Mac用のキーボードでおすすめは?機能性・品質など徹底比較

クリエイティブな仕事をしている人にはMacが人気。動画編集なども便利なMacを愛用している人におすすめのキーボードは?純正キーボードだけでなく他にも色々あります。機能性や品質など、さまざまな角度から見てMac用に使いやすいキーボードをご紹介します。

Mac用のキーボードでおすすめは?機能性・品質など徹底比較

目次

  1. クリエイターにおすすめ・Mac
  2. WindowsとMacの違いを比較
  3. Macの使いやすさはキーボードで決まる!
  4. Mac用キーボードを選ぶときのポイント
  5. Macライトユーザーはマルチデバイス対応がおすすめ
  6. Mac用におすすめキーボード【Matias・Tactile Pro】
  7. Mac用におすすめキーボード【ANKER・ウルトラスリム Bluetooth】
  8. Mac用におすすめキーボード【iBUFFALO・フルキーボード USB接続】
  9. Mac用におすすめキーボード【Logicool・Bluetooth マルチデバイス キーボード】
  10. Mac用におすすめキーボード【PFU・Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac】
  11. Mac用におすすめキーボード【Matias・Quiet Pro Keyboard for Mac US】
  12. Mac用におすすめキーボード【AZIO・Mac用 メカニカルキーボード USB接続】
  13. Mac用におすすめキーボード【Microsoft・All-in-One Media Keyboard】
  14. Mac用におすすめキーボード【Apple・Keyboard テンキー付き】
  15. Mac用おすすめキーボード・機能性や品質比較まとめ

クリエイターにおすすめ・Mac

近年パソコンと言えばWindowsの傾向がありましたが、最近ではiPhoneやiPadによってMacを利用する人も多くなっています。Macといえばクリエイターには人気のパソコン。

優れた性能を持つApple・Mac

MacはAppleが手がけるパソコン。AppleはOSだけでなくハードウェア開発もしているので同じ企業での開発故に動作や性能など、機能性はかなり優れています。

独自のデザイン性を持つ

Macは機能性だけでなくデザイン性にも優れ、自社独自のデザインを取り入れることで特殊パーツも多め!パソコンにこだわりを持つ人ならMacはおすすめです。

Mac対応のマウスでおすすめは?有線・ワイヤレスなど相性がいいのは? | MensModern[メンズモダン]

WindowsとMacの違いを比較

WindowsとMac、パソコンにあまり詳しくなければどこが違うのかよく分かりません。WindowsとMacの違いを比較したポイントをいくつかご紹介します。

ソフトウェアとハードウェアの違い

先程も記述したようにMacはソフトウェアであるOSとハードウェアの両方を担っています。それに比べてWindowsのOSはMicrosoftが手がけています。パソコン本体となるハードウェアは多種多様なメーカーがあります。そのためWindowsはソフトウェアとハードウェア、開発元が異なっているのです。

対応ソフトウェアの数

パソコンを使用するのにもっとも重要な対応ソフトウェア。Windowsユーザーが多いので対応ソフトウェアはそちらのほうが多め。しかしiPhoneなどの普及、人気により最近ではMacに対応したソフトウェアや代替えも増えてきました。ビジネス以外で使うならそれほど不自由することはありません。

キーボードのショートカット

Macのキーボードには作業効率をアップさせるためのショートカットがあります。Windowsのキーボードにあるキーがなかったり、逆にWindowsのキーボードにないものがMacのキーボードにはあります。Macのキーボードショートカットは一定の法則上で組まれているので元々Macを使っているのであればそれほど混乱することもなく使えます。

Macのショートカット一覧!初心者が覚えておくべき基本キーは? | MensModern[メンズモダン]

Macの使いやすさはキーボードで決まる!

MacとWindowsの違いを比較したところで大きく異なるのはキーボード。もちろん技術的な面で見ればもっと大きな違いもありますが、普段使いに関していえばキーボードの使い方によって変わってきます。

キーボード次第で使いやすさが変わる

Mac自体の性能に不満がなければもっと使いやすくするにはキーボード選びが重要です。デザインやサイズ、キーを押したときの感触など、キーボードの品質や機能性によって好みが分かれます。

どんなキーボードがいいのか比較!

Windowsが主流といっても徐々にユーザーを増やしつつあるMac。最近ではMacユーザーも増えていますがどんなキーボードがいいのか悩むところ。MacでもWindows用のキーボードを使うことができまますが、設定が面倒なのであまりおすすめできません。

Macを使うならMac用のキーボードを使うのがベスト!そこで今回はMac用のキーボード、品質や機能性などを比較してご紹介します。

Macの使い方まとめ!基本的な操作や初期設定・便利な小技など紹介 | MensModern[メンズモダン]

Mac用キーボードを選ぶときのポイント

iPhoneやiPad人気が上がってきてMac普及率も上昇したとはいえ、まだWindows人気は衰えません。そのためMac用のキーボードもWindows用キーボードより数が少なめ。そのなかでもMac用のキーボードを選ぶときのポイントをご紹介!

接続方法・有線と無線

Mac用キーボードを選ぶときは接続方法で選ぶ人も。パソコンと接続するときに有線か無線で選ぶのもアリ。パソコン周りをすっきりさせたいなら無線タイプがおすすめです。無線タイプは有線よりも少し値段が高め。

有線タイプのキーボードはUSBケーブルで繋ぐものですが、バッテリーが不要で若干安めになっています。接続方法と合わせてキーボードの価格を比較するのの忘れずに。

キーボードのキー配列

キーボードを選ぶときはキー配列にも注目!Macだけに使うならMac用のキーボードでいいですが、もし購入したキーボードをスマホなどの他の外付け用にするならキー配列も重要です。MacだけでなくWindowsにも使用するならキー配列に注目してください。

機能性重視

キーボードの価格やデザイン、キー配列にあまりこだわりがないのなら機能性重視で。キーボードの基本的な機能性以外にオプションでついている機能で比較してみてください。無線タイプのキーボードならソーラーパネル搭載のものはバッテリーの減りも少なく便利。静かにキーボードを使いたいときは静音性のあるキーボードがおすすめ。

Macライトユーザーはマルチデバイス対応がおすすめ

Mac用のキーボードを選ぶときに接続方法やキー配列など使いやすさを重視するのもいいですが、Macライトユーザーならマルチデバイスに対応したキーボードがおすすめです。

Mac以外にも使えるキーボード

Macも使うけれどスマホやタブレットなども良く使う、外付けキーボードも欲しい!という人にはマルチデバイス対応のキーボード。Macだけでなく切り替えすることでiPhoneやiPadの外付けキーボードとして使えます。

Windowsに使えるキーボードも

Mac用に購入したキーボード、iPhoneやiPadなら同じAppleなのであまり気にしないかもしれませんが、キーボードのなかにはWindowsやAndroidに対応できるものもあります。キーボードが1つで使いまわて楽になるけれど、キー配列が若干面倒な場合も。

品質のいいものは切り替えが簡単で使いやすくなっています。スマホで長文が打ちにくいときは外付けキーボードがかなり役に立ちます。

Mac用におすすめキーボード【Matias・Tactile Pro】

Appleファンならこれしかない?!

スマホやタブレットもApple、もちろんパソコンだってMac!iPhoneやiPadなどを好んで利用するAppleファンなら純正キーボードで決まりです。Mac本体との相性もいいのでおすすめです。デザイン性の高いMacを使うならキーボードの見た目も重要。純正キーボードなら外観を損なうことなく使うことができます。そこでおすすめしたいのがMatiasのTactile Pro。

Mac信者のためのキーボード

Tactile ProはMacがまだMacintoshと呼ばれていた時代に使われていた『Apple Extended Keyboard』を現代風にアレンジしたキーボード。すでに生産終了していた『Apple Extended Keyboard』ですが、復刻を望むファンが多く、リメイクされて登場したのがTactile Proなのです。

現代風にアレンジされているので当初のキーボードと比較して機能性や品質も格段にアップ!古くからMacを愛用しているユーザーにはぜひ使って欲しいおすすめキーボードです。

タイピング感がやみつきになるメカニカルキーボード

古いタイプのキーボードをアレンジたものでクリック感の強いメカニカルキーボード。キーボードを使っているときの音がやみつきになります。タップするごとにカチャカチャとなる音は仕事してる感が抜群!ただし周囲からうるさいと言われることも。クリック感のあるキーボード好きにはおすすめです。

Mac用におすすめキーボード【ANKER・ウルトラスリム Bluetooth】

持ち運びに便利なコンパクトサイズ

モバイルバッテリーなどで有名なANKERのウルトラスリム Bluetoothは軽量でコンパクトサイズなので持ち運びにも便利なキーボード。重量わずか200グラム!通常のキーボードと比較すると重さもサイズも2/3ほど。タイピング音も静かでスマートに使いたい人におすすめです。

スタイリッシュなデザインでMacとの相性も抜群。ワイヤレスキーボードで接続の手間いらずなのも嬉しい仕様。省電力モードと電池利用で3カ月以上使うことも可能です。

相互性に優れたキーボード

Macをメインにスマホやタブレットでもキーボードを使いたいならかなりおすすめ!Macやスマホ、タブレットだけでなくWindowsにも対応した相互性に優れているキーボードです。Mac用として使いやすいショートカットキーもあります。

Mac用におすすめキーボード【iBUFFALO・フルキーボード USB接続】

ビジネスマンにもおすすめキーボード

Macを仕事に使うビジネスマンにもおすすめしたいのがiBUFFALOのフルキーボード USB接続タイプ。ビジネスシーンで多用するテンキー付き!

軽いタッチのパンタグラフキー採用

フルキーボード USB接続タイプはノートパソコンのような軽くて浅いタッチが特徴的なパンタグラフキーを採用。キーの中心をタップしなくても入力できるので作業もはかどります。USB接続タイプで有線となりますが、Macでの使い心地は抜群です。

Mac用のキー配列でテンキー付き

Mac用に作られたキーボードなのでキー配列もMacに対応。Mac特有のcommandキーなどもあります。多少古いタイプのMacにも対応で、Macユーザーには嬉しい仕様です。

他のキーボードと比較してみるとMac用のキーボードでテンキー付きは無線が多め。近年有線接続のiiMac用のテンキー付きキーボードの生産が少なくなってきたなかでUSB接続可能・テンキー付きが欲しいユーザーからは高い評価を得ています。

Mac用におすすめキーボード【Logicool・Bluetooth マルチデバイス キーボード】

パソコン周辺機器に強いロジクールのキーボード

マウスやキーボード、ゲームコントローラーなどパソコン周辺機器で人気のメーカー・ロジクール。信頼のおけるメーカーからおすすめするのがLogicoolのBluetooth マルチデバイス キーボード。パソコンでゲームをする人にはお馴染みのメーカーです。もちろんキーボードの機能性や品質はお墨付き!

すっきり使えるコンパクトさ

ワイヤレスキーボードで配線がごちゃごちゃせず、パソコン周辺がすっきり使えます。サイズも他のキーボードと比較して小さいので持ち運びにも便利なコンパクトさ!キーボードサイズは19.5×20ミリ。機能性も良く快適に使うことができます。

ダイヤルひとつで切替可能なマルチデバイス

MacOSだけでなくWindowsやiOS、Androidなど複数のキーボードに対応できるマルチデバイスキーボード。切り替えはダイヤルを回すだけなのでとっても簡単!対応デバイスは3台までとなっています。仕事だけでなくプライベートと合わせて使うことができます。

Mac用におすすめキーボード【PFU・Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac】

Macのために作られた専用キーボード

PFUのHappy Hacking Keyboard Lite2 for MacはまさにMacのためのキーボード。他のキーボードと比較して長時間使用しても疲れにくく、Macを愛用しているクリエイティブな仕事の人にもおすすめしたいキーボードです。

プログラマー御用達のキーボード

Happy Hacking Keyboard、通称『HHKB』はプログラマー御用達のおすすめキーボード。そんなプログラマー御用達キーボードにもMac専用があります。HHKBのなかでも特に品質が良く使い心地抜群と人気なのがProfessionalシリーズなんですが、そちらもMacに対応しています。

しかしProfessionalシリーズは価格が2万円以上と少し高め。こちらのHappy Hacking Keyboard Lite2 for Macは6000円弱での購入可能!品質にこだわらないのであれば使いやすいキーボードになっています。もちろんMac用のキーボードとしての使い心地はGood!

Mac用におすすめキーボード【Matias・Quiet Pro Keyboard for Mac US】

静かに作業したい人におすすめ

仕事やプライベートでパソコンを使うときに静かな環境でキーボードを使いたい人におすすめなのがMatiasのQuiet Pro Keyboard for Mac US。タイピングのときに出るクリック音がかなり小さめ。

ストロークがしっかりしてる

キーを押した時の深さ、キーストローク。Mac純正キーボードはキーストロークが浅くてちょっと……。深いキーストロークが好みの人は純正キーボードにイマイチの感触。そこでMac用キーボードでストロークがしっかりしているのがこちらのQuiet Pro Keyboard。Mac専用でCommandキーやOptionキーもちゃんとあります。

Mac用におすすめキーボード【AZIO・Mac用 メカニカルキーボード USB接続】

Macユーザーのためのフルサイズキーボード

Mac用のキーボードでフルサイズが欲しいならAZIOのMac用 メカニカルキーボード USB接続。白を基調としたデザインはMacとの相性抜群!純正キーボードと並べても見た目だけでなく品質・機能性すべてで満足できます。

近未来的なキーボード

シルバーとアルミ天板、そして全面バックライト付きのキーボードはどこか近未来的でかっこいい!通常のキーボードと比較するとキーに違いがあるのがわかります。こちらのキーは本体埋め込みではなく若干浮いているのがわかります。個性的で妥協を許さない品質。

1クリックでボリューム調整

特徴ある機能性は音の調整がキーボードで可能になっていること。キーボード右上部にあるコントロールダイアルひとつで簡単にボリューム調整ができます。ありそうでなかった機能性に思わずハマってしまいます。

Mac用におすすめキーボード【Microsoft・All-in-One Media Keyboard】

マウスとキーボードが一体化

キーボードにマウス機能がついたMicrosoftのAll-in-One Media Keyboard。マウスいらずでワイヤレスキーボードなのでパソコンの周りもすっきりします。このキーボードがあればタイピングとマウス操作が一度に行えるスグレモノ!

購入の際にはMac対応を確認してからキーボードをご購入ください。同じタイプの旧モデルはWindowsのみ対応となっています。Mac対応キーボードは2016年モデルとなります。

耐久性に優れた品質

日常生活のなかであると嬉しい防滴仕様。水滴がついたり、水をこぼしても大丈夫です。普段の性格範囲であれば多少の衝撃にも耐えられます。ワイヤレスで持ち運びがしやすいので落としたりぶつけたりすることも。耐久・耐水性に優れた高品質で快適なパソコンライフが送れます。

AES暗号化方式採用

パソコンを使っているとどうしても気になる個人情報。こちらのキーボードにはAES暗号化方式を採用しているので情報保護に特化!ワイヤレス仕様でも外部にキー情報が漏れる心配がありません。

Mac用におすすめキーボード【Apple・Keyboard テンキー付き】

やっぱり純正キーボード!

Macを使うならキーボードも純正キーボードがベスト?!デザイン性や機能性など、Appleだからこそ使いやすさが抜群。色々なMac用キーボードを試したけれど、結局純正に戻る人も。

Macの機能を最大限に引き出す

純正キーボードということでMacの機能を最大限に引き出せるキーボードでもあります。有線ですが、デスクトップなどキーボードを移動させないのであればそれほど気になりません。画面の明るさ調整や音の調整などができるファンクションキーも健在。

テンキー付きが便利

純正キーボードにはテンキーがついていないものもあります。もちろんそれでも使いやすいですが、仕事などでMacを使うならテンキー付きが便利です。純正キーボードでテンキーなしもいいですが、おすすめするならテンキー付き!

Mac用おすすめキーボード・機能性や品質比較まとめ

Mac用のキーボード、Windowsに比べるとまだまだ数は少ないですが機能性や品質に納得の使いやすいキーボードはたくさんあります。デザインやオプション機能など、好みで探してみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ