自転車で音楽を聴く方法!イヤホン以外のスピーカーや骨伝導など紹介

自転車で音楽を聴くのは、イヤホンでは危険のためイヤホン以外のアイテムを使用する人が増えています。自転車で音楽を聴くためには、スピーカーや骨伝導などを使うと音楽を自転車に乗りながら楽しめるようです。それでは、早速自転車で音楽を聴く方法をご紹介していきます。

自転車で音楽を聴く方法!イヤホン以外のスピーカーや骨伝導など紹介

目次

  1. 自転車で音楽を聴く方法をご紹介
  2. スピーカーや骨伝導で音楽を聴く方法
  3. 【Mopo】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編①
  4. 【Patech】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編②
  5. 【Omaker】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編③
  6. 【PowerRider】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編①
  7. 【AfterShokz】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編②
  8. 【KSCAT】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編③
  9. 【UZOU】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編④
  10. スマホ使用で自転車で音楽を聴くには?
  11. 安心して音楽を楽しむ自転車タイム

自転車で音楽を聴く方法をご紹介

自転車で音楽を聴く方法は、イヤホンでは危険とされており、スピーカーや骨伝導といったアイテムを使用して音楽を聴きながら自転車に乗られる人も増えています。

イヤホン装着し音楽を聴きながら自転車に乗ってしまうと、警察から注意されてしまい、たとえ片耳イヤホンで自転車に乗っていても、警察から注意を受けてしまう可能性が高いと言われています。

通勤や通学に欠かせない音楽ですが、自転車で音楽を聴くのには、今までと同じくイヤホン使用だと危ないようです。

イヤホンで音楽を聴きながら自転車はNG?

自転車に対する警察の取り締まりも厳しくなったのもあり、イヤホンで音楽を聴きながらの自転車は、自転車こぎのクラスや受講料なども払わなければいけない罰を与えられるとまで言われています。

以前は、イヤホンをしながら自転車もあまり問題視されていないようでしたが、自転車に乗りながら音楽を聴いたり、電話をしたりといったイヤホンを装着しながらの自転車をこぐ人達が増えたため、厳しくなっているようです。

2015年6月1日の改正道路交通法もあり、イヤホンを使っての自転車で音楽を聴くのは禁止されています。最悪な場合は、50,000円以下の罰金となる場合もあるようですので注意が必要です。事故を避けるためにも、自転車で音楽を聴く際には十分な注意が必要です。

自転車で音楽を聴く人に考えられるトラブル

自転車に乗車している時に、音楽をイヤホンで聴いている場合、音楽のボリュームを下げていたとしても、追突事故などが起こる可能性も高いと言われています。自転車だからといって、周りの人に聴こえないだろうという思いから、ボリュームを大音量にしてしまって自転車に乗ると、電車や大きなトラックの音なども気づかないことが多いと言われています。

また、カナル型のイヤホンなど耳に押し込むタイプのイヤホンで音楽を聴いてしまうと、遮音性に優れているのもあるため、車や自転車同士での接触事故などのおそれもあります。

クラクションを鳴らしている車が走ってきていても、イヤホンで音楽を聴いていると、自転車に乗っていて気をつけていても気づかない場合もあるようです。

スピーカーや骨伝導で音楽を聴く方法

イヤホンをしなくても、自転車を乗りながら音楽をどうしても聴きたいという人もいるため、自転車で音楽を聴く方法も、イヤホン以外で何かないか悩みがちです。

そこで、スピーカーや骨伝導が、イヤホン以外の方法で音楽を聴くのに良いと言われています。スピーカーもポータブルで自転車でも負担にならないアイテムも増えています。

骨伝導は、耳の前方のほうにスピーカーが取りついているヘッドホンのようなアイテムになります。骨伝導を使用する自転車ご愛用者は、年々増えているようです。ただし、骨伝導は、高音質を求めてしまうと普通のヘッドホンが恋しくなるかもしれません。そうなると自転車での音楽は、我慢するか他のアイテムを使うしかありません。

また、耳がふさがっていないため、もちろん周りの音はしっかり入ってきます。そのため、音楽があまり聴こえない場合もあります。でも、自転車をこぐ時の交通の安全からすると、スピーカーや骨伝導は音楽ファンにとって救世主となるでしょう。

自転車のベルはついていないと違反?歩行者に鳴らすのはダメなど法律まとめ | MensModern[メンズモダン]

【Mopo】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編①

スピーカーは、ロードバイクなどの自転車に乗る人におすすめで、自転車で音楽を聴く方法としてもおすすめされています。普段、あまりスピーカーなどは意識して買い物しないという人のためにも、おすすめスピーカーをご紹介していきます。

スピーカー編①は、MopoのBluetoothワイヤレススピーカーは、自転車で音楽を聴いたり、アウトドアでも音楽を聴きながらハイキングなどするのにおすすめのスピーカーです。

防水機能にも優れているスピーカーで、10メートルの距離からでも、曲を変えたりすることも可能のスピーカーになります。高音質なMopoのスピーカーには、マイクロSDが搭載されていて、8GBつきとなっています。

【Patech】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編②

スピーカー編②は、PatechのBluetooth3.0ワイヤレススピーカーです。PatechのBluetooth3.0ワイヤレススピーカーは、吸盤式のデザインで、防水機能にも優れています。

まるでCDを聴いているかのようなステレオサウンドを楽しめるのがPatechのBluetooth3.0ワイヤレススピーカーの魅力と言えるでしょう。PatechのBluetooth3.0ワイヤレススピーカーには、マイクが内臓されているため通話も可能となっています。iPhoneと連携できて、電源を入れてから何もあ操作されない場合には、自動で電源オフしてくれるのも便利です。

【Omaker】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!スピーカー編③

スピーカー編③は、OmakerのM4 Bluetoothスピーカーです。OmakerのM4 Bluetoothスピーカーは、ながら聴きをするのにおすすめのスピーカーとしても、注目され様々なところでご紹介されているようです。

OmakerのM4 Bluetoothスピーカーは、防水機能に優れていて、スピーカーにしては音質も満足できると言われています。充電も、3時間ほどで完了し、最高12時間再生で、長時間の自転車を乗る際の音楽を聴くのにもおすすめです。

スピーカーのおすすめは?Bluetooth対応や人気の高品質機種を調査 | MensModern[メンズモダン]

【PowerRider】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編①

続いて、自転車で音楽を聴く方法として、おすすめされている骨伝導をご紹介していきます。骨伝導編①は、PowerRiderの骨伝導です。

PowerRiderの骨伝導は、Bluetooth4.1対応の骨伝導で、ステレオ部分には、防水加工がしてあります。PowerRiderの骨伝導は、見た目もクールで、メンズの自転車をこぐ姿も素敵に演出してくれるでしょう。iPhoneやSamsungなどにも対応しています。充電時間は、3.5時間ほどで、連続再生は8.5時間対応となっています。

【AfterShokz】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編②

骨伝導編②は、AfterShokzの骨伝導です。AfterShokzの骨伝導は、軽さが魅力で、自転車も快適に乗れるでしょう。USB式の充電方式となっていて、充電に必要な時間は、90分です。

AfterShokzの骨伝導は、連続再生が6時間できて、口コミなどでも高い評価を得ています。AfterShokzの骨伝導は、汗や汚れなどにも強い作りになっているので、自転車に乗って汗をかいても、骨伝導に影響があまりないため、安心した気持ちで自転車で音楽を聴けるでしょう。

【KSCAT】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編③

自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編③は、KSCATのNICE2という骨伝導です。53gの軽量モデルで、マイクも採用されているため、通話もできて便利です。

KSCATのNICE2は、サイズの調整がゴムバンドで可能になっています。Bluetooth対応で、スマホと一緒に使えるのも人気の理由のひとつと言えるでしょう。

Bluetoothの防水スピーカーでおすすめは?人気機種を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【UZOU】自転車で音楽を聴く方法ご紹介!骨伝導編④

骨伝導編④は、UZOUから発売されている、「ZD-100」という骨伝導です。自転車に乗っていて、雨に打たれることが多いという人におすすめの、防水機能がしっかりしている骨伝導になります。

水中で装着しても、ほぼ問題ないと言われるほど防水加工がしっかりしている骨伝導になります。防水機能だけではなく、41gとかなり軽量に作られており、音質も骨伝導にしては評価も高いです。Bluetooth4.1対応となっています。

スマホ使用で自転車で音楽を聴くには?

自転車で音楽を聴くのも、スピーカーや骨伝導ではなく、スマホを使用したいという人も多いです。スマホで音楽を聴きたい場合、イヤホンは危険なため、スマホからそのまま音楽を流す方法もあります。

それでは、味気ないという音楽ファンの自転車で音楽を聴く方法には、スマホのプラグ部分に、プラグイン用のスピーカーを入れて音楽を聴く方法もあります。

おすすめなのは、ヤザワから発売している「VRS202W」のプラグインスピーカーは、小ぶりでコスパも良いので1個持っていると便利です。

iPhoneに使えるスピーカーでおすすめは?人気のアイテム紹介 | MensModern[メンズモダン]

安心して音楽を楽しむ自転車タイム

自転車で音楽を聴くには、イヤホンではなく、スピーカーや骨伝導、そしてプラグインスピーカーなどがおすすめされています。なるべく危険を避けるためにも、自転車で音楽を聴く方法もこれまでご紹介したように、様々です。

是非この機会に、自転車で音楽を楽しむためにも、お好みのスピーカーや骨伝導などをお試しになられてみては如何でしょう。スピーカーや骨伝導も、デザインにもこだわりがあるものが多いため、自分にマッチしたアイテムと出会えること願っております。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ