iPhoneのハッキング。実は簡単にハッキングは行えることを知っているだろうか。他人のiPhoneをハッキングするのに難しい手法はいらない。自分のiPhoneをハッキングされないためにも、具体的なハッキング方法とその対策について徹底調査して行こう。

iPhoneのハッキング方法は?されないための簡単な対策と確認まとめ

目次

  1. iPhoneのハッキングとは?心配する必要あるの?
  2. iPhoneがハッキングされるとどうなる?
  3. iPhoneのハッキング方法とは?
  4. Wifiを使用したハッキング方法
  5. iPhoneのアプリを使った遠隔操作
  6. iPhoneがハッキングされないための対策
  7. Wifiの自動接続をオフにするのも有効な方法
  8. 他人にiPhoneを貸さないことは基本
  9. iPhoneがハッキングされたときの対策
  10. 適切なハッキング対策を講じてiPhoneを守ろう

iPhoneのハッキングとは?心配する必要あるの?

iPhoneがハッキングされるとはどういうことなのか。個人で利用するiPhone、誰かにハッキングされる危険性は低そうに見えるが、実際のところハッキングの危険性などはあるのだろうか。結論から言うと、実はある。Apple製品で作られたものであるiPhoneはハッキングの心配はないと感じる人も多いだろう。しかし、実はその安心は崩れ去る。

iPhoneやiPadは、インターネットと解するデバイスである以上、常にハッカーとそのウイルスの危険と隣り合わせであることを忘れてはいけない。さらに、年々ハッキングの性能はいたちごっこでよくなっている。これらも含めて、iPhoneのハッキングの危険性は常に心配しておかなければならない。

iPhoneがハッキングされるとどうなる?

【iPhoneがハッキングされるとどうなる?①】個人情報の流出

では、具体的にiPhoneがハッキングされるとどのような悪用がされる可能性があるのかを知っておこう。まずは個人情報の流出だ。iPhoneには、電話帳のほかサイトを利用したときに入力した各種情報やID・パスワード等が入力されている。それらの情報が抜き取られ、流出し、だれでも見ることができるようになってしまう。

クレジットカードの情報が盗まれれば、金銭的な被害につながる可能性も高く、またIDやパスワードが漏れれば個人情報を抜き取られて様々な悪用が行われる危険性がある。

【iPhoneがハッキングされるとどうなる?②】電話帳を利用した詐欺

ハッキングにより個人情報を抜き取って、その電話帳をもとに次の詐欺につなげる事件も近年多くなっている。最新式のオレオレ詐欺にも発展しているそうだ。電話帳に登録されている名前を偽って電話をしてくるので、かけてこられたほうも詐欺と気づきにくく、悪質な詐欺をなっているようだ。

【iPhoneがハッキングされるとどうなる?③】遠隔操作で盗撮・盗聴

スマホやiPhoneをハッキングされると、何と遠隔操作もできるようになってしまうのが最新のハッキングの怖いところだ。無音で、カメラやビデオなどを作動させることも可能で、それにより盗撮や盗聴をすることも可能というのだからとても怖い。遠隔操作で悪用される危険性もある。

【iPhoneがハッキングされるとどうなる?④】GPS情報で位置の特定

ハッキングがされると簡単にiPhoneの位置情報を利用して位置の特定がされてしまう可能性もある。ストーカーがハッキングを行為に成功すれば、相手の位置情報を逐一確認できてしまう。ハッキングは、このように情報を取得するだけでなく、次の詐欺などの悪用に使用される危険性があるので注意が必要なのだ。

iPhoneのハッキング方法とは?

では具体的にハッキング方法はどのようなものがあるのか見ていこう。実は、簡単にハッキングはできてしまうのだ。さらに言うと、プロのハッカーにすれば、iPhoneのハッキングの時間は1分半もあればできてしまうという。iPhoneにても触れずわずかな時間でハッキングができてしまうのだ。

さらに、iPhoneのハッキングに成功し、一度侵入に成功すれば容易に個人情報を抜くことができ、現在の位置情報はもちろん、現在みている画面や通話履歴なども確認することができるという。iPhoneに入っているほとんどのデータを入手することができてしまうのだ。

Wifiを使用したハッキング方法

では、具体的なハッキング方法をみていこう。まずはWifiを使用したハッキング方法だ。暗号化もされず、パスワードもかかっていないWifiに接続すると、第三者が簡単に通信情報を傍受できてしまう。暗号化通信・パスワードの設定の有無は、ネットワーク一覧で確認することができる。鍵のマークがついていないのがセキュリティの甘いWifiになる。

特に危険なのが、このパスワードも何もないWifiの中でも提供者のわからないもの。個人情報を傍受するためだけに悪意のある人が設置するのだ。パスワードやロックのかかっていないWifiにつなげてしまうと、個人情報を盗まれるだけでなく、遠隔操作によって愛損を完全に乗っ取ることもできてしまうのだ。

iPhoneのアプリを使った遠隔操作

androidのアプリの中には、インストールされたスマホのデータを別のスマホで閲覧したり、カメラなどを遠隔で作動させるなどの機能をもつアプリが存在する。こちらは本来盗難防止用のアプリだが、まるでハッキングを行ったかのような操作ができてしまう。しかし、iPhoneの方ではこのようなアプリは存在しない。

にもかかわらず、実はある条件を満たすとこれらのアプリをインストールできるようになってしまう。それが脱獄だ。脱獄と呼ばれる改造をすると、このようなアプリをインストールできてしまうのだ。そして、見た目ではわかりにくく、アイコンを隠す機能も搭載されているので、アプリが潜んで遠隔操作されているケースもあり得るのだ。

iPhoneがハッキングされないための対策

【iPhoneがハッキングされないための対策方法①】AppleIDの2段階認証を利用する

それではハッキングされないための対策について触れていこう。ハッキングをされると確認する方法は現状ほとんどない。具体的な症状として確認する手立てがないのだ。なので、できるだけハッキングをされないように対策を練るしかないのだ。まず一つ目が、AppleIDの2段階認証の利用だ。

これはアカウントのアクセス行為に対して、パスワード入力のほかに本人認証を行うもの。設定はiPhoneから簡単に行える。safariからAppleIDの管理画面をアクセスし、パスワードとセキュリティをタップして、利用を確認するをタップすることで2段階認証を設定することができる。

【iPhoneがハッキングされないための対策方法②】パスワードを複雑なものにする

パスワードを複雑なものに変えることも有効な対策といえる。簡単な方法ではあるが、パスワード設定はハッキングの際に様々な利用制限をかけるうえで有効な方法だ。しかし、パスワードも誕生部などのわかりやすいものにすることは避けよう。明らかに桁数が少ないものだったりするのも、見破られる可能性が高くなる。

ランダムで、わかりにくいものを基本として、ランダムは英数字を織り交ぜたものにしよう。また、できれば記号や大文字と小文字が混ざったものが理想的だ。そうすることで簡単には割り出せないものにすることができる。

【iPhoneがハッキングされないための対策方法③】iPhoneにパスコードロックをかける

iPhoneにパスコードをかけることも効果的な対策になる。パスコードとは、ロックの解除などに用いられるもので、4ケタの番号でなく英語や特殊文字も利用できるのでパスワードと同様に予測しにくいものに設定することも可能だ。

最近では、指紋認証などによるパスコードの代わりの解除方法などもあるが、実は指紋認証は指紋の写真を合成したもので簡単に解除できハッキングできるとハッカーの中では評判のもの。すでにあまりハッキング対策のセキュリティとしては効果が薄いのでパスコードの設定の方が効果は高い。

Wifiの自動接続をオフにするのも有効な方法

iPhoneのハッキング対処法として、上記のような方法はもちろん有効だが、iPhone本体のセキュリティを上げることだけがハッキングの対処法ではない。外部機器や接続機器などのセキュリティを上げることもハッキングの対処法になる。その方法が、Wifiの自動接続をオフにすることだ。

iPhoneのWifi接続は常にオンにしていると、自動で電波の強いWifiに接続される形になる。このため、悪意のある人がわざと電波の強い回線を飛ばして、勝手につながるように仕向けてしまうことがある。また、公衆Wifiの中にはセキュリティの甘いものもあり、悪用されているケースもある。できるだけセキュリティのしっかりした回線を選ぼう。

iPhoneの圏外が直らない原因は?困った時の対処法・直し方を調査 | MensModern[メンズモダン]

他人にiPhoneを貸さないことは基本

他人にスマホを貸さないことも重要なセキュリティ対策になる。もちろん、友人に貸したからといって必ずダメというわけではないが、ハッキングは確認が難しいもの。いざということがないように、貸さないほうが賢明だろう。貸している間に、遠隔操作アプリをが入ってしまうケースもある。

また、席を軽く外すだけでもiPhoneを決しておいていかないようにしよう。席から離れたほんのわずかな時間でも、悪意ある人には格好の的になる。iPhoneは持っていくか、あるいはパスコードや指紋認証などで見られないようにiPhoneには確実なセキュリティを施しておこう。

iPhoneをリモコン代わりにする方法!使うために必要なアプリを紹介 | MensModern[メンズモダン]
iPhoneのアプリが待機中のままアップデートできない!対処法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneがハッキングされたときの対策

【iPhoneがハッキングされたときの対策①】怪しいアプリは削除

iPhoneがハッキングされないように対策を講じていくが、それでもハッキングの脅威からは逃げられないケースもある。いざハッキングされてしまった時の対処法も紹介しよう。まずは怪しいアプリがあればiPhoneから消すことを心がけよう。インストールした覚えのないアプリは早急にiPhoneから消すべきだ。

しかし、先ほども触れたように、iPhoneの画面上には表示されなかったり、わかりにくいなどのアプリも最近では存在する。この場合、iPhone上では確認が取れないのでなすすべがない。こうならないためにも、アプリをインストールする際の注意が必要になってくる。

【iPhoneがハッキングされたときの対策②】最悪の場合買い替えも

iPhoneがハッキングされたときには、上記の方法でアプリを消すといった対策はできるが、それはあくまでも目に見える形で、なおかつ初期の段階で通用する対策だ。ハッキングされて、遠隔操作の可能なアプリが入ってしまったら素人で復旧を完全に行うことはまず不可能だ。なので、iPhoneを携帯ショップやApplestoreにもっていくことになる。

しかし、携帯ショップやApplestoreにもっていったからといって必ずしも対応できるとは限らない。最悪の場合は買い替えをせざるを得ない状況になる。アカウントの乗っ取りは対処ができても、iPhone本体の乗っ取りに対して有効な対策はないのだ。日ごろからの対策でiPhoneを守るしかない。

適切なハッキング対策を講じてiPhoneを守ろう

iPhoneのハッキング方法を見てわかるとおり、プロのハッカーにかかればiPhoneをハッキングすることなど簡単なこと。そして、いざハッキングされたらiPhoneの持ち主には確認するすべがほとんどない。日ごろからiPhoneのハッキング対策を正しく講じて、自分のiPhoneがハッキングから守れるようにしよう。

iPhoneのキーボードの設定方法を調査!文字入力におすすめは? | MensModern[メンズモダン]

評価 5.0/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ