ゴルフのビジネスゾーンはゴルフスイングを安定させるためにとても重要な部分です。ゴルフのビジネスゾーンを完璧にマスターする事がゴルフ上達への近道なのです。ビジネスゾーンをマスターする為の正しいやり方とポイントを解りやすく解説し、練習方法についても紹介いたします。

ゴルフのビジネスゾーンの練習方法は?正しいやり方とポイントを解説

目次

  1. ゴルフのビジネスゾーンとは何か
  2. ゴルフのビジネスゾーンが重要な理由
  3. ゴルフのビジネスゾーンの動きを確認しよう
  4. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:使用するゴルフクラブ
  5. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:時計の針の位置で感覚をつかむ
  6. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:体重移動は意識しない
  7. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:アドレス
  8. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:テークバック
  9. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:インパクト
  10. ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:フォロースルー
  11. ゴルフのビジネスゾーンをマスターする為に有効な練習方法とは?
  12. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:片手打ち
  13. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:タオルをグリップに巻く
  14. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ラケットと金槌を使ったドリル
  15. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:グリップの位置に注目
  16. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:三角形を意識する
  17. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ハーフスイング
  18. ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ボールの左側を意識する
  19. ゴルフのビジネスゾーンの練習法のまとめ

ゴルフのビジネスゾーンとは何か

ゴルフのスイングには「ビジネスゾーン」という部分があります。ビジネスゾーンはゴルフスイングのインパクト前後の事である事からインパクトゾーンと言われる事もあります。

ビジネスゾーンとは腰から腰までの高さの部分のスイングであり、この部分のスイングを正しく完璧に出来ればダフリやトップなどのミスショットを格段に減らす事が出来、安定したショットが出来るようになります。

ゴルフスイングの腰から腰までの事をビジネスゾーンと言われる意味には、「スイング中にクラブが一番仕事をする場所」であるという意味と、「腰から腰までのスイングを完璧に出来ればプロで仕事が出来る」という意味があります。

ゴルフのビジネスゾーンが重要な理由

ゴルフのスイングに於いてビジネスゾーンはとても重要です。何故かといえばインパクトゾーンだからです。ビジネスゾーンはクラブがボールにコンタクトする前後の部分の事なので、ビジネスゾーンに於けるクラブや手や体の使い方次第で飛距離や方向性が決まってしまいます。

ビジネスゾーンを完璧にする事がゴルフ上達への近道であり、全てのアマチュアゴルファーはこのビジネスゾーンを完璧にマスターできるように、正しい方法で練習を繰り返し行う事をお勧めします。

また、ビジネスゾーンを完璧にマスターしていればラウンド中にもしもショットの調子が悪くなった場合等には、ビジネスゾーンを再確認する事でチェックする事も出来るようになるので、その都度修正する事が可能になります。

ゴルフのビジネスゾーンの動きを確認しよう

ゴルフのビジネスゾーンをマスターする為にはビジネスゾーンでのクラブの動き、手の動き、足の動き、体の動き等、それぞれ1つ1つ正しいやり方を確認する必要があります。今からそれぞれの動き方のポイントについて説明していきます。

これから紹介する内容について良く理解し、それぞれのポイントについて確認し、正しい方法で繰り返し練習する事によりビジネスゾーンを完璧にマスターできるように努力して下さい。

ゴルフの練習方法まとめ!素振りや打ちっぱなしで上達するコツとやり方 | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:使用するゴルフクラブ

ゴルフのビジネスゾーンの練習をする際に使用するゴルフクラブですが、まずは1本のゴルフクラブで完璧にマスターして下さい。最初はピッチングウェッジ(PW)で行う事をお勧めします。ピッチングウェッジでビジネスゾーンの正しいスイングのやり方が出来るようになったら他のゴルフクラブでも行ってみると良いでしょう。

アイアンやドライバーやフェアウエイウッドでビジネスゾーンの練習をする事はとても効果的です。アイアンはピッチングウェッジと同じ感覚で練習し、ウッドの練習はドライバーではボールを直置きで、フェアウエイウッドはティーアップして行う事でクラブが正確にボールの位置に降りてくる感覚が養えます。

但し何度も言いますが必ずピッチングウェッジでビジネスゾーンの正しいやり方が完璧に出来るようになってから行うようにして下さい。ピッチングウェッジで出来ていないのに色々なゴルフクラブで練習しても全く意味がありませんので注意が必要です。

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:時計の針の位置で感覚をつかむ

ビジネスゾーンは腰から腰までのスイングですのでゴルフスイングを円で示した場合は下半分の半円の部分のスイングという事になります。この円を時計の文字盤として考えた場合に時計の針が指す9時と3時の間のスイングになります。

時計の針に例えて9時から3時までのスイングはハーフスイングとも言われますが、9時から3時のスイングをする準備として7時から5時、8時から4時といった具合に小さなスイングから徐々に大きくしていくといった練習方法が効果的です。

ゴルフのスイングは左右対称であることが基本という点から時計の針の指す位置で例えられる事が多いので、時計の針の位置感覚を養っておけばとても役に立ちます。

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:体重移動は意識しない

ゴルフのビジネスゾーンの練習では体重移動を意識しないで下さい。腰から腰のスイングで体重移動をしようとしてしまうとスイング軸がぶれてしまい、ダフリやトップのミスにつながってしまいます。体重は左右均等ぐらいを意識して大きな体重移動は行わずにボディーターンで行うようにして下さい。

ゴルフのシングルとは?プレーヤーになるための練習方法や条件まとめ | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:アドレス

ゴルフのビジネスゾーンの練習をする際にはフルショットする際と同様、きちんとした正しいアドレスをして下さい。スタンスの向きはターゲットライン(ボールを飛ばしたい地点とアドレス時のボールを結んだ線)と平行、スタンスの幅は肩幅、股関節で前傾姿勢、猫背にならずに背骨を伸ばす、等、通常のスイングと同様のアドレスです。

アドレス時にはグリップもおろそかにしないように注意して下さい。グリップの握り方、グリップの位置、手首とゴルフクラブの角度、等、基本に忠実に行う事がポイントです。そのままフルスイングも出来るアドレスを作って30ヤード~40ヤードの距離をビジネスゾーンの正しいスイング方法で練習していきます。

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:テークバック

ゴルフのビジネスゾーンに於けるテークバックはゴルフクラブがターゲットラインと平行になるようにするのが正しいやり方です。平行にならずにクラブヘッドがインサイドに入りすぎると左へ引っ掛けやすくなり、アウトサイドに出すぎると右へスライスになりやすくなります。

テークバックは手で上げない様に注意が必要です。テークバックをする際には背骨を軸にして手首の角度を変えずに上半身を捻じるように行って下さい。ビジネスゾーンの練習では腰の高さで止めますが、フルスイングのテークバックはビジネスゾーンのテークバックの延長線上にあるという事を覚えておいて下さい。

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:インパクト

テークバックを腰の高さで止めてからクラブをインパクト位置まで戻す際には下半身のリードで行って下さい。この際には手に力を入れない様に注意して下さい。ビジネスゾーンをマスターする為には捻転差を利用してボディーターンでインパクトを行うようにしなければならないという事を覚えておいて下さい。

上半身を捻じってから下半身のリードでインパクトを迎える為には、左肩→左足というリズムで行う事がポイントです。下半身を動かさない様にして左肩を右に回したら左足を踏み込むように左膝を左に少し動かした反動でクラブがボールのある場所に降りてきてインパクトを迎えるイメージです。

ゴルフのビジネスゾーンの正しいやり方とポイント:フォロースルー

ゴルフのビジネスゾーンのインパクト後のフォロースルーはテークバックの時と同様、腰の高さの位置でクラブシャフトがターゲットラインに対して平行になるようにして下さい。要するにテークバックとフォロースルーでは左右対称という事です。

フォロースルーでの手首の角度もテークバックの時と同様、角度を変えずに行って下さい。ゴルフのビジネスゾーンはテークバックもフォロースルーもボディーターンで行う事がポイントです。決して手首をこねたり腕の力で行わない様に注意して下さい。

ゴルフで90切りする練習方法は?壁を超えるスイングのポイント | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのビジネスゾーンをマスターする為に有効な練習方法とは?

ゴルフのビジネスゾーンの正しいスイング方法、正しい動き方を確認したらビジネスゾーンをマスターする為に練習を行うのですが、ただ普通にクラブを振るだけではなく他にも有効な練習方法があります。それらの練習法について紹介しますので普通の練習の中に取り入れて行う事で、より一層の効果が期待できます。

これから紹介する全ての方法を1つ1つ練習するのもいいですが、それぞれの内容を確認してから自分に合った練習方法だけを何度も繰り返し行うというやり方の方が集中して取り組むことが出来ますので効果的です。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:片手打ち

ゴルフのビジネスゾーンの練習で大事な事はボディーターンで行う事で、手の力で行ってはいけないという事をお伝えしましたがその為の練習法として効果があるのが「片手打ちです」片手打ちは左腕と右腕それぞれで行い、それぞれの腕の使い方のポイントを確認します。

片手打ちは腕の力で行うと上手くいきません。ボディーターンで行う事で体の使い方や右腕と左腕のそれぞれの使い方、動き方をチェックする事で、その後ビジネスゾーンの練習を通常に行う際にはとても効果があります。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:タオルをグリップに巻く

ゴルフのビジネスゾーンは腕の力で行ってはいけないとお話ししましたが、グリップを強く握ってしまうとどうしても腕に力が入ってしまいます。そこで効果的な練習方法として上田桃子プロが推奨する「タオルをグリップに巻いてスイングする」という練習法がお勧めです。

タオルをグリップに巻いてスイングしてボールを打つ際にはグリップを強く握れない為、クラブヘッドの重みを感じながらボディーターンで行う必要があります。この感覚が解ればビジネスゾーンの練習でもボディーターンで行う事が出来るようになります。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ラケットと金槌を使ったドリル

ゴルフクラブのフェイス面の動きを確認する為にバドミントンのラケット(テニスのラケットでもよい良い)と金槌を使用する事でゴルフのビジネスゾーン前後のスイング途中のフェイス面を簡単に確認することが出来ます。

ゴルフのビジネスゾーンではインパクト時にクラブヘッドのフェイス面がスクエアである事が重要です。インパクトでクラブフェイスがスクエアである事を確認する為にラケットや金槌を使用して確認し、実際にゴルフクラブで再現する事はビジネスゾーンの有効な練習方法になります。

ゴルフの素振り練習法を紹介!上達するために自宅でできる効果的なやり方 | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:グリップの位置に注目

ゴルフスイングで大切な事はクラブヘッドを走らせるようにスイングする事です。手元よりもクラブヘッドを先に走らせる為には力まずにボディーターンでスイングする事が重要です。その際に注目してほしいのはグリップの位置です。

手元やグリップの位置はクラブヘッドを走らせる為に大切な要素であり、特にグリップエンドの位置や向きに注目して下さい。腕に力が入ってしまうとクラブヘッドが走りません。一生懸命にグリップを振ってしまいクラブヘッドが走らないスイングを良く見かけますが、それは悪いスイングですので注意して下さい。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:三角形を意識する

ゴルフスイングの基本の中で、「三角形を崩さない様にスイングする」という事を良く耳にすると思います。三角形とは自分の両肩のラインとグリップを握ってアドレスした際の両腕と両肩を結んだ三角形の事です。ビジネスゾーンではこの三角形を崩さない様にスイングする事が重要になります。

ビジネスゾーンで腕の三角形を崩さず手首の角度も変えずにテークバック→インパクト→フォロースルーをする事で格段にミート率が上がり完璧なビジネスゾーンをマスターすることが出来ます。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ハーフスイング

ゴルフのハーフスイングはビジネスゾーンのスイングとほぼ同じです。ハーフスイングの延長線がフルスイングですのでハーフスイングの正しいやり方をマスターする事でフルスイングとビジネスゾーンのスイングの両方を同時にマスターすることが出来ます。

ハーフスイングを2種類練習してみるのもビジネスゾーンをマスターする為には効果的です。コックを使わない基本的なビジネスゾーンのスイングともう一つはコックを使ったビジネスゾーンのスイングの練習です。この練習はリストターンの練習にもなりますので効果的です。

腰から腰までのスイングはインパクトゾーンに直結するスイングですので正しい方法で練習する事が重要なポイントです。ビジネスゾーンで正しいスイングが出来ていればその前後が多少基本と異なっていても特に問題は有りませんのでビジネスゾーンで正しいスイングがいつでもできるように練習して下さい。

ゴルフのビジネスゾーンの練習法:ボールの左側を意識する

ゴルフのビジネスゾーンの練習をする場合にはボールの左側をクラブヘッドが擦るという意識を持って練習する事が大事です。アドレスの前傾角度を変えないとか手首の角度を変えない様にボディーターンでボールを打つという事が重要ですが、形にとらわれすぎずにただボールの少し左側をクラブヘッドが擦るという事だけを考えるようにして下さい。

ボールの左側を擦る事が自然に出来るようになればミート率が上がり、ダフリのミスも無くすことが出来ますので正しい体の使い方でボールの左側を擦る事だけを考えて練習してみましょう。

ゴルフのアイアンスイングの基本!初心者が身につけられる打ち方のポイント | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのビジネスゾーンの練習法のまとめ

ゴルフを最短で上達する為の方法は、ビジネスゾーンを完璧にマスターする事です。これまでにビジネスゾーンをマスターする為のチェックポイントや練習方法について紹介してきましたので是非練習場や家で出来る事を実践してみて下さい。

ゴルフの上達の度合いは結果が示してくれます。ゴルフは結果が全てですのでビジネスゾーンを完璧にマスターする事でゴルフの上達を証明してください。ビジネスゾーンが完璧になれば、ショットの方向性、ミート率アップ等、ショットの正確性が格段に良くなりますので繰り返し練習してビジネスゾーンを完璧にマスターする努力をして下さい。


評価 3.5/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ