マツダの新型車情報!2017-2018年モデルチェンジ全情報

今勢いにのっているマツダの新型車が次々と最新技術搭載で登場しています。いろいろ噂の絶えない「CX-8」も予約受付を開始しました!更にいろんな新型車が控えているマツダ、今年発売されている新型車から来年発売予定のものまで、現在の情報をまとめてお伝えします。

マツダの新型車情報!2017-2018年モデルチェンジ全情報

目次

  1. マツダの新型車&モデルチェンジの動向は?
  2. 【2017年1月】「ロードスター」カラー復刻!
  3. 【2017年2月】ファミリアバン改良発売
  4. 【2017年2月】新型クロスオーバーSUV「CX-5」発売
  5. 【2017年2月】「フレア」フルモデルチェンジ
  6. 【2017年4月】デミオが先進安全技術標準搭載発売
  7. 【2017年6月】「CX-3」新世代ガソリンエンジン車発表
  8. 【2017年8月】次世代エンジン「SKYACTIV-X」
  9. 【2017年9月】新型3列シートSUV「CX-8」予約開始
  10. 【2017年10月】デミオがマイナーモデルチェンジ予定
  11. 【2017年10月】新型車「CX-6」発売予定
  12. 【2017年‐2018年】新型RX-7が復活なるか?
  13. 2018年の新型車&モデルチェンジ情報
  14. マツダが仕掛ける新型CXシリーズに注目
  15. マツダのコンセプトがそれぞれ息づく車
  16. 2017年‐2018年もマツダは新技術と共に走り続ける!

マツダの新型車&モデルチェンジの動向は?

2017-2018年マツダ新型・モデルチェンジ情報

マツダの動きがとても活発ですね。去年は新型ロードスターRFの発売で賑わいを見せ、今年に入るとすぐにマツダ人気SUVである「CX-5」がビッグマイナーチェンジを果たしまた。そして怒涛のようにマツダの新型車やモデルチェンジの噂が駆け巡っているわけですが、マツダは今年来年と、どんな動きを見せるのでしょうか?

最新情報として、つい最近新型クロスオーバーSUV「CX-8」の予約受注が開始されました。新型「CX-8」の発売予定日も決定していますので、予約でどれだけの受注が見込まれるかで今後のマツダのモチベーションにも繋がりそうですね。

それ以外でも既に発売の予定が見えている新型車から噂の域を出ない新型車まで、多種にわたって新型車が控えています。そして今年も既に多くのマツダ新型車がお目見えしているので、まずは既に発売されているマツダの新型車から紹介することにします。そして2018年がどのような予想になるのかを確認していくことにしましょう。

【2017年1月】「ロードスター」カラー復刻!

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「ロードスター」

今年に入ってすぐマツダの「ロードスター」に「クラシックレッド」のカラーが復刻され、期間限定で販売されました。マツダの初代「ロードスター」を初めて世界にお披露目した1989年のシカゴモーターショーで、メインカラーとして鎮座していたボディーカラーになります。そしてそのカラーを復刻させるべく、最新の水性塗装技術「アクアテック塗装」で忠実に再現されました。

「ロードスター」は小型オープンスポーツカーとして世代を超えて支持され続ける車であり、3度のフルモデルチェンジを経て、去年4月には累計生産が100万台を突破しています。今回のカラー復刻も去年発売された電動屋根付きの新型「ロードスター」も、こだわり続けるマツダの姿勢が示した形なのかもしれません。

【2017年2月】ファミリアバン改良発売

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「ファミリアバン」

多彩なビジネス機能を持つ新型商用車「マツダファミリアバン」が一部改良され販売されました。一部改良のポイントは歩行者検知可能なエマージェンシーブレーキとLDW(車線免脱警報)を含めた安全装備が全車に標準搭載されたことです。これにより安全性が飛躍的に高まり、またデザインも一新して使いやすいように変更を加えました。

【2017年2月】新型クロスオーバーSUV「CX-5」発売

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「CX-5」

マツダは「すべてのお客様を笑顔にするSUV」というコンセプトを掲げて、フルモデルチェンジさせた新型クロスオーバーSUV「CX-5」を2月に発売しました。マツダの新世代新型車の第一弾である新型「CX-5」は「SKYACTIV技術」とデザインテーマである「魂動」を初めて全面的に採用しています。

この新型「CX-5」で提案されている「洗練された力強さ」を表現したデザインには、多くのユーザーから支持されて現在も好調な売れ行きとなっています。また新型車でラインナップした新色のソウルレッドクリスタルメタリックが艶やかで美しいと評判になっているようです。

マツダの新型CX-5の市場口コミチェック!始まって以来のいい車の真相は? | MensModern[メンズモダン]

【2017年2月】「フレア」フルモデルチェンジ

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「フレア」

マツダは軽ワゴン「フレア」をフルモデルチェンジさせて、広い室内空間や機能性を重視し、低燃費を実現した新型「フレア」を発売しました。新型「フレア」は、定番の「HYBRID XG」と、スポーティーの上に上質さを持ち合わせたスタイリッシュな「HYBRID XS」の2種類が存在し、デザイン性と機能性を両立させることを目指しました。

また新型「フレア」は安全装備も3つの技術をマツダの軽自動車に初採用するなど、安全面にこだわったものになっています。そして、「マイルドハイブリッド」や新プラットフォームの採用、低燃費を実現させるためにサスペンションからボディに至るまで細かい軽量化をおこない、新型「フレア」は軽ワゴン最高の燃費33.4km/L(2WD)を達成しました。

【2017年4月】デミオが先進安全技術標準搭載発売

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「先進安全技術」

マツダの「デミオ」の全機種にマツダの先進安全技術である「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備して発売されました。この技術を標準搭載した新型「デミオ」を筆頭に、マツダは国内で販売する新世代新型車すべてを対象にこの先進安全技術を装備させることを公表し、その第一弾が新型「デミオ」というわけですね。

新型「デミオ」は上質さを追求したコンパクトカーであり、そのスタイルは安全面でもクラスを超える必要性があるということで、第一弾の車としてマイナーチェンジされ、すべての面でクラスという概念を超えたコンパクトカーになりました。

【2017年6月】「CX-3」新世代ガソリンエンジン車発表

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「CX-3」

マツダはコンパクトクロスオーバーSUVである新型「CX-3」にガソリン車を追加発売することが発表されました。この改良では新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.0」を搭載し、2018年10月移行に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」を先行して認可取得となりました。

そして、もちろんマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も全車に標準装備することで、安全運転サポート車である「サポカーS・ワイド」(経済産業省や国土交通省が普及啓発推進しているもの)に全車が該当することになります。また、新型「CX-5」で初めて採用された「ソウルレッドクリスタルメタリック」カラーもラインナップしています。

最終的に、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した車は新型「デミオ」、新型「アクセラ」、新型「アテンザ」、新型「CX-3」、新型「CX-5」の5車種になります。

【2017年8月】次世代エンジン「SKYACTIV-X」

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「次世代エンジン」

マツダが次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表しました。その革新技術とはどのようなものでしょう?それはガソリンと空気の混合気をピストンの圧力で自己着火させる燃焼技術(圧縮着火)だそうです。そして世界出始めて実用化に成功したということです。

これはガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特徴を融合したもので、新しいマツダ独自技術であり、燃費改善やトルク向上を実現できるものになります。この次世代エンジンは早ければ2018年、遅くとも2019年から順次搭載されていく予定です。

マツダのハイブリッドを打ち負かす!?新しいエンジンとは? | MensModern[メンズモダン]

【2017年9月】新型3列シートSUV「CX-8」予約開始

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「CX-8」

マツダは、新型3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の予約受注を始めました。新型「CX-8」の発売日は12月14日になるという正式発表もありましたね。価格は3,196,800円~4,190,400円となりそうです。ちなみに新型「CX-8」は、マツダが国内向けに販売しているSUVの中で最上位モデルとなります。

マツダ新型「CX-8」は「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動」を採用し、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」はもちろん装備された新型モデルになります。マツダいわく「上質かつ洗練されたデザイン」「町ノリから高速走行まで余裕のある走り」「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」をモットーとして開発されています。

また、新型「CX-8」は進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用、また、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載しています。マツダSUVラインアップ史上最上位モデルは新型「CX-8」であるとマツダが自信を持って明言しているので、そこに相当の覚悟を持って臨んいることが伺えますね。新型「CX-8」の発売が待たれるところです。

マツダ車のCX-8情報!3列シートの新型SUVを2017年に発売! | MensModern[メンズモダン]

【2017年10月】デミオがマイナーモデルチェンジ予定

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「デミオ」

マツダの「デミオ」がマイナーチェンジで新型「デミオ」として発売予定です。年次改良でのマイナーチェンジですが、エクステリアやインテリアのカラーが変更になったり、メーターやステアリングが変更になるかもしれません。また海外で販売されている「デミオセダン」が国内で5ナンバーセダン車として発売される可能性もありそうです。

【2017年10月】新型車「CX-6」発売予定

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「CX-6」

マツダの3列シート7人乗りの新型SUV「CX-6」がこの秋にも発売が開始されるのではないかといった情報が飛び交っています。基本的には2017年の東京モーターショーで新型「CX-6」が発表予定なのですが、それとほぼ同時に販売が開始されると予想されています。

プラットフォームやパワーユニットは新型マツダ「CX-5」のものが使われると思われます。そして新型「CX-5」で搭載されている2.0L、2.5Lの直列4気筒ガソリンエンジンと、2.2Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンあたりが、そのまま新型「CX-6」に採用されるのではないかという見方が濃厚です。

マツダ車のCX-6新型の発売は?価格や内装などの最新情報まとめ! | MensModern[メンズモダン]

【2017年‐2018年】新型RX-7が復活なるか?

2017年マツダ新型・モデルチェンジはこれ!「RX-7」

密かに囁かれている噂で、マツダのスポーツカー「RX-7」が新型車として復活するのではないかと言われています。なぜそんな噂があるかと言いますと、2015年に発表された「RX-VISION」の存在があるからです。「世界一美しいFRスポーツ」というコンセプトで制作されたモデルですが、これが新型「RX-7」の姿では?という見方が広がっているのです。

マツダの「RX-7」は、高性能ロータリーエンジンを搭載していることで有名ですが、ロータリーエンジンを初搭載したコスモスポーツが誕生してから50周年を迎える年ということもあり、今年の2017年に新型「RX-7」発売予定という言葉を期待しながら待っているファンが多いのでしょう。ぜひ伝統的な名車復活のシナリオを描いてほしいものですね。

マツダのRX-7が2017年に復活!新型最新情報と価格まとめ! | MensModern[メンズモダン]

2018年の新型車&モデルチェンジ情報

【2018年1月】新型アテンザ(フルモデルチェンジ)

マツダのフラグシップモデルとして有名な「アテンザ」が新型「アテンザ」としてフルモデルチェンジが2018年早々にも予定されているようです。今までに2度のフルモデルチェンジを経て、現行モデルは3代目となっています。新型アテンザでは、ガソリン車とディーゼル車共にJC08燃費25km/L以上を目標に開発が進んでいるようです。

また新型「アテンザ」の「マイルドハイブリッド」車も2018年から採用する考えをマツダが示していることから、新型「アテンザ」のラインナップにも入ってくることになりそうですね。

【2018年】新型アクセラ(フルモデルチェンジ)

総合的にマツダの販売台数に貢献している車と言えば、マツダの「アクセラ」です。ファミリアの後継機種として人気を誇ってきている現行モデルは3代目にあたります。そして「アクセラ」4代目にあたるフルモデルチェンジ予定の新型「アクセラ」が2018年に発売されそうです。

新型「アクセラ」は、HCCIエンジン技術による「SKYACTIV-X」を搭載し、スカイアクティブテクノロジーでプラットフォームを一新したスカイアクティブテクノロジーGEN2が搭載予定となっています。世界戦略な新型車であるので、マツダ渾身の最新技術を押し出した新型車になりそうですね。

【2018年】新型デミオEVレンジエクステンダー(新型車)

マツダ今年開発していた、シングルロータリーエンジンの発電機を搭載して走行距離を2倍に増やす設計の「マツダREレンジエクステンダー」という装置があります。レンジエクステンダーは電気自動車(EV)に発電専用のロータリエンジンを搭載して距離を稼ぐことができます。

通常のエンジンはバッテリー充電のみに使用され、車両駆動はモーターのみが使用されるという、ハイブリッドとは違うタイプの電気自動車です。マツダは新型デミオにその「マツダREレンジエクステンダー」を搭載した新型デミオEVを2018年早々にも発売する予定です。日産のe-POWER同様、今後もこの手のレンジエクステンダーEV車にも人気が集まるかもしれません。

【2019‐2020年】新型RX-9(新型車)

新型「RX-7」の復活情報と同じく「RX-8」の後継車種である新型「RX-9」の開発情報も飛び交うようになっていましたが、どうやら正式に決定されたようです。「RX-VISION」がベースになるのか全く別のコンセプトでくるのかは不明なので、2017年の東京モーターショーで何か発表が出るのかもしれません。

新開発で来年にも実装される予定のロータリーエンジンが搭載され、2017年の東京モーターショーでプロトタイプを公開する予定になっているようです。また発売時期が近づく2019年の東京モーターショーでは、市販モデルをワールドプレミアで公開することになりそうです。楽しみですね!

マツダが仕掛ける新型CXシリーズに注目

新型CXシリーズが2018年更に巷を賑わせそうだ!

マツダのCXシリーズは世界でも高評価を得ています。2016年には北京モーターショーで公開された新型クロスオーバーSUC新型「CX-4」があります。そして国内では新型「CX-5」、新型「CX-3」も好調に売り上げを伸ばし、海外市場でも大型SUVである新型「CX-9」も高評価です。

新型「CX-9」は国内の需要が難しく現時点では国内向け販売はなさそうですが、変わりに新型「CX-7」の発売が囁かれています。ミニバンから撤退していたマツダですが、これを機にまたミニバン市場に旋風を巻き起こすかが注目されるところであります。

マツダ車SUVのCXシリーズ全モデル一覧!燃費や価格まとめ | MensModern[メンズモダン]

マツダのコンセプトがそれぞれ息づく車

後ろから見てどの車種かわかりますか?他メーカーのファンにも同じことが言えるのですが、そのメーカーのコンセプトを反映させる車はデザインも統一感がありますよね?マツダファンからするとトヨタのヴォクシーやノアはわからず、スバルなども似たり寄ったりに見えるようです。でもマツダ車の違いはわかるのです。

それぞれのメーカー愛があるように、マツダもそういったコンセプトから外れることなく、しっかりとコンセプトを貫く姿は職人魂です。今後も新型車がたくさん控えていますが、ぜひマツダファンが納得できるようなものを作り続けて欲しいですね。

2017年‐2018年もマツダは新技術と共に走り続ける!

次々とモデルチェンジや新型車を出しているマツダは、ロードスターRFやCXシリーズの販売が好調であり、新たにHCCIエンジン技術「SKYACTIV-X」の搭載や安全技術全車搭載、来年には更に進歩したスカイアクティブテクノロジーGEN2も新型車に搭載など、世間を賑わすニュースばかりです。まだ謎に包まれている新型車もありそうなので、今後のマツダには目が離せません!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ