飴色になるまで玉ねぎを炒めるという工程は、料理のレシピでよく目にしますね。飴色の玉ねぎの作り方と保存方法、簡単にスープやカレーに活用する方法をご紹介します。飴色の玉ねぎを上手に作ることが出来れば、きっとお料理の腕が上がるはずです!

飴色玉ねぎの簡単な作り方や保存方法を紹介!スープやカレーの隠し味にも!

目次

  1. 飴色の玉ねぎはなぜ美味しいの?
  2. 玉ねぎが飴色になるまで…時間がかかる!
  3. 時短簡単な飴色玉ねぎの作り方①電子レンジを使う
  4. 時短簡単な飴色玉ねぎの作り方②冷凍してから
  5. 時短簡単な飴色玉ねぎの作り方③水を加える
  6. 時短簡単な飴色玉ねぎの作り方④塩を加える
  7. 飴色の玉ねぎはどのように保存する?
  8. 飴色の玉ねぎの活用レシピ【隠し味に】
  9. 飴色の玉ねぎの活用レシピ【主役に】
  10. 飴色の玉ねぎをマスターして料理上手に!

飴色の玉ねぎはなぜ美味しいの?

お料理のレシピで「玉ねぎを飴色になるまで炒める」という工程はよく目にしますよね。ただ火を通すだけでなく、飴色になるまで炒めるとわざわざ書いてあるのは何故なのでしょうか。それは、飴色になるまで玉ねぎを炒めることによって、ただ火を通すだけでは生まれない美味しさが出るからなのです。

玉ねぎには、辛み成分である硫黄化合物と、甘み成分である糖類が含まれています。生の玉ねぎが辛く感じるのは、辛み成分である硫黄化合物が多く残っているためです。玉ねぎに熱を加えることによって、硫黄化合物は水分と共に気化して、空気中に出ていきます。

それによって、甘み成分が残って凝縮されて、甘みが強くなるのです。玉ねぎが飴色に変化するのは、残った甘み成分である糖類がカラメルとメラノイジンという成分に変わるためです。甘くなるだけでなく、香りが芳しくなり風味が増してくるので、玉ねぎは飴色になるまで炒めた方が美味しいのです。

フライパンのおすすめランキング!種類別の人気商品・選び方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

玉ねぎが飴色になるまで…時間がかかる!

玉ねぎは飴色になるまで炒めた方が美味しいと分かってはいても、飴色になるまで玉ねぎを炒めるのって結構時間がかかります。そのため、飴色になる手前で、もう火は通っているからいいかと諦めてしまう人も多いかもしれません。

ここでは、出来るだけかかる時間を短縮して、簡単に玉ねぎを飴色に炒める作り方をご紹介します。作り方はいくつかありますので、自分がやりやすそうな方法を選んでチャレンジしてみて下さいね!

時短簡単な飴色玉ねぎの作り方①電子レンジを使う

まず最初にご紹介する飴色の玉ねぎの作り方は、電子レンジを活用する方法です。①耐熱皿にキッチンペーパーを敷いて、みじん切りにした玉ねぎを乗せます。②ラップをかけて電子レンジで3分ほど加熱します。③玉ねぎを電子レンジから取り出し、焦がさないように火加減に気をつけながらフライパンで炒めます。

時短簡単な飴色玉ねぎの作り方②冷凍してから

次にご紹介するのは、玉ねぎを一度冷凍する方法です。①みじん切りにした玉ねぎを冷凍しておきます。②冷凍しておいた玉ねぎを、凍った状態のまま油をひいたフライパンで炒めます。凍って固まった玉ねぎを、ほぐすようにして炒めましょう。

凍らせることによって玉ねぎの中の水分が凍って膨張するため、玉ねぎは細胞壁が破壊された状態になっています。そのため、加熱した際に水分が出やすくなり、飴色に変化するまでの時間が短縮できるのです。

時短簡単な飴色玉ねぎの作り方③水を加える

次にご紹介するのは、水を加えて炒める方法です。①フライパンにみじん切りにした玉ねぎを入れて炒めます。②玉ねぎが透明になってきたら、大さじ1杯ほどの水を加えて、混ぜながら引き続き炒めます。その後も、水分が少なって焦げそうになるたびに、少し水を足しながらよく混ぜて炒めましょう。

水を加えることによって、煮立たせるような状態になるため、玉ねぎに熱が伝わるのが早くなり、飴色に変化するまでの時間を短縮することが出来ます。事前に冷凍しておくことが出来なかった場合や、電子レンジを使いたくない場合にはこの方法がおすすめです。

時短簡単な飴色玉ねぎの作り方④塩を加える

最後にご紹介する、時短&簡単に飴色の玉ねぎを作る方法は、塩を加える作り方です。炒める前のみじん切りの玉ねぎに塩をふりかけ、出てきた水分を切ってからフライパンで炒めます。

または、フライパンでみじん切りにした玉ねぎを炒める際に、しんなりしてきた時点で塩を加えます。焦げ付きそうになったら少量の水を加えてよく混ぜながら炒めましょう。塩を加えることによって、玉ねぎから水分が抜けやすくなるため、飴色に変化するまでの時間を短縮することが出来ます。

この方法を使う場合、飴色の玉ねぎに多少の塩味が加わることになりますので、その後の料理を作るときの味付けで、玉ねぎの塩気の分を考慮する必要があるでしょう。

飴色の玉ねぎはどのように保存する?

飴色になるまで玉ねぎを炒めるのはそれなりに時間がかかるので、飴色の状態になった玉ねぎを保存しておいて、使いたい時にすぐに使える状態に出来るととても便利ですよね。飴色になるまで炒めた玉ねぎは、冷凍して保存することが可能です。

炒めた後はきちんと冷まして、小分けの袋に入れて冷凍保存しましょう。保存袋に入れる際に、板状に薄く伸ばして入れておくと、加熱した時に短時間で解凍できるのでおすすめです。また、手で簡単に折ることが出来るので、必要な分だけ折って解凍することも出来ます。

飴色の玉ねぎの活用レシピ【隠し味に】

カレー・シチューに

飴色になるまで炒めた玉ねぎは、お料理の味を格段に美味しくしてくれます。カレーやシチューを作るときには、玉ねぎを炒めますね。飴色になるまで炒めて作ったカレーやシチューは、玉ねぎの甘みと深い味わいによって、一層美味しくなります。

市販のカレールーやシチューのルーを使って作る場合でも、玉ねぎを飴色に炒めた場合とそうでない場合では、出来上がりのカレーやシチューの味が全然違います。ぜひ、飴色になるまで玉ねぎを炒めて、美味しいカレーやシチューを味わってくださいね。

玉ねぎによって甘みが出るので、子どもにも喜ばれるカレーが出来るでしょう。味のバランスをとるために、辛めのルーを使ってカレーを作ってみるのも良いかもしれません。

ハンバーグ・コロッケに

ハンバーグやコロッケを作るときには、タネに炒めた玉ねぎを使いますね。その玉ねぎも、飴色になるまで炒めることによってさらに美味しくなります。ハンバーグやコロッケはソースなどを添えて食べることが多いですが、飴色の玉ねぎを入れることによって風味が増すので、ソースなしでも味わいのあるお料理になります。

また、ハンバーグにかけるデミグラスソースを作る際も、玉ねぎを飴色になるまで炒めることをおすすめします。デミグラスソースの風味が豊かになり、お店で食べるような美味しいデミグラスハンバーグが出来るでしょう。

美味しいカレールーのおすすめランキング!人気の市販カレールーはどれ? | MensModern[メンズモダン]

飴色の玉ねぎの活用レシピ【主役に】

オニオングラタンスープに

玉ねぎを主役にしたお料理の定番である「オニオングラタンスープ」を作る際に、玉ねぎの炒め具合はとても大切です。丁寧に飴色になるまで玉ねぎを炒めることによって、とても美味しいオニオングラタンスープを作ることが出来ます。

オニオングラタンスープの作り方は、①フライパンにオリーブオイルとバターを入れて温め、薄切りにした玉ねぎ2個分を飴色になるまで炒めます。②小麦粉大さじ1杯を加えて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。③白ワイン100mlを加えて馴染ませます。

④水500mlとコンソメスープの素、ローリエの葉1枚を加えて、20~30分間煮ます。⑤①~④で作ったものを耐熱皿に分け入れて、バゲットとピザ用のチーズを乗せます。上に乗せるバゲットは、事前にトースターで軽く焼き色をつけておくと、より美味しくなるのでおすすめです。⑥230℃に予熱しておいたオーブンで5分焼きます。⑦焼き色がついたら取り出して、ドライパセリを振って完成です。

材料の分量は、だいたい2~3人分です。オニオングラタンスープは自宅で作ると面倒そうに感じるかもしれませんが、必要な材料は少ないですし、作り方も簡単です。飴色になるまで玉ねぎを炒めるのも、ここでご紹介した時短テクニックを活用すれば楽になりますね。

飴色の玉ねぎをマスターして料理上手に!

玉ねぎを飴色になるまで炒めるとなぜ美味しいのか、飴色の玉ねぎを上手に簡単に作る方法、そして作った飴色の玉ねぎを保存・活用する方法について解説してきました。玉ねぎを飴色になるまで炒めるのは面倒だと思っていた人もいるかもしれませんが、時間を短縮できる方法を活用すれば、意外と簡単に出来るものです。

ほんの少しの手間をかけて玉ねぎを飴色になるまで炒めることによって、出来上がるお料理はとても美味しくなります。自分一人だけが食べるお料理でも、丁寧に美味しく作ることは、自分を大切にいたわってあげることに繋がります。

毎日忙しく頑張っている自分を、美味しい料理で癒してあげるのもいいのではないでしょうか。もちろん、家族や恋人など大切な人に食べてもらうお料理を作る場合には、より美味しいものを作れる方が嬉しいですね。美味しく作るために手間をかけたことは、きっと相手にも伝わるはずです。ここでご紹介した方法を活用して、ぜひ飴色の玉ねぎでお料理を楽しんで下さいね!


評価 4.4/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ