人気漫画『東京喰種トーキョーグール』に登場するキャラクター・滝澤。『東京喰種トーキョーグール:re』では一気に重要人物になりました。そんな滝澤の変貌ぶりや家族の現在に、かわいそうとの声が多数上がっています。どういうことなのか、詳しく見ていきたいと思います。

東京喰種・滝澤政道が喰種(オウル)に?家族がまさか?かわいそうすぎる!

目次

  1. 滝澤の登場する『東京喰種トーキョーグール』とは
  2. 『東京喰種 トーキョーグール:re』の重要人物!滝澤とは
  3. 『東京喰種 トーキョーグール』で描かれた滝澤の人物像
  4. 滝澤は心優しい好青年?喰種捜査官を目指した理由に注目
  5. 『東京喰種:re』のポイントに?!滝澤の家族とは
  6. 『東京喰種』の重要ポイント!滝澤も半喰種化
  7. 『東京喰種:re』で明かされた滝澤の家族の現在
  8. 東京喰種の魅力は伏線!滝澤の家族について描かれたシーンがあった
  9. 滝澤が狂気にかられたのも無理はない…
  10. 『東京喰種:re』悲劇のキャラクター滝澤のまとめ

滝澤の登場する『東京喰種トーキョーグール』とは

週刊ヤングジャンプで人気連載中の『東京喰種 トーキョーグール :re』及び、その前身となる作品『東京喰種 トーキョーグール』はダークファンタジーの青年漫画です。

人間に紛れながら人間を襲い食らう喰種(グール)と、その喰種と戦う喰種捜査官(グールそうさかん)通称[CCG]を中心に描かれた今作は、何が正しいのか?何が間違いなのか?正義とはなんなのか、悪とは…?といったことを考えさせられる漫画となっています。

作者の石田スイはこの東京喰種でデビューしました。細やかな伏線、スピード感の溢れる描写、視点を変えるだけで物語の見方が変わるキャラクターたちの生き様など、『東京喰種 トーキョーグール』には見る者を魅了してやまない魅力が詰まっています。

さらに、コミックスの表紙などになる一枚絵の描き込みも非常に綺麗で、書店で並ぶ『東京喰種 トーキョーグール』のコミックには目を奪われたという人も多いのではないでしょうか。

魅力的なキャラクターが数多く登場する『東京喰種 トーキョーグール』ですが、この記事ではその中でも『東京喰種:re』で一躍重要人物になったキャラクター、滝澤政道について掘り下げていこうと思います。話しが進むにつれて明かされた、読者から「かわいそう」の声が殺到する滝澤の身に起こった出来事についても、どういうことなのか調べてみました。

東京喰種carnavalカルナヴァル(グルカル)の攻略・最強キャラは? | MensModern[メンズモダン]

『東京喰種 トーキョーグール:re』の重要人物!滝澤とは

『東京喰種』に登場するキャラクター・滝澤政道(たきざわ せいどう)は、9月10日生まれ。喰種捜査官を養成する学校、「CCGアカデミー」を次席で卒業した喰種捜査官です。同期であり首席で卒業した喰種捜査官の真戸アキラや、鈴屋什造に対して冷たい態度を取ることもありますが、優しく真っ直ぐな性格をしています。

実はこの滝澤、『東京喰種』の時点では数いるキャラクターの中の一人といった位置づけでした。『東京喰種』での最後の戦いとなった梟討伐作戦において前線で戦い、その戦いで命を落としたと報告が上がっていた描写があり、読者も『東京喰種』の連載終了時点では滝澤は殉職したものと信じて疑わなかったのではないでしょうか。

『東京喰種 トーキョーグール』で描かれた滝澤の人物像

数多いキャラクターのうちの一人と一言で言ってもその一人ひとりにエピソードがあり、どういった人物なのか掘り下げてみることができるのは『東京喰種』の魅力の一つ。この滝澤も、重要キャラクターとなる前であった『東京喰種』において既に憎めない性格を発揮していました。

普段、劣等感を覚えている相手へは辛辣な言葉や態度を見せてしまう滝澤ですが、そういった相手であっても重症を負ったという情報を知ると心配する様子を見せる一面があります。

さらに、死を恐れる様子や生きることへの執着など人間味あふれる一面も。梟討伐作戦の折に作成した遺言書に大きく書かれた「死にたくない」という言葉や、遺言書の本文に書かれた「し」という文字をすべて塗りつぶしていた描写などは、生への強い思いや死への恐怖が色濃く出ていました。

滝澤は心優しい好青年?喰種捜査官を目指した理由に注目

死を恐れ、生きることに強い思いのある滝澤がなぜ危険と隣り合わせである喰種捜査官になったのでしょうか…?その理由も、前述の遺言書の中に記されていました。

幼い頃、家の近くに住んでいたおばさんが喰種に殺されてしまったこと、それが切っ掛けで母親が精神的に不安定になってしまったこと。その母親を見て、守ってあげたいと思ったこと…。滝澤が喰種捜査官を目指すことを決めた背景には、母親や家族を想う優しい気持ちがあったんですね。

『東京喰種:re』のポイントに?!滝澤の家族とは

滝澤の家族構成は父親、母親、妹の4人家族です。滝澤のことを「おにい」と呼ぶ妹・聖奈は大学1年生で、イマドキの女の子といった風貌。兄弟仲は悪くないようですが喰種捜査官として働く滝澤と家で会うことは少ないようで、梟討伐作戦の前に家の中で会ったときには滝澤に「けばくなった」と指摘され、もっと派手な子もいっぱいいると反論する姿が描かれていました。

前述のように母親思いの面があり、妹も作中に登場している滝澤家ですが、父親だけは登場することはありませんでした。ですが、一軒家に住み家族仲も良好に見えることから、幸せな家庭で育ったことが想像できます。滝澤の家族思いな面も、そういった環境の影響が大きいのではないでしょうか。

『東京喰種』の重要ポイント!滝澤も半喰種化

さて、これまでは『東京喰種』での滝澤を見てきましたが、ここからは『東京喰種:re』における滝澤を掘り下げてみようと思います。一度は殉職扱いとなった滝澤が『東京喰種:re』で再び登場したシーンは、読者にも大きな衝撃を与えるものでした。

『東京喰種:re』で再登場した滝澤の姿は『東京喰種』での人間の姿とは違い、狂気に満ちた喰種の姿でした。戦闘時の強さもかなり上位のもので脅威を与えましたが、なにより目を引いたのはそのキャラクター性。発言する内容も支離滅裂なことが多く、所作も人間の頃の冷静さのあるものとは比べ物にならないほどイカれた描写が多くなっていました。

死亡報告があった滝澤が加納の手に渡っており、カネキ同様実験の結果喰種化に成功…という背景はこれまでの『東京喰種』を読んでいるとすぐに理解できるかと思いますが、それにしても『東京喰種』の時点ではさほど重要性のないポジションにいた滝澤のこの再登場には度肝を抜かれた人も多いのではないでしょうか。

実験に用いられたのが「梟」と呼ばれた喰種・芳村だったことから「オウル」と呼ばれることとなり、その強力な戦闘能力はCCGからSS+という高いレートを設定されるほど。以前の滝澤とは別人のような風貌・キャラクターの「オウル」は、人間の頃を思うとかわいそうにも見えてきます。ですがオウルがかわいそうなのは、その変貌ぶりだけではありませんでした。

『東京喰種:re』で明かされた滝澤の家族の現在

喰種化実験の成功例・オウルとなった滝澤ですが、何も最初から人間だった頃の自分を捨てていたわけではありませんでした。それが描かれたのが、『東京喰種:re』のコミックス11巻、115話に収録された一つのエピソードです。

喰種として生まれ変わった滝澤。空腹から幻覚を見るほど心身ともに追い詰められ、手渡された“肉”を口にします。食事をしたことに対して、「それでいい」という加納。ですが、その直後に「懐かしい家庭の味がしなかったか」と問う加納に、滝澤は今口にした肉がなんだったのかを悟ります。

加納の口からはっきりと明言されたわけではないものの、その言葉から導き出される結論はひとつ。滝澤が食べたのは家族の肉だということ。『東京喰種』で見せた滝澤の家族思いな一面があるからこそ、このシーンはより一層非道に映り、滝澤に対して「かわいそう」という声が多数上がりました。

東京喰種の魅力は伏線!滝澤の家族について描かれたシーンがあった

さまざまな伏線が潜んでおり読む度に新しい発見があるのも魅力の『東京喰種』ですが、このかわいそうだと言われた滝澤と家族への仕打ちも、実は最初にオウルとして登場した時点で既に伏線がありました。それが、オウルが琲世と戦った『東京喰種』の3巻です。

終始会話の間に支離滅裂なことを言っていたオウルですが、『東京喰種』3巻に収録されている31話の冒頭では突如両親への謝罪の言葉を口にします。さらに、「仕方なかった」とも。その次のコマでは、文字と文字が重なり合った状態ですがじっくりと見てみると母親の内臓を口にしたという趣旨に読み取れるセリフが続いていました。

滝澤が狂気にかられたのも無理はない…

上記の吹き出しの中は言葉同士が重なり繋がり、一見して何が書いてあるかは読めないような演出になっていますが、当初からこの吹き出しの内容を読み取った読者からは、もしこれが当たっていたら滝澤はあまりにもかわいそうだという声がありました。

母親を守るために喰種捜査官になり、その喰種捜査官としての仕事の中で瀕死の重傷を負い、それが理由で喰種化の実験体として身柄を拘束され、その結果喰種として生きることになり最初の食事で守りたいと思っていた母親を食らうことになってしまう…。これは、オウルとして登場したときの滝澤があんなに狂気に満ちていたのも仕方ないかもしれませんね。

『東京喰種:re』悲劇のキャラクター滝澤のまとめ

東京喰種に登場するキャラクターには悲劇を背負ったキャラクターも複数存在しますが、そんな東京喰種のキャラクター陣の中でも群を抜いて悲劇的なキャラクターであることがわかった滝澤。同じ境遇にいながらも自分の正義を貫こうとする亜門や金木と、道を踏み外してしまった自分を受け止め、自分の生き方への覚悟を決めるシーンは印象的でした。

物語も佳境に向かっている『東京喰種』。滝澤の生き様も、注目していきたいですね。


評価 4.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ