Macでテレビを視聴することは、映像メディアが多様化を続けている中で珍しい選択ではなくなってきています。テレビを楽しむデバイスとして、Macならではのメリットも。観ることができるようにする方法をまとめたほか、おすすめのチューナーもいろいろと比較してみました!

Macでテレビを視聴する方法まとめ!おすすめチューナーを徹底比較

目次

  1. 映像メディアの多様化
  2. Macでテレビを楽しむ
  3. テレビをMacで視聴するメリット
  4. 具体的にMacでテレビが映るようにする方法
  5. ポイントは?Macでテレビチューナーを選ぶ
  6. おすすめ!Macのテレビ環境に「PIX-DT195」
  7. 「PIX-BR310W」でMacでもテレビを快適に
  8. 異色?Macでテレビを観るために「GV-M2TV」
  9. 裏技?「Slingbox」のテレビ映像をMacで
  10. 手段はいろいろ!

映像メディアの多様化

近年になって、映像メディアの多様化が進んでいます。MacやWindowsなどのパソコンでも、画面からテレビ番組を視聴することが可能。テレビをMacで視聴する上ではMac専用のチューナーが必要とされるほか、レコーダー経由で映像を受像する方法もあります。さらには、ブラウザでテレビを視聴する手段も。

それぞれの選択によって具体的なやり方も違ったものになりますから、マシンの環境も鑑みたチョイスをするようにしましょう。Macに専用となっているチューナーを使う方法については、まさにそのために作られているもの。ですから、観ることのできる内容に制限されるところはありません。

地上デジタル放送はもちろんBS、CSといった衛星放送も含めて多種多様な放送内容を楽しむことができておすすめです。ブラウザを用いる方法はチャンネルの数こそ限定されるものの、何と言っても無料ですからそういった意味では最適であるかもしれません。

プロジェクターでテレビを見る方法は?壁に投影してインテリアにも | MensModern[メンズモダン]

Macでテレビを楽しむ

Macでテレビを楽しむ方法としてはMacに対応しているチューナーを用いるほか、ハードディスクレコーダーとセットボックスを経由させるという方法もあります。最近は単身者を中心として、自宅にテレビを置かないケースも多くなってきました。

テレビがなければ当然、レコーダーもありません。そういった環境であれば、Mac用のチューナーを使用するほかありません。レコーダーがある場合、あるいはBSやCSの放送を視聴するための端子がないものの番組は観たいといった場合などはセットボックスを用いることがおすすめ。

どちらの方法にしても、それぞれメリットとデメリットがあります。迷いがあれば、双方の方法について比較してみましょう。Macでテレビを視聴する場合、リアルタイムで番組を楽しむほかに録画することもできます。さらにチューナーの種類によって、録画された映像データをディスクへ出力することも可能です。

MacをHDMIケーブルでテレビを見る方法は?つなぎ方などまとめ | MensModern[メンズモダン]

テレビをMacで視聴するメリット

Macでテレビを視聴することに関しては、何と言っても自宅にテレビを置いていないとしてもテレビ番組を楽しむことができるようになりますからおすすめです。どうしても、テレビがあるとNHKの受信料などといった問題も出てきます。一人暮らし、そうでなくても忙しくて自宅に滞在している時間があまりないといった場合はそうした受信料も対価として見合わないものに。

そのようなとき、Macでテレビ番組を視聴することのできる環境があればメリットも大きくなります。とは言ってもMacを使ってのテレビ視聴環境を構築する上で、相応の初期費用がかかることは心得ておかなければなりません。

それに、将来的にはMacやiPhoneなどでテレビ番組を視聴する場合に関してもNHKの受信料を支払わなければならなくなる可能性が。それが面倒だからMacでテレビを視聴したいということであれば、そのあたりの動きにも注目する必要があります。

PCモニターとテレビの違い・接続方法を調査!メリットとデメリットは? | MensModern[メンズモダン]

具体的にMacでテレビが映るようにする方法

具体的にMacでテレビが映るようにするにはMac用のチューナー、レコーダーのセットボックスを手元に用意することがおすすめです。Mac用のチューナーは、特に多種多様な種類が。置き型にスティックタイプ、また有線やワイヤレスのものなどもあります。その中から、使っているMacに見合ったものを選択するようにしましょう。

有線で接続する方法については基本的にチューナーとアンテナをつなぎ、さらにUSBケーブルでチューナーの本体とMacを接続するようになっています。ワイヤレスであれば、LANケーブルでチューナーの本体と無線ルーターを接続するかたちがスタンダード。

セットボックスに関しては、Wi-Fi経由でレコーダーからの映像をMacで受信して視聴することができるようにします。Safariなどのブラウザにプラグインを追加すると、視聴が可能です。

ノートパソコンをディスプレイに接続する方法!外付けモニターとのつなぎ方 | MensModern[メンズモダン]

ポイントは?Macでテレビチューナーを選ぶ

Macでテレビを観る上では、まずテレビチューナーをつける選択肢が挙げられます。そのチューナーを選ぶ上ではポイントがあり、そのひとつは画質。チューナーのうち有線の方式で接続するものについては、やはり機器が直接つながれていることによって高画質が期待されます。

ただケーブルを接続する以上、部屋の中でも視聴することのできるポジションは限定されることに。つまり特にMacでもノート型のパソコンですと、使いにくい部分があります。また、製品に内蔵されているテレビチューナーがひとつだけであることによる問題も。

つまり普通にテレビ番組を観る目的だけに用いるのであれば良いのですが、ある番組を録画しつつ別の番組を観る際には適していません。つまり録画も考えるのであれば、複数のチューナーを内蔵している製品がおすすめです。そのほか、対応するアプリをダウンロードすることによって外部から視聴することのできるチューナーもおすすめすることができます。

モニターのおすすめランキング!PC用やゲーム用など人気メーカーは? | MensModern[メンズモダン]

おすすめ!Macのテレビ環境に「PIX-DT195」

「PIX-DT195」は、Macで自由自在にテレビ番組を視聴することも録画することもできるということでおすすめのチューナー。MacとUSBケーブルでつなげばすぐに使用することができ地上波とBS、CSにも対応するチューナーです。

Macで同時にふたつの番組を録画することができますから、気になる番組が同じ時間で重複していても一方をあきらめなければならないということはありません。その録画した番組については、外出先にもMacを持って行けば場所を問わず常時再生することができます。

そんな「PIX-DT195」は、機能面だけでなくデザイン的にも優れたものとなっていて部屋のインテリアとしても浮いた存在にはなりません。サイズについてもタテと横が132ミリと78ミリ、厚みについては18ミリしかなく省スペースになります。

PCモニターとテレビの違い・接続方法を調査!メリットとデメリットは? | MensModern[メンズモダン]

「PIX-BR310W」でMacでもテレビを快適に

「PIX-BR310W」はコンパクトなテレビチューナーであり、スペースを取ることなく設置することができるとして好評です。ルータに接続すると有線、無線の接続種別を問わずMacのパソコンへアクセスすることが可能。

内部にはふたつのチューナーが内蔵されていて、ひとつの番組を観つつ別の番組を録画することが可能です。注意点としては設定作業の中で「Evernote」などのアプリを起動させていると、影響を受けてなかなかプロセスが進まないケースも。ですからなるべく、設定を行う際には別のプログラムを閉じておくようにしましょう。

利用するにあたっては拡張機能があり、リモート視聴機能を追加すれば屋外においてもMacでテレビ番組を観ることができるようになります。さらに録画の予約、視聴といったことも可能になるのです。

Mac用の外付けHDDを用途別におすすめ紹介!フォーマット手順は? | MensModern[メンズモダン]

異色?Macでテレビを観るために「GV-M2TV」

「わたしのMacがテレビになる」のキャッチコピーが頭に残る「GV-M2TV」は、Mac専用のテレビチューナーです。USBメモリのような見た目が異色にも映るのですが、極端に高額ではなく購入することが可能です。

地上デジタル放送対応ということで、BS放送を視聴することができない点には注意。設定にあたってはMacにドライバが用意されていないため、インターネット上からアプリケーションやドライバをダウンロードする必要があります。ダウンロードの作業にはシリアルナンバーが求められるため、製品に記載されているシリアルナンバーは控えておかなければなりません。

インストールが済めばアンテナを用意しアプリケーション、ドライバの設定を行うことで準備は完了します。視聴や録画などの操作は、マウスで簡単に行うことができます。

MacのWi-Fiが繋がらない時は?接続が切れる時の簡単な対処法 | MensModern[メンズモダン]

裏技?「Slingbox」のテレビ映像をMacで

「Slingbox」は、レコーダーからのテレビ映像をインターネット経由で送信することのできるものです。そういう意味では、純粋にMacでテレビを観るためのチューナーというわけではありません。ただ、Slingboxから送信されたテレビの映像をMacで観ることは可能。

インターネット環境があれば部屋の中はもちろん、Macを持ってどこへ出かけるときにも映像を楽しむことができます。レコーダー発信の映像ということで録画されている番組、そのときに放送されている番組のほか再生された映像ソフトの内容も視聴可能。そしてSlingboxに取り入れられている特許技術の「SlingStream」が、クオリティの高い映像を実現しています。

Macに加えてスマホ、タブレットでも利用することが可能です。観るだけでなく、逆にレコーダーを操作してあらたな番組予約や削除といったことも行うことができます。

Macでブルーレイを見る方法!再生の仕方やおすすめのドライブは? | MensModern[メンズモダン]

手段はいろいろ!

Macでテレビ番組を視聴する方法については大きくテレビチューナーをMacへつないでMacを「テレビ化」する、レコーダーの映像がMacで映るようにするという手立てがあります。特に手元にテレビもレコーダーもないという場合は、チューナーを使うことがおすすめです。

Macで地上デジタル放送はもちろん、機種によって衛星放送にも対応しています。またレコーダーの映像が送信される「Slingbox」などは、Macで使用するにあたっても操作方法がレコーダーのリモコンと同じ。ですから番組を予約しようとするときにも再生するにも、使いやすいものとなっています。

Wi-Fiの環境さえ整っていれば、極端な話ですと海外にいるときでもMacから自宅にあるテレビを観ることができるわけです。一長一短はありますが、ライフスタイルなども鑑みて手段を選択しましょう!

Macのメンテナンス方法まとめ!簡単で手軽なやり方・掃除の頻度は? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ