AirPodsの音質について調査!音漏れや遮音を防ぐ方法まとめ

AirPodsの音質について、ネット上でも様々な声が広がっているようです。AirPodsは、Bluetooth機能もありワイヤレスで、仕事中にBGMを楽しむのにも便利と言われています。そんなAirPodsの音質について、ご紹介していきます。

AirPodsの音質について調査!音漏れや遮音を防ぐ方法まとめ

目次

  1. 話題のイヤホンAirPodsの音質に注目!
  2. AirPodsの音質チェック前に初期設定
  3. 自宅で歩き回ってもAirPodsの音質を楽しめる
  4. 音質で話題のAirPodsはフィット感もアリ?
  5. AirPodsの音質を早く堪能したくても装着時には注意
  6. EarPodsとAirPodsの音質比較
  7. 音質が気になるAirPods操作にSiriは付き物?
  8. BGMを楽しむならAirPodsの音質は快適
  9. 音質のことも考えAirPodsのコスパは?
  10. 価格にしてはAirPodsの音質は良くない?
  11. AirPodsの音質プラス遮音性は?
  12. 話題なのはAirPodsの音質だけじゃない!機能性も抜群
  13. LINE通話もAirPodsは音質が良い
  14. 充電ケースもAirPodsの音質の救世主
  15. AirPodsの音質は様々な角度からみて魅力的

話題のイヤホンAirPodsの音質に注目!

AirPodsは、アップルから発売されているシンプルで近未来を感じさせる機能性に優れたワイヤレスイヤホンを超えたイヤホンです。完全ワイヤレスなので、つけ心地が抜群と人気です。AirPodsは、発売した頃には、手に入れるのが競争率も激しく難しい時期もあっった話題のワイヤレスイヤホンでもあります。

Siri機能などを利用してAirPodsで音楽だけではなく、電話やプレイリストを再生するなど、魅力にあふれています。AirPodsを購入する方達のAirPodsに期待する機能は、やはりワイヤレスという所とバッテリーが長持ちする所、そして音質になります。

そんなAirPodsは、インターネットでも音質や音漏れなど色々話題になっており、AirPodsに対する意見も賛否両論のようです。特に、AirPodsの音質については、好みが分かれるでしょう。

AirPodsのデザインが気になる!

AirPodsのデザインは、シンプルで良いという方もいらっしゃれば、何かアクセントがもう1つ欲しいという方もいらっしゃいます。

AirPodsは、基本1色ホワイトのみとなっています。ところが、AirPodsをカラフルな自分だけのAirPodsにしたいという方も増えているようです。その様な方のために、58色から選べるAirPodsのカスタムペイントを行うサービスがあると言われています。

アメリカのColorWareという会社が始めたサービスで、アップルとは関係ないので保証の面では変わってきます。日本では、残念ながらこういったサービスは2017年現在行われていないようですが、こういったサービスもまた出てくることを願うAirPodsユーザーも少なくないでしょう。

AirPodsの音質チェック前に初期設定

AirPodsで音楽を楽しむためにも、初期設定が必要になります。AirPodsには、コンパクトでシンプルなデザインの充電ケースがついています。その充電ケースの蓋を開けると、iPhoneに「接続」という表示が出てきます。

その「接続」というボタンを押してAirPodsの初期設定は完了です。接続ボタンを押すと、接続中という文字に変わり、接続が完了すれば「完了」の文字が表示されます。

AirPods体験者のレビューまとめ!知っておきたい音質や使い勝手とは | MensModern[メンズモダン]

自宅で歩き回ってもAirPodsの音質を楽しめる

AirPodsの音質を楽しめるのは、外出中だけではなく自宅で思い切り踊りながらAirPodsで音楽を楽しめます。

自宅なら周りを気にせず、大好きな音楽にのせて踊りながら音楽を楽しめて、AirPodsなら安定感に優れているため踊っても歩き回ってもOKと言われています。

遮音性が低いことや音漏れの恐れもあると言われるAirPodsは、自宅で楽しむのには文句なしの商品と言えるでしょう。自宅で使用する分には、紛失を防ぐこともできると言われています。でも、AirPodsを自宅だけで使用するのはもったいないですよね。

音質で話題のAirPodsはフィット感もアリ?

先ほどもお伝えしたように、AirPodsは歩き回っても安定感がしっかりしているため、フィット感もしっかりあります。

頭を振りかざしてみたりしても、耳にフィットして外れにくいため、カナル型のイヤホンじゃなくてもAirPodsは、満足いくフィット感を得られるでしょう。

AirPodsは長時間使用でも痛くならない

AirPodsは、長時間使用でも耳が痛くならないのも魅力のひとつとなっています。耳のサイズが気になる方もいらっしゃいますが、AirPodsならフィット感に優れていて、耳が痛くならないと言われています。

カナル型のように、耳の中に押し込むわけではないので、軽やかに装着できるという声が多いです。AirPodsは、耳にフィットしやすく耳が痛くならないだけに、音楽に没頭できるでしょう。

軽すぎず重すぎないAirPodsの重量感もあるせいか、耳へのフィット感とフェイスラインにもフィット感があるという声もあるようです。こういった事も、耳が痛くならないAirPodsの特徴と言えるでしょう。

AirPodsの音質を早く堪能したくても装着時には注意

AirPodsは、フィット感があるとはいえ、装着時には十分な注意が必要かもしれません。AirPodsを装着する時と外す時に、うっかり落としてしまう可能性が高いと言われています。

AirPodsは、滑りやすいツヤのある表面であることから、手が滑りやすく落としやすいと感じる方が多いです。

耳に装着してしまえば、AirPodsも外れにくくなりますが、装着の時と外す時には十分に気をつけてしっかり手で持つことを意識しましょう。

AirPodsの使い方と設定まとめ!ダブルタップや名前の変更方法など紹介 | MensModern[メンズモダン]

EarPodsとAirPodsの音質比較

iPhone5時代から話題になっていたEarPodsですが、AirPodsの音質をEarPodsと比べてみると、音質はあまり変わらないと言われています。

音楽やポッドキャストなどもクリアに聴けて、低温も出ていないわけではないため、普段づかいには十分な音質をAirPodsは楽しめでしょう。

音質が気になるAirPods操作にSiriは付き物?

iPhoneについているSiri機能は、話しかけると、それに対応して操作してくれる便利な機能です。AirPodsには、Siriと連携して操作が可能です。

ただし、Siriを利用している時は、1人で話していると思われてしまうことが多いため、公共の場所で周りの人からおかしな目で見られてしまうこともあります。

AirPodsをダブルタップすることで、Siriにつながり、音楽の再生や好きなプレイリストを流す指示を出したりできます。でも、このSiriに連携したくない場合には、再生/一時停止機能としてダブルタップを利用するセッティングにして使用も可能となっています。

手ぶらな状態でAirPodsの操作をしたい方は、断然Siriを使用したほうが効率的です。聴きたいアーティストの曲やプレイリストもそのままSiriに話しかけてお願いすれば、操作してくれるので慣れてしまうとSiriなしではAirPodsは語れなくなるでしょう。

BGMを楽しむならAirPodsの音質は快適

インターネットでも、AirPodsを使用している方達の音質チェックは、結構厳しく賛否両論のようです。AirPodsの音質は、先ほどもお伝えしたEarPodsの音質とあまり変わりがないという声が多いです。

高音質にこだわりを持っている方は、AirPodsの音質は納得いかないという声もあるようです。AirPodsは、BGMを流す程度で聴いたり、通勤や通学の際にAirPodsで音楽を聴きながら歩いたり電車に乗ったりするのに丁度いい音質と言われています。

バンド系の音楽はAirPodsだと、少し音質が下がると言われています。中間の音域がメインに出ている印象が強く、ボーカルメインな音楽に関しては音質は満足いくでしょう。

AirPodsがAndroidで使える?簡単にできる接続方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

音質のことも考えAirPodsのコスパは?

AirPodsは、アップルの公式オンラインショップにて18,144円(税込)で販売されています。このAirPodsの価格は、コスパに優れているというAirPodsユーザーもいらっしゃれば、そうでないAirPodsユーザーもいらっしゃいます。

AirPodsは、ワイヤレスという魅力を大いに買っている方が多いため、その点ではコスパもいいのではないかという声が多いようです。また、装着感も快適なのも嬉しい魅力となっています。

価格にしてはAirPodsの音質は良くない?

AirPodsの音質は、AirPodsの価格からすると音質が良くないという声も多いですが、iPhoneユーザーやMacユーザーにしてみるとメリットにあふれているという声が多いです。

AirPodsに求めている機能性が音質という方にとっては、音質のことを考えると高音質のBluetooth機能が付いたワイヤレスイヤホンを購入したほうがコスパが良いかもという声もあるようです。

AirPodsの音質プラス遮音性は?

AirPodsは、音質はEarPodsと同等なレベルと言われていますが、遮音性に関しては違うと期待する方も少なくないようです。

AirPodsの遮音性は、正直良くないと言われています。耳に押し込むタイプのカナル型ではないため、どうしても遮音性は低くなります。音楽に集中したいという方は、遮音性が低いAirPodsは、おすすめじゃないかもしれません。

遮音性が低いイヤホンは、道など歩いていて、車や自転車が通る時などの音も察知できるため、そういった面ではプラスになります。でも、音楽をメインに考えると遮音性が低いと雑音が気になったり、まわりのおしゃべりしている声など気になってしまい、AirPodsで音楽を楽しめなくなってしまうでしょう。

遮音性が低いAirPodsの音漏れを防ぐ方法

AirPodsは、耳にフィットするもののカナル型に比べると多少なりとも、音漏れには注意したほうがいいようです。音量を大きめに音楽を聴かれる方は、AirPodsの遮音性はカナル型に比べて低いため、音漏れする可能性が高いです。

公共機関などでAirPodsで音楽を聴く場合には、音漏れを防ぐためにもある程度、音楽の音量は控えめにする方法がベストな音漏れ対策となるでしょう。

音漏れを防ぐことを意識しないと、AirPodsで音楽を楽しんでいる間に、音漏れがひどく周りの方達に迷惑をかけてしまいます。注意された時には、テンションも下がってしまうため、音楽を楽しむためにも音漏れを防ぐ努力はAirPodsには必要です。

AirPodsの音漏れを防ぐ方法は、音量のコントロールになりますが、音漏れを防ぐ方法として、音量は、ちょうど真ん中くらいを目途に、それ以上にならない様にすると音漏れを防ぐでしょう。また、音量コントロールはしたくないという場合のAirPodsの音漏れを防ぐ方法としては、公共機関や周りに人がいるところでは音楽を聴かないのがベストな音漏れを防ぐ方法となるようです。

話題なのはAirPodsの音質だけじゃない!機能性も抜群

AirPodsは、音質はBGM程度なら良い音質と言えると話題になっていますが、機能性も抜群です。AirPodsで音楽を聴いていて、何か用事をしなくてはならないなど、音楽をストップさせたい時も、AirPodsを外せば一時停止され、またAirPodsを装着すると音楽が始まるという優秀な機能がついています。

しっかり一時停止したところから、音楽が聴けるのでAirPodsは、近未来を感じさせる機能性に優れています。AirPodsは、iPhoneだけではなくMacBookProとの連携もできるため、MacBookProユーザーにとっても活用できるのも人気の理由となっているでしょう。

AirPodsをMacに接続する方法!繋がらない時の対処法も紹介 | MensModern[メンズモダン]

LINE通話もAirPodsは音質が良い

AirPodsは、電話がかかってきた時には、音楽もストップしてくれて、通話の際の音質も良いと評判のようです。

相手にAirPodsで電話をしているのを気づかれないほど、普通にiPhoneで電話しているような感覚の音質と言われています。LINEなどの電話ツールを使って連絡しても、AirPodsの音質は通話時も良いので優れものです。

両手が仕事などでふさがっている時でも、AirPodsを装着しておけば音楽も聴けて、電話で連絡もできるのでとても便利です。

充電ケースもAirPodsの音質の救世主

AirPodsの音質を支えるのは、セットでついてくるAirPodsの充電ケースと言っても過言じゃないでしょう。また、AirPodsはワイヤレスのため紛失しやすい弱点があります。そのため、この充電ケースに入れて持ち歩くことで、紛失を防ぐことにも期待できます。

AirPodsの充電ケースで15分ほど充電すると、180分の使用が可能になると言われています。コンパクトサイズのAirPodsの充電ケースは、持ち運びにも便利ですし、充電切れを防ぐのにもマストアイテムとなります。

AirPodsの充電ケースは、ポケットサイズなので、仕事中にAirPodsをポケットやデスクの中で充電しておくのもいいでしょう。充電ケースにAirPodsを入れるだけで充電ができるのは、さすがアップルのおもてなしですね。

充電ケース自体の充電方法は?

AirPodsの充電方法は、充電ケースに入れて充電すれば簡単にできますが、充電の鍵となる充電ケース自体にもパワーを送らなければなりません。

充電ケースは、iPhoneのUSB充電ケーブルが使えるので、お家で寝ている間などに充電しておくと方法が、翌日の快適なAirPods使用のためにいいでしょう。AirPodsの充電切れを防ぐためにも、AirPodsの充電ケースの充電も忘れないようにしましょう。

1日通勤通学のみに、AirPodsで音楽を聴いているという方でも、充電ケースの充電を完全にすることで、1週間持つ方もいらっしゃるようです。

AirPods専用シリコンケースもおすすめ

AirPodsは、完全ワイヤレスということもあり、充電ケースに入れておかないと、装着していない際は紛失しやすいです。充電ケースにAirPodsを入れて持ち歩くのは、シンプルすぎるという方には、Amazonで購入できるポッドポケットから発売されているAirPods専用シリコンケースがおすすめです。

AirPods専用シリコンケースは、AirPods専用のケースで、AirPodsの充電ケースに入れた状態で収納できるので便利です。キーホルダーのようになっているので、持ち運びにもおしゃれで活用性が高いです。AirPods専用シリコンケースは、2,400円ほどでAmazonでご購入ができます。

AirPodsの音質は様々な角度からみて魅力的

AirPodsの音質は、賛否両論ではありますが、様々な機能からみると、BGMで十分に音楽を楽しめる音質ならば、他の機能もプラスしてみて魅力的と言えるでしょう。

iPhoneユーザーが増える時代、AirPodsは近未来をかつぐワイヤレスイヤホンとしても活躍に期待です。是非この機会に、Airpodsの魅力を体感してみては如何でしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ