睡眠計のおすすめ特集!人気のリストバンド型など評判や仕組みを徹底比較

人間の生活にとって、とても重用な睡眠。そんな睡眠の質を高めてくれるのが睡眠計というアイテムなんです。そんな睡眠計の評判や仕組み、そしておすすめできるものを紹介します。卓上からリストバンドタイプまで、様々な睡眠計を紹介します。

睡眠計のおすすめ特集!人気のリストバンド型など評判や仕組みを徹底比較

目次

  1. 睡眠計のおすすめで人気なものはどれ?
  2. 睡眠計ってどういう仕組みの製品
  3. 睡眠計は置型とリストバンド型
  4. 睡眠計のリストバンド型は活動量計の役割も
  5. 置型タイプの睡眠計のおすすめは
  6. 睡眠計で睡眠の質を視覚化できる
  7. どれぐらい夜中に目覚めていたか睡眠計で分かる
  8. 睡眠時無呼吸症候群などの発見にも
  9. 睡眠計で脳卒中や心筋梗塞を防ぐ
  10. パソコンやアプリで睡眠計のデータを確認
  11. 睡眠計で眠りの傾向も分析してくれる
  12. 睡眠計とともに改善していけることがおすすめな点
  13. リストバンド型の睡眠計もおすすめ
  14. リストバンドの睡眠計でトータルサポート
  15. リストバンド型の睡眠計は機能がユニークでおすすめ
  16. 睡眠計の価格は
  17. 置型やリストバンドタイプは1万円ほど
  18. 健康的な生活の第一歩におすすめ

睡眠計のおすすめで人気なものはどれ?

人間に最も必要と言われる睡眠。睡眠を取らないでいるとストレスの原因になったり、正確な判断が出来ないようになるなど、大きな弊害があると言われています。

そんな中で、睡眠の質を高めることが重要とされています。しかし、自分の睡眠の質をどのようにして高めれば良いのか。そんな、睡眠の質を助けてくれる仕組みがあるのが睡眠計というアイテムなんです。

睡眠計ってどういう仕組みの製品

まず、睡眠計がどういう仕組で作られた製品なのかについて、説明する必要があると思います。睡眠計は、人間の睡眠の深い睡眠と浅い睡眠を調べるのが大きな目的です。

また、その睡眠が途中で目覚めてしまう状況を調べるなどして、自分が本来は知ることの出来ない睡眠の情報を調べてくれることから人気になり、評判となったのです。

睡眠計が評判となった理由に、睡眠の質を高めることができれば、多くの病気を防ぐことにつながることから評判となったんです。朝起きときに、質の高い睡眠をしっかりと取れていれば、その目覚めも随分と変わってくるんです。

睡眠計は置型とリストバンド型

睡眠計には、2つの種類があります。1つは枕元に時計のように置く、置型の睡眠計があります。もう1つが腕時計のように付けるリストバンド型の睡眠計です。

枕元に置くタイプの睡眠計の場合は、その仕組から睡眠を長時間記録して、データ化するのに適しているといえます。

シンプルに睡眠計としての役割に特化していることが人気の理由です。睡眠計として、身につけておく必要はないので、寝る時に邪魔にならない点も評判の理由です。

睡眠計のリストバンド型は活動量計の役割も

置型の睡眠計と違って、リストバンド型の睡眠計は、活動量計の役割も担っています。活動量計とはどのような仕組みになっているのでしょうか。

活動量計は、リストバンド型になっていることから、歩行器を中心とした性能があるので、消費カロリーや歩数を記録してくれる役割があるんです。

睡眠計以外の付属の機能も合わせて欲しいという人に、リストバンド型の睡眠計は人気なんです。ダイエットなどの記録としてのデータも合わせて記録したいとうひとは、リストバンド型の睡眠計が評判のようです。

置型タイプの睡眠計のおすすめは

では、実際に置型タイプの睡眠計のおすすめを紹介してみましょう。睡眠計として人気が高いのは、体重計や体温計などで有名なメーカーの、オムロンの製品が評判です。

オムロンの『HSL-101』という置型タイプの睡眠計が評判です。寝る時に布団の近くにおいて寝るだけで、自分の眠りの状態を測定してくれるという仕組みなので、とても簡単なんです。

この睡眠の記録を残す仕組みは、電波センサが睡眠計から出ていて、寝返りや胸の動きを捉えて、眠っている状態や目覚めている状態を測定するという仕組みなんです。

本体正面から胸までの距離が50センチから100センチになるように置くだけでいいので、ベット横のスペースに置くのがベストな使い方ですね。寝る前の必要なときだけ用意すればいいので、起きたら片付けて置いても問題はありません。

睡眠計で睡眠の質を視覚化できる

このような仕組みによって、自分の睡眠のデータを睡眠計で記録しましょう。寝る時に「おやすみボタン」を押して測定して、朝起きたら「起床ボタン」を押すだけなんです。

そうすると、まず大きく表示されるのは睡眠中に目覚めていた時間を除いた、睡眠時間が大きく表示されるんです。自分が昨日布団に入った時間から、実際に寝れていた時間はどれくらいの時間なのかチェックしましょう。

たっぷりと睡眠時間が確保出来てれば問題ありません。その睡眠のスタイルを維持することが、毎日の健康を守ることにつながります。しかし、布団に入ってから朝起きるまでの時間に比べて、実際に眠れていた時間が大きく少なかった場合、自分の睡眠の質は決して良いものとは言えないでしょう。

どれぐらい夜中に目覚めていたか睡眠計で分かる

同時に注目したいのは、その夜中に目覚めていた時間です。この夜中に目覚めていた時間は、何時頃にどれくらいかというのが分かります。

22時に眠りに入って7時に起きるまでの間。例えば、夜中の3時頃に起きていたら、決しておかしいものではないといえます。眠りに入って、ずーっと眠っている人ばかりではなく、物音や睡眠時間の長さで目覚めることは必ずあります。

よく考えてみれば、夜中にトイレに行くのに数分だけ起きたな、という風に思い当たる節があれば大丈夫です。しかし、寝ている間に何度も目覚めているような記憶が残っている場合は、自分の身体の問題を疑ったほうがいいかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群などの発見にも

寝ているときに、何度も目覚めるような状況は、様々な理由が考えられます。特に健康に大きな影響があると言われているのが、睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、体重が増えたことによる肥満やストレスによるものが大きいと言われています。睡眠時無呼吸症候群の無自覚の人も大きく、一緒に寝ている家族や友人から指摘されて初めて気づくという場合もあります。

睡眠計で脳卒中や心筋梗塞を防ぐ

朝と来たときに寝たはずなのに寝足りない、昼間に強い眠気を感じるなどということでも気づくことがあるようですが、そういうときに睡眠計によって、データとして睡眠時無呼吸症候群の参考になると評判なんです。

睡眠時無呼吸症候群は高血圧と関係があると言われており、脳卒中や心筋梗塞になるリスクが非常に高いとされています。そのため、睡眠計で自分の睡眠の問題を知ることが出来たという評判があって人気となっているんです。

家族がいる場合は良いですが、一人暮らしで肥満体の人の場合は、自分で睡眠の質を知るしか方法がないため、睡眠計を利用することが人気の理由なんです。その仕組から一人暮らしでも簡単に使用出来るのが人気の理由ですね。

パソコンやアプリで睡眠計のデータを確認

オムロンの睡眠計の場合、オムロンが提供している健康サポートサービスのウェルネスリンクを使って、さらに詳しく睡眠の質を確認できることが評判なんです。

身体の移動の頻度や眠りがぐっすり眠れているかどうかなどを、グラフで確認できることから評判なんです。夜中に目覚めている時間帯が分かったり、10分以上身体を動かしていないぐっすりと眠れている睡眠の時間などが確認できるんです。

また、毎日の眠りをデータで確認できるため、自分がいつ寝て起きたかという、基本的な睡眠のタイムスケジュールを確認することも出来ます。「昨日はちょっと夜更かしして、眠り始める時間が遅かったな」といった、自分の生活習慣の改善にも繋がることが評判の理由です。

眠れない時に寝る方法!驚くほどアッという間に寝れちゃうアレとは? | MensModern[メンズモダン]

睡眠計で眠りの傾向も分析してくれる

他にも、2週間の眠りのデータが集まると、その眠りの傾向を分析してくれるというサービスがオムロンにはあります。ウェルネスリンクのこういったサービスは非常にユーザーから人気です。

測定した日にちの量が増えてくると、ねむりの傾向を分析して、その課題も知らせてくれます。睡眠時間をしっかりと確保出来ているか、夜中の目覚めが多すぎることはないかなど、いくつかの項目に合わせて、その睡眠の質を評価してくれるという仕組みになっています。

仕事で眠い時の解消法と対処法!今から出来る眠気覚ましの効果的な方法 | MensModern[メンズモダン]

睡眠計とともに改善していけることがおすすめな点

また、その睡眠の質を改善するための方法をアドバイスしてくれることで、どのように改善していけばいいのかが、チェックリストとして出て来るという仕組みになっています。

改善ポイントが分かるというのはとてもおすすめできる点で、出来そうな項目を自分で選んでチャレンジしていくというのが、ユニークでおすすめなポイントなんです。

そして、またその結果がレポートで出るとうい仕組みになっているので、とても改善しやすいのがオムロンの睡眠計をおすすめできる点です。

仮眠で一気にリフレッシュ!効果的な方法で疲れをとりたい! | MensModern[メンズモダン]

リストバンド型の睡眠計もおすすめ

リストバンド型の睡眠計は、睡眠計という名前よりも活動量計などの名前で販売されていることが多いようです。携帯会社の大手であるドコモもリストバンド型の睡眠計を販売しています。

こちらのリストバンド型のドコモのものも「わたしムーヴ」とうアプリを利用することで、データを管理することが出来ます。

このリストバンドをおすすめするポイントは、ダイエットの強いパートナーとなってくれることです。歩数計としての機能から、消費カロリーや活動時間、移動距離などが表示されます。

また、睡眠時間も記録することが出来て、オムロンのウェルネスリンク系の体重計と合わせて使うことで、体重の記録や、体脂肪・骨格筋率なども一緒にチェックすることが出来るんです。

活動量計のおすすめブランドランキング!人気のリストバンド型など紹介 | MensModern[メンズモダン]

リストバンドの睡眠計でトータルサポート

ドコモのムーヴバンド以外のリストバンドは、Fitbitの活動量計がおすすめですね。ドコモのムーヴバンドは、心拍数を記録する機能は無いため、より正確なデータを求めたい場合におすすめできるリストバンド型です。

ほかにもGARMINのようなリストバンド型の物もおすすめです。睡眠計としての役割はもちろん、水泳でも使えるように防水50mにも対応しています。スポーツクラブなどに通うような人には、リストバンド型の睡眠計がおすすめだといえます。

スマートウォッチのアプリおすすめランキング!【アンドロイド】 | MensModern[メンズモダン]

リストバンド型の睡眠計は機能がユニークでおすすめ

睡眠の質を確認しながら、日々の活動の質も高めていくという相互関係がとてもおすすめできる点です。GARMINのリストバンドタイプでは、デスクワークでじっとしていると、動きが少ないことを知らせてくれる通知も出るのがユニークですね。

リストバンド型のユニークな機能は、スマホの通知と連携させることが出来る点も注目です。電話を通知してくれたり、リストバンド型のタイプによってはSNS系の通知も知らせてくれるものがあるようです。

スマートウォッチ・iPhone対応のおすすめランキング!人気商品を比較 | MensModern[メンズモダン]

睡眠計の価格は

睡眠計の人気がわかったところで、実際にその価格はどの程度のものなのでしょうか。例えば、オムロンのねむり時間計のような、非常にシンプルな睡眠計は2000円ほどで購入することが出来ます。

コンパクトでも省スペースな点が人気ですね。価格も安く、睡眠計というものがどういう仕組みの製品か、というのを学ぶのに良い製品だと思います。このような安価な睡眠計を試してから、置型タイプの睡眠計やリストバンド型の睡眠計を選んでも問題ないと思います。

筋トレも睡眠が大事?身長と一緒で睡眠・休息をしっかり取りたい理由は? | MensModern[メンズモダン]

置型やリストバンドタイプは1万円ほど

置型タイプの睡眠計やリストバンド型の睡眠計は、大体1万円ぐらいからの価格となっています。リストバンド型ではもっと安いものもありますが、リストバンド型にもとめている活動量計としての、正確なデータの測定が出来ないという意見が多いようです。

複数の活動計をつけて、そのデータの測定の正確さを調べる人も多く、安価なリストバンド型では、歩数計としての機能すら正確ではないという意見も多いようです。身体のことを考えて、1万円クラスの正確さの高いリストバンド型がおすすめできるといえます。

筋トレは寝る前にすると効果的?メリット・デメリットや睡眠への影響まとめ | MensModern[メンズモダン]

健康的な生活の第一歩におすすめ

睡眠系や活動量計は、健康的な生活を送るための第一歩です。特にリストバンド型はおしゃれなデザインも多く、時計とは違ってかなり軽めに作られているものが多いんです。

それはウォーキングなどのスポーツで邪魔にならないこと、睡眠計として眠りの妨げにならないようにする、という意味合いが強いからです。時計以上にずっと付けていることが基本となっているので、リストバンド型は非常に軽量なのが嬉しいですね。

今まで、たくさん寝ても、何故か眠り足りないような感じになるという人、昼間に眠いという人に睡眠計はおすすめしたい商品です。

自分が寝ている間にどのような時間を過ごしているか。そんな普通ではしれないことを、データとして記録してくれると言うのは、非常に重要になります。短い睡眠時間でも、質の高い睡眠を確保できていれば、元気に生活することも出来ます。

睡眠計を使って、自分の睡眠の質の改善に取り組みましょう。いままでの健康的な不安を解消することが出来るかもしれません。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ