みなさんの中で、iPhoneを水没させてしまったことはありますか?今回はiPhoneが水没した時の復活方法や対処法、正しい応急処などいろいろお伝えしたいと思います。iPhoneを水没させてしまっても復活できるようだったら、復活させてみましょう。復活方法とは?

iPhoneが水没した時の復活方法!対処法や正しい応急処置まとめ

目次

  1. iPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置
  2. iPhone復活!水没させる原因1:お風呂に持って入った時
  3. iPhone復活!水没させる原因2:便器に落としてしまった時
  4. iPhone復活!水没させる原因3:濡れた手で触ってしまった時
  5. iPhone復活!水没させる原因4:雨に濡れてしまった時
  6. iPhone復活!水没させる原因5:海やプールなどに落とした時
  7. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法1
  8. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法2
  9. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法3
  10. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法4
  11. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法5
  12. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法6
  13. iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法7
  14. iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法1
  15. iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法2
  16. iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法3
  17. iPhoneが水没した時にやってはいけないこと1
  18. iPhoneが水没した時にやってはいけないこと2
  19. iPhoneが水没した時にやってはいけないこと3
  20. iPhoneが水没した時にやってはいけないこと4
  21. iPhoneの水没に備えるためにすること
  22. 【まとめ】iPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置

iPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置

iPhoneを水没させて困っていらっしゃる方、捨てるのはまだ早いですよ。今回は、iPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置などをいろいろお伝えします。手元にまだ、水没させたiPhoneのでしたら、ぜひ、ご覧になって、iPhone復活を試してみてください。復活方法や対処法、正しい応急処置など、ぜひ、参考にしてください。

iPhoneの圏外が直らない原因は?困った時の対処法・直し方を調査 | MensModern[メンズモダン]

iPhone復活!水没させる原因1:お風呂に持って入った時

最初にお伝えするiPhoneを水没させる原因は、お風呂に入った時です。お風呂にiPhoneやアンドロイドのスマートフォンを持って入る方、多くいらっしゃるかと思います。シャワーを浴びていて、誤ってiPhoneを濡らした人もいらっしゃるかと思いますが、お風呂でiPhoneなどのスマートフォンを水没される多くの人は湯船の中に落としてしまう場合です。

お風呂の中での水没原因として多いのが、湯船の中にiPhoneでのゲームやWEBを見ながらなどしている時に、手が滑って落としてしまうケースなのです。iPhoneをしっかり持っているつもりでも湿気や集中力が下がってしまうために、手に力が入らなくなり落としてしまうのです。iPhoneをお風呂に持っていく時は湯船の外に出して閲覧したりしましょう。

iPhoneをリモコン代わりにする方法!使うために必要なアプリを紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhone復活!水没させる原因2:便器に落としてしまった時

次にお伝えするiPhoneを水没させる原因は、トイレの便器の中に落としてしまった時です。トイレもお風呂の湯船に落とすのと同様に水没原因に多い事象です。では、トイレに入って、どんな時にiPhoneを落としてしまうのでしょうか?みなさんは、トイレの便器にIiPhoneを一度でも、落とした経験はあるでしょうか?

トイレにiPhoneを持って入って、便器に中に落とす一番危険なタイミングはというと、トイレを出る時に誤ってiPhoneを便器の中に落としてしまう時です。トイレに入る時にiPhoneを落とす方は少ないと思います。ですから、トイレに出る時はiPhoneを別の場所に一回置いておいて、トイレを出る時に持っていくというのが一番良い方法だと思います。

iPhoneを有線LANに接続する方法!必要なアイテムと注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPhone復活!水没させる原因3:濡れた手で触ってしまった時

次にお伝えするiPhoneを水没させる原因は、濡れた手で触ってしまった時です。濡れた手でiPhoneを触る時っていろいろあります。例えば、トイレから出る前に手を洗った時や洗い物をした時、プールや海から出た時など、いろんなケースがあります。その濡れた手でiPhoneを触ると、隙間から水が侵入し、電気回路にダメージを与えてしまいます。

濡れた手でiPhoneを触る前に、必ず乾いたタオルで拭く癖をつけると良いと思います。濡れた手で触るほど、急いでiPhoneを触ることはないと思います。せかせかしないで、少し落ち着いて、乾いたタオルで十分、両手の水分を拭き取ってからiPhoneを触るように心がけしましょう。水没させてしまったら最悪使えなくなります。iPhoneを大事に扱いましょう。

iPhoneのキーボードの設定方法を調査!文字入力におすすめは? | MensModern[メンズモダン]

iPhone復活!水没させる原因4:雨に濡れてしまった時

次にお伝えするiPhoneを水没させる原因は、雨に濡れてしまった時です。雨に濡れる場合というと雨の中、傘をささずにiPhoneを操作してたり、傘をさしていてiPhoneを操作してる時などにもあります。少しくらい雨にiPhoneが濡れても大丈夫だと、みなさん思っていませんか?iPhoneは精密機器の一つで一滴の水が機器の中に入っただけで水没することもあります。

水没するケースはいろいろありますので、大丈夫と思っていてもiPhoneなどの機器には大きなダメージを与えている場合もありますから、水没したと思ったら携帯電話会社に持っていて検査してもらうと良いと思います。水没をほっとくと、最悪使えなくなってしまいます。データのバックアップをしていないと、全滅になってしまいますので、水没には気をつけましょう。

iPhoneのリマインダーとはなに?便利な使い方と機能まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPhone復活!水没させる原因5:海やプールなどに落とした時

次にお伝えするiPhoneを水没させる原因は海やプールなどに落としてしまった時です。夏の暑い時などに海やプールでiPhoneを水没させてしまう方いらっしゃるかと思います。iPhoneの水没防止のケースに入れていても何らかの原因でケースに穴が空いて、そこから水が入り水没させてしまったり、プールや海の中にiPhoneを落としてしまったりなどあります。

海やプールに入る時は、iPhoneなどのスマートフォンを持ち歩くのではなく、ロッカーや車の中に保管しておくのが水没させない良い方法だと思います。iPhoneを海やプールに持っていくことはないかと思います。水没させてしまうリスクを考えれば、必然的に持って行かない方が良いということがわかると思います。iPhoneの水没には気をつけましょう。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法1

iPhoneを乾いたタオルで拭き取る

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法は、iPhoneを乾いたタオルで拭き取ることです。iPhoneの外側から水は中へ侵入して、基盤や電気回路にダメージを与えて、おかしくなり、故障や使えなくしてしまいます。水やほこりなどはiPhoneの最大の敵です。iPhoneの外側がどんなに丈夫でも端子部分から水は侵入していきます。

iPhoneを水没させてしまった時は、まず乾いたタオルで丁寧に水分を拭き取りましょう。復活するかもしれません。そして、もし可能であればiPhoneを分解して、基盤や電子回路など濡れている部分に乾いたタオルを押し当てて水分を丁寧に拭き取るとより良いかと思いますが、分解は禁止されていますのでされる時はご自身の責任でおこなってください。復活する可能性はあるかも。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法2

iPhoneの電源をオフにする

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法は、iPhoneの電源をオフにすることです。iPhoneを水没してしまったら、すぐにiPhoneを取り出して電源をオフにしましょう。電気が通じていると、ショートしてiPhone自体が爆発したり、燃えたりしたりする可能性が大きくなり、復活は難しくなります。水没した時点ですぐに取り出し電源を切ります。

電源さえ切ってしまえば爆発したり、燃えたりすることはないと思いますし、復活の可能性も大きくなります。iPhoneを水没させてしまった時は、パニックになるべくならないように落ち着いて電源をオフにまずしましょう。それから、どうするかを考えれば良いと思います。iPhoneだけでなく他の電化製品も、もし水没させてしまったらまず電源をオフにする癖をつけましょう。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法3

温かい場所に数日、おいておくこと

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法は、温かい場所に数日、おいておくことです。iPhoneが水没した時、みなさんはどうしていらっしゃいますでしょうか?インターネットの情報やご自身が思う復活・対処法や応急処置をおこなっているかと思いますが、温かい場所に数日おいておくことは、とても大事なポイントです。復活する可能性が出てきます。

つまりiPhoneを水没させてしまったら、すぐにiPhoneを取り出して、天気が良く温かい日に干しておきましょう。乾燥するまで、どのくらいの時間かかるか分かりませんが自然乾燥させてみましょう。復活できるかもしれません。ただ直射日光は避けた方が良いので、日陰で温かい日に乾燥させましょう。乾燥させる前にiPhoneの電源を切っておきましょう。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法4

乾燥剤を使ってiPhoneを乾燥させる

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法は、乾燥剤を使って乾燥させることです。乾燥剤はビスケットやせんべい、クッキーなどパッケージの中に入れてあるものです。乾燥剤は水分を取り除き乾燥させるものです。代表的なものとしてはシリカゲルがよく知られています。その乾燥剤を画像のようにたくさん容器に入れて乾燥させます。復活できるかもです。

その中にiPhoneを入れて、長い時間かけて放置する事で水分を取り除きます。どのくらいの効果があるか、わかりませんが応急処理としては良いと思います。あくまでも応急処置ですので時間がありましたら、すぐに携帯電話会社にiPhoneを水没させてしまったと店舗を訪れた方が良いかと思います。復活できるかどうか聞いてみると良いと思います。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法5

SIMカードを取り除く

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法はSIMカードを取り除くことです。iPhoneを水没させてしまったら復活できるか不安になり、パニックになってしまう人は多いと思います。ですが、パニックになって冷静な判断が下せなくなると良い判断ができないので落ち着いてから、iPhoneの電源を切った後にSIMカードを取り除きましょう。

SIMカードは画像のような形やデザインになっています。SIMカードは携帯電話やスマートフォンなど通信を行うために必要なものです。そのSIMカードをiPhoneが水没した時は、なるべく早く取り除いて、乾いたタオルで吹いて、大事に保管しておかないといけないのです。SIMカードはとても大事なアイテムですので、大事に扱ってください。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法6

カバーをはずすこと

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法は、カバーをはずすことです。例えば、iPhoneをお湯が入っている湯船やトイレの中に入れてしまったら、iPhoneの中に水が多く侵入していると思いますので、なるべく早い段階で、iPhoneのカバーを外して水分を取り除けば復活するかもしれません。精密機器は水がとても苦手ですから。

iPhoneをはずすとフィルムがあると思いますができたら、そのフィルムももし水分が付着してた際は乾いたタオルやティッシュなどで丁寧に拭き取りましょう。注意して頂きたいのはカバーをはずす前はiPhoneの電源をオフに必ずしてからはずしてください。そして水分を拭き取ったらカバーを取り付けて電源をオンにしてみましょう。復活するかもしれません。

iPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法7

バックアップをすること

次に紹介するiPhoneが水没した時の正しい応急処置・復活方法はバックアップをすることです。バックアップはiPhoneがもし万が一、水没や故障した時のために前もっておこなっておきましょう。水没や故障はいつ起きるかわかりません。バックアップの方法は機種やメーカーによって異なりますので。購入したショップで聞いてみましょう。バックアップしていれば復活できます。

バックアップしておけば、もしiPhoneが水没や故障した時にバックアップしたデータを入れ直せば復活すると思いますのでとても便利です。ただデータの中にはバックアップしていても、復活しないデータがあると思います。どんなデータが復活できないかは、購入したショップへ詳しく聞いてみる必要がありますので聞いてみてください。できるなら全部のデータ復活したいですよね。

iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法1

APPLEストアで修理を依頼する

次にお伝えするiPhoneが水没し、正しい応急処置後の対処法は、APPLEストアで修理を依頼するです。iPhoneを水没してしまって応急処置を行ったら、自然な流れとしてAPPLEストアに行って修理を依頼した方が良いと思います。そして、どのくらいの修理費がかかることや、どのくらいの修理期間が必要なのか?復活できるか?など、詳しく聞いてみましょう。

そしてAPPLEストアのスタッフにiPhoneをどこでどういう風にして水没させてしまったのかを詳しくわかりやすいように伝えましょう。またiPhoneを水没させた後にどんな応急処置を行ったかをAPPLEストアのスタッフにしっかり伝えておきましょう。スタッフにもしiPhoneを水没させてしまった時、まず、復活できるのかを聞いてみてください。

iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法2

非正規修理店に持っていって修理してもらう

次にお伝えするiPhoneが水没し正しい応急処置後の対処法は、非正規修理店に持っていって修理してもらうことです。正規店のAPPLEストアが各地にあるのに、どうして非正規修理店に持っていって修理をお願いしないといけないのでしょうか?それは正規店のAPPLEストアで復活するための修理を依頼したけど修理代が高かったり、修理期間が長かったりするからです。

iPhoneが水没した時、非正規修理店に持っていくと5,000円から10,000万円の間で行って頂けるようです。これでもし復活できるなら安いと思います。安いですがデータが失われない可能性がありますので、考え方によっては、復活修理するのに正規店のAPPLEストアに依頼するよりも安いかもしれません。もしiPhoneを水没させてしまったら、非正規修理店に持っていきましょう

iPhoneが水没!正しい応急処置後の復活対処法3

自分で修理を行ってみる

次にお伝えするiPhoneが水没し正しい応急処置後の対処法は、自分で修理を行ってみることです。これはあまりすすめませんが、電気系統が得意な方や電機メーカーに勤めていらっしゃる方で知識がある方など、電子機器に関して詳しい方で急いで修理しなければいけないと時はご自身でiPhoneを修理すれば、復活することができるかもしれません。

ただ勝手に基盤の中の部品を組み替えたり変更したりしたために、他の故障原因になりAPPLEストアに復活修理依頼しても受付してくれない場合が出てくるかもしれません。ご自身で修理する自信がある方でも、正規店のAPPLEストアに復活・水没修理の依頼をされた方がいいと思います。今まで知らずに、ご自身で修理している方は復活できないことを頭に入れておきましょう。

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと1

電源を入れない

次にお伝えするiPhoneが水没した時にやってはいけないことは電源を入れないことです。これはiPhoneが水没に絶対に電源を入れないというわけではないですが、電源を入れたばかりに電子回路が水滴の影響でショートしてしまったり、発火してしまったりする場合がありえますので、なるべく電源をオンにしない方が良いかと思います。

iPhoneを少し濡れてしまった場合は電源をオフにしたり、オンにしたとしても悪い影響が起きないと思いますが先ほどもお伝えしました通り、便器の中やお風呂の湯船の中に落ちしてしまい水の中に完全にiPhoneが入ってしまった場合は電源をオンにしたりしないようにした方が良いかと思います。電源には触らないようにしましょう。

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと2

ドライヤーで乾かす

次にお伝えするiPhoneが水没した時にやってはいけないことは、ドライヤーで乾かすことです。みなさんの中で、iPhoneを水没させてしまった時に部屋に置いてあるドライヤーで水分を弾き飛ばしたことありますでしょうか?ドライヤーの熱を使って、水没したiPhoneを乾かせば復活すると思う方、多くいらっしゃるのではないかと思います。

iPhoneをドライヤーで乾かせば水没が免れると思っていらっしゃる方は、反対にドライヤーの熱の影響で電子回路がおかしくなって他の故障を招く可能性ができてきます。基盤や電子回路はとてもデリケートなので、ドライヤーの熱を浴びせることによって、その部分が熱くなって発火する恐れもありますのでやめましょう。

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと3

振ってはいけない

次にお伝えするiPhoneが水没した時にやってはいけないことは振ってはいけないことです。iPhoneを水没させた時に少なからずiPhone自体を振ってしまう方いらっしゃらないでしょうか?iPhoneが水没した時に振らないようにお願いしたいと思います。では、どうしてiPhoneを水没させた時に振ってはいけないのでしょうか?

それはiPhoneを水没させた時、中の基盤や電子回路に水分が付着していてそれを振ってしまうと、さらに広範囲に水分が広がっていき他の被害をもたらす可能性がありますので振らないようにしましょう。振らなければ修理代もそんなに払わなくても良いかもしれません。振ったことで第2、第3の被害を受けて修理代が高くなる可能性があります。

iPhoneが水没した時にやってはいけないこと4

充電したりするなど何かに接続してはいけない

次にお伝えするiPhoneが水没した時にやってはいけないことは、充電したりするなど何かに接続してはいけないことです。iPhoneを水没させてしまった時に、充電をしたり、ACアダプターなどに接続して電気を通してはいけません。なぜかといいますと水没してiPhoneの中の電子回路が濡れてしまっているためショートすることが考えられるからです。

ですので、誤って水没させてしまったiPhoneに何かを接続して電気を通すようなことはしないように心がけてください。ショートしてしまったら、着火してiPhoneが燃えて火災の原因にもなりますので気をつけてください。iPhoneが水没した時にやってはいけないことをこれまでにいくつかお伝えしましたが扱いには十分気をつけましょう。

iPhoneの水没に備えるためにすること

防水シールやケースを活用したり、バックアップをとること

最後にお伝えするiPhoneの水没に備えるために防水シールやケースを活用したり、バックアップをとることを行いましょう。これはとても大事なことなので、ご存知ない方はぜひ覚えておいてください。まずバックアップは先ほどもお伝えしましたが、早めのうちにバックアップをおこなっておいてください。バックアップは必ずしましょう。

他には水没を防止するために、防水シールやケースを使うことをおすすめしたいと思います。iPhoneを水没させてしまう恐れがある環境の時は、防水シールやケースなどを使って防止しましょう。水没は一度やってしまうだけで、ダメになってしまう可能性が高いので、そうならないようにあらかじめ防止する必要があります。

【まとめ】iPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置

今回はiPhoneが水没した時の復活方法、対処法や正しい応急処置などをいろいろお伝えしました。iPhoneが水没した時の復活方法や水没した後の対処法をいろいろお伝えしましたが参考にして頂けましたでしょうか?他にも様々な方法がありますので、ぜひ調べてみてください。あとバックアップは忘れずに行ってくださいね。


評価 4.4/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ