徐々にユーザーを増やしているMac。WindowsからMacに乗り換える人もいます。これまでWindowsで使っていたキーボードをMacでも使いたい人必見!MacでWindows用のキーボードを使う方法や設定方法をご紹介します。

MacでWindows用キーボードを使う方法!設定の仕方などまとめ

目次

  1. クリエイティブな仕事で活躍するMac
  2. iPhone人気でMac普及率も上昇
  3. 徐々に人気が広がるMac
  4. MacとWindowsの違いって?
  5. MacでWindows用のキーボードは使える?
  6. Windows用キーボードを使う・USB接続
  7. Macのキーボード設定アシストを使う
  8. Mac特有の特殊なキーの設定
  9. Windows用キーボードを使う・Bluetoothキーボード
  10. Windows用のキーボードをMacに使うことについて
  11. キーボードだけでなくMacでもWindowsを使う
  12. おすすめキーボード【Logicool・K480 Bluetooth マルチデバイス キーボード】
  13. おすすめキーボード【Gosin・超薄型bluetoothキーボード】
  14. おすすめキーボード【エレコム・Bluetoothキーボード コンパクトタイプ】
  15. おすすめキーボード【Anker・ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】
  16. MacでWindows用のキーボードを使う方法・設定の仕方まとめ

クリエイティブな仕事で活躍するMac

パソコンと言えばWindowsを選ぶ傾向にあります。実際にMacユーザーと比べてもWindowsユーザーが圧倒的に多数。しかしクリエイティブな仕事や大学関係者になるとMacユーザーが多め。実はMacの製品はかなり良いものなんです。

YouTuberもMac派?

近年人気急上昇のYouTuber。知名度の高いYouTuberたちもMacを愛用していたりします。Macはグラフィックデザイナーなどのクリエイターに人気のパソコンで動画編集などにも向いています。もちろんYouTuberでもWindowsユーザーは多数。

高級感のあるMac

Macはデザイン性に高級感があり、Apple製品で統一するとかなり魅力あるものに。アルミ製の外観はシンプルなのにスタイリッシュで仕事ができる人が持つイメージ。パソコンは本体やキーボード、マウスなどさまざまな付属品が必要になりますが、すべてを統一できるのはMacを作り出しているAppleぐらいです。

iPhone人気でMac普及率も上昇

ここ数年でスマホを持つ人が急増。そのなかでもiPhone人気は高め。iPhoneはMacと同じAppleなのでiPhone人気によってMac普及率も急上昇してきました。スマホとパソコンを連携する場合はやはり同じAppleで揃えるのがベスト。iPhoneのApple IDだけでパソコンに連携できる手軽さがあります。

AppleIDひとつでスマホ・パソコンで編集可能

iPhoneユーザーならパソコンもMacがおすすめ!AppleIDでスマホとパソコン、どちらからでも編集・設定ができるようになります。写真やメール、ブックマークやお気に入りなども同期できます。さらにiPodを利用しているならiTunesで購入した楽曲をMacにダウンロードすることも。

iPhoneユーザーならMacがおすすめ

iPhoneユーザーがスマホとパソコン、両方使うなら連携しやすいMacがおすすめ。さらにiPadも使っている場合はMacが便利!これからパソコンを購入、または買い換える予定があるiPhoneユーザーはMacも選択肢に加えてみては?

徐々に人気が広がるMac

以前まではパソコンはWindows、という感じでした。しかし近年ではMac人気も徐々に広がっています。これまでのパソコンライトユーザーは知名度の高いWindowsを使う傾向にありましたが、iPhoneやiPadによってMacの知名度もあがってきました。

デザイン性で選ばれやすい

パソコンに詳しい人であれば性能や機能性重視でMacやWindows、どれにしようか悩みます。しかしライトユーザーであればまず最初に目がいくのがデザイン性。Macはシンプルでスタイリッシュなデザイン、アルミ製の外観は高級感を醸し出しています。

ライトユーザーでも使える

Macといえばコアなパソコンユーザーが使うイメージだった昔と違い、最近ではライトユーザーにこそ使って欲しいMac。もちろんパソコンを使う目的によってはWindowsの方が優れている場合もあります。MacとWindows、どちらがどれだけいい、と断言することはできません。それぞれに使いやすいところがあります。

しかし普段からパソコンをインターネットの閲覧やメール、動画視聴など特別なアプリや操作を必要としない程度で使うのであればMacはおすすめ。

MacBook ProとAirを比較!性能の違いなどおすすめはどっち? | MensModern[メンズモダン]

MacとWindowsの違いって?

パソコンに詳しくない人はまず、MacとWindowsの違いがわからないことも。同じパソコンでしょ?と言われてしまえばそうですが、MacとWindowsではいくつか異なる点があります。共通して言えるのはどちらも使う人によって好みや使いやすさが分かれるということ。どちらか一方が優れている、と比較するのは難しいものがあります。

MacとWindows・使い方によって変わる

まずMacとWindows、それぞれに用途別に優れた点を挙げるなら参考程度にこちら。Macはグラフィックや音楽系に関しては強い、Windowsは事務作業やゲーム。クリエイティブな仕事に強いMac。それはグラフィックや音楽系に強みがあるからともいえます。

もちろんWindowsでも対応できるソフトがあるのでどちらがいい、と断言できませんが初期段階でも動画や楽曲などの編集に向いているのはMacのような気がします。対してゲーム関連ですとWindowsの方がユーザー多数なので対応しているゲームが多め。もちろんMacでプレイできるゲームもあります。

ソフトウェアとハードウェアの違い

パソコンに必須であるソフトウェアとハードウェア。Macの場合はこの両方をAppleで開発しています。Windowsはハードウェアとソフトウェア、異なるメーカーでの組み合わせがほとんど。ソフトウェアとハードウェアを開発するMacは相互性に優れ、連携もしやすいことが多め。

MacとWindowsではキーボードのキー配列が異なる

MacとWindows、両方を使ったことのあるユーザーなら1番違いが分かるのがキーボードのキー配列です。Macは作業効率をあげることができるキー配列になっており、ショートカットキーがメイン。慣れると使いやすいショートカットキーですが、Windowsからの移行したときに戸惑うことも。

MacでWindows用のキーボードは使える?

圧倒的なユーザー数を誇るWindows。普及率があがったといってもMacユーザーはまだまだ少ない状態です。市場に出回っているパソコン用のキーボードもWindowsに対応したものが多め。そこで気になるのがWindows用のキーボードをMacで使うことができるかどうか。

MacとWindows・キーの違い

先程も記述したようにMacとWindowsではキーボードも違ってきます。Mac用のキーボードにはoptionキーやcommandキーがあり、Windows用にはAltキーがあります。これらは設定次第でそれぞれに使うことも可能。

WindowsからMacに以降・慣れるまではWindows用キーボード

WindowsからMacに以降する場合、慣れるまではWindows用のキーボードを使うという人も。その場合Macで使うにはさまざまな方法があります。もちろん最初からMac用のキーボードを使うのもおすすめ。

Mac用のキーボードでおすすめは?機能性・品質など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

Windows用キーボードを使う・USB接続

Windows用のキーボードをMacに使う場合、事前に設定することが必要です。キーボードにはUSB接続とワイヤレスがありますが、まずはUSB接続の方法から。

Windows用キーボードの接続設定

Windows用キーボードをMacのUSBポートに接続することでそのまま認識されることも。認識されれば設定なしで使うことはできます。キーボードが認識されない場合の設定方法をご紹介します。

設定でWindows用キーボードを認識する方法

Windows用のキーボードをMacに接続しても認識しない場合は設定が必要に。USBポートに接続後、自動で「キーボード設定アシスト」が起動しますが、起動しないときはシステム環境設定からキーボードを開きます。そこに「キーボード設定アシスト」があるのでクリック!

Macのキーボード設定アシストを使う

キーボードが認識されず、キーボード設定アシストを使った設定方法を説明します。Windows用のキーボードを接続して認識されない場合、Macの画面上に「認識できません。認識するには続けるをクリック」と表示されます。指示に従い進みましょう。

指示に従うだけで接続できる

MacでWindows用のキーボードを認識する方法は画面の指示に従うだけ。キーボード認識のためにShiftキーの左右にあるキーをタップするように表示されます。これでWindows用のキーボードがMacで認識され使うことができます。

認識されたらキーボードの種類設定

正しく認識されたら次にキーボードの種類を設定。JISキーボードやANSI・IOSキーボード、とあるので設定したキーボードの種類によって選びます。キーボードは日本とアメリカなど国によってキー配列が異なります。一般的な日本語キーボードの場合はJIS、アメリカなどのキーボードはANSI、欧州ならIOSとなります。

Mac特有の特殊なキーの設定

Windows用のキーボードがMacに認識され、使うことができるようになれば今度はMac特有のショートカットキーなどの設定です。Macを使う場合、commandやoptionなど特殊なキーが存在します。WindowsにはWindowsキーや変換、Altキーなどがあります。これらのキーを変換する設定方法があります。

Windows用からMac用キーボードに・ツールなしでの設定方法

Windows用からMac用のキーに変更する場合にツールなしで役割変更することも可能。Macの「システム環境設定」にある「キーボード」の「修飾キー」ボタンを選択。USBキーボード選択を選択してそれぞれのキーの役割を変えるだけ。

「修飾キー」で変更する方法ではWindowsキーやCtrlキーAltキーを異なる役割に変更不可。その場合はキーボードカスタマイズツールがおすすめ。

ツールを使う設定方法

キーボードのカスタマイズツールには『Karabiner Element』というソフトがおすすめ。OSバージョンによっては『Karabiner』や『Seil』が使えることも。カスタマイズツールのソフトをダウンロード後、設定方法の指示に従い進んでいけばOK。

『Karabiner Element』を使う場合、デフォルトでUSキーボードが設定されているので、まずはJISキーボードに設定する必要があります。ソフトをインストール後に「Virtual Keyboard」から「keyboad type」という項目があるので「JIS」を選びます。それから各キーの変更を行います。

Windows用キーボードを使う・Bluetoothキーボード

有線キーボードの場合はUSB接続で設定できますが、Bluetoothキーボード・無線の場合はどうなのでしょうか。MacでBluetoothキーボードを接続同様にWindows用のキーボードもBluetooth機能を有効にします。

設定のカギは【システム環境設定】

USB接続のときにもご紹介したようにキーボードを設定するには「システム環境設定」がカギとなります。通常のMac用キーボードを設定する場合、画面上にあるAppleマークからシステム環境設定を選びキーボードアイコンをクリック。

そこから「Bluetoothキーボードを設定」を選んで再びクリックすれば「検出」のメーッセージが表示されます。次にBluetoothキーボードに表示されるペアリングキーでペアリング完了。最後に「接続されました」のメッセージが表示されると設定完了です。

Windows用のキーボードを設定

Windows用のBluetoothキーボードを設定する場合も上記の設定方法とあまり変わりありません。USB接続同様にキーボードのカスタマイズツール『Karabiner Element』をインストール。

ツールをインストールしたらキー設定の変更をして「Add Item」をクリック、それぞれのキーにMacに対応した設定、キーバインド設定をしていきます。最後に「Keybord Type」をJISに設定して完了です。

Windows用のキーボードをMacに使うことについて

設定を行うことでWindows用のキーボードをMacで使うことは可能。しかしこの方法は一時的な方法と考えておく方が無難です。MacにはやはりMac専用のキーボードのほうが便利に使うことができます。

とりあえず、ならWindows用キーボードもおすすめ

WindowsからMacに移行、キーボードの買い替えがすぐにできないなどの場合にとりあえずWindows用のキーボードを使うならアリ。設定変更することで使うことができるのでMac用キーボードを急いで購入することはありません。

こだわりのキーボードにしたい

パソコンユーザーのなかにはキーボードにこだわりを持っている人も。好きなメーカーやデザイン性で選ぶときにはWindows用のキーボードを選ぶこともあります。元々MacユーザーでなければWindows用のキーボードを違和感なく使うこともできます。

キーボードだけでなくMacでもWindowsを使う

MacにWindows用のキーボードを使う方法をご紹介しましたが、もうひとつ便利なのがMacでWindowsを使う方法です。仕事とプライベートでMacとWindowsを使い分けているパソコンユーザーもいます。それぞれをノートパソコンとデスクトップで使い分けている人もいますが、Mac1台でWindowsを使うことも可能。

MacにWindowsのOSを入れる

Mac1台でWindowsを使う方法はOSを入れるだけ。WindowsをインストールするにはWindowsのOSDVDを用意します。パソコンを2台購入するよりも低コスト!ただしMacとWindows、2つのOSをインストールするのでそれなりのメモリ容量が必要に。

8GBメモリ搭載がおすすめ

MacとWindowsのOSをインストールする場合には8GB搭載がおすすめ。4GBではかなり動きが遅くなり使いにくくなります。もし両方のOSをMacで使うならあらかじめ容量を多めにしていくのがおすすめ。

MacとWindowsでファイルを共有する方法!一番簡単なやり方は? | MensModern[メンズモダン]

おすすめキーボード【Logicool・K480 Bluetooth マルチデバイス キーボード】

Mac・Windowsどちらも使えるキーボード

LogicoolのBluetooth マルチデバイス キーボードはMacとWindowsどちらにも対応したキーボード。パソコンだけでなくiPhoneやAndroidなどにも使うことができます。ワイヤレスなのでデスク周りもすっきりします。

ボタン一つでペアリング完了

LogicoolのBluetoothマルチデバイスキーボードをMacで使う場合にはEASY-switchボタンを押すだけ。あとはライトの点灯を確認してペアリングの完了です。接続後はLogicool Optionをダウンロードしてキーボードのパーソナライズをするだけ。

チャンネルを使ってデバイスの変更

Macとのペアリングと設定が完了したらあとは同じようにiPhoneやAndroidなども同じように設定します。デバイスの接続は3台まで。変更するにはダイアルを回すだけでMacからiPhone、Androidと切り替えることができます。

おすすめキーボード【Gosin・超薄型bluetoothキーボード】

キーボードとタッチパッド一体型

マウスがなくてもこれひとつでパソコン操作ができるGosinの超薄型bluetoothキーボード。キーボードの横にタッチパッドがついているのでスマートな操作が可能。もちろんワイヤレスなので配線が邪魔になることもありません。トラックパッド好きにはおすすめのキーボード。

デザイン性抜群

ブラックとホワイトの2カラーがありますが、どちらもシンプルですっきりとしたフォルム。Macと一緒に使ってもまとまるデザインです。価格も4000円ほどで購入可能なのでお得に使えます。

マルチデバイス対応

マルチデバイス対応キーボードなのでMacだけでなく、Windowsやスマホ、タブレットなどに使えます。複数のデバイスには対応していないので同時に使うには切り替えが面倒ですが、Macだけに使うなら便利です。

おすすめキーボード【エレコム・Bluetoothキーボード コンパクトタイプ】

パンタグラフ好きにおすすめのキーボード

Apple純正やノートパソコンを愛用していてパンタグラフキーを好むならおすすめのキーボード・エレコムのBluetoothキーボード コンパクトタイプ。軽いタッチが特徴的で静かにサクサク打てます。

ちょっとしたオプションが便利

キーボードには独自のオプションをつけているものもありますが、こちらのキーボードにも。それが電池残量表示ランプと直立収納できる仕組み。なくても不便ではありませんが、これらがあるだけで意外と便利!電池残量表示はワイヤレスだからこそあると嬉しい仕様。キーボードを使わないときには縦に置けるのでコンパクトにまとまります。

マルチデバイスに対応してるが……

マルチデバイス対応キーボードですが、OSの切り替えスイッチなどがないのでMacとWindowsを使うときは変えるたびに接続設定をし直さないといけません。

MacやWindows、iOS、Androidに対応しているのでどれでも使用可能。しかし切り替えのたびに接続設定刷るのが面倒なのでMacだけに使うのがベスト。使いやすいキーボードとしてはおすすめできます。WindowsからMacに移行するときはキーボードの買い替えの必要がなく便利。

おすすめキーボード【Anker・ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】

格安キーボードなのに高品質

キーボードにあまりお金をかけたくないけど、それなりに信頼できるものがほしいならAnkerのウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード。Ankerはモバイルバッテリーなどで人気のメーカー。コスパの良い商品を数多く排出しています。価格はなんと2000円ほど!

Apple純正キーボード似のデザイン

シルバーと白を基調としたデザインは見た目Appleの純正キーボードとよく似ています。そのためMacに使っても違和感のないデザイン。代替えキーボードとして購入する人も。サイズもコンパクトなので持ち運びにも便利です。キー配列はUS仕様なので好みが分かれるところ。

格安で使い勝手の良いキーボード

安価な値段と信頼性、操作も慣れてくるとかなり抜群。マルチデバイス対応でショートカットキー、ワイヤレスなど複数の面でコスパ抜群です。Apple純正キーボードのデザインと似ていますが、そこはやはり質感の違いもあります。US仕様のキー配列や打感など好みによって好き嫌いがはっきりしようなキーボードです。

MacでWindows用のキーボードを使う方法・設定の仕方まとめ

Windows人気高めのなかで徐々に普及率が上昇しているMac。最近では書いやすい価格になってMacユーザーも増えています。Windows用のキーボードがMacで使えると選ぶ幅も広がります。使い方や設定方法などを把握して使いやすいキーボードにカスタマイズしてください。


評価 3.8/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ