主に「ゆうま」と読みますが、他には「はるま」「ゆうしん」などと読む場合もあるようです。

「悠」という漢字には、はるか。とおい。ゆったりとしたなどという意味があり、「真」には、まこと。本当。そのまま。などの意味があります。ゆったりと大きな心で真っ直ぐに生きて欲しいなどという意味が込められているようです。

男の子の名前は「悠」「翔」「陽」「ゆう」「はる」が多い

たくさんの男の子の名前をご紹介しましたが、その中でも特に多く使われていた漢字は、「悠」と「翔」と「陽」でした。一生変わることの無い男の子の名前は、将来の希望を託して家族が付けた名前が多いようですね。

男の子の名前の読みの方は、「ゆう」「はる」といったやわらかい響きの名前が多くランクインしていました。漢字にはかっこいい、でも読みはやわらかさを求めた男の子の名前が多くありました。

他にも男の子の名前で多いのは、家族の名前から一文字貰って付ける場合も多く見られます。この場合、賛否両論の意見があり、貰った家族の存在を超えられないなどという意味もあるようですが、一概には言えずやはり家族から子供に対する思いの方が大きいようです。

名前は、バランスも大事なのですが、漢字二文字以上の場合は一つ目と二つ目の漢字の意味が真逆な場合もありますので、漢字の意味も重視される場合は気を付けましょう。

男の子の名前人気ランキングまとめ

名前にも流行があり、男の子の名前の多くは「悠」「翔」などの漢字が多く使われていることがわかりました。男の子には、大きくや立派なという名前にもかっこいいイメージと響きのやわらかさ、どちらも存在する名前が人気のようです。家族から家族へ初めてプレゼント、素敵な名前をプレゼント出来るといいですね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ