年代によっては自転車と言えばマウンテンバイクと答える人が多いかと思います。ただオフロード用のマウンテンバイクは街乗りに向いているのでしょうか。ここではマウンテンバイクは街乗りにおすすめ出来るのか今流行りのクロスバイクと比較して紹介します。

マウンテンバイクは街乗りにおすすめ?クロスバイクとどちらが人気?

目次

  1. 1990年代はマウンテンバイクの街乗りが人気
  2. マウンテンバイクの特徴とは
  3. 本来は街乗りに向かないマウンテンバイク
  4. 人気が高くなってきた街乗りクロスバイク
  5. クロスバイクとは
  6. 街乗り用に変わってきたマウンテンバイク
  7. マウンテンバイクを街乗り用にカスタマイズ
  8. 街乗りマウンテンバイクには空気圧が大事
  9. お店選びが街乗りマウンテンバイクに付きもの
  10. マウンテンバイクは街乗りにおすすめ?のまとめ

1990年代はマウンテンバイクの街乗りが人気

マウンテンバイクと言えば1990年代に子供たちだけではなく大人も街乗りに使うほど高い人気があった自転車です。マウンテンバイクの人気が高くなるまでは自転車と言えばママチャリの様なシティサイクルや前傾姿勢で乗る様なロードバイクが一般的でした。

1990年代になるとマウンテンバイクの自転車レースが多く開催される様になり日本でも人気を得る様になります。何と言っても今までに見たことが無い形で異様なほどに太いタイヤが子供だけでなく大人もマウンテンバイクの魅力に取りつかせた要因と言えます。

今でも根強い人気があるマウンテンバイクという事もあり通勤や趣味で乗り続けている人も多くいます。次からはマウンテンバイクの特徴や街乗りにおすすめ出来る自転車なのか紹介していきます。

自転車のロードバイクの選び方!初心者におすすめのメーカーは? | MensModern[メンズモダン]

マウンテンバイクの特徴とは

まずマウンテンバイクの特徴ですがやはりその深い溝がある太いタイヤにあるでしょう。マウンテンバイクの人気が高まるまでは自転車のタイヤと言えば細目なのが一般的でした。またマウンテンバイクはオフロードレースでの使用を目的とした自転車なので耐久性が高い事も特徴になります。

特に段差などを走って楽しむ事が多くなる子供の乗る自転車としてマウンテンバイクはぴったりです。当時マウンテンバイクを買ってもらった子供はオフロードレースに憧れてか砂利道や山道などを走る姿が多く見られました。

また路面からの衝撃を吸収性能が高いのもマウンテンバイクです。もちろん価格で衝撃吸収の性能は変わってきますが多少の凸凹道では気にする事無く走る事が出来ます。趣味で色々な場所に自転車で行く人にはおすすめというわけです。

自転車の鍵でおすすめ・最強はどれ?種類や選ぶポイントについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

本来は街乗りに向かないマウンテンバイク

マウンテンバイクはとても乗りやすい自転車ではありますが本来は街乗りには向いていません。マウンテンバイクが街乗りに向いていない理由とはまずタイヤにあります。マウンテンバイクのタイヤは溝が深く太めですがその分舗装された路面では抵抗が高くなりスピードが出ずらくなります。

もちろんレースをするわけではないのでスピードは必要ないのですが長い距離を走る場合は路面との抵抗は疲れにつながります。次にマウンテンバイクは耐久性を上げる為にフレームが重くなる傾向にあります。またタイヤもシティサイクルなどと比べても思うくなっています。

街乗りに向いている自転車はフレームが軽くスピードを出しやすいタイヤであるのです。つまりマウンテンバイクは特徴から考えると街乗りに向いていない自転車となるわけです。

自転車のブレーキ音がうるさい時の対処法!原因と修理方法まとめ | MensModern[メンズモダン]

人気が高くなってきた街乗りクロスバイク

マウンテンバイクの特徴と街乗りについて紹介しましたが街中ではマウンテンバイクタイプの自転車で軽快に走っている人を見かけます。街乗りに向かない自転車ながらマウンテンバイクタイプの自転車がいまだに乗り続けられているのには理由があります。

街乗りされているマウンテンバイクタイプの自転車のタイヤに注目して下さい。ほとんどの自転車で想像に反してとても細いタイヤなはずです。この自転車はクロスバイクと呼ばれ最近の自転車の流行となっています。見た目はマウンテンバイクとそっくりですがタイヤが違う事で走りに違いが出てきます。

自転車のクロスバイクとは?初心者に人気の安い・おすすめメーカー紹介 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクとは

最近では街乗り自転車と言えばクロスバイクになっていますがフレームなどの形はマウンテンバイクそっくりですが特徴としてはマウンテンバイクの良いところはそのままに悪い面を改善した特徴と言えます。良い面は耐久性や衝撃吸収性で悪い面はタイヤによる走行性と重さです。

クロスバイクとは耐久性と衝撃吸収性のあるマウンテンバイクのフレームにシティサイクルの様な舗装路面を走るのに適したタイヤを取り付けた自転車です。つまり簡単に言うとシティサイクルのタイヤをつけたマウンテンバイクという事になります。街乗りとなればほとんどの道が舗装されているのでクロスバイクがおすすめなのです。

ただクロスバイクは価格によってフレームが少し細目になっている自転車もあります。街乗りでは問題がない程度ですが砂利道や山道などではフレームの耐久性が足りない可能性もあるので注意して下さい。

街乗り用に変わってきたマウンテンバイク

街乗りではクロスバイクがおすすめではありますが最近のマウンテンバイクは街乗り向けになった自転車も多く登場しています。特に変化が見られるのはタイヤの大きさです。マウンテンバイクのタイヤは舗装路面ではスピードを出しづらいですがタイヤが大きくなる事でスピードを出しやすくしています。

また通勤などで自転車を使っている人の中で急な雨に合う人は多いのではないでしょうか。クロスバイクなどに装備されている「Vブレーキ」では雨の日の制動性が落ちてしまいますが最近のマウンテンバイクは自動車に使われている「ディスクブレーキ」を装備している様になりました。

マウンテンバイクの持つ耐久性や衝撃吸収性とタイヤの太さはそのままに走行性を制動性を高めてきたのが今のマウンテンバイクと言えるので街乗りでもおすすめ出来る自転車になりました。

マウンテンバイクを街乗り用にカスタマイズ

街乗り向きのマウンテンバイクが登場してきたとはいえあの太いタイヤで街乗りすると今現在では珍しく少し目立ってしまいます。そこでマウンテンバイクのタイヤをクロスバイクの様に細いタイヤに交換してみましょう。

クロスバイクはもともとマウンテンバイクのフレームに細いタイヤを取り付けて出来上がった自転車なので購入したマウンテンバイクのタイヤをクロスバイク風にするのも可能という事です。そしてマウンテンバイクの重さの原因の1つであるタイヤを変える事でより軽快に走らせる事が出来ます。

自転車のタイヤ交換のやり方は?必要な工具・自分でやる方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

街乗りマウンテンバイクには空気圧が大事

マウンテンバイクだけではなく自転車全般に言える事ですが街乗りにはタイヤの空気圧も大事です。自動車のタイヤには適切な空気圧が決められていますが自転車のタイヤにも適切な空気圧があります。特に自転車のタイヤの空気圧はパンクの可能性にもつながるので大事です。

タイヤの空気圧はマウンテンバイクやクロスバイク、シティサイクルなどの自転車の種類ではなくタイヤごとに決められています。またタイヤの空気圧の確認は少なくても週1度程度の確認をおすすめします。

タイヤへの空気の入り方は乗り心地に関係してきます。何度か乗ってみて空気圧の適正範囲内で調整してみて乗り心地の良い空気圧を探してみて下さい。

お店選びが街乗りマウンテンバイクに付きもの

マウンテンバイクについて紹介しましたが最後に必要な事はしっかりとしたお店から自転車を買う事です。今ではホームセンターなどで気軽に自転車を購入する事は出来ますがメンテナンスなどを考えると自転車専門店での購入をおすすめします。

特にディスクブレーキを装備している最近のマウンテンバイクを購入する場合やマウンテンバイクのタイヤを交換する場合などホームセンターでは対応してくれない可能性もあるので専門店を選ぶ必要があります。

また専門店で自転車を購入すると定期的なメンテナンスを受けてくれます。お店によってはメンテナンス代金が割引してくれたりする事もありますし仲良くなれば安くパーツを購入出来るかもしれません。

マウンテンバイクは街乗りにおすすめ?のまとめ

マウンテンバイクは街乗りにおすすめなのかについて紹介しましたがクロスバイクが登場した事を考えると街乗りでの人気はマウンテンバイクよりもクロスバイクと言えます。ただ自転車は好みによるのでマウンテンバイクを街乗りにするのは良いでしょう。

昔購入したマウンテンバイクをメンテナンスして街乗りに使う場合は自転車専門店に持ち込んでタイヤなどの状態を見てもらいましょう。また持ち込んだ時にタイヤを交換するのも良い方法です。それではここで紹介した情報を参考に街乗りを楽しんで下さい。


評価 3.8/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ