敷居が高いイメージのあるカメラというガジェット。しかし、そんなガジェットも工夫すれば費用を抑えることが出来るんです。また長い目で見ればカメラという製品はメリットが多い趣味なんです。そんなカメラを趣味にするメリットと、その製品にかかる費用などを紹介します。

カメラを趣味にするには?費用やメリット・おすすめ製品など調査

目次

  1. カメラを趣味にしよう!
  2. カメラってどんな人におすすめな趣味なのか
  3. スマホで写真を撮る人におすすめな趣味
  4. スマホと一眼レフなどのカメラの違いとは
  5. スマホカメラのズームは擬似的なもの
  6. パレードなどを撮るのはカメラがおすすめ
  7. 暗い中では一眼レフなどのカメラがおすすめ
  8. なぜカメラを趣味にするのがおすすめなのか
  9. カメラは一生の趣味になるのでおすすめ
  10. カメラは時と場所を選ばない趣味
  11. カメラはアウトドア派におすすめ
  12. カメラという趣味を通して仲間が出来る
  13. カメラはお金のかかる趣味?
  14. カメラは受け継ぐことが出来る趣味
  15. カメラという趣味の費用のかけかたはピンきり
  16. カメラは趣味と仕事では違う
  17. 少しずつ極めていけるのがカメラという趣味
  18. カメラは年齢を重ねて変化する趣味

カメラを趣味にしよう!

少し敷居が高いと感じるかもしれない、カメラというガジェット。そんなガジェットも一度ハマると抜け出せない趣味になるんです。

そして、カメラはガジェットとして、安価に収めることも、底なしにお金を使うことにもなる趣味なんです。

そんなカメラはガジェットの中で、一生の趣味に出来る可能性がある製品なんです。そんなカメラを趣味にするメリットと、おすすめの製品、そしてどれぐらいの費用がかかるかを紹介します。

カメラってどんな人におすすめな趣味なのか

では、カメラとはどんな人におすすめな趣味なのでしょうか。カメラと言っても、その製品の種類はいろいろあって、その用途も少しずつ変わってきます。

このガジェットとして製品の種類が複数あることは、費用を抑えやすいというメリットにもつながるということを覚えておいてください。

スマホで写真を撮る人におすすめな趣味

『インスタ映え』と言われるような言葉があるように、最近はスマホがガジェットとしてとても進化していることから、みんな本当にたくさんの写真をスマホのカメラで撮っていると思います。

確かにスマホは携帯としてもカメラとしても、それ以外の多くの性能を持っているというメリットがありますが、決して万能なカメラとはいえませんん。

スマホと一眼レフなどのカメラの違いとは

スマホなどのガジェットについているカメラは、製品によって違いますがあまりズームに関しては強くありません。スマホのカメラを使っていてズームしても、スマホの中からレンズが飛び出してくるようなことはありませんよね。

これは一眼レフなどのカメラにも使われるレンズで、単焦点レンズというものがスマホの製品には使われていることが多いんです。

単焦点レンズとは、ズームすることが出来ず、撮影距離は一定のため、自分が動くことで被写体をアップにしたり、離れたりということをするわけです。スマホは、そんな単焦点レンズのズームが出来ないというデメリットを補うために、デジタルズームという機能を備えています。

スマホカメラのズームは擬似的なもの

これは、カメラのレンズ側ではなく、カメラ本体が擬似的に電子ズームしているだけなので、極端に言えば元の写真データを勝手にズームしているわけで、携帯に保存された画像を拡大しているときのズームと同じなんです。

つまり、デジタルズームは擬似的なズームのため、画質がとても荒くなるんです。スマホのカメラでイベントのパレードを拡大してズームして撮っても、結局は画質が荒くて使い物にならないということがありますよね。

パレードなどを撮るのはカメラがおすすめ

そんな問題を解消してくれるのが、一眼レフなどのカメラのレンズなんです。一眼レフのカメラの場合は、レンズを付け替えたり、元からズームレンズを付けることによって、レンズ側がズームすることで、きれいな画質で撮れるというメリットがあるんです。

パレードを撮ったり、花火を撮ったりする場合は、スマホのカメラではなかなか対応出来ないですね。手軽さで言えばスマホなどのカメラも良いのですが、あくまで身近なものを撮るのがおすすめですね。

暗い中では一眼レフなどのカメラがおすすめ

また、スマホなどのガジェットとくらべて、一眼レフは暗いところの撮影にも強いですね。レンズ次第とは言えますが、人間の目で見ても暗いと思うような景色でも、うまく使うとしっかりと風景を残すことが出来るんです。

レンズの絞り値(F値)の数値がF1.4などの明るいレンズを使えば、とても明るい写真を撮ることが出来ます。しかし、明るいレンズは費用が高くなる場合があって、難しいんです。

しかし、いままで目では確認できなかったような幻想的な世界を、カメラで撮影すると写真にすることが出来るんです。暗い風景もカメラを使って撮影することで、目で見るものとは違った世界に感じることもあるんです。

なぜカメラを趣味にするのがおすすめなのか

少しスマホカメラと一眼レフなどのカメラとの対比が先になりましたが、なぜカメラを趣味にすることがおすすめなのでしょう。

カメラという文化の歴史は古く、日本でも昔から親しまれてきた趣味です。あの徳川幕府最後の将軍である、徳川慶喜も晩年の趣味はカメラでした。

そんな時代からカメラはどんどんと進化して、かつては二眼レフと言われていたカメラがどんどん進化して、今のようにスマホなどのガジェットで、気軽に持ち歩けるような製品になりました。

カメラは一生の趣味になるのでおすすめ

若い世代から年配の世代までここまでカメラが愛されるのは、その『奥深さ』にあると思います。写真はシヤッターを押せば簡単に撮ることが出来ます。しかし、その写真は、本当にその構図で、その明るさで、そのレンズで、そのシャッタースピードで良かったのでしょうか。

カメラを趣味にすると、自然とそんなことが気になるようになります。「もっときれいに撮りたいな」という気持ちが自然と湧いてくると、それはカメラという趣味の世界の第一歩と言えるでしょう。

多くのカメラマンは、そんな課題と一生を通してぶつかっていくことになります。もちろん、気軽に写真を撮ることも楽しいですし、こだわり抜いたクリエイティブな写真を撮ることも、カメラの醍醐味です。

カメラは時と場所を選ばない趣味

カメラという趣味は、例えば泳ぐという趣味とは違って、いつどこでも何時でも出来る趣味なんです。泳ぐには水が必要ですし、そのための場所が必要です。また時間も限られていますし、いま泳ぎたいと思った瞬間に泳げるものではありません。

しかし、カメラと言う趣味は最も簡単な方法ではガジェットであるスマホさえ持っていれば、いつでもどこでも撮ることが出来るんです。部屋でごろごろしながら食べているものを撮ったり、イベントの時に持っていったり、友達との日常写真を撮ったり、ポートレート写真を撮ったり出来るんです。

カメラを趣味にすると、様々な思い出の1シーンを切り取って残すことが出来るのでおすすめなんです。一生を通して自分が関わったすべてのものを、写真は振り返るときに役立つのが大きなメリットといえますね。

カメラはアウトドア派におすすめ

カメラというガジェットを、もっとも楽しむ人達はアウトドアな人におすすめです。せっかく良い製品のカメラを持っていても、室内だけでは、その被写体が限られてしまうのです。

アウトドアが趣味な人には、カメラはとてもおすすめな趣味です。山や海、イベントや外食で食べたメニュー、そして旅行のお供になります。

海もカメラの種類によっては防水加工されていたり、防水用のケースがあるなど、マリンスポーツにもカメラは利用できるんです。

スポーツ観戦が趣味の人も、自分のお気に入りの選手をカメラを持っていけばたくさん撮影することが出来ます。プロが使っているような望遠レンズでなくても、ある程度ズーム出来るカメラなら、前の席や練習中に最前列に行って撮影することは、十分可能なんです。

一眼レフはキヤノン?それともニコン?2つのカメラを徹底比較! | MensModern[メンズモダン]

カメラという趣味を通して仲間が出来る

カメラという製品のメリットは、非常に仲間が出来やすい趣味だといえます。大学の友人の中でカメラをしている人を見つけたら、勇気を出して相手のカメラを褒めて見ましょう。自分もカメラが趣味であることを伝えると、そこから大きな輪が生まれるきっかけになります。

また、同じジャンルのイベントに参加していると、次第に参加している人も似たようなメンバーであることに気が付きます。ちょっとしたきっかけで会話するようになると、イベントにおけるカメラ仲間が出来るわけです。

カメラという趣味は、そういったコミュニティが生まれやすい趣味というメリットがありますね。個人で黙々と撮影することもいいですし、SNSやイベントを通して仲間とどんどん知り合っていくのもおすすめです。

一眼レフとミラーレスの違いは?自分に合うカメラの選び方とおすすめカメラ | MensModern[メンズモダン]

カメラはお金のかかる趣味?

さて、カメラという趣味ですが、問題はその費用です。毎年の様に新しい製品が生まれ、カメラ本体のボディからレンズ、フラッシュなどの付属品まで、新しいものはどんどん開発されています。

ガジェット類と同じで、その趣味を極めようと思うと、その費用は天井知らずであり、車などの費用がかかると言われている趣味に負けないほど、その費用はかかってしまうんです。

しかし、カメラという趣味を持っている年齢層は、決して年収の高いおじさまたちだけではありません。学校に通いながら、アルバイトをしている学生でもカメラを趣味にしている人はたくさんいます。

一眼レフの値段は?安いおすすめのデジタルカメラの選び方! | MensModern[メンズモダン]

カメラは受け継ぐことが出来る趣味

そういった人たちは、自分で購入した人も多いですが、人から譲り受ける人も多いんです。カメラは型落ちしやすいという製品の特徴があるため。ある程度、年代が経つと売っても二束三文になります。

そのため、そのまま保管している人も多く、カメラを趣味にしたいという人が現れたときに、安価で譲る人も多く、決して初期費用が高いというわけではありません。祖父や父親からカメラを譲って貰う人も多く、その趣味は受け継いで行くことができるんです。

カメラは大きくボディの費用とレンズの費用がかかります。同じメーカーのカメラなら、レンズを使いまわすことも出来ることが多いんです。そのため、ボディは新しいものを購入して、レンズは少し古い中古を使っている人もおおいんです。

カメラの絞りとは?写真が上達するぼかしの基礎知識やテクニックまとめ | MensModern[メンズモダン]

カメラという趣味の費用のかけかたはピンきり

単純に言えば、良いカメラを使い、良いレンズを使えば、プロに近いような写真を撮ることは出来ます。しかし、それは数十万近い費用がかかることになるんです。

また、どんなに良い製品を使っても、それを扱うのは撮る人のセンスや腕前次第。最近は写ルンですのような使い捨てカメラを使って、きれいな写真を撮るという方法もブームで、決して良い製品が良い写真につながるわけではないんです。

カメラも、一眼レフにミラーレス、コンパクトデジタルカメラに使い捨てカメラなど種類も豊富です。費用として2、3万円から始めることも十分に可能で、上を見れば100万円を超えるお金をかけている人もいます。

ミラーレス一眼カメラを徹底比較!画質や価格など最新機種のおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

カメラは趣味と仕事では違う

あくまでカメラという趣味を始めるなら、手軽に扱えるデジカメと言われるカメラがおすすめです。コンパクトで費用を抑えやすく、デザインもおしゃれなミラーレスは、若い女性に人気です。

ミラーレスはその性質上、デジカメのように液晶画面に写った映像を見ながら撮影します。しかし、カメラはフィルターを覗いてこそ、という人はやはり一眼レフになるでしょう。

カメラはあくまで趣味として行うなら、非常に選択肢が多く、自由に楽しめる趣味です。一般の人が持っているカメラという敷居の高いカメラ像は、仕事として大きな望遠レンズを持って居る姿が多いですね。実際は、もっと気軽で、費用も決して他のガジェットに比べて高いものではありません。

一眼レフカメラの人気はどれ?失敗しないおすすめ機種を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

少しずつ極めていけるのがカメラという趣味

プロのカメラマンではなくとも、アマチュアカメラマンも高い機材を使っています。なぜ、そのような高額な機材を使うようになるかというと、やはりどんどん極めたくなる趣味という点でしょう。

長くやればやるほど、自分の写真の出来に対する目は厳しくなります。もっと上手に撮りたい!という熱い気持ちを支えてくれるのは、それを叶えてくれる機材です。

より早くピントを合わせれたり、明るくきれいな写真に撮ってくれたり、そういった極めれば極めるほど、良い機材の力を借りたくなるのです。

一眼レフの初心者におすすめカメラ10選!失敗しない選び方は? | MensModern[メンズモダン]

カメラは年齢を重ねて変化する趣味

20年、30年と関わっていく趣味と考えれば、一度に購入する製品の価格は高いかもしれませんが、それは長きに渡って使うことの出来るツールになります。大きな望遠レンズも年齢を重ねて重くなれば、コンパクトで高性能なカメラを求めるようになります。

その中で機材は売ったり買ったりを繰り返すことになります。まるで自分の人生と重ね合わせるように、カメラという趣味も形を変えていくのです。そのためカメラという趣味は若いときから、高齢になるまで、形を変えながらずっと続けれるというメリットが一番のポイントかもしれませんね。

カメラという趣味のメリットやその費用について紹介しました。費用は数万円から数百万で幅広い金額の中で選択することが出来ます。そして、長きに渡って楽しめる趣味なんです。はじめは安いカメラから初めて、その道を極めていくのがおすすめですね。


評価 4.1/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ