ビーズクッションの洗濯方法まとめ!洗い方は手洗い・洗濯機どちらが良い?

普段リビングに置いていて、リラックスするときに欠かせないビーズクッション。ところで、このビーズクッションのお洗濯をみなさんはどうされていますか?手洗いがいいのか、洗濯機がいいのか悩みますよね?と言うわけで、今回はビーズクッションの洗濯方法をまとめてみました。

ビーズクッションの洗濯方法まとめ!洗い方は手洗い・洗濯機どちらが良い?

目次

  1. お気に入りのビーズクッションの汚れを放置していませんか?
  2. ビーズクッションにはどんな素材のものがあるの?
  3. ビーズクッションには洗濯ができないものがある?その対処方法は?
  4. ビーズクッションは洗濯機が使えるの?洗濯機を使うコツと洗い方を教えて!
  5. ビーズクッションの洗濯方法と洗い方!ビーズクッションに使う洗剤は何が良い?
  6. ビーズクッションの洗濯方法!手洗いが良いの?洗い方を教えて!
  7. ビーズクッションの洗濯後のお手入れ方法とは?
  8. ビーズクッションにいるダニを退治したい!退治方法を教えて!
  9. ビーズクッションの洗濯!洗い方で注意したいことは?
  10. 【まとめ】ビーズクッションの洗濯方法を知っていつも清潔に!

お気に入りのビーズクッションの汚れを放置していませんか?

リビングのソファの上や自分のお部屋によく転がっているビーズクッション。インテリアの一部としてはもちろんのこと、仕事から帰ってきて、枕替わりにしたり、休日だらだらと寝っ転がったりして普段の疲れを癒している方も多いのではないでしょうか。

そんなビーズクッション、毎日のように背もたれ代わりに寄りかかったり、寝っ転がっていると、当然気になってくるのがクッションの汚れ。特に大きいビーズクッションともなると自宅で洗うなんて一苦労だからと、洗わずにそのままにしていませんか?

汚れてしまったり、買ってから長年ずっと洗濯をしないまま放置をしていると、汚れが落ちなくなってしまうばかりでなく、ダニの発生の原因にもなり、体にも悪影響がでてしまいます。実は自宅でもきちんと正しい洗い方をすることで、お気に入りのビーズクッションはいつでも清潔に保つことができるのをご存知でしょうか?

ビーズクッションを最近汚してしまった、最近ビーズクッションを洗っていないな…。という方、正しい洗い方を知ってすぐにお洗濯をしてみませんか?

ビーズクッションにはどんな素材のものがあるの?

ビーズクッションの生地素材もものによって様々。つるつるとした感触だったり、ちょっとざらついたものまで種類は豊富。自分の持っているビーズクッションの生地を確認するには、生地の洗濯の取り扱い絵表示で確認すると良いでしょう。

手洗いマークや、洗濯マークがついていたら、自宅でも洗濯が可能です。汚れを発見したら、すぐに洗濯をする習慣をつけておくと、いつも清潔な状態を保てることができますよね。

無印のビーズクッションは優秀?ニトリなど他社メーカーと徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

ビーズクッションには洗濯ができないものがある?その対処方法は?

手洗いマークや洗濯マークのついているものも多くありますが、中には自宅では洗濯機が使えない生地がありますので、その場合はクリーニング店に出すと良いでしょう。もし洗濯に悩んだら行きつけのクリーニング店のスタッフなどに相談するのも1つの方法です。

ビーズクッションは洗濯機が使えるの?洗濯機を使うコツと洗い方を教えて!

生地の洗濯絵表示で洗濯が可能なものがあると説明をしましたが、ビーズクッションの構造上、洗濯機に入れてしまうことで、型崩れをしたり、生地を傷めて破けてしまう場合があります。型崩れをしないためにもビーズクッションは手洗いがおすすめです。

どうしても洗濯機で洗いたいという場合は、洗濯ネットに入れたり、可能な場合は中のビーズを抜くなど型崩れになりにくい方法をとるようにしてください。洗濯機の使用が可能な場合は洗濯絵表示に「弱」マークがついていることが多いです。絵表示をよく確認してください。

無印の体にフィットするソファが人気!ビーズクッションの意外な欠点とは? | MensModern[メンズモダン]

ビーズクッションの洗濯方法と洗い方!ビーズクッションに使う洗剤は何が良い?

ビーズクッションを洗いたい!けど、ビーズクッションの洗濯に使用する洗剤は何を使えばよいの?と疑問に思っている方も多いでしょう。

ビーズクッションの洗濯におすすめなのが、ウール素材やドライマークの生地、おしゃれ着などのデリケートな生地に対応している中性洗剤です。刺激の強い蛍光増白剤などの化学物質が入っていないものを使用すると良いでしょう。

クッションの生地にはデリケートな素材を使用しているものも多く存在しています。洗剤を使用する際には必ず、ビーズクッションの生地の洗濯絵表示を確認しましょう。

ビーズクッションの洗濯方法!手洗いが良いの?洗い方を教えて!

ビーズクッションの、基本的な手洗いでの洗い方をご紹介します。また、洗濯機で洗う場合の洗い方もご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

ビーズクッションの手洗い方法!【洗剤を用意する】

汚れ具合によって、洗剤を使わなくても大丈夫ですが、洗剤が必要な場合は、【ビーズクッションの洗い方!ビーズクッションに使う洗剤は何が良い?】でもご紹介したように、中性洗剤がおすすめです。

ビーズクッションの手洗い方法!【洗面台や洗面器などにぬるま湯を張る】

使う水は冷たい水でも可能ですが、より汚れ落ちを良くするためにはぬるま湯がおすすめです。洗面器や洗面台、浴槽などにぬるま湯を張ります。ぬるま湯を使う量は、ビーズクッションの大きさや個数に合わせると良いでしょう。ぬるま湯を張ったら、洗剤を入れます。

ビーズクッションの手洗い方法!【押し洗いをする】

汚れがひどい場合は、押し洗いをする前に20分から30分程度つけ置きをしておくと良いでしょう。このとき、手の甲で押すようにして洗います。手作りの手ごねパン生地をこねているイメージで行うと良いでしょう。中の汚れがなくなるまで手で押していきます。

洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れること。ビーズクッションの大きさや重量によっては浮いてきてしまう可能性があるので、浮いてくる心配がある場合は洗濯ネットにビーズクッションと一緒に重りを入れておくことをおすすめします。

ビーズクッションの手洗い方法!【すすぎ】

洗面器や洗面台に残っているぬるま湯は捨てましょう。きれいな水に変えてビーズクッションを洗剤が残らないようによく水ですすぎます。ビーズクッションから出る汚水や洗剤がなくなり、水が透明になってきたら手で押して水分を抜きます。

ビーズクッションの手洗い方法!【タオルドライ】

これもビーズクッションの大きさによってはタオルドライがおすすめです。ビーズクッションが大きいものであれば、洗濯ネットに入れて、洗濯機の脱水機能を利用しましょう。脱水をかけるときは必ず洗濯ネットに入れて下さい。

ビーズクッションの手洗い方法!【ビーズクッションを干す】

ビーズクッションのタオルドライ、または脱水が終わったら干します。干し方としては、風通しの良い陰干しがおすすめ。季節や気候、ビーズクッションの大きさにもよって、乾燥するまでに時間がかかる場合があります。晴れた日の休日を使って洗濯をするのが一番良い方法かもしれませんよね。

手洗い洗濯の正しいやり方まとめ!ニットやTシャツなどをキレイにするコツ | MensModern[メンズモダン]

ビーズクッションの洗濯後のお手入れ方法とは?

休日や仕事帰りに疲れを癒してくれるビーズクッション。洗濯はだいぶ面倒!でも、いつも清潔にしておきたいもの。ビーズクッションを洗濯する以外に普段はどんなお手入れをしておけば良いのでしょうか?

ビーズクッションのお手入れ方法!【汚れたらすぐにふき取る】

休日にダラダラとビーズクッションに寝転がりながらジュースやお菓子をぼおばっていませんか?そんな時に、うっかりビーズクッションにジュースをこぼしてしまったり、お菓子のカスなどが落ちてしまい、汚れが付着なんて言う経験がある方もいると思います。特にビーズクッションがお気に入りだったりすると、かなりショックですよね。

そんなうっかりを防ぐためにも、汚れたらすぐふき取るという習慣をつけておきましょう。汚れを放置しておくと、洗濯をしても汚れが落ちにくくなってしまうので、汚れてしまったと思ったらすぐに対処を!

ビーズクッションのお手入れ法!【ビーズクッションにカバーをかけておく】

普段はなかなかお洗濯ができないビーズクッション。汚れの付着を防ぐためには、ビーズクッションにカバーをかけておく事が鉄則です。カバーがなければ、使わないフェイスタオルなどでも良いでしょう。カバーをかけておくことで、汚れが付着したとしても、洗うのはカバーだけになるので、洗濯の手間や時間がかからないというメリットがありますよね。

ビーズクッションのお手入れ法!【ビーズの詰め替え】

ビーズクッションを長い間使っていると中に入っているビーズが劣化してくることがあります。可能であれば、中に入っているビーズの詰め替えをしましょう。ビーズを詰め替えることで、型崩れやへたりなどが抑えられ、新品のような弾力が戻ってきますよ。

ビーズクッションにいるダニを退治したい!退治方法を教えて!

ビーズクッションを普段は丸洗いしたり、きれいにしていても、どうしても発生してしまうダニ。特に雨降りが続く湿度の高い日はご用心を。ダニが発生しやすくなります。ダニの退治には丸洗いをしてしっかり干すのが一番ですが、毎日洗うのは手間や負担になってしまいますよね。

そんな時にはダニ退治シートを活用しましょう。ドラッグストアなどでお手頃な価格で手に入りますし、ビーズクッションに挟んでおくだけなので、手間がいりません。殺虫剤も使用しなくて済むので、小さいお子様やペットのいる家庭では安心して使うことができます。

季節や気象条件によって変わってきますが、効果はだいたい2か月から3か月くらいです。時期を見て取り換えるようにすると良いでしょう。

ビーズクッションの洗濯!洗い方で注意したいことは?

普段なかなかお洗濯をしようとしてもできないビーズクッション。いざ洗濯をする際に注意しておかなければならないことがあります。

洗濯機を使う際には注意を!

これまでの章でもご紹介してきましたが、ビーズクッションにはデリケートな生地や中にはたくさんのビーズが入っているため、そのまま洗濯機に入れると、生地が破けてビーズが散乱してしまいます。

ビーズクッションを洗う際には洗濯機の使用はできれば避けていただきたいものです。どうしても洗濯機を使用しなければならないなどの事情がある場合は、洗濯ネットに入れる事。強い水流を避ける事を心がけてください。

アルカリ性の洗剤は使わないで!

アルカリ性の洗剤にはたくさんの化学物質が含まれているため、デリケートな生地を使うことの多いビーズクッションにはあまりおすすめはできません。黄ばみなどの原因になってしまいますので、洗剤を使うなら中性洗剤を使用するようにしてください。

必ず洗濯絵表示を確認すること!無理に洗濯をしない!

ビーズクッションが汚れてしまい、洗濯が必要になったときには、必ず生地の洗濯絵表示を確認してください。自宅で洗えるのは手洗いマークや、洗濯マークの付いたものです。手洗いがバツの表記になっていたり、ドライマークがついているものは、無理して自宅で洗濯せずにクリーニング店に出すようにしましょう。

【まとめ】ビーズクッションの洗濯方法を知っていつも清潔に!

今回は自宅で愛用しているビーズクッションの洗濯方法をご紹介しました。普段は洗うことのできない、ビーズクッション。いざ洗うとなると手間がかかって大変ですよね。そうならないためにも、汚れの付着をなるべく防ぐという対策が必要になってきます。また、丸洗いをしていても気になるのがダニの発生です。

特に雨季にはダニ対策をしっかりと行ってくださいね。お気に入りのビーズクッションをいつも清潔にして、休日や仕事帰りの疲れを癒してくださいね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ