素敵で中性的な名前特集!男女どちらでも使える名付け方を紹介

赤ちゃんの名前は、人生のスタートを飾る親から子への素敵な贈り物です。最近、男女ともに使える中性的な名前に人気が集まっています。ここでは、人気の高い素敵な中性的な名前をご紹介します。漢字によって様々な意味を持たせることも出来ます。ぜひ名付け方の参考にして下さい!

素敵で中性的な名前特集!男女どちらでも使える名付け方を紹介

目次

  1. 名前は最初の素敵な贈り物
  2. 男女に使える中性的な名前が人気
  3. 「ゆうき」
  4. 「けい」
  5. 「あおい」
  6. 「あきら」
  7. 「なぎさ」
  8. 「じゅん」
  9. 「つばさ」
  10. 「ひかる」
  11. 「まこと」
  12. 「みらい」
  13. 「ゆう」
  14. 「あすか」
  15. 「れい」
  16. 素敵な名前、見つかりましたか?

名前は最初の素敵な贈り物

名前は、この世に生まれて一番最初に親から子へと贈られる素敵な贈り物です。親がつけた名前は、生まれてから死ぬまで一生付き合っていくものですから、親が子に名前をつけることは、かなり重大なことです。子どもに対する願いや愛情を、名前の意味に込める親も多いでしょう。

最近は、キラキラネームと呼ばれるかなり突飛な名前がしばしば話題になります。人とは違う個性的な名前は、どこへ行っても印象に残りやすいですし、人からも覚えてもらえます。ただ、あまりにも変わっていたり、意味も読み方もよく分からないような名前だと、名付けられた本人が苦労することも考えられます。

子どもに名前をつける時には、子どもがその名前で一生生きていくことをしっかりと考えて、子どもの立場になって決めることがとても大切です。

男の子の名前で一文字まとめ!かっこいい・珍しいなど人気ランキング紹介 | MensModern[メンズモダン]

男女に使える中性的な名前が人気

最近、男女どちらの性別でも使える名前の人気が高まっています。男女どちらにも使える中性的な名前は、響きがおしゃれなものが多く、男の子に優しい印象の名前をつけたり、女の子にクールな印象の名前をつけたりと、イメージの幅の広い名付け方が出来ます。

ここでは、男女ともに使える中性的な名前の名付け方の例をご紹介していきます。音は同じでも、どのような漢字にするのかによって、男女どちらのイメージにも寄せることが出来ますし、様々な意味を持たせることが出来ます。

子どもの名前を何にするか考えている方、迷っている方は、ぜひ名付け方の参考にしてみて下さいね。音のイメージだけでなく、漢字が持つ意味も合わせて考えることによって、幅広く様々な観点から素敵な名前を考えることが出来ますよ。

男の子の名前で自然を感じるものまとめ?かっこいいイメージの人気漢字は? | MensModern[メンズモダン]

「ゆうき」

中性的な名前の名付け方の例①

「ゆうき」という名前は、もともと男の子の名前としての印象が強いでしょう。しかし、最近は男女どちらにも使える中性的な名前になってきています。「勇気」「祐樹」「雄輝」「裕貴」などの漢字で名付けると、男の子の印象になります。

「勇気」はそのままの意味で「勇敢で強い気持ちを持った子になるように」という意味を感じますし、力強い大木を思わせる「樹」の字や、雄大の「雄」、豊かさを思わせる「裕」「貴」などの漢字は男の子の名前におすすめです。

「優希」「有紀」「夕貴」などの漢字で名付けると、女の子の印象が強くなります。優しさや希望など、明るくやわらかな印象の漢字が女の子らしさを感じさせるんですね。同じ音の名前でも、漢字が変わると意味がガラリと変わりますし、字を見て受ける印象も違います。

男の子の名前で古風でかっこいいのは?おしゃれ・珍しいものなど紹介 | MensModern[メンズモダン]

「けい」

中性的な名前の名付け方の例②

「けい」という名前も、男女ともに使える中性的な名前です。「圭」という漢字をあてるのが一般的ですね。他にも、「桂」という漢字もおすすめです。

「桂」は「かつら」とも読み、中国の伝説に出てくる月に生えている木を表します。また、実際に存在する香木の名前でもあります。とても良い香りがする香木から、人を惹きつける魅力がある人になって欲しいという願いを込める漢字として人気です。

「慧」という漢字をあててもおしゃれです。「慧」には、賢くて気が利くという意味があり、仏教における物事の道理を正しく見抜く力を表します。人生における様々な物事において、きちんと考えを持って正しく進んでいってほしいという願いを込めて、この漢字を使うと素敵ですね。

また、「恵」の字も名付けによく使われる漢字です。読みの通り、豊かな恵みを表す漢字ですし、人に対する情けや親切な心があり、穏やかな様子を意味します。そして、賢くて気が利くという意味もあります。

「あおい」

中性的な名前の名付け方の例③

「あおい」って、綺麗な響きの名前ですよね。これも男女ともに使える中性的な名前です。「葵」「碧」「蒼」など、一文字であてて名付けることが多い名前です。「葵」は、アオイ科という植物の種類を表す漢字です。

植物の名前を子どもの名前に使うという人はとても多いようです。植物が種から芽を出し、成長して花を咲かせ、実を結んで次の命へと繋がっていくというたくましさや尊さから、子どもの名前としてふさわしいと考えられます。「蒼」という漢字も、草木が豊かに青く茂っている様子を表します。

「あきら」

中性的な名前の名付け方の例④

「あきら」という響きの名前は、男の子の名前のイメージが強いかもしれませんが、女の子に名付けても素敵な中性的な名前です。「あきら」という読みが出来る漢字はとても多いです。「明」「彰」「昭」「晃」「彬」「章」…など、本当に多くの漢字があります。

「晃」には、明るく光り輝くという意味があります。漢字の成り立ちを見ても、「光」の上に「日」が出ているという素敵な漢字ですね。「こう」という読み方をすることも出来ます。

「彬」には、はっきりと明らかであるという意味があります。また、「彬彬(ひんぴん)」という言葉には、外見と内面が共にきちんと備わっていて、調和がとれているという意味があります。外から見た美しさと、内面の美しさがともに充実するという、素敵な意味ですね。

女の子に名付ける場合には、「晶」という漢字を使うことが多いようです。「晶」は、明るく光り輝いている様子を意味します。水晶の晶ですね。男の子でも女の子でも、とても美しい意味を持った素敵な名前になりますね。

「なぎさ」

中性的な名前の名付け方の例⑤

「なぎさ」という名前に使う漢字は、やはり「渚」が定番です。夏の季節や輝く海を連想させるような爽やかで明るい名前ですね。漢字としての意味は、水際や中洲のことを表します。また、「凪」という漢字を使うこともあるようです。「凪」は風が穏やかに止んで海面が静まっている様子を表します。

「じゅん」

中性的な名前の名付け方の例⑥

「じゅん」という名前も、男女ともに使える中性的な名前です。「潤」や「純」といった漢字は、男の子でも女の子でも使われていますね。潤いや恵みにあふれていることや、けがれがなく美しいことなど、男女に関わらず子どもの成長のための親の願いに合うようです。

他にも「順」「淳」「旬」など、「じゅん」と読む漢字は沢山あります。「順」には物事の道すじを示す意味の他に、素直で穏やかであるという意味もあります。また、「淳」には真心があって情に厚いという意味や、ありのままで素直であるという意味があります。

「つばさ」

中性的な名前の名付け方の例⑦

「つばさ」という名前は、漢字にするならもちろん「翼」ですね。男女ともに使える中性的な名前です。そのまま平仮名で「つばさ」と名付ける場合もあるようです。

翼を広げて大空にはばたくように、これからの人生を生きていってほしいという素敵なメッセージを感じる名前ですね。

「ひかる」

中性的な名前の名付け方の例⑧

「ひかる」という名前も男女ともに使える中性的な名前です。「光」「輝」など、明るい光を意味する素敵な名前ですね。子どもの名前をつける時には、これから始まる人生が豊かで幸せであるようにという親としての願いの意味を、様々な形で込めようと考えますよね。

「光」というのは、希望を感じさせるものですし、自分の人生も周りの人の人生も照らしてくれるような強さを感じさせます。子どもの名前としてとても魅力的な漢字です。

「まこと」

中性的な名前の名付け方の例⑨

「まこと」という名前は、あてる漢字によって印象が大きく変わり、男女ともに使える中性的な名前です。「誠」「真」「信」などの漢字だと、比較的男の子の名前というイメージが強くなります。「まこと」という音の響きもそうですが、どの漢字をあてても誠実さや信念の強さ、真っすぐな気持ちを感じさせる名前になります。

女の子の場合、「真琴」「麻琴」といった漢字にすると可愛らしさも出せておすすめです。真っすぐで誠実な意味に合わせて、琴の美しい音色も思い浮かぶような素敵な名前ですね。「真実」と書いて「まこと」と読ませる名付け方をする人もいるようです。メッセージ性が強く、真っすぐとした意志を感じるような名前になります。

「みらい」

中性的な名前の名付け方の例⑩

「みらい」という名前は、もちろん「未来」の漢字で名付けることになるでしょう。未来に向かって希望をもって力強く歩んでいけるようにという、前向きなメッセージを感じる素敵な名前ですね。男の子でも女の子でもつけることが出来る名前です。

「ゆう」

中性的な名前の名付け方の例⑪

「ゆう」という名前は、音の響きが柔らかくて優しそうなので人気が高いです。男の子でも女の子でも、人当たりの柔らかそうな好印象な名前として名付けられます。漢字のパターンもとても多い名前です。

「優」「友」「結」などの漢字だと、思いやりの心や温かい人とのつながりを感じますね。人生において人と人とのつながりはとても大切なもので、縁が多くのものを運んできてくれるものです。実りの多い人間関係に恵まれるようにという、親からの愛情深い願いが込められた名前になりそうです。

他にも、「悠」「雄」「裕」「祐」「勇」「侑」など様々な漢字で名付けることが出来ます。「悠」は、悠久、悠遠などの言葉に使われる漢字で、遥か遠くまで長く続いていくことや、ゆったりとゆとりがあることを意味しています。

「裕」は、豊かに満ち足りていることや、心が広いことを意味します。「裕介」「裕太」など、他の漢字と組み合わせてこの漢字が名前に使われることも多いですね。また、「祐」には神の助けという意味があります。

「侑」にも人を助けるという意味があり、他にも料理やお酒を人にすすめることや、お礼をすること、罪を許すことも表します。人とのかかわりの中で、多くの人を助けられるような人間になれるようにという大きなメッセージを感じる名前になりますね。「佑」にも同様に、人を助けるのいう意味があります。

「あすか」

中性的な名前の名付け方の例⑫

「あすか」という名前は、爽やかな響きが素敵な名前ですよね。女の子の名前というイメージが強いかもしれませんが、男の子に名付けてもおしゃれでスマートな印象になっておすすめな、中性的な名前です。平仮名で名付けることも珍しくありませんが、漢字なら「明日香」「飛鳥」などのあて方があります。

「明日香」なら、明日、明後日と素敵なことが続いていくようにという美しいメッセージを感じますし、「飛鳥」なら大空を飛び回る鳥のように強く美しく生きていく姿を感じます。どちらにしても、とても良い名前ですね。

「れい」

中性的な名前の名付け方の例⑬

「れい」という名前も、響きが涼やかで美しい名前ですね。男の子にも女の子にも名付けることが出来る中性的な名前です。「零」「礼」「玲」「麗」「怜」など、漢字のバリエーションがとても広く、あてる漢字によって様々な意味を考えることが出来ます。

「玲」は、玉や金属が触れ合って鳴る音を意味し、美しく鮮やかな様子を表します。シンプルな漢字と音ですが、意味に華やかさがあって素敵ですね。「麗」にも、麗しい、美しいという意味があります。また、空が穏やかにうららかに晴れ渡っている様子も意味します。

「零」には、音を立てずに静かに降る雨や、水がしたたり落ちる様子、量が少なく小さいことを表す意味があります。この意味を見ると、名前に使う漢字のイメージが湧かないかもしれませんが、「零」は数字のゼロを表す感じです。正でも負でもないゼロから、物事を構築していくことや、人生を創り上げていくということを考えると、名付けの漢字としても素敵ではないでしょうか。

素敵な名前、見つかりましたか?

男の子にも女の子にも名付けることができる中性的な名前をご紹介してきました。どの名前にも様々に素敵な意味があり、親から子どもへの愛情と願いが込められていますね。

子どもの名前を考える時に、どの親も子供の幸せを願って名付けますが、「幸せ」ということに関して何を大事に思うのかという考えはそれぞれですね。

人とのつながりや思いやりなのか、誠実で真っすぐな意志を持つことなのか、穏やかな心を持つことなのか、人を惹きつける魅力を持つことなのか…名前の音だけでなく、どんな漢字を使うかによって、具体的な意味合いを表すことが多いようです。それぞれの親が持つ考えや美意識が、子どもの名前に表れます。

画数や苗字との相性など、姓名判断によって決めるという人もいますね。そういった観点で名前を決める参考にするのももちろん良いでしょう。子どもの名前を決めるのはとても重大なことだと思って、悩んでしまうこともあるかもしれませんが、愛情をもって決めればそれがきっと子どもにとって大切な名前になるはずですから、悩みこまずにぜひ愛を込めた名前を考えて下さいね!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ