iPadはパソコンの代わりとして使える?違いやできることまとめ

タブレットとしてトップクラスの地位を確保するiPadは近年サイズの大きい機種が販売されているためノートパソコンとの購入を迷う場合がありますよね。今回はiPadはパソコンの代わりになり得るかどうかとiPadでできることのまとめを紹介したいと思います。

iPadはパソコンの代わりとして使える?違いやできることまとめ

目次

  1. iPadとは?
  2. iPadをパソコン代わりに使用したいと考える人が増えてる!?
  3. パソコンとiPadの違いまとめ①携帯性
  4. パソコンとiPadの違いまとめ②アプリを開くまでの速度
  5. パソコンとiPadの違いまとめ③パソコンより直感的に使える
  6. iPadをパソコンの代わりとして使うのは可能?
  7. パソコンとiPadのできること比較まとめ①ネットブラウジングは?
  8. パソコンとiPadのできること比較まとめ②オフィス系ソフトは?
  9. パソコンとiPadのできること比較まとめ③文字入力は?
  10. パソコンとiPadのできること比較まとめ④プリンターなど拡張は?
  11. パソコンとiPadのできること比較まとめ⑤ハードの速度は?
  12. パソコンとiPadのできること比較まとめ⑥マルチタスク
  13. 2017年にiPadはパソコンに近づく?
  14. iPadをパソコン代わりに使うなら「iPad Pro」
  15. iPadは使い方次第でパソコンの代わりになる可能性も

iPadとは?

iPadはApple社が2010年から発売されている「タブレット」であり、タブレットの人気と普及に火をつけた草分け的存在でもあります。iPadはApple社の製品らしく直感的に操作ができるため機械に疎い人でも簡単に操作する事が可能になっているため、中国などから安いタブレットが多数販売されるようになった現在でもタブレット業界で売り上げトップクラスを誇っています。

またiPadはビジネスの業界でも普及が進んでいますね。今まで資料などで主流だった紙の代わりになるため大きな図面が多い建築業界や会議の多い営業の分野などで広くiPadが活用されています。居酒屋などの注文端末としても有用ですね。このようにiPadは誰でも使えてかつ用途の多いタブレットになっています。

iPadを徹底比較!最新機種の性能や外観・おすすめなどまとめ | MensModern[メンズモダン]
iPadの使い道はなに?仕事やプライベートで使いこなすと便利? | MensModern[メンズモダン]

iPadをパソコン代わりに使用したいと考える人が増えてる!?

そのiPadも時代に合わせてバージョンアップされており、キーボードが装着できるようになっているタイプも販売されているためノートパソコンの代わりにiPadを購入しようと考える人も増えてきているそうですね。確かに画面の大きいiPadにキーボードを装着すれば見た目パソコンのように見えますし、ノートパソコンの代わりに使えるように見えます。

価格もノートパソコンに比べてiPadの方が安いことが多く、パソコンライトユーザーにとってはiPadの方が取っつきやすいかもしれません。では実際にiPadはパソコンの代わりに使えるデバイスなのでしょうか?キーボードを使えるとはいえiPadはあくまで「タブレット」です。今回はiPadをパソコンの代わりに使用できるのかどうか検証していきましょう。

ノートパソコンとタブレットはどちらがいい?性能の違いや選び方を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadの違いまとめ①携帯性

ノートパソコンでやる事と言えばなんでしょうか。ネットブラウジングや動画鑑賞、または音楽映像制作、文書作成など人によって用途は様々でしょうが、ノートパソコンとiPad両方に共通する長所として外に持ち歩けることが挙げられます。その長所の中でもタブレットであるiPadは特に携帯性が高いですね。

例えば電車の中でニュースや電子書籍をチェックしたいと思った時、ノートパソコンはサッと開くことができません。その点iPadであればすぐに取り出し、情報を確認することができます。またiPadは一部を除いて非常に薄く軽量に作られているため荷物がかさばるという事態に陥ることも少ないです。携帯性を重視するならiPadが有利ですね。

iPadを格安SIMで使う方法を調査!対応機種やおすすめMVNOは? | MensModern[メンズモダン]
iPadのWi-Fiモデルとは?セルラーモデルとの違いや選び方 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadの違いまとめ②アプリを開くまでの速度

そして上にiPadはすぐに取り出して使えると書きましたがiPadは指紋認証ですぐにメニュー画面を開け、さらにアプリの起動もパソコンより圧倒的に速いためすぐに確認したい事項がある場合、パソコンよりiPadの方が気軽に開きやすいです。サイズ的な携帯性だけでなくアプリを開くまでの手順の簡単さもiPadとパソコンの違いと言えるでしょう。

最近では同じApple社のMacBookの一部に指紋認証機能が付いたタッチバー機能が搭載されている機種が販売されるなどパソコンもiPadのように起動のスピードアップ化を図っていますが最新機能過ぎて価格が高く、誰でも購入できるものではありません。すぐに手が届きなおかつ立ち上がりも速いというのはiPadのメリットでしょう。

iPadの容量不足を解消する方法を紹介!空きを確認するやり方は? | MensModern[メンズモダン]
MacBook ProとAirを比較!性能の違いなどおすすめはどっち? | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadの違いまとめ③パソコンより直感的に使える

そしてパソコンは基本的にマウスでポインタを操作して使うため操作感が人間と画面の間に一つ何か挟まったような感覚があります。その点iPadは直接画面をタッチして操作が可能なためパソコンより直感的に操作が可能で、人によって作業時間に影響する要素となっています。

また「iPad Pro」という種類のiPadは「Apple Pencil」という専用の高精度スタイラスペンを使用する事ができ、手書きでノートのように使用する事も可能になっているのです。もちろんイラスト制作にも有用ですね。この直感性能の高さもタブレット及びiPadとパソコンの大きな違いとなっているでしょう。

Apple Pencilの充電方法!バッテリー残量の確認や減り方を調査 | MensModern[メンズモダン]

iPadをパソコンの代わりとして使うのは可能?

いくつかiPadとパソコンの違い、iPadのメリットを挙げてみましたがでは実際にiPadはパソコンの代わりに使えるデバイスなのでしょうか?最もiPadとパソコンの大きな違いはキーボードの有無とサイズだとは思いますが、iPadでも接続すればキーボードは使用できますし、12.9インチなどノートパソコンと遜色ないサイズの大きいiPadも販売されています。

その点だけ見れば「iPadはパソコンの代わりに使える」と思いますが、iPadとWindowsはもちろんのことiPadとMacでも使用されているOSが違い、ファイルの処理方法も違うためやはりiPadとパソコンには微妙な使い勝手の違いが存在しています。それでは下にiPadとパソコンでできることと違いを比較していきたいと思います。

iPadのキーボードでおすすめは?購入時のポイント・人気ランキング紹介 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadのできること比較まとめ①ネットブラウジングは?

ではパソコンとiPadにおいてほとんどの人が最も使うであろう機能がネットブラウジングです。Youtubeなどによる動画鑑賞もここに含めていいでしょう。動画鑑賞において重要となる要素はCPUの性能やメモリの量ですが、ネットブラウジングや動画を見る程度でしたらiPadでもパソコンでも最近の機種ならどれでも問題なくこなせることが多いですね。

ではネットブラウジングにおいてiPadとパソコンで何を比較するべきかですが、やはり携帯性になるでしょう。iPadはベッドの上で寝転がりながら、もしくは移動しながらと態勢を変えながらネットを見れるのが最大の特徴です。上記した通り現在販売されているiPadのスペックでネットブラウジングに不足している機種はありませんのでこの点はiPadの方が有利でしょうね。

パソコンとiPadのできること比較まとめ②オフィス系ソフトは?

ではパソコン、iPadの用途で2番目に多いであろう文書作成や表計算ソフトといったいわゆる「オフィス系」ソフトがiPadで使えるのかどうかです。Windowsが製造しているWordやExcelは実はiPadでも使えるアプリが公式のAppleStoreに公開されています。しかも無料でダウンロードできますね。したがって一応iPadでもオフィス系のソフトは使えるということになります。

iPad用のオフィス系ソフトは従来のパソコン用と基本的な機能は同じままiPad用にタッチ操作ができるようになっていますね。これによって外出先でもiPadを使って文書ファイルを編集することが可能になりました。クラウドサービスの「OneDrive」ももちろん使用できます。

しかしiPad用オフィスの無料版は簡単な操作はできるものの機能が限定されており、パソコンでの作業と同じクオリティは望めません。より機能を高めたいのであれば有償版を購入する必要があります。それもパソコン用のオフィスのクオリティとまでは言えず、またiPadは長時間文字を打つのにも適していないのでこの項目ではパソコンに軍配が上がりますね。

iPadにおすすめのアプリまとめ!入れておきたいツールやゲームなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadのできること比較まとめ③文字入力は?

iPadは基本的に画面に表示される疑似キーボードをタップする形で文字入力をします。しかしiPadには専用のキーボードも販売されていますし、サードパーティからもiPadのキーボードが販売されています。BluetoothでもiPadと接続できるためiPadでもパソコンと同じように文字入力はできると言えます。

そこで問題はiPadのサイズでしょう。iPadは本来キーボードで入力するデバイスではないためキーボードの使い勝手がパソコン用の質のいいキーボードに比べて入力しにくく、長時間での使用には向いていません。画面もそれほど大きくないです。ただiPadには上記のように気軽に持ち歩けるというメリットがあるのでその部分との兼ね合いになるでしょう。

iPadでフリック入力する方法!キーボードを切り替えるやり方は? | MensModern[メンズモダン]
iPadで日本語入力できないときの解決方法は?切り替え方など紹介 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadのできること比較まとめ④プリンターなど拡張は?

iPadはケーブルの差し込み口が一つしか存在しません。もしiPadをパソコンのように使用するのであればプリンターやマウス、キーボードなどを同時に使いたい場合もありますよね。しかしキーボードは上述の通り対応していますが、iPadでマウスは基本的に使用できません。iPadの魅力はタッチ操作にあることは間違いないですが、マウスを使用したい場合があるのも事実です。

またプリンターも「AirPrint」という機能に対応しているタイプでないと使用できません。しかもケーブルの差し込み口が一つしかないため機器を同時に使うにはハブなどを使用する必要があります。ハブも悪くないですが、ゴチャゴチャしてしまいiPadのメリットである携帯性が薄れてしまいます。

Bluetoothを使用すればケーブル問題はある程度解決できますが、Bluetooth製品で質の高い機器はそれなり値段が張るため揃えるのが大変です。したがって拡張性という意味ではiPadよりパソコンの方が有利でしょう。

タブレットを活用する効果的な方法は?アプリや周辺機器で便利に | MensModern[メンズモダン]
プリンターの人気ランキング!おすすめメーカーや最新の家庭用機種の選び方 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadのできること比較まとめ⑤ハードの速度は?

ではiPadとパソコンの作業速度の違いはどうでしょうか。これは目的によって変わりますね。上に紹介した通り、現在販売されているiPadであればネットブラウジングと動画鑑賞、文書作成程度の用途ならパソコンとそう変わらない速度で作業をすることができます。むしろそれらの用途なら古いパソコンより高速な場合も多く、使い勝手と相まってiPadの方が有利です。

また最新の「iPad Pro」なら動画編集のような負担が大きい作業も割と楽にこなす事ができるため速度的にiPadが従来のパソコンに比べて劣っているということはないです。もちろん最新のフルスペックデスクトップパソコンにはかないませんが、携帯性を考えると十分にiPadもおすすめです。後はどれだけ負担の掛かる作業を自分がするかどうかとの兼ね合いですね。

iPadでDVDを見る方法は?簡単に動画を取り込む手順を紹介 | MensModern[メンズモダン]

パソコンとiPadのできること比較まとめ⑥マルチタスク

複数の作業を同時に行う「マルチタスク」は一見パソコンの方が有利に見えますが、実はiPadでもマルチタスクは使用できます。「Slide Over」機能を使えば元の画面をそのままにもう一つアプリを開けます。つまり動画を見ながらメールやチャットに返信したりできるようになるというわけですね。

また「Split View」という機能を使えばiPadの画面を2分割して2つのアプリを同時に見れるようになります。グーグルマップを開きながらネットで現地の情報を確認したすることが可能ですね。もちろんタブを数十個も開いて作業するならパソコンの方が処理速度も速いですが、iPadでも一応マルチタスクには対応しており、スピードも悪くないです。

iPadが充電していませんと表示された時の原因は?解決法まとめ | MensModern[メンズモダン]

2017年にiPadはパソコンに近づく?

ここまで紹介してきたパソコンとiPadの比較で言うと目的によってそれぞれ利点が異なる事が分かります。しかし2017年秋のiOSアップデートによってiPadはよりパソコンの機能に近づくと予想されています。

その要因はまずMacでお馴染みである「Dock」と呼ばれるアプリ置き場がiPadにも導入されることです。これによってよく使うアプリに他の画面を開いていてもより素早くアクセスする事が可能になり、iPadのマルチタスク機能がMac並に性能アップすると言われていますね。

またこれまでiPadはパソコンと違ってファイルを管理するのではなく、アプリにファイルを直接保存することによってファイル処理を簡略化してきました。しかし新しいiPadのiOSからは他のパソコンと同じように「Files」と呼ばれるファイルマネージャーが搭載されることになり、これもパソコンと同じ感覚でファイルを管理できるようになります。

これらのファイルは「Drop Box」や「iCloud Drive」といったクラウドファイルサービスにも対応するため、iPadがグッとパソコンの使い方に寄ることになりますね。

Macのマイファイルとは?使い方や非表示・削除する方法など調査 | MensModern[メンズモダン]
Macの使い方まとめ!基本的な操作や初期設定・便利な小技など紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPadをパソコン代わりに使うなら「iPad Pro」

もしiPadをパソコン代わりに使用するのでしたらおすすめは断然「iPad Pro」です。サイズが10.7と12.9インチから選べ、ノートパソコンの画面と遜色ないほどのサイズ感で使用でき、なおかつ動画編集もできるほどのスペックを搭載しています。タブレットの利点を活かせる「Apple Pencil」も使用できますね。

「iPad Pro」以外のiPadは正直パソコンの代わりに使うとするとサイズ的にも機能的にも満足のいく性能は得られないと思います。「iPad Pro」じゃないと「Apple Pencil」も使えないですしね。iPadをパソコンの代わりに使用するなら機種は「iPad Pro」一択でしょう。

iPad proのおすすめケース!おしゃれ・持ち歩きに使えるカバーは? | MensModern[メンズモダン]

iPadは使い方次第でパソコンの代わりになる可能性も

このまとめで紹介してきたようにiPadはキーボードが使いにくかったり拡張性が少し劣るなど微妙な違いもありますが、新しいOSによりパソコンに近い機能が追加されるので使い方によっては十分パソコンの代わりに使えるようになると思います。iPad Proならそれに加えタブレットとしても非常に有用なので迷っている人はiPad Proの購入も視野に入れるといいでしょう。

iPadのウイルス・セキュリティ対策は?方法とポイントについてまとめ | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ