飛行機にノートパソコン(PC)は持ち込みできる?機内での利用は?

飛行機を使った長距離移動。そんな時にパソコンを持っていきたいと思ってもどうやって持ち運べばいいかわからない人は多いだろう。飛行機内に持ち込めるのか。それとも預入れて運ぶのか。そもそも機内でパソコンの利用はできるのか。そんな疑問を調査して行こう。

飛行機にノートパソコン(PC)は持ち込みできる?機内での利用は?

目次

  1. 飛行機利用時のパソコンの扱いはどうすればいいのか
  2. そもそもパソコンは飛行機に持ち込みできるの?
  3. 各航空会社の手荷物の条件を確認しておこう
  4. パソコンを飛行機内に持ち込む際の注意点
  5. パソコンを飛行機内に持ち込んだ時の具体的な収納方法と場所
  6. パソコンは飛行機内に持ち込んだほうがいいの?それとも預け入れしたほうがいいの?
  7. 飛行機のエックス線検査でパソコン内のデータが消えるって本当?
  8. 飛行機内でのパソコンは利用可能なの?
  9. 機内での利用の注意点
  10. 飛行機にパソコンの持ち込みはできる!ルールを守って楽しく利用を!

飛行機利用時のパソコンの扱いはどうすればいいのか

飛行機に乗っての長旅。これには普段使っているノートパソコンを持っていきたいと考える人も少なくないだろう。そんなパソコンの利用に関して、一度はみんな感じたことがあるのが、パソコンの持ち込みについてだ。飛行機内にパソコンを持ち込むのは、基本的には大丈夫と信じている人も多く、何気なく利用している人も多いだろう。

しかし、本当に飛行機内に持ち込んでも大丈夫なのか。なぜ持ち込んで大丈夫なのか。そして飛行機内で利用できるのか。pc利用時の注意点などはないのか、細かに知る人は少ない。飛行機の利用時にパソコンの扱いはどうすればいいのかを徹底解明していこう。

そもそもパソコンは飛行機に持ち込みできるの?

まず、そもそも飛行機にパソコンは手荷物として持ち込みできるのかという問題だ。飛行機を利用したことがある人はわかると思うが、持ち込みではなく預け入れという方法で運びこともできる。二つの方法がある中で、果たして飛行機内に持ち込みができるのかという点だ。

結論から言うと、実は飛行機内への持ち込みはできる。ノートpcなどの貴重品である精密機器は飛行機内に持ち込むことが一般的にできるようになっている。これは、各航空会社の見解の仕方にもよるが、おおむね以下のような見解に基づいてパソコンの機内持ち込みを許可している。

例えばJALの場合、「ノートpcおよび周辺機器類、電子データや携帯電話、時計、カメラビデオカメラ、デジタルカメラなどは基本的に貴重品扱いとなり、チェックインカウンターで受託手荷物として預けないで、機内持ち込みにして必ず手元に持っていてください」というものだ。つまり、パソコンは貴重品扱いになるのだ。

航空会社としても、貴重品は自身で安全管理を行って管理してほしいと考えているのだ。さらにいうと、もし預け入れで持ち運ぶ際には、ノートpcのような機器はあらかじめ電源を切っておく必要があるということも注意しておかなければならない。

飛行機にカミソリなどの刃物は持ち込みOK?知っておきたい注意点 | MensModern[メンズモダン]

各航空会社の手荷物の条件を確認しておこう

また、この手荷物として飛行機内にパソコンを持ち込む場合に注意すべき点は他にもある。それは、手荷物の条件だ。いくらノートpcを持ち込めるからといって、なんでもかんでも持ち込んでいくつものカバンに入れて持ち運んでいいわけではない。各航空会社や飛行機の便によって、手荷物として持ち込める者には大きさや重さ、個数の制限がある。

例えば、JALの場合、手荷物の条件については、飛行機内に持ち込める手に盛るは小さめの身の回りの品1個と、手荷物1個とされている。そして、合計の重さが10キログラム以下にする条件がある。さらに、手荷物のサイズには座席数100席以上の便では、3辺が合計115センチいないの手荷物と条件も厳しい。

座席数が100席未満の便であれば、3編の合計が100センチ以内の手荷物にしなければならない。このように、手荷物には厳しい制限があり、もし飛行機内に持ち込み可能なサイズを超えている場合には、特別旅客料金を支払って座席を別途購入する必要がある。この点には十分注視なければ、必要のない座席を購入することになる。

パソコンを飛行機内に持ち込む際の注意点

【パソコンを飛行機内に持ち込む際の注意点①】バッテリーに要注意を!

パソコンは飛行機内に持ち込める。しかし、だからといって注意すべき点はいくつかある。先ほどの手荷物の制限同様、パソコンを運ぶ際には手荷物だからこその注意点も多い。まず持ち込む際には、バッテリーにも注意しよう。ノートpcの予備バッテリーや充電器に関して、ニッケルの含有量やワット数が制限を超える場合は持ち込めない。

充電器や呼びバッテリーを持ち込む際には、あらかじめ自身のノートpcのニッケル含有量やワット数を確認する必要があるので注意しておこう。また、各高級外車の飛行機によっては、コンセントや充電用USB電源がある。これらも踏まえて、パソコンを持ち運ぶ際には、もう一度持ち運びに適しているパソコンかどうかを注意して確認しておこう。

パソコンを飛行機内に持ち込む際の注意点②】手荷物検査時にはバッグからあらかじめ出しておこう

さらに、手荷物としてノートpcを運ぶ際に必要な注意点が、手荷物検査だ。手荷物検査時にはこれらの機械は、あらかじめ出しておかなければならない。その理由はパソコンの構造にある。ノートpcに内蔵されているハードディスクには、エックス線を透過させない箇所がある。

そのため、手荷物の中にノートpcが入っていると、手荷物検査時の解析映像の中で、ノートpc下に重なっている荷物の検査ができなくなり、正常なきちんとした検査ができなくなるのだ。その場合、再度検査やチェックを受けることになるので、手荷物検査の際には、ノートpcを手荷物のバッグから出してトレーに入れ、別で検査を受けなければならない。

パソコンを飛行機内に持ち込んだ時の具体的な収納方法と場所

飛行機内にパソコンを持ち込めることはわかった。でも、持ち込んだパソコンはどうすればいいのか、適した収納場所があるのかなど、持ち込んだはいいものの不安はあるだろう。精密機器なので決して壊したくはない。そんなパソコンの具体的な収納方法だが、通路に面している両側の所定の荷棚がある。

その荷棚の中に、期待が傾いたり衝撃を受けたとしても、できるだけバッグが傾いたり動かないように固定して収納するようにしよう。その他には、航空会社や便にもよるが、座席のシート感覚が比較的広い座席の場合、座席の下に荷物を置けるスペースが確保されているケースもある。その場合は、そこにパソコンが入っているバッグなどを置く方法もある。

パソコンは飛行機内に持ち込んだほうがいいの?それとも預け入れしたほうがいいの?

ここまでは、パソコンの持ち運び方法について、手荷物で運ぶことはできるのかという点で解説してきた。もちろん、航空会社により細かな手荷物にかんするルールは違えど、結果的にパソコンは手荷物で持ち込めることがはっきりしただろう。しかし、もちろん運び方として預け入れもできる。

では、預け入れと手荷物として持ち運ぶのはどちらが推奨されるのだろうか。その答えは、より推奨されるのだ手荷物として運ぶことだ。預け入れで運んだほうがいいという声を耳にしたことがあるかもしれないが、断然飛行機内に手荷物として持ち込んだほうが良いといわれている。

雑に扱う可能性があるので預け入れでは決して運ばないように!

では、手荷物として持ち込んだ用が良い理由はなぜなのか。その理由の一つに、荷物を雑に扱う可能性があるという点がある。皆は到着先の空港で、自分の荷物がどのように扱われているのかを確認したことがあるだろうか。実は知っている人は多いが、かなり乱暴に投げて扱われることが多い。

特に外国では、当たり前のように乱暴に扱う。それが顧客に見えているかどうかは関係なく、トランクレーンに置く際にスーツケースを投げて扱うことは日常茶飯事。よって、荷物を引き取った時には、キャリーケースがへこんで傷がつき、はっきりとわかるほど壊されていることも珍しくない。さらに、壊れて中のものが取られていることも不思議ではない。

日本では、まだまだモラルがあり、このような荷物の破壊などはないので過度に心配する必要もないのだが、外国では当たり前のような扱いである。なので、このような扱いを受けるケースに、パソコンなどの精密機械を入れておくことなど、もってのほかだといわざるを得ないのだ。

仮にパソコンが故障しても補償もされない

さらに言うと、これらの荷物の扱いによって仮にパソコンが壊れたとしよう。しかしながら、一般的に航空会社の多くがノートpcの偶発的な故障は補償の対象外になっている。もし壊れてしまえば、全く責任は航空会社は取ってくれないのだ。仕事でもしパソコンを使うようなシーンがあれば困ることは必至だ。

また、仮に航空会社や露光での保険サービスの関係者などが責任を取ってくれたりすることがあったとしても、補償を利用する手続きなどは手間がかかり、さらにパソコンは預けての修理になり何週間もかけて修理にをすることになる。しかしながら、当然大切なデータが完全に復旧する確証もない。手荷物の方が安全に管理でき、行動できるのだ。

飛行機のエックス線検査でパソコン内のデータが消えるって本当?

そのような理由で、航空会社手にもまた自分の判断でも、より安全性の高いほうを選ぶなら手荷物として運んだほうが良いということが分かった。しかし、ここで新たな問題が浮上する。それは、パソコンの手荷物検査の時のエックス線検査時に、エックス線を通すとパソコンが壊れるという噂だ。

しかし、この噂は結果から言うとデマである可能性が高い。エックス線を通すとパソコン内部のデータが消えるなどという噂が広がっているが、それはウソの可能性が高いのだ。しかしながら、エックス線を当てたから電子機器の調子が悪くなるという噂はかなりあるのも実態で、この真偽については実際の所ハッキリとは分かっていないのが現実である。

しかしながら、この審議はわかってはいないものの、本当にこのエックス線が原因でパソコンの故障につながることがあるのであれば、航空会社も必ず何らかの対策を行っているはずで、ましてやエックス線での検査もしないはず。それらの不具合の原因が、エックス線にある可能性は極めて低いだろう。

飛行機内でのパソコンは利用可能なの?

では、次はパソコンの飛行機内での利用についてだ。飛行機内でのパソコンの利用は可能なのだろうか。基本的にはパソコンの飛行機内での利用は可能だ。無線LANを利用することも、飛行機内に無線LANの設備がある場合であれば繋げて利用することもできる。もちろんオフラインであれば、資料作りなどもできるので利用は可能だ。

飛行機で耳が痛い!治らないときの対処法とおすすめの治し方! | MensModern[メンズモダン]

機内での利用の注意点

しかし、パソコン利用時の注意点もある。それは、離着陸時の私用だ。基本的にはオフラインであれば離着陸時であろうと利用することはできる。しかし、けっして電波を発さない状態での利用に限る。インターネットに繋げていない状態での利用にしなければならないので注意しておこう。

飛行機の暇つぶし方法ガイド!おすすめの過ごし方・ゲーム・アイテム | MensModern[メンズモダン]

飛行機にパソコンの持ち込みはできる!ルールを守って楽しく利用を!

結論、パソコンは飛行機に持ち込みはできる。しかし、持ち込む際には故障させないように、しっかりとルールを知り、航空会社によって異なる条件なども知ってルールを守ったうえで利用をしよう。飛行機に持ち込んだパソコンが、飛行機に乗ったせいで壊れたなんてことにならないようにして、旅を楽しみたいものだ。

飛行機の乗り方!初めてで不安な方へ。空港から機内まで【国内線編】 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ