みなさんは短焦点プロジェクターをご存知ですか。短焦点プロジェクターとはその名の通り、短い距離で投射できるプロジェクターになります。今回はそんな短焦点プロジェクターでおすすめの製品についての特集になります。大迫力なプロジェクターもありますので参考にして下さい。

短焦点プロジェクター徹底比較!大迫力で使えるおすすめ製品は?

目次

  1. 短焦点プロジェクターとは
  2. 大迫力の短焦点プロジェクターの選び方①
  3. 大迫力の短焦点プロジェクターの選び方②
  4. 大迫力の短焦点プロジェクターの選び方③
  5. 大迫力の短焦点プロジェクターの選び方④
  6. 便利に使える短焦点プロジェクター比較①
  7. 便利に使える短焦点プロジェクター比較②
  8. 便利に使える短焦点プロジェクター比較③
  9. 便利に使える短焦点プロジェクター比較④
  10. 短焦点プロジェクター徹底まとめ!

短焦点プロジェクターとは

みなさんは短焦点プロジェクターをご存知ですか。短焦点プロジェクターとはその名の通り、短い距離で投射できるプロジェクターになります。本来プロジェクターとは、スクリーンとの距離がないと投射してもうまく映らないのが特徴でした。

それゆえ、プロジェクターを設置する場所はある程度広い室内でないといけませんし、場所を取るというのが唯一の弱点だったわけです。しかし、短焦点プロジェクターは短い距離で投射できるために場所をとらないというメリットがあります。つまりプロジェクターの業界に革命を起こしたわけです。

今回はそんな短焦点プロジェクターの選び方とおすすめの短焦点プロジェクターをご紹介致します。ぜひ、みなさんも短焦点プロジェクターの魅力にはまってみて下さい。プライベートやオフィスで大活躍する短焦点プロジェクターが目白押しのはずです。では早速短焦点プロジェクターの選び方から見ていきましょう。

大迫力の短焦点プロジェクターの選び方①

短焦点プロジェクターを用途別で選ぶ

ではここからは、大迫力の短焦点プロジェクターのおすすめの選び方をご紹介していきます。まず最初の選び方ですが「用途別で選ぶ」ということになります。主に、短焦点プロジェクターは「ビジネス用」と「ホームシアター用」の2種類の使える製品があります。

もちろん製品によってはどちらも使えるおすすめの短焦点プロジェクターもありますが、この2種類の用途があると覚えてみて下さい。短焦点プロジェクターは、自分が使う用途がどちらに重きを置くのかで決めると良いです。ビジネス用の短焦点プロジェクター製品をお探しの方は、輝度は3000ルーメン以上でインターフェイスが充実している製品がおすすめになります。

会議等では場合によっては明るい場所で使える状況を想定するため、プレゼンによってはインターフェイスが変わりやすいためです。その一方でホームシアター用の短焦点プロジェクター製品をお探しの方は、解像度が1920×1080ドット以上のきれいな映像が映る製品が断然おすすめできます。ぜひ参考にしてみて下さい。

プロジェクターの選び方まとめ!簡単に分かるコツ・失敗しない商品は? | MensModern[メンズモダン]
プロジェクターのおすすめランキング!モバイルや価格別・用途別に調査 | MensModern[メンズモダン]

大迫力の短焦点プロジェクターの選び方②

短焦点プロジェクターをパネル別で選ぶ

続いての大迫力の短焦点プロジェクターのおすすめの選び方ですが「パネル別で選ぶ」ということになります。主に、単焦点プロジェクターに搭載されているパネルには「液晶パネル」「DLPパネル」「LCOSパネル」の3種類のタイプがあります。

それぞれの特徴としては、液晶パネルについては、価格が安いものが多く、しかも輝き度合が高いので会議やプレゼンなどのビジネスユースにおすすめできるタイプになります。そして、DLPパネルについては、コントラストが高いので、より映像を楽しみたい方、つまり「映画」や「ゲーム」などを楽しむのにおすすめできます。

また、このタイプは他のパネルよりも軽量で小型化しやすいという特徴を備えているので、モバイル用で使用するのもありなプロジェクターになります。そして、とにかくきれいな映像を楽しみたい方は、解像度やコントラスト比に優れたLCOSパネルが有効になります。ただし、価格が高いという側面があるために万人におすすめできるタイプではないのが現状です。

プロジェクターの小型・モバイルおすすめまとめ!価格など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]
ポータブルプロジェクター人気のおすすめ15選!小型・軽量タイプ紹介 | MensModern[メンズモダン]

大迫力の短焦点プロジェクターの選び方③

単焦点プロジェクターをメーカーで選ぶ

続いての大迫力の短焦点プロジェクターのおすすめの選び方ですが「メーカーで選ぶ」ということになります。単焦点プロジェクターを選ぶ際はこのメーカー選びも非常に重要になるのですね。大迫力な映像を楽しみたい方はメーカーも気にしてみて下さい。もし、ビジネス関連でプロジェクターを選ぶなら世界シェアナンバーワンのエプソンがおすすめになります。

そして、きれいな映像で映画やゲームを楽しみたい方は、高画質に定評のあるソニーをおすすめしますし、コストパフォーマンスを重視するのであればBenQがよろしいのではないでしょうか。メーカーごとにそれぞれ特徴があるので、購入する際はよく商品レビューを参考にしたり、家電量販店の店員さんに聞いてみると良いでしょう。しっかりとチェックしてみて下さい。

大迫力の短焦点プロジェクターの選び方④

単焦点プロジェクターを便利な機能で選ぶ

続いての大迫力の短焦点プロジェクターのおすすめの選び方ですが「便利な機能で選ぶ」ということになります。今特に人気の便利に使える短焦点プロジェクターの特徴としては「スマホやタブレットなどからワイヤレスで映像や写真を投影できる」などや、スピーカーもワイヤレス化できるBluetooth付きの製品もあります。

その他には、オプションのメガネをつけることで、気軽に3D映像を楽しむことができます。本当に様々な短焦点プロジャクターがあるので、購入の際はよく吟味をして選んでみて下さい。

なおプロジェクターは、動作音が意外に大きいため、ホームシアター用途で使う方は、動作音が静かなものを選ぶようにしましょう。このように短焦点プロジェクターを使用する際は、これらの点を考慮して選ぶと、よりあなたに合ったモデルを購入できるでしょう。

便利に使える短焦点プロジェクター比較①

ソニー(SONY)・ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1

ここからは便利に使用できる短焦点プロジェクターを徹底比較をしていきます。まず最初にご紹介する短焦点プロジェクターとは「ソニー(SONY)・ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1」になります。こちらのプロジェクターの特徴は、独特配置の投射窓と独自開発の超小型レンズにより、壁際に置いても便利に使用することができます。

壁際設置でも22インチ画面を映し出すことができるので、最大で80インチの大画面投射が可能になります。また投射方向を変えて、机などに投射できるのもポイントになります。鮮やかな映像を映し出すことに定評がある「LCOS」を採用しております。

一般的にはLCOSを搭載しているプロジェクターは高価になる傾向にありますが、このモデルについては価格が10万円以下に抑えているので、コストパフォーマンスに優れてモデルになります。

便利に使える短焦点プロジェクター比較②

オプトマ(Optoma)・超短焦点DLPプロジェクターEH320UST

続いての便利に使える短焦点プロジェクターの徹底比較ですが「オプトマ(Optoma)・超短焦点DLPプロジェクターEH320UST」になります。こちらのプロジェクターの特徴は、フルハイビジョン解像度と3Dに対応したプロジェクターになります。4000lmという高輝度仕様になっており、会議室や明るいリビングでも使用することができます。

投射距離は非常に短く設定できて、最短でも19mもあれば映像として成立するので、スペースが広くないオフィスでも使用することができます。価格はAmazon価格で、192,800円になっております。ぜひご検討の際は、参考にしてみて下さい。

便利に使える短焦点プロジェクター比較③

LG・LED超短焦点プロジェクターPF1000UG

続いての便利に使えるおすすめの短焦点プロジェクターの比較ですが「LG・LED超短焦点プロジェクターPF1000UG」になります。こちらのプロジェクターの特徴は、何とプロジェクターの設置距離が10cm〜40cmでOKな超短焦点プロジェクターになっております。わずか38cmの距離で約100インチの大画面を映し出すことができます。

プロジェクターランプにはLEDを採用していて、約30,000時間もの長時間を実現しております。またフルハイビジョン画質の映像をさらにメリハリある映像に仕上げています。

超短距離の性能を活かして、限られた空間しかない人でも大画面を楽しみたい方にはぴったりの短焦点プロジェクターになっております。価格はAmazon価格で、120,852円になっております。ぜひご検討下さい。

便利に使える短焦点プロジェクター比較④

ベンキュー(BenQ)・DLPプロジェクターTH682ST

続いての便利に使える短焦点プロジェクターの徹底比較ですが「ベンキュー(BenQ)・DLPプロジェクターTH682ST」になります。こちらのプロジェクターの特徴ですが、フルハイビジョン対応のリーズナブルな製品になります。価格が10万円以下であるにも関わらずフルハイビジョンと3Dに対応しており、すごく性能とコストパフォーマンスに優れたモデルになっております。

またそれ以外の特徴として、3000lmの高輝度と10,000;1の高コントラスト比で明るい室内でも、リアルな映像を楽しむことができます。質量2.8kgという軽量ボディになります。ぜひリーズナブルな価格ですので、ご検討下さい。

短焦点プロジェクター徹底まとめ!

短焦点プロジェクターは、短い距離で投射できる非常に便利なプロジェクターになります。もし室内に制限がある方や、3D映像やコントラストを楽しみたい方など、幅広いニーズを満たしてくれます。

ビジネスにホームシアター用に今後プロジェクターを購入予定の方は、ぜひご検討下さい。きっとあなたに合う短焦点プロジェクターが見つかるはずです。


評価 3.6/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ