ハロウィン発祥の国はどこ?ケルトの歴史や日本で流行の理由を調査

今では日本でもおなじみのイベントとなったハロウィン。しかし日本ではまだ歴史が浅く、発祥地やハロウィンの歴史や、どうして日本で流行り出したのかを殆どの方が知らないのではないでしょうか。今回はハロウィンの発祥の国やどんな歴史があったのかをまとめてみました。

ハロウィン発祥の国はどこ?ケルトの歴史や日本で流行の理由を調査

目次

  1. ハロウィンってどんなイベント?
  2. ハロウィンの発祥の国はどこ?
  3. ハロウィンの発祥地ケルト人のハロウィンの過ごし方とは?
  4. ハロウィンのカボチャの発祥は?どうしてカボチャが飾られるの?
  5. ハロウィンで仮装する理由は何?仮装の発祥は?
  6. Trick or treat!の発祥と広まった理由や由来は?
  7. ハロウィンが日本に上陸したのはいつ?流行のきっかけは?
  8. ハロウィンの仮装のおすすめって?
  9. 日本でのハロウィン仮装やイベントのマナーを守ろう!
  10. 【まとめ】ハロウィンの正しい歴史と発祥を知って10月31日を楽しもう!

ハロウィンってどんなイベント?

今では日本では、仮装などですっかりおなじみになったハロウィン。仮装したり、お菓子をもらったりした方も多いと思いますが、そもそもハロウィンって、どんなイベントなのか、発祥の国や歴史など奥深い由来を正確に知る人は少ないのではないでしょうか。

元々は古代ケルト人が起源とするこのお祭りは元々、秋の収穫を祝うとともに悪霊を追い払う行事として行われてきたお祭りで、アメリカ合衆国で定着している行事です。お化けに仮装して子供たちがお菓子をもらう風習があります。

ハロウィンの発祥の国はどこ?

そんなハロウィンが現在では、アメリカ合衆国では定着したお祭りですが、定着しているお祭りだけに発祥の国がアメリカ合衆国だと思っている方が多いのではないでしょうか。

実はハロウィンの発祥の国はアイルランドとされていたり、古代ヨーロッパの広域に住んでいたとされていて、その詳細ははっきりしません。ケルト民族の伝統的なお祭りなのです。冒頭でも説明しましたが、この国のケルト人が秋の収穫のお祝いと悪霊を追い払う行事を行ってきたのがハロウィンの始まりと言われています。

ハロウィンの発祥地ケルト人のハロウィンの過ごし方とは?

歴史は2000年以上前にさかのぼります。実はケルト人にとっての1年間は11月1日から10月31日までと割り振っていました。つまりケルト人にとって、10月31日は日本でいう大晦日。ケルト民族の間ではこの日に死者の霊が帰ってくると信じられていました。

ケルト人にとって1年の終わりである、10月31日に日中は秋の収穫祭、夜は悪霊を追い払う行事を行っていました。死者の霊だけでなく、悪霊や悪魔、魔女も一緒に出てくる日とされてて、街には幽霊だらけになります。

この幽霊達の災いから身を守るためにケルト人は仮面をかぶったりして幽霊たちをもてなしたそうです。そして魔除けの火を焚いて過ごしていたと言われています。のちに、キリスト教徒での聖者の祭と、ケルト民族のお祭りである幽鬼祭と混同され現在のハロウィンとして存在しています。

ハロウィンのカボチャの発祥は?どうしてカボチャが飾られるの?

ハロウィンのかぼちゃの発祥はアメリカ合衆国だった!その理由は?

ハロウィンと言えば真っ先に思い浮かべるのがかぼちゃでできたお化けのランタンが有名ですよね。しかし、どうして、ハロウィンにかぼちゃが使われているのかの、正しい理由を知っている人は少ないのではないでしょうか。

かつてのケルト人は10月31日になると、悪霊を追い払うための策としてランタンに火をを模していたのですが、使われていたのは、カブだったそうです。

しかし、ヨーロッパからアメリカに移民した人々は、当時たくさん収穫されていたカボチャを使ったと言われています。日本で広まったハロウィンも、アメリカで生まれたカボチャを使ったランタンが多く使用されていますよね。

ハロウィンのかぼちゃの発祥説!【ジャック・オ・ランタン】の伝説って何?

ハロウィンとは。ケルト民族で行われていた「幽鬼祭」とかぼちゃのランタンとして伝説になっている「ジャック・オ・ランタン」というものがあります。そもそもジャック・オ・ランタンって何なのかわからない!と思われている方も多いでしょう。

その昔、ジャックというダメ男がいたそうです。とあるハロウィンの夜に魂を取りに来た悪魔をうまくだまし、10年は魂を取らないと約束させました。そして、10年後、またしてもジャックは悪魔をだまし、今度は永遠に魂を取らないと約束させました。

やがてジャックはこの世を去りましたが、生前の行いが悪くて天国に行けませんでした。しかし、永遠に魂を取らないと約束した悪魔に遭遇、行った地獄すら入れてもらえなかったのです。

天国にも地獄にも行けないジャックは落ちていたカブをくりぬいて、悪魔に頼んで、火をともしてもらい、ひたすらさまよったという伝説があります。この伝説がアメリカにわたると、火をともしたのがカブではなく、カボチャになったと言われています。

ハロウィンリースの作り方!100均・折り紙で簡単おしゃれに手作り | MensModern[メンズモダン]

ハロウィンで仮装する理由は何?仮装の発祥は?

ケルト民族にとって1年の終わりである10月31日に悪魔の除霊として、仮面をかぶったりして悪霊から守られてきたことは、「ハロウィンの発祥地ケルト人のハロウィンの過ごし方とは?」でご紹介しました。では、悪霊を払う対策として、なぜケルト人は仮面をかぶったり仮装をするという対策を選んだのでしょう。

その理由は悪霊のほかに、悪魔や魔女、ゾンビやコウモリなどでいっぱい10月31日の夜、ケルト人たちは自身が人間だと気づかれないために、仮装をしたと言われています。

また、仮装することによって、魔除けとしても有効で邪悪な魔物たちを追い払ったともいわれています。魔物たちに仲間だと思わせ、自分の身を守っていたんですね。

現在のハロウィンの仮装と言えば、アメリカ式が発祥とされ、日本でも10月31日には、仮装する若者で渋谷が占拠されていることが話題になっていますね。

ハロウィングッズのおすすめは?仮装・コスプレ衣装などはセリアが人気? | MensModern[メンズモダン]

Trick or treat!の発祥と広まった理由や由来は?

ハロウィンと言えば、子供たちが仮装し、お菓子を求めて「Trick or treat!」この言葉をかけていくのは有名ですよね。訳すと「お菓子をくれないといたずらしちゃうよ」ですが、ハロウィンになぜ子供たちが「Trick or treat!」と大人に声をかけてお菓子をもらうようになったのでしょうか。

その理由として、ケルト民族は年の初めである11月1日の聖人の日にあります。この日は死者の魂が天国に導かれるような儀式があります。その時に食べられていたのがソウルケーキでした。仮装をした子供たちが、各家庭をまわりこのソウルケーキを貰いまわったと言われています。

現在、アメリカではハロウィンに子供たちがお菓子をもらう風習は日本でいう、バレンタインのようなものだと言われています。ところで、お菓子をもらうのになぜ「Trick or treat!」だかご存知でしょうか?

Trickの元々の意味はいたずらの意味がありますが、Treatは直訳すると、ごちそうやいいものを指し、お菓子を意味していませんよね。

子供たちが「Trick or treat!」と言って、各家庭にお菓子をもらうその理由は、子供たちにとって、たくさんのお菓子がごちそうだと言われている所以にあります。毎年10月31日は子供たちにとって、たくさんお菓子が食べられる楽しみな1日なのかもしれませんね。

ハロウィンが日本に上陸したのはいつ?流行のきっかけは?

ハロウィンの日本上陸は1970年代に、原宿のキディランドが企業戦略としてハロウィングッズの販売開始したことが最初と言われています。販売促進のため、1983年に仮装した若者が表参道をパレードするようになりました。

日本でハロウィンが知名度を上げたのは1997年、東京ディズニーランドでイベントを開始してからと言われています。2002年にはユニバーサルスタジオジャパンでもイベントを開始。日本でハロウィンが広く知られるようになったきっかけは、あの2大テーマパークだったのですね。

ハロウィンの仮装のおすすめって?

日本でもハロウィンが定着し、10月31日ともなると、街中はハロウィン1色になって仮装したりパーティをしたりという光景が定着しつつありますよね。今年も仮装行列に参加してみたり、ハロウィンパーティーに参加する予定なんて言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、仮装したいけども、どういう風に仮装してよいかわからないという初心者の方も多いと思います。こちらでは、初心者の方でも簡単に、でも本格的な仮装のおすすめをご紹介します。

ハロウィンで仮装がしたい!コスプレの選び方を教えて!

ハロウィンには欠かせない魔物達の魔除け。魔物と言えば、ゾンビや悪魔、コウモリやドラキュラ、死神など様々。自分がどの役になりたいか、どんなコスプレのコーデを描くかが重要です。怖さを出したい!怖さを抑えてカッコよさを出したい!ユーモアを出したい!など、人によっていろいろあると思います。

コスプレをコーデするにあたっては、デザインもそうですが、どんなカラーを基調にするかも重要になってきますよね。ハロウィンカラーで定着している、黒、紫、オレンジ色ですが、仮装するものによってもカラーが変わってきます。

自分のなりたいイメージを膨らませて、スケッチしてみても良いでしょう。また、ネットで調べてみるのも良し。自分に合った仮装コーデを是非見つけてください。

ハロウィンの仮装がしたい!おすすめの販売店を教えて!

待ちに待ったハロウィン。仮装するためのコスプレやグッズを揃えたい!という方も多いと思います。グッズを大きく取り扱っている販売店、店頭でのおすすめは東急ハンズ。

ハロウィンのグッズを幅広く扱っており、コスプレの種類や、メイク道具なども数多く取り扱っています。ネットでのおすすめはAmazon。ベビー用のコスプレから大人用まで、豊富な種類を取り揃えているので、気になる方はチェックしてみてください。

ハロウィンのおばけの種類・仮装まとめ!キャラクターの名前や衣装も紹介 | MensModern[メンズモダン]

日本でのハロウィン仮装やイベントのマナーを守ろう!

日本ではこの20年でハロウィンというイベントが一気に広がり、10月31日に新たな記念の日が出来て、町中がにぎやかになります。

しかし、この数年ハロウィンでのイベントで盛り上がる一方で、トラブルや問題になっているケースがあることでも話題になっています。皆さんが気持ちよく楽しむために、守ってもらいたいマナーをいくつかご紹介します。

スマホ画像に納めるのは許可をもらって!SNS投稿マナーとは?

イベントごとになると、必ずすることは記念として画像に納めるのではないでしょうか。画像に納めて思い出としてそのまま保存しておくのであれば、問題はありませんが、注意していただきたいのはそれをSNSに投稿することです。

仮に撮影が許可されても、勝手にSNSへの投稿をすることは、トラブルを招く原因になります。SNSへの投稿はそのイベント主催者などに許可をもらう必要があるということを念じておきましょう。

特定される職業の仮装は避けて!

特定される代表的な職業として、警察官や、消防士などの公務員の制服が挙げられます。リアルな制服での仮装は誤解を招きかねないので、絶対にやめましょう。

本物の武器の持ち歩きは危険!

拳銃は日本では本物を扱うお店は殆どありませんが、中には仮装してリアルな刃物を持ち歩くという方もいるようです。たとえ、切れないように加工していても、周囲にけがをさせてしまう可能性は高いのです。本物の刃物決して持ち歩かないように。

街中にゴミを捨てないで!

マナー違反の中でも、一番問題になっているハロウィンのイベント後の街に残された「ゴミの山」。翌日にはボランティアの方たちが、必死に片付けるようになったのも話題になっていますよね。当たり前の話ですが、自分で出したゴミは最後まで責任をもって持ち帰ること。これがマナーではないでしょうか。

【まとめ】ハロウィンの正しい歴史と発祥を知って10月31日を楽しもう!

今回は、知られざるハロウィンの発祥や歴史、日本での流行のきっかけをご紹介しました。日本では定着して20年余りとまだ、日本では歴史の浅いハロウィン。しかし、今やバレンタインや、クリスマスと並ぶ3大イベントの1つとして、ハロウィンが挙げられるようになり、9月を過ぎると、すでにハロウィン一色になりますよね。

そんなハロウィンがアメリカではなく、ヨーロッパの広域に住むケルト民族が起源であることは、意外だったという方も多いのではないでしょうか。そんな歴史を追っていきながら今年のハロウィンは、悪霊を追い払う魔除けをしつつも、楽しい仮装パーティを開いてみてはいかがでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ