最近クロスバイクに乗る人が増えていますよね?でもスポーツ自転車は値段も高いし普通の人には難しそう…と尻込みしている人は必見です!初心者に人気のクロスバイクと共に、クロスバイクがどんな自転車なのかを紹介していきます。ぜひクロスバイクデビューしてみませんか?

自転車のクロスバイクとは?初心者に人気の安い・おすすめメーカー紹介

目次

  1. クロスバイクは他の自転車とどう違う?
  2. 素材の違いでクロスバイクの重さや価格が変わる!
  3. クロスバイクの魅力はそのカジュアルさにある!
  4. クロスバイクは楽しい上に移動の幅も広がる!
  5. ポイントとなるクロスバイクの選び方は?
  6. クロスバイクの選び方で気を付けること
  7. 別売り基本のクロスバイクアクセサリー
  8. 初心者にも安心な人気自転車メーカーは?
  9. RIDE・LIFEの精神を貫く定番メーカー「GIANT」
  10. 自転車界に響くスタイリッシュメーカー「BIANCHI」
  11. 自転車の伝統を守り続ける老舗メーカー「TREK」
  12. ジオスブルーが美しいイタリア名門メーカー「Gios」
  13. ファッショナブルメーカー「LOUIS・GARNEAU」
  14. その他メーカーで初心者おすすめのクロスバイクは?
  15. クロスバイクで気軽に自転車ライフを楽しもう!

クロスバイクは他の自転車とどう違う?

自転車のクロスバイクとは?

近年、趣味でマウンテンバイクやロードバイクなどでツーリングやオフロードを楽しむ人が多くなってきましたが、そんな中で一番増えているのは、ママチャリから卒業してスポーツサイクルデビューを果たしているクロスバイク人口ではないでしょうか?

クロスバイクは、ハードなオフロード(舗装されない道)を得意とするマウンテンバイクとは少し違い、またオンロード(舗装された道)でスピードバリバリ出しながら長距離移動するロードバイクとも少し違い、シティーユースを基本としながらもツーリングを楽しんだり少々荒れた道でもへっちゃらな、両車の良い所取りをした自転車であります。

車でいうところのクロスオーバーSUV的な位置にある自転車ですね。もちろんそれぞれに特化した自転車に比べるとどっちつかずな感じになりますが、マイナスな言葉で言うなら「中途半端」でも、良い意味で言えば「オールマイティ」な自転車、それがクロスバイクです。

自転車のロードバイクの選び方!初心者におすすめのメーカーは? | MensModern[メンズモダン]

素材の違いでクロスバイクの重さや価格が変わる!

自転車のクロスバイクとは【特徴】

種類と一言で言っても、素材の種類、ブランドの種類、そしてサイズの種類など多種多様に及びます。あまり細かいことを気にすると面倒くさくなると思われるので、基本だけ抑えておきましょう。まず、フレームに使われる素材によって自転車の重量と価格が変わってきます。フレームは大きく分けると4種類あります。

自転車のクロスバイクとは【フレーム素材】

「鉄」は一番安価ですが重量があります。「アルミ」は鉄よりは軽いのですが強度が低く、強度を増すためにフレームが太くなることが多いために重くなります。「クロモリ」は丈夫なのですが、値段が少々高くなります。「カーボン」は重量が超軽く、価格が超高いです。どれも一長一短ですが、鉄製やアルミ製で価格を安くした方が初心者には手が出しやすいかもしれませんね。

自転車のクロスバイクとは【変速装置】

またクロスバイクはママチャリとは違いスポーツサイクルなので、ギアの存在やその多さでも種類が違ってきます。ちなみに前輪と後輪のギアチェンジが可能でなのですが、こまめに切り替えるギアは後輪ギア、坂道などで後ろギアのサポート的な役割で使われる前輪ギアというように、それぞれの役割が違っています。

ギアの個数やギアの大きさもクロスバイクによって違いますので、クロスバイクの乗り方や使われ方によっても選ぶポイントが変わってきそうです。同じ街中でも家の周りに坂道が多ければ山道と一緒なので、ギアの存在はとても大事になってきます。また通勤通学で長距離走る場合でも、疲れないようにギアは必要不可欠になるでしょう。

クロスバイクの魅力はそのカジュアルさにある!

自転車のクロスバイクとは【魅力】

クロスバイクの魅力は、何と言ってもママチャリからクロスバイクに変えるだけで気軽にスポーツ自転車を楽しむことができる点です。ロードバイクやマウンテンバイクでは少し身構えてしまうところもありそうですが、クロスバイクは使う場所や乗り方はママチャリのままなのに、乗り換えた瞬間にママチャリと違う爽快感や軽快さに感動すること間違いなしです。

クロスバイク初心者にとってもカジュアルに普段着感覚で乗ることができるので、普段の通勤通学や買い物だけではなく、普段行ったことがない街の散策や、少し遠出をして違う空気に触れてみることも簡単にできてしまうのです。そしてもちろん本格的なツーリングも楽しむことができるので、今までは考えられなかった自転車の使い方にワクワクするに違いありません。

クロスバイクは楽しい上に移動の幅も広がる!

自転車のクロスバイクとは【楽しみ方】

クロスバイクでどこに行きますか?例えば、日々の生活で一番に頭に思い浮かぶことは買い物ですね?ちょっとそこまでといったママチャリでも十分な距離を走ってみると、あまりの爽快感にもう少し走ってみようかなと思うようになるはずです。

朝晩の通勤通学などでも最近はクロスバイクを使って出社するという人が増えていますが、時間がかかりそうだという理由でやめている人も多いかと思います。では実際はどうなのでしょう?家から職場までは通常だいたい15‐20km程度ではないでしょうか?そうすると自転車通勤ではだいたい1時間前後となるため、電車通勤をドアtoドアで考えた場合とあまり変わりません。

そう考えた場合、満員電車や通勤通学ラッシュのストレスから解放されますし、更に凄い運動量になるのでダイエットに最適です。最初の3日間ぐらいは筋肉痛になるかもしれませんが、走っている最中に苦しいというマイナスなイメージは起きないはずです。なぜならギアチェンジで漕ぐのは楽ですし、なんといっても景色を見て風を感じながら爽快にサイクリングできるのです。

休日であれば、最初は今まで気になっていた近所のお店など探索したり、少し足を延ばして大きい公園や河川敷などに行ってみるのも良いでしょう。そして慣れてくればツーリング仲間を増やして少し遠出してみてはいかがでしょうか?いままで不健康な週末を過ごしていた人もいきなり超健康的にリフレッシュできるはずです。自転車を変えて生活習慣も変えてしまいましょう!

ポイントとなるクロスバイクの選び方は?

自転車のクロスバイクとは【選び方】

まずクロスバイクの特徴としてハンドルがあります。一直線のハンドルや曲線のハンドルなどありますが、自分で運転しやすいのはどちらかを確認しておきましょう。

次にタイヤですが、最初から長距離を目指す人はタイヤも普通より細めのものを付けた方が軽くてスピードが出るのでおすすめです。初心者ですとあまり細いものを選んだ場合、安定性に欠けることもあるので注意が必要です。そして長距離や長時間乗る場合は耐久性があるものをおすすめします。

自転車のクロスバイクとは【フォーク】

自転車の前輪を挟み込むように支えているものをフォークといいます。そのフォークには通常の「リジットフォーク」の他にバネが内蔵されている「サスペンションフォーク」というものがあります。これはガタガタ振動を吸収できるメリットがありますが、同時にどうでもいいところでカチっと固定せずバネが遊んでしまうこともあります。

また、カーボン素材のフォークであれば軽量かつ剛性で振動吸収もするといった凄まじく優れたものなので、長距離を走るタイプの人には疲れを軽減してくれるメリットがありますが、価格がアルミより高いです。ただ高いといってもフォークはパーツなので何千円程度で済みます。

自転車のクロスバイクとは【ディスクブレーキ】

通常自転車であればブレーキが必ずついていますが、それとは別にディスクブレーキというものがあります。ブレーキをかけて止めるだけではなくスピードコントロールを自由自在にできるというメリットがあります。ワイヤー式と油圧式があり、油圧式に関しては軽いタッチで雨の日や路面悪でも確実にブレーキがかかります。そして見た目のカッコよさでも人気があります。

自転車のクロスバイクとは【価格】

クロスバイク初心者が気軽に始めたいと思っても、金額が高すぎては全然気軽ではありませんよね?ただ、基本的にクロスバイクは価格と性能は比例しているので、高ければ性能に優れ、安ければそれなりといった感じになります。その中でも初心者向けである程度の性能があり乗りやすいクロスバイクは5万円~10万円あたりになりそうです。

クロスバイクの選び方で気を付けること

自転車のクロスバイクとは【注意点】

通常の自転車とは違い、クロスバイクの特徴として細かいサイズが設定されています。やはり乗りやすさを求めてクロスバイクを購入するからには、身体にフィットしたものでないと乗りにくくなります。身長や股下、そして腕の長さなどにあったフレームサイズを選ぶことをおすすめします。大きい男性から小柄な女性までサイズはありますのでご安心ください。

そして通販や他の店で買うにしても一度どこかの自転車専門店に行ってサイズ選びをおこなうことをおすすめします。実際にまたがってみないとわからないことも多く、専門店では試乗もさせてもらえるはずなので、実際に乗り心地を試して決めてください。車のように機械を動かすのではなく、自分が漕ぐのですからフィット感は一番大事なことです!

別売り基本のクロスバイクアクセサリー

自転車のクロスバイクとは【アクセサリー】

通常シティサイクルについてくる鍵やライト、スタンド、カゴなどはすべて別売りになっています。その中でも鍵とライトだけは絶対必需品ですしスタンドもあった方がよいので、クロスバイクを購入する時に一緒に購入することをおすすめします。そして後から追加で、泥除けやカゴ、またドリンクホルダーやヘルメット、パンク補修キットなどを揃えていきましょう。

自転車の鍵でおすすめ・最強はどれ?種類や選ぶポイントについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

初心者にも安心な人気自転車メーカーは?

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク

いろいろ選ぶポイントはあったかと思いますが、やはり人気のメーカーのクロスバイクも気になるところですよね?いろんなメーカーがクロスバイクを出していますが、その中でも定番で人気のメーカーを紹介します。定番ということで街乗すれば同じ車種にぶつかるかもしれませんが、それだけ多くの人が欲しがるほど乗りやすいということなので、安心して選んでみてください!

RIDE・LIFEの精神を貫く定番メーカー「GIANT」

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【ESCAPE R3】

GIANT(ジャイアント)は台湾のメーカーです。この型式のクロスバイクは誰もが認める定番中の定番で、人気度からいってもNO.1になるほど有名なクロスバイクです。一番の理由はコスパに優れているところで、5万前後であるにもかかわらず、性能は初心者が乗るにはもったいないくらい、24段変速(ギア)で重量も10㎏というスペックです。誰がなんと言ってもおすすめです。

ちなみに「ESCAPE(エスケープ) R3.1」という型式のものが存在します。価格はR3とほぼ同じなのですが、カスタムバージョンになっていてカラーもおしゃれになっているようです。内容はR3とほぼ変わりません。

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【CROSTER】

GIANT(ジャイアント)の新作2017年モデルが登場しました。新シリーズ「CROSTER」(クロスター)というジャイアントの最新技術を搭載したもので、スポーツ性や耐久性をアップさせ、重量が脅威の9.9㎏!まさに究極のシリーズ登場といったところですね。価格は54,000円近辺で24段階変速です。

自転車界に響くスタイリッシュメーカー「BIANCHI」

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【Roma4】

Bianchi(ビアンキ)はイタリアのメーカーです。様々なプロレーサーが使用しているロードバイクを筆頭に自転車業界を牽引しているブランドとして有名です。また自転車業界では常にトップクラスのメーカーであり、ビアンキカラー「チェレステ」カラーは多くの愛好者がいます。

そしてこのクロスバイクのカラーは女性受けする色でもあり人気を集めています。ハンドルが一直線でロードバイクのような軽快さと性能を誇り、デザイン性も高く街乗りでも自慢できそうですね。価格は68,000円前後で、重量は11.4㎏、24段階変速です。

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【CIELO】

このタイプのクロスバイクは前輪にサスペンションが付いていて、段差の多い街乗りには便利です。デザイン的にも少し変わったものなので、あまり人とかぶりたくなければこういったものを選ぶのもよいかもしれません。24段階変速で76,000円前後です。

自転車の伝統を守り続ける老舗メーカー「TREK」

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【7.2FX】

トレッキングという言葉から採用された社名「トレック」というだけあって、マウンテンバイクに強いメーカーです。歴史も凄まじく古く、クロスバイクではFXシリーズとして数多くの種類を誇っています。この7.2FXは初心者の入門編としてもおすすめで、街乗りからサイクリングなどオールマイティに活躍してくれそうです。24段階変速で重量は12.0㎏価格は65,000円前後です。

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【FX・S4】

トレックの2017年新作モデルFXS4はスピードや快適性に優れていて疲れにくさを追求したものです。どちらかというとロードバイク寄りのものになります。軽量化を図り本格的なスポーツ自転車としての性能を持ち合わせたモデルです。価格は少し高く115,000円前後、重量は10.03㎏で20段階変速となります。

ジオスブルーが美しいイタリア名門メーカー「Gios」

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【MISTRAL】

Gios(ジオス)はイタリアで生まれたメーカーです。こちらも「ジオスブルー」というカラーがジオスの象徴であり人気でもあります。こちらのクロスバイクはとにかく乗り心地が良いことが特徴なので、初心者にもおすすめです。安いのにパーツが良いものを使っていてコスパにも優れています。24段階変速で重量は11.0㎏、価格は47,000円前後です。

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【PURE・FLAT】

こちらのピュアフラットもジオスブルーのカラーでデザインもおしゃれで人気が高いモデルです。少し価格が上がりますが、他のメーカーに比べれば大差ないところですね。価格は65,000円前後です。

ファッショナブルメーカー「LOUIS・GARNEAU」

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【LGS-CHASSE】

おしゃれなクロスバイクが欲しいというのであれば、このLOUIS・GARNEAU(ルイガノ)はいかがでしょう?ルイガノはカナダのメーカーで、デザイン性豊な自転車が多いです。CHASSEシリーズは太めのタイヤが特徴で、振動吸収に優れスピード走行とクッション性のバランスがとれたクロスバイクです。タイヤがマウンテンバイクのように太いので、安定感があります。

おしゃれなデザインなので人と差をつけることもできますが、性能もすぐれていて安定感があり、至れり尽くせりなクロスバイクですね。初心者にとてもおすすめです。24段階変速で重量は12㎏、価格は47,000円前後です。

人気自転車メーカー安い初心者おすすめクロスバイク【LGS-LCF】

これまたシックでクラシカルなビジュアルがとても素敵なクロスバイクです。クロモリを素材としたフレームを使用しているため、しなやかさがあり振動吸収に優れ疲れにくいクロスバイクなので初心者にもおすすめです。走ることに特化したタイヤをつけているので、走り自体が楽しめるものとなっています。価格は92,000円前後です。

その他メーカーで初心者おすすめのクロスバイクは?

GT・TRANSEO4.0

前輪にサスペンションがついていて、振動吸収するタイプのクロスバイクです。タイヤは太めで耐久性にも優れており、マウンテンバイクに近い乗り心地が期待できるものです。24段階変速で14.4㎏、価格は62,000円前後です。

CAAD8・FLAT・BAR2

デザインが洗練されたスタイリッシュなクロスバイクで、初心者にもおすすめの安定した操作性を誇ります。街乗りすればかならず振り向かれること間違いなしです。16段階変速で価格は99,000円前後です。

ANCHOR・ORDINA・S5

国産ブリジストンからのクロスバイクです。ライトや鍵、スタンドまで標準装備で購入してすぐ使えます。近所の自転車屋にもブリジストンなら購入しやすいのが利点ですね。価格は5万円前後です。

MERIDA・GRAN・SPEED(100-MD)

限りなくロードバイクに近づけたクロスバイクです。特殊なアルミ素材で超軽量で耐久性も凄いものがあります。しかもディスクブレーキ搭載でこの価格は凄いですね。16段階変速、10.4㎏、価格は8万前後です。

クロスバイクで気軽に自転車ライフを楽しもう!

自転車をシティサイクルからクロスバイクに変えるだけで、初心者でも気軽にスポーツ自転車を楽しむことができます。コスパを考えながら用途に合ったクロスバイクを選ぶことから始めましょう。そしてそこから広がる新たな自転車ライフをぜひ楽しんでみてください!


評価 4.8/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ