iPhoneカメラのポートレートモードとは?アプリでも代用できる?

iPhone7Plusに搭載されたポートレートモードでは、人物の写真をより綺麗にかっこよく撮ることが出来ます。iPhoneのポートレートモードも使い方と、同じ機能を持ったカメラアプリをご紹介します。ポートレートモードを活用してかっこいい写真を撮りましょう!

目次

  1. ポートレートって何?
  2. iPhoneのポートレートモードとは?
  3. iPhoneのポートレートモードの使い方
  4. iPhoneでもっと綺麗に撮影するポイント
  5. iPhoneアプリでポートレート①「ぼかし++」
  6. iPhoneアプリでポートレート②「ぼかっしゅ」
  7. iPhoneアプリでポートレート③「Blur」
  8. iPhoneアプリでポートレート④「Speckle」
  9. iPhone標準カメラアプリでも!
  10. iPhoneでかっこいいポートレートを撮影しよう

ポートレートって何?

iPhoneの機能説明の前に

「ポートレート」とは、人物をテーマとして撮影される写真のことです。人物の姿が大きく映っていたり、顔や全身が映っているということではなく、あくまでも写真の意図として人物に焦点が合っているものをポートレートと呼びます。

そのため、人物の顔や体の一部しか映っていないポートレート写真もあります。また、自分で自分の姿を撮影した写真は「セルフ・ポートレート」と呼ばれます。現代でいう「自撮り」はセルフポートレートというわけです。

写真保存アプリを徹底調査!無料・大容量で人気は?【iPhone・android】 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのポートレートモードとは?

iPhone7Plusの新機能

iPhone7Plusのカメラには、広角と望遠のデュアルレンズが搭載されたために「ポートレートモード」という新しいカメラ機能がつくようになっています。iPhoneのポートレートモードは、その名の通りポートレート写真を撮影するのに適したカメラのモードです。

iPhoneのポートレートモードでは、写真の中心においた被写体にピントが合い、自動的に背景がぼやけたショットを取ることが出来ます。背景がぼけて被写体がクリアに引き立つことによって、素人が撮った感じがなく、iPhoneでも綺麗にかっこいい写真になります。

一緒に出掛けた友人や恋人の楽しそうな様子を撮影すれば、思い出のショットをiPhoneで綺麗に残すことが出来ますし、何か特別なモノに焦点を当てて撮影すれば、iPhone一つでアートな雰囲気のある写真になります。もちろん、自撮り写真を撮るときにも、より綺麗に撮ることが出来るでしょう。

iPhone7の色・カラー比較!人気はジェットブラック?新色レッド? | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのポートレートモードの使い方

①ポートレートモードでiPhone標準カメラを起動

まず、iPhone標準のカメラアプリをタップして起動します。中央下部にある丸いシャッターボタンの上に、写真・ビデオ・スクエア・パノラマといった撮影のモードを切り替えられる部分がありますので、横にスワイプして「ポートレートモード」に設定しましょう。

ポートレートモードは、iPhoneのカメラを起動して最初に設定されている「写真モード」の右隣にありますので、左に一つスワイプすれば設定することが出来ます。

②iPhoneと被写体を適切な距離に

iPhoneのカメラアプリを起動してポートレートモードに設定することが出来たら、iPhoneと被写体の距離を適切に調整しましょう。iPhoneと被写体の距離は、約30cm〜240cm以内が望ましいです。被写体がiPhoneから近すぎると、「離れてください」という注意メッセージが表示されます。

iPhoneと被写体の距離が適切になると、ポートレートモードの表示の上に「被写界深度エフェクト」というオレンジ色の表示が出ます。これが出たら、画面の中で被写体にピントが合い、背景がバランス良くぼけた感じが確認できるはずです。

③いよいよiPhoneで撮影!

iPhoneと被写体の距離が調整出来て、「被写界深度エフェクト」が有効になった状態を作ることが出来れば、あとはiPhoneのシャッターを切るだけです。被写体にピントが合ったおしゃれな写真が撮影できるでしょう。iPhoneのカメラの機能に完全に頼りながら、こんなクオリティの写真が撮れるのか!と、驚くのではないでしょうか。

iPhone用三脚のおすすめを紹介!100均などの人気アイテムまとめ | MensModern[メンズモダン]

iPhoneでもっと綺麗に撮影するポイント

明るい場所でiPhoneを使う

iPhoneのポートレートモードで撮影する場合、光が十分にある明るいところで撮る方が綺麗な写真になります。ちょっと意識して、光の具合が良いところを探してみると、良い写真を撮ることが出来るでしょう。

構図はシンプルにしてiPhoneで撮影

iPhoneのポートレートモードでは、iPhoneに搭載された二つのカメラによって被写体との距離を把握し、被写体と背景の関係を自動で把握してポケ具合を設定します。そのため、写真を撮る際の画面の構成が「被写体とその他」という風に分かりやすい方が、より綺麗にiPhoneのポートレートモード機能が働くのです。

背景がごちゃごちゃしたところで撮ると、中心にしたい人物と背景の関係をiPhoneがうまく決められず、ボケ具合が適切でない写真になる可能性があります。iPhoneで綺麗なポートレート写真を撮影したいなら、ロケーション選びに注意しましょう。

また、複雑に毛先が散ったような髪型や、ファー素材の洋服などは、端の部分が背景と同化してぼけてしまうこともあります。しっかりと人物を引き立てたい場合には、髪型や洋服にも注意した方が良さそうです。

iPhoneアプリでポートレート①「ぼかし++」

iPhoneアプリでもポートレートを作れる

iPhone7Plusに搭載されたポートレートモードですが、実はそれ以前のiPhoneを使っている場合でも、カメラアプリや写真加工アプリを使うことによってポートレート写真を作ることは可能です。ここからは、ポートレート写真を作るのにおすすめのアプリをご紹介します。

まずご紹介するのは「ぼかし++」です。このiPhoneアプリでは、既に撮影して保存されている写真に、背景をぼかす加工を加えることが出来ます。指で直接なぞって範囲を指定することも出来ますし、楕円や円形、四角形などの定型の形で範囲を指定することも出来ます。

ぼかしたい背景をなぞって指定する方法と、クリアに残したい部分を先に指定して、後から反転させて背景をぼかす方法がありますので、自分のやりやすい方法で加工すると良いでしょう。ぼかし以外にも加工機能がついていますので、撮影した写真を好きなようにiPhoneで加工して楽しむことが出来ます。

iPhoneアプリでポートレート②「ぼかっしゅ」

ぼかしのiPhoneアプリは他にも

次にご紹介するiPhoneのアプリは「ぼかっしゅ」です。このiPhoneアプリも、既に撮影してある写真の背景をぼかして、ポートレート写真を作ることが出来ます。

ぼかしたい背景を塗りつぶすだけの簡単な加工で、やり直しも手軽です。ぼかし具合の強弱も調整することが出来るので、お好みの仕上がりでポートレートを作ることが出来るでしょう。

iPhoneアプリでポートレート③「Blur」

これもぼかしのiPhoneアプリ

こちらのiPhoneアプリも、写真にぼかしの加工を入れて被写体を引き立たせることが出来ます。指でなぞるだけの簡単な操作です。また、ぼかしだけでなくモザイクのような加工をする機能も付いているため、SNSに写真を上げるのに、見知らぬ人の顔が映りこんでしまっている時などにも便利です。

iPhoneアプリでポートレート④「Speckle」

撮影も加工も出来るiPhoneアプリ

こちらの「Speckle」は、写真の撮影も加工も出来るiPhoneアプリです。撮影モードを使う際には、フォーカス機能で被写体にピントを合わせるだけで、その他の背景の部分にぼかしを入れてくれます。プレビューによってぼかし具合や明るさを確認しながら加工できるのも便利なポイントです。

iPhone標準カメラアプリでも!

iPhoneアプリを入れなくても…

アプリを入れなくても、もともとiPhoneに入っている標準のカメラアプリでも、ポートレートモードに理解写真を撮る方法があります。それは、iPhoneのカメラの「AE/AFロック」というモードを使った撮影方法です。

iPhoneの標準カメラアプリを起動して、撮影画面の状態で画面を長押しすると、「AE/AFロック」と表示されます。この機能では、明るさやピントを一定にロックしたまま撮影をすることが出来ます。つまり、ポートレート写真の中心にしたい被写体にピントを合わせてロックすれば、背景をぼかした状態で撮影が出来るのです。

このiPhoneカメラの機能は、動画の撮影でも使うことが出来ます。iPhoneのカメラを普段使っている人でも、この機能を知らずに使っていたという人は多いのではないでしょうか。iPhone画面の長押しだけで使える簡単な機能なので、ぜひ試してみてくださいね。

iPhoneでかっこいいポートレートを撮影しよう

iPhoneには沢山の可能性!

iPhoneでポートレート写真を撮影する方法について解説してきました。iPhone7Plusを持っていれば、そのポートレートモードを使って撮影が出来ますし、iPhone7Plus以前のiPhoneでも、iPhone用の写真アプリを活用すればポートレート写真を作ることが出来ると分かりましたね。

iPhoneには様々な便利な機能があり、新しいiPhoneの機種が出る度にその機能に驚かされますよね。しかし、機能がとても多いため、全てを知ってiPhoneを使いこなせている人は実は少ないのかもしれません。せっかく便利なiPhoneを使っているのに、100パーセント活用できていないなんてもったいないことです。

iPhoneを使っている皆さん、綺麗なポートレート写真を撮りたい!と思ったら、ぜひポートレートモードや便利なiPhoneアプリを活用してくださいね!

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ