メンズのMA-1おすすめコーデ!人気ブランドやモテる大人の着こなし紹介

少なくとも三度は脚光を浴びているメンズのファッションアイテムのMA1、その衰えることのない人気と伝統、そしてブランドのご紹介を中心に、MA1の隅々を分析していきます。メンズにとって一生もののアイテムにもなるMA1の大人の着こなしについてです。

目次

  1. 再燃する頻度が高いメンズのMA1
  2. メンズMA1は忘れたころにブームとなる
  3. メンズMA1が歩んだ歴史について
  4. メンズMA1は進化をしている
  5. MA1という名称等について
  6. MA1の選び方とメンズらしい着こなし
  7. メンズMA1人気ブランドのご紹介
  8. ①アヴィレックス(AVIREX)
  9. ②アルファ(ALPHA INDUSTRIES)
  10. ③バズリクソンズ(Buzz Rickson’s)
  11. ④ザ・リアルマッコイズ(THE REAL McCOY’S)
  12. ⑤ロスコ(Rothco)
  13. ⑥ビューティー&ユース(BEAUTY & YOUTH )
  14. ⑦シップス・ジェットブルー(SHIPS JET BLUE)
  15. トレンドとなるメンズMA1着こなし術のコツ
  16. メンズMA1の着こなしで一番のポイントは?
  17. MA1の源流派あるいは斬新派か?
  18. これからも不動のポジションなのがMA1

再燃する頻度が高いメンズのMA1

ドラマや映画で脚光を浴びたMA1

近年、再びMA1の一般化が著しくなっています。かつて有名な映画やドラマ等で脚光を浴び、メンズのファッションアイテム、冬の定番アウターの仲間入りをしたMA1は、ガールズにも浸透している服です。ここ最近のトレンドを含めたメンズMA1のおすすめ特集です。

MA1と言えばこの映画です

メンズMA1もしくはフライトジャケットの人気を高めた映画「トップガン」、若きトム・クルーズが扮したマーベリックの衣装をそのままレプリカさせたものも発売されています。公開当時、誰しもがこのアウターに憧れました。メンズウェアの歴史の一つを刻んだともいえます。

MA1と言えばこのドラマです

「ベイシティコップ」は、1987年にテレビ朝日系列で放映されていた刑事アクションドラマです。劇中で二人の主役が着用していたのがMA1で、特に藤竜也氏が自ら考案、着用していたMA1には「yokohama soul city」等の横浜に関連した名称を施していました。実際に商品化もされ現在でも藤竜也公認ウエア「HONMOKU GANG」ブランドとしてレプリカが販売されています。

MA1が重宝する理由

メンズMA1の最大の魅力は、着た感じがインパクトのあるスタイルに仕上がることです。インナーをどう着こなしてもMA1を羽織るだけで、何となく様になって見えてしまうスタイリッシュさ、それと質の良いものを選べば、長く一生ものに近いくらい着ていける服に育つということで、メンズのファッションアイテムにマストで加えたいものです。

MA1の普及は必然的

ライダースのように革製のジャケットは、どうしても着心地が慣れないと不便ですし、なによりも重みがあって負担になりやすいものです。一方、生地が薄めでがさばる事を知らないMA1は、どこに行くにも負担にならず環境に優しく対応できるのが、改めてブーム再燃した理由でもあります。メンズの頼もしいアイテムです。

メンズMA1は忘れたころにブームとなる

MA1は過去に数回人気を博しブームを巻き起こしてきました。やがてそれも終焉し忘れたころに再燃するというサイクルを繰り返している興味深い服なのです。メンズの間では息が長く衰えることのない人気があります。その裏側には何があるのでしょうか?おすすめなMA1をご紹介する前に、先ずはMA1そのものの歴史から探ってみましょう。

ミリタリーファッション(メンズ)のブランド・着こなしまとめ! | MensModern[メンズモダン]

メンズMA1が歩んだ歴史について

米軍のシステム移行にともなって改良されたMA1

メンズMA1を語る上で避けて通れないのが米国空軍での公式採用です。MA1を軍服として認定したのは、1949年から1950年にかけての頃に遡ります。ちょうど第二次大戦が終了し米軍のシステムも移行期に入っていきます。軍用機も改良されてジェット機が主流となる中で、布製だった既存のフライトジャケットがナイロン生地の開発と採用で生まれ変わりました。

MA1の歴史はジェット機とともにあった

かつてメンズMA1にナイロン生地が使われた背景には、第二次大戦中の急激な革不足によるとことが大きいのです。軍服作りに深刻なダメージがありその改善策を探しました。そこで当時から衣服に採用し始めたナイロンに着目しました。革よりも軽く丈夫な性質を持っていたことや、ジェット機内で温度の急激な変化にも耐えうる素材だったからです。

MA1の別な機能

米軍で使用するMA1のスタイル、デザインがなぜシンプルな作りになったのでしょうか?それはジェット機内のコクピット内での安全性を心がけたからです。あまりいろいろな装飾があるとコクピット内の機器に絡んでしまい思わぬアクシデントになりかねないという機能性重視な考えからです。

MA1の知られざるこだわり

メンズらしさの象徴でもある表生地の色がカーキーなどの地味な理由には、カモフラージュの意味合いがあります。また裏面はレスキュー用のオレンジにすることで、万が一の救命にも役立つそうです。細かい個所へのこだわりがある服、それがMA1なのです。

メンズMA1は進化をしている

それまではコットン素材だったフライトジャケットがナイロン製に改良されMA1が誕生しました。その理由は動作のスマートさを追求したこと、それにデザイン、更には高所での気温の低さ対応し優れた機能性を発揮できるからです。MA1は常に新しい試みとともに進化するアウターと言えます。メンズの未来にも大きくかかわっています。

MA1のシルエットは武骨な男らしさにあります。メンズのコーデにはこれほどピッタリなアイテムはないかもしれません。それだけに着こなし術はシンプルに気兼ねなく自由度の高いものが期待できます。シルエットは普遍的なものながら、ブームが来るたびに新たな進化を遂げる人気アイテムの一つです。

MA1という名称等について

MA1の源流を選ぶには?

本物のMA1とはどのような基準があるのでしょうか?カジュアルウェアとして普及している近年のMA1は源流のミリタリーからずれていて多様なバリエーションへと変動を遂げています。そうなるとやはり本物らしさを追求する人も逆に増え始めています。原型のMA1は「フロントにZIPがある」「着丈が短い」「首回りが低い」という基準があります。

MA1の原型はB-15

アメリカ空軍において1940年代頃に支給されていた軍服フライトジャケットに「B−15」というタイプのものがありました。やがて環境の変化や時流に乗って現場のニーズとマッチさせ改良させたのがMA1です。ところでこの「MA1」という記号および名称はどのように付けられたのでしょうか?

MA1という記号の羅列

フライトジャケットを含めた軍用品には規格番号が付けられています。MA1にもそれが使用されていて「MIL-J-8279」から「MIL-J-8279G」までの羅列のものを指すそうです。やがてその記号を活かし略称化したもので、さほど思い入れや意味はないようです。しかし今日に至りMA1という名称は一般的に親しまれています。

ミリタリーブランド・ファッションまとめ!おすすめのメンズコーデも紹介 | MensModern[メンズモダン]

MA1の選び方とメンズらしい着こなし

メンズ&レディース公平にMA1がブームと化している

今やメンズの冬の定番とも言えるMA1は、近年では女子にも波及しています。きっとこれから数年は今まで以上にMA1をメンズアイテムやガールズアイテムとして着こなしていくユーザーが増えるのでしょう。であれば、自分らしいMA1の選び方と着こなし方法を理解しておくと何かと役に立つはずです。

メンズMA1もバリエーションが増えている

軍の支給品としてスタートしたMA1ですので、そのスタイルやデザインはベーシックなものが存在します。やがて服もファッションの流れやカジュアルな普及性と関わることで、素材やシルエットを変えバリエーションが豊富に増えていきます。よりメンズらしく、そして自分らしい着こなしがMA1のの必須となってきました。

最近のMA-1の特徴

最近のメンズカジュアルとしてのMA1の場合、シルエットや着丈やサイズ感なを含めて原形をやや調整し変化させているが主流です。中にはミリタリーのテイストを極力控え気味に仕立てて店頭に並べるものもあります。またカラーバリエーションが近年増えているのが特徴的です。定番のカーキーやグレーだけではなく、ワインレッドなどの派手なメンズ用MA1も登場しています。

メンズMA1人気ブランドのご紹介

メンズカジュアルの定番となりつつあるMA1、実は日本ほど広く親しまれている国はないそうです。それだけメンズカジュアルのアウターとしても当たり前になったので、続々と人気ブランドも登場しています。ここでは売れ筋なメンズMA1の人気ブランドについて触れていきましょう。コーデが自在なところも魅力、そして一着持てば一生ものともいえる重宝さにも注目です。

①アヴィレックス(AVIREX)

元は法律家のジェフ・クライマンが、自信の趣味とも言える米軍パイロット向け製品への憧れを抱き設立した会社です。その「エアロ・レザー」社から発展していったのがアヴィレックスというブランドです。なによりも品質の高さと認知度は今や世界でも屈指な人気ブランドと言えます。MA1以外のミリタリーファッション全般の服やアイテムも販売するおすすめブランドです。

②アルファ(ALPHA INDUSTRIES)

アルファ・インダストリーは1959年に米国テネシー州より誕生したブランドです。米国防省によってMA1を筆頭に軍用ジャケットの見直し依頼があったことで質の良い素材、高いデザイン性、信頼性の高いジャケット作リを始めました。今やMA1の新スタンダードとなった人気ブランドとしておすすめです。本物のMA1と言えば、このブランドが作るフライトジャケットを指します。

③バズリクソンズ(Buzz Rickson’s)

日本製のMA1も古くから作られています。バズリクソンズはアメリカンカジュアルの衣服に早くから着目してきた老舗「東洋エンタープライズ」が製作するミリタリーブランドです。完全レプリカを目指しつつもその完成度が高いことから、ファンが根強く指示しています。他のアメカジとのコーデもしやすく、耐久性のあるMA1がご自慢の人気ブランドです。

④ザ・リアルマッコイズ(THE REAL McCOY’S)

ザ・リアルマッコイズは80年代後半にイラストレーターの岡本博氏が手がけたブランドです。雑誌「POPEYE」の中で特集し限定300着のフライトジャケットを制作販売したことが発端です。復刻版レプリカのアメリカン・カジュアルやモーターサイクル周辺の服、グッズ販売に力を注いでいます。MA1とも相性の合う人気のコーデやおすすめなカジュアルを豊富に揃えています。

⑤ロスコ(Rothco)

1953年に米国テネシー州に誕生した老舗ブランドの「ロスコ」は、ミリタリー用品の他にアウトドアの衣服やグッズも手掛け本国では需要が高いことで知られています。クオリティーも良好な為、ミルスペックモデル(軍規格)として生産されています。価格帯も一万円以内で比較的に安い設定です。普及版のMA1としておすすめな人気ブランドです。

⑥ビューティー&ユース(BEAUTY & YOUTH )

ユナイテッドアローズのセカンドライン、オリジナルブランドの「ビューティアンドユース」は、既存の軍御用達なMA1の武骨さは皆無ですが、大人の洗練されたシックなシルエットやカラーリングがおすすめです。軍服らしさを極力排除し、常におしゃれなコーデを意識したブランドです。変わったMA1を満喫したいという場合におすすめします。

⑦シップス・ジェットブルー(SHIPS JET BLUE)

米軍の基準に近いベーシックなMA1のシルエットを活かしつつ、全体の光沢感が印象的なシップス・ジェット・ブルー、防寒用というより春や秋のアウターとしておすすめ、明るい暖色ともコーデがもっともお似合いです。中綿がないので、すっきりとスマートに着こなしが可能です。

トレンドとなるメンズMA1着こなし術のコツ

ここではトレンドから定番となりつつあるメンズMA1の着こなしについて解説します。源流のデザイン自体があらゆる服とマッチングが出来ることを活かし、他のアイテムとのシルエットが勝負となるMA1、いくつかのおすすめなパターンをご紹介します。

メンズMA1の着こなしで一番のポイントは?

最新トレンドの影響もあって、ゆったり感のある大きめなMA1を着こなしている若い世代が目立ちます。本来はMA-1こそ、自分の身体のサイズに見合った「ジャストサイズ」な逸品を選ぶのが相応しい方法です。一生大切に着ていく服選び、そしてトレンドに流されないコーデをいつまでも楽しむには、流行に囚われず全体的バランスの悪いサイズは避けておくほうがよいでしょう。

メンズ着こなし①MA-1&パーカー

もっともポピュラーなメンズのMA1着こなし術はパーカーとのコーデです。カジュアルのインナーとしては定番中の定番、これは比較的入りやすく誰でも簡単に着こなせる方法です。パーカーは、おしゃれに興味なある人ない人関係なく、誰もが一着は持っている服です。

メンズ着こなし②ボーダー&MA1

徐々に見かけるようになったMA1にボーダーを組み合わせているコーデです。これも昔からある定番のものですが、意外とやっていそうでいないのが狙い目です。まだまだ少ない分、これから注目されるコーデになる可能性が十分あります。

メンズ着こなし③スキニー&MA1

MA1の特徴の一つは、すっきりとスリムに着こなしができるシルエットのものが王道です。フットワークの軽さを惹き出したラインを活かしてスキニーデニムとコーデすれば、スリムな仕上がりになります。スポーティなイメージを出したい方は、スニーカーにもこだわるのもおすすめです。

MA1の源流派あるいは斬新派か?

メンズカジュアルの世界にはいろいろなMA1が出回り、デザインや機能性を考慮しながら大きく2パターンに分かれました。昔ながらなフィット感のある源流のスタイルが好みだという人もいれば、ずんぐりとした最新の大きめサイズでわざと着崩すのが好みという人もいます。よってMA1の世界は、2つに大別したと言ってもいいでしょう。どちらが良いか悪いかは、自信の趣味嗜好で選択ができます。

これからも不動のポジションなのがMA1

MA1は機能性重視の戦闘服からスタートしました。歴代様々なマイナーチューンでデザイン刷新してきました。そして抜群な質が採用され今もって変わらぬ軍需品です。しかも街着としても定着して、ますます新しいセンスで取り入れ始めているという、とても使い勝手の良いアウター&ファッションなのです。一生着こなせるMA1を一着揃えておくといいでしょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ