せっかく自転車を買ったら自分で整備出来るようになるのがおすすめです。パンクぐらいの整備なら自分で出来る方が安上がりになりますよ。そんな自転車の整備のやり方を紹介します。自分で整備出来るようになれば、自転車も長持ちするようになりますよ。

自転車の整備方法まとめ!自分でできる愛車のメンテナンスのやり方

目次

  1. 自転車の整備は自分でやれるのがベスト!
  2. 初心者でも整備出来る自転車の部分
  3. 自転車の整備に必要な工具
  4. 最低限やっておきたい自転車の整備
  5. 自転車の空気を入れるポイント
  6. 油差しは自転車整備の基本
  7. 余分な汚れを取って自転車整備
  8. 油差しした自転車は必ず余分な油を取ろう
  9. 自転車整備のブレーキ整備の方法
  10. 自転車の細かな消耗品も整備
  11. 自転車の整備でペダルを自分好みに
  12. 総合的な自転車の整備をしておこう
  13. 自転車は車のように洗車して整備しよう
  14. 洗車で新品のような自転車に
  15. 整備がうまくいかないときは自転車屋さんへ
  16. 不具合は自転車屋で治してもらおう
  17. 自転車の整備で快適なサイクルライフを

自転車の整備は自分でやれるのがベスト!

自転車は整備次第で長く新品のように扱えるものです。そんな整備のやり方はどのような方法ですればよいのでしょうか。

パンクのように緊急のメンテナンスはもちろん、チェーン類の金属部品の整備は重要です。整備を怠ると、自転車はどんどん使いにくくなり、またメンテナンスのやり方も大変になってしまうんです。

日頃から適切な整備方法で自分でメンテナンスしておけば、買ったときのような自転車のままで使い続ける事ができるんです。自分でも出来るような整備方法のやり方を紹介します。

初心者でも整備出来る自転車の部分

自転車の整備といっても、さすがに初心者が自分で出来る範囲は限られます。パーツを外してしまって、元に戻せないなんてことになると大変ですよね。

専用の工具が無くても、基本的な日曜大工の工具があれば整備出来る範囲として、ブレーキやタイヤ周りは整備しても大丈夫です。ギア類もちょっとした整備なら自分で出来る範囲ですね。

自転車の整備に必要な工具

自分で自転車の整備をするやり方として、最低限揃えておく必要がある工具はどんなものでしょう。最低限の道具が分かれば、整備もやりやすいですよね。

もっとも使うのはレンチ系です。モンキーレンチや六角レンチはボルト類を外す際に重要です。タイヤまわりは、ホームセンターで売っているパンク修理用のシールなどのセットを購入しておきましょう、もちろん、空気入れも必要ですね。

ドライバー類はあまり使いませんが基本的なプラスとマイナスのドライバーを用意しておきましょう。自転車のチェーンは、チェーンカッターやチェーンクリーナーなど、チェーンを整備する工具がセットで用意されていることもあります。

最低限やっておきたい自転車の整備

初心者でも必要な自転車の整備として、最低限としてやっておくのは、定期的な空気入れです。自転車がパンクする原因はいろいろあるんですが、もっとも多い理由は、タイヤに衝撃が加わって、自転車のタイヤのチューブに穴があくパターンです。

これを防ぐためには、定期的にしっかりと空気を入れておく必要があるんです。自転車の空気は、自転車に乗っていなくても、少しずつ抜けていくようになっています。

自転車の鍵でおすすめ・最強はどれ?種類や選ぶポイントについて紹介 | MensModern[メンズモダン]

自転車の空気を入れるポイント

そのため、月に一度、できれば半月に一回は空気を入れておけば安全ですね。自転車の空気を入れる利用は、タイヤを指で押してもへこまないぐらいに入っていればOKです。

また、子供用の自転車の場合は空気を入れすぎると、タイヤが外れてしまう場合があるので、少し緩めにしておくのばやり方のポイントです。適正空気圧というタイヤごとの適正な空気の入れる量を測る機会もあるのですが、ロードバイク以外などでは気にしなくても大丈夫です。

ちなみに空気を入れても2週間以内に、空気が明らかに減っているような場合は、自転車の空気漏れが考えられます。原因は虫ゴムやチューブ、そして自転車のタイヤ自体の劣化も考えられます。

自分でメンテナンスしても良いですが、チェックしても原因が分からない場合は自転車屋さんで確認してもらうことをおすすめします。空気漏れは簡単な場合も多いのですが、タイヤが劣化してしまっている場合は、自分では整備出来ない場合があります。

自転車のサビ取り方法を紹介!チェーンも100均グッズでピカピカに | MensModern[メンズモダン]

油差しは自転車整備の基本

自分で整備するものとして、チェーンへの油差し(注油)はしっかりと行いましょう。チェーンへの油差しは、たっぷりかけてそのまま自然乾燥するような人がいますが、実際の整備方法は少し違うんです。

チェーンの油差しを行うタイミングは、自転車のチェーンの表面が乾いているときがおすすめです。また、雨によって、チェーンが濡れたときもメンテナンスのタイミングです。

自転車はおしゃれなものを選ぼう!人気の車種についても徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

余分な汚れを取って自転車整備

まずは、チェーンの油差しの方法はチェーンの汚れを取りましょう。捨てるような汚れた雑巾などを添えながら、チェーンのひとコマずつに油差しを行います。

そして、ペダルをゆっくりと逆回転させて、油をなじませましょう。そして、しばらくしたら余分な油を拭き取ることが、油差しの方法で重要なポイントなんです。

自転車メーカー一覧!日本製と海外製の比較・おすすめ車種まとめ | MensModern[メンズモダン]

油差しした自転車は必ず余分な油を取ろう

油差しでたくさんの油をかけて、テッカテカになったチェーンをそのまま放置する人も多いんですが、その状態のままでは錆の原因や汚れやホコリが付着して、チェーンの動きが悪くなります。

チェーンの整備方法で自転車屋に任せた方がいいのが、チェーンのたるみです。自転車は長く使っているとチェーンが伸びてたるむようになります。異音の原因や、ギアチェンジがうまくいかなくなる理由です。

油差しにはKURE(呉工業)の5-56がおすすめですね。とてもポピュラーで、メンテナンス方法として使いやすいです。また、歯ブラシがあると汚れも落としやすいですね。

自転車のタイヤ交換のやり方は?必要な工具・自分でやる方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

自転車整備のブレーキ整備の方法

自転車の安全面でも大事な、ブレーキの整備方法も学んでおきましょう。ブレーキはちょっと整備なら自分で整備は出来ます。

ブレーキは、ブレーキレバーのところについているネジを回す方法で、ブレーキのかかり具合を微調整することが出来ます。ブレーキには2つのネジがついており、レバー側のネジをゆるめて、ワイヤー側の調節ネジを手でまわしましょう。

調節用のネジをブレーキワイヤー側に緩めるとブレーキの効きが強くなります。レバー側に締めるとブレーキのかかり具合が弱くなります。一気に変えるのではなく、ちょっとずつ調整する方法がおすすめですね。

ブレーキの整備方法で気をつけたいのは、必ず自転車の車輪とブレーキのシューと呼ばれるブレーキ本体のゴムのようなものが接触していないようにしましょう。シューが接触した状態だと、常にブレーキがかかったような状態になり、自転車がこげません。

シューと車輪は2mmぐらい離しているのがちょうどいいです。また、シュー自体も長い間使っていると摩耗してすり減ってくるので、その場合は交換の必要があります。シューは300円程度で購入することが出来て、ボルトを緩めると外せるので、新しいものを付けましょう。

自転車のブレーキ音がうるさい時の対処法!原因と修理方法まとめ | MensModern[メンズモダン]

自転車の細かな消耗品も整備

自転車は先ほどのブレーキシューのように消耗品がいくつか存在します。もっとも交換する可能性が高いのは、空気を入れる部分の部品ですね。

空気入れの部分の虫ゴムは劣化しやすく、虫ゴムが劣化すると空気を入れても抜けやすい原因になります。虫ゴムやパンク系の部品はまとめて備蓄しておくのがおすすめですね。パンクを塞ぐためのシールは、たくさん用意しておいてムダではないと思います。

また、空気入れの部分のネジは緩みやすいので、緩んでいるとそこから空気が漏れていきます。ネジ類がしっかりとしまっているかの確認もして、空気を入れるようにしましょう。このように自転車の消耗品部分やネジ類は定期的にチェックするようにしましょう。

自転車の盗難防止グッズでおすすめは?盗まれないための対策まとめ | MensModern[メンズモダン]

自転車の整備でペダルを自分好みに

自転車のペダルも消耗品のひとつです。このペダルも簡単に整備する方法があります。ペダルは、ボルトを緩めると外すことができるので、外して洗浄するのが、もっとも簡単なメンテナンス方法ですね。

また、つけるまえにグリスを塗り直しておくと、ペダルの使い具合もよくなります。ペダルは自分自身で外すのが簡単なので、新しいものの付け方のやり方も簡単なんです。

自転車のペダルにはサイズや形状・素材の違いがあるので、サイクルショップで自分好みのペダルを探すというやり方はとてもおすすめです。同じ自転車でもペダルが新しくなると、違う自転車になったような感覚になります。モンキーレンチさえあれば外すやり方は簡単なので、検討をおすすめします。

自転車のママチャリでおすすめは?おしゃれな人気シティサイクルを紹介 | MensModern[メンズモダン]

総合的な自転車の整備をしておこう

自転車を整備する前に、日頃から自分が使っている自転車の不具合をチェックしておくやり方がおすすめです。長い間自転車を使っていると、ハンドルがぐらついてくることもあります。

ハンドルが緩んでしまうと、自転車に乗っているときにハンドルがぐるんっと回ってしまったり、左右のどちらかにズレてしまうなど大きな事故の原因になります。ぐっと、力を入れてハンドルが動いてしまわないか、チェックしておくやり方をおすすめします。

自転車を止めるスタンドも緩みやすい部分で、止めた自転車の転倒の原因になります。蹴り上げる部分だけに、緩みやすくなりやすい部分なので定期的に緩んでいないかチェックしましょう。歪んだり曲がったりしてしまった場合は、サイクルショップで相談しましょう。

自転車の傘さし運転はルール違反!固定するグッズを使えばOK? | MensModern[メンズモダン]

自転車は車のように洗車して整備しよう

車の整備として洗車をする人は多いと思いますが、自転車も洗車することは重要なメンテナンスです。自転車も雨汚れがつきますし、ホコリや砂による汚れが付着してしまい、白く曇ったような感じになってしまうんです。

そのため、自動車の洗車用品と同じように、自転車も洗車のための道具がちやんと存在しています。ニトリなどで販売されているようなワーキンググローブを使えば耐水は大丈夫です。そこから、ブラシを使って汚れ部分を車の洗車のようなやり方できれいにしましょう。

ホースを使ってもいいですし、バケツに水をためて使っても大丈夫です。自転車用の洗剤を使えば金属部分の汚れはしっかりと落ちますし、コーティングも出来ます。スプレータイプの汚れ落としてもあるので、サイクルショップで洗車用の道具を購入しましょう。

自転車で使う筋肉は?効果的なトレーニング方法と部位について調査 | MensModern[メンズモダン]

洗車で新品のような自転車に

自転車のタイヤも洗車するときれいにメンテナンスすることが出来ます。タイヤはもっとも汚れる部分なので、きれいにブラシでこすってあげると、自転車の雰囲気が一気に変わりますよ。

洗車のときに合わせて、先ほどのチェーンやギア類の汚れを取るメンテナンスをしてもいいですね。月に1度は洗車したいところですが、2ヶ月に1回ぐらいは自転車を洗車してメンテナンスしてあげるのがおすすめですね。

自転車用のバッグおすすめまとめ!用途別におしゃれアイテム紹介 | MensModern[メンズモダン]

整備がうまくいかないときは自転車屋さんへ

自転車を整備しているときに、外したパーツの直し方がわからなくなったり、元に戻したのに、なにか以前と自転車の感じが違うようになってしまったら、必ず自転車屋さんに相談しましょう。

自転車は複数のパーツが関係しあいながら動いているものなので、どこか1つがおかしくなるとどんどん他のところも不具合が出るようになります。自転車に乗っている最中に、急に部品が引っかかってしまうと転倒して骨折などの危険性があります。

自転車で小学生におすすめは?選び方・おしゃれな人気商品などまとめ | MensModern[メンズモダン]

不具合は自転車屋で治してもらおう

いきなり初心者がいろんな自転車部品の整備をするのは難しいです。慣れてくるとたるんだチェーンをカットして、たるみを治すようなことも出来るようになりますが、最初は自分で簡単なメンテナンスから始めるのがおすすめです。

少しずつ動画などを参考にしながら、自転車のメンテナンスのテクニックを手に入れて行くのがおすすめです。また、サイクルショップで自転車の整備の仕方を教えてもらうのもおすすめですね。必要な工具などの相談も合わせて出来ると思います。

自転車のチェーン交換の料金はどれくらい?自分でやる方法も紹介 | MensModern[メンズモダン]

自転車の整備で快適なサイクルライフを

自転車の整備は定期的に行うのがおすすめです。空気は半月か1ヶ月に1回はチェックしましょう。しっかりとしたメンテナンスは、自転車自体を長持ちさせることにもつながります。

洗車も行なって自転車の部品を磨けば、買った頃の新品の自転車に蘇ります。ブレーキ類などのメンテナンスは自分でも出来るので、おすすめしたい整備の部分です。

自分が乗る自転車だけに、自分で整備出来るようになるのが一番です。愛着が出てきた自転車を自分で整備できるようになると、長い間使うことが出来ますよね。部品を交換することで、オリジナル感も出せるので、ペダルなどの交換にも挑戦してみましょう。


評価 4.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ