iPadに有線LANを接続する方法!設定のやり方と必要なアイテム紹介

iPadのネット接続方法と言えば、無線LANなどの無線通信が主流ですが、実は有線LANでネットに接続することもできます。そこで、iPadに有線LANを接続するのに必要なアイテムや、有線LANの接続方法、設定の仕方を解説します。

iPadに有線LANを接続する方法!設定のやり方と必要なアイテム紹介

目次

  1. iPadのネットが遅い、つながりにくい
  2. iPadで有線LANがつかえる?
  3. iPadに有線LANを接続するメリット
  4. iPadに有線LANを接続するデメリット
  5. iPadに有線LANを接続するのに必要なアイテム
  6. iPadに有線LANを繋ぐ方法
  7. iPadに機器を繋ぐ時の注意点
  8. 有線LANで繋ぐとセキュリティー対策にもなる!
  9. iPadに有線LAN以外の物も繋げることはできる?
  10. iPadを有線LANでネットに繋ぐ方法まとめ

iPadのネットが遅い、つながりにくい

iPadをネットに接続する時、多くの人がWi-Fiを利用すると思いますが、通信が遅かったり、繋がりにくかったりすることがよくあると思います。これは、スマホやiPadなどのタブレットを使う人が増えたことで電波が混線している事が原因の一つとして挙げられます。

家の中でも家族全員のスマホやタブレット、パソコン等の様々な機器が一つのアクセスポイントに集中するとネットが遅くなったり不安定になったりします。建物の構造などで、電波の届きにくい部屋や場所ができてしまうこともあります。

iPadのWi-Fiが繋がらない時の原因は?簡単な対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPadで有線LANがつかえる?

有線LANでiPadをインターネットに接続出来れば、電波混線による通信速度低下やつながりにくい状態にならずに、安定したネット接続が期待できますよね。いくつかのアイテムを買い足す必要はありますが、実はiPadでも有線LANでインターネットに接続することは可能なんです。難しい設定もなく、ケーブルを接続するだけで使えます。通信が安定し、高速な通信速度も期待できるため非常におすすめです。

iPad Proで使えるスタンドを紹介!おすすめの人気アイテムまとめ | MensModern[メンズモダン]

iPadに有線LANを接続するメリット

有線LANでiPadをネットに接続するメリットはなんと言っても安定性です。混線状態にあるような場所でも安定した快適なネット接続がiPadで可能になりますし、無線よりも高速な通信速度が期待できます。動画のストリーミング等重い作業をする場合には違いが顕著に現れるでしょう。

病院など無線通信が禁止されているような場所や電波が届きにくいような場所でも、iPadをネットに繋ぐ事ができるのも利点です。また、Wi-Fiなどの無線通信は通信内容を読み取られたりする可能性がありますが、有線LANなら物理的に不可能なのでセキュリティー対策にもなります。いくつかのアイテムを繋ぐだけで難しい設定もなく簡単にできますのでおすすめです。

iPad Proに3D Touchはなぜ無い?その理由についてまとめ | MensModern[メンズモダン]

iPadに有線LANを接続するデメリット

安定したネット接続がiPadでも得られる有線LANですが、その最大のデメリットは「ケーブルを繋ぐこと」でしょう。充電の際に使用するLightningケーブルより複雑な配線になるため、場所を選びますし、アダプタを買い足す費用もかかります。そして、見た目も少々不格好になってしまいます。従って、電車やカフェなどで利用する場合には使えず、家の中限定になってしまうのがデメリットです。

しかし、ポケットWi-Fiに有線接続することもできますので、この場合なら外に持ち出すことも可能になります。ネットワークの判定方法によるものなのか、TVを視聴するためのアプリなど一部のアプリで問題が発生するとの報告もありますが、ほとんどのアプリでは問題なく使えます。

iPadをマナーモードに設定する方法!解除する簡単なやり方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

iPadに有線LANを接続するのに必要なアイテム

iPadはLightning端子しか持たないため、いくつかのアイテムを用いてLAN端子まで変換することになります。まず最初に使用するのはApple純正のLightning-USB3カメラアダプタです。これでまずUSBに変換します。ここで注意して頂きたいのがLightning-USBカメラアダプタという酷似した製品が存在することです。こちらはUSB2.0までにしか対応していません。

現在USB3に対応しているのは12.9インチiPadProのみですが、どちらも値段に差があまり無いことから12.9インチiPadProを持っていない方でも、将来的にも使えるであろうLightning-USB3カメラアダプタを購入されることをおすすめします。

さて、次に必要となるのはUSBからLAN端子に変換するUSB-LAN変換ケーブルです。こちらもUSB3に対応しているものを購入して下さい。おすすめはサンワサプライのUSB−LANアダプタです。USB3対応で、Gigabit対応なので十分な性能を持っています。逆に、アップル純正のUSB−LANアダプタは高価な割に性能が低いのでおすすめしません。

変換アダプタの両方がUSB3に対応していないとUSB2.0など、規格の低い方に合わせた通信速度になってしまいます。最後にiPadに付属の給電アダプタか、同様の給電能力のある電源アダプタが必要になります。必要なアイテムはこの2つの変換アダプタと給電アダプタになります。

iPadで画面分割する方法!2つのアプリを同時起動・表示させるには? | MensModern[メンズモダン]

iPadに有線LANを繋ぐ方法

では、必要なアイテムが揃ったらさっそく接続してみましょう。まず、iPadに付属しているUSB電源アダプタとLightning−USB3カメラアダプタを接続します。次に、Lightning−USB3カメラアダプタとUSB3−LANアダプタを接続します。

そして最後にLightning−USB3カメラアダプタとiPadを接続します。この順番でケーブルを接続しないと認識されないことがありますので注意して下さい。これで配線は完了です。

配線ができた状態で設定アプリを開いてみると「Ethernet」という項目が増えていることが確認できます。ケーブルを繋ぐだけで複雑な設定をすることなく、有線LANでネットに接続することができます。

ちなみに、ポケットWi-FiとiPadを有線LANで接続することもできます。有線LANに対応したポケットWi-Fiに限定されますが、この方法だと家の外に持ち出すことも可能になります。人が密集するような場所ではポケットWi-Fiに接続が厳しいことがあるかもしれませんが、有線LANでiPadと接続できるなら心配いりません。

iPadのおすすめを紹介!購入の時に知っておきたい選び方のポイント | MensModern[メンズモダン]

iPadに機器を繋ぐ時の注意点

ケーブルを接続するだけで難しい設定をすることなく簡単に有線LANでiPadをインターネットに接続できますが、何点か注意点があります。まず配線を行う際、前項で説明した順番でそれぞれのケーブルを接続して下さい。

iPadのバッテリーからの給電だけでは足りず電源からの給電が必要になるため、Lightning−USB3カメラアダプタとUSB−LANアダプタに給電してからiPadに接続するということです。

また、USB電源アダプタはiPadに付属しているものか、それに準ずる給電能力のあるものを使用して下さい。iPhoneを購入した際に付属する5WのUSB電源アダプタでは給電能力が足りず使えませんので注意して下さい。さらに、iOS9.3以降でないと動作しない可能性がありますのでバージョンアップしてから行ってくだい。

iPad Proのおすすめアプリ!仕事で役立つ・効率化できるもの紹介 | MensModern[メンズモダン]

有線LANで繋ぐとセキュリティー対策にもなる!

最近では駅やコンビニなどあらゆる所でフリーWi-Fiというものを見かけます。パスワードが必要なく誰でも簡単に使えるので、Wi-FiモデルのiPadなら特に重宝します。そんな便利なフリーWi-Fiですが、セキュリティーの観点から問題になる事がしばしばあります。

パスワードが必要ないフリーWi-Fiの場合、同一のアクセスポイントに接続している悪意を持った人に通信内容が比較的簡単に傍受されてしまいます。Wi-Fiは便利な反面、内容が読み取られてしまう危険性が常にあります。そこで今回おすすめした有線LANなら電波を使用しないのでこう言ったハッキング被害とは無縁です。したがって、有線LANを使用した方がセキュリティ対策になるということです。

iPadの画面が回転しない場合の対処法!チェックするポイントと直し方 | MensModern[メンズモダン]

iPadに有線LAN以外の物も繋げることはできる?

有線LANを接続する際、一旦Lightning-USB3カメラアダプタを用いてUSBに変換しましたよね。ここに他のUSB機器を繋いだら使えたりしないのかな?と思った方いるんじゃないでしょうか。実はいくつか使えるものがあったりします。その代表となるのがキーボードです。

自宅で使っているキーボードをLightning−USB3カメラアダプタに有線接続することで使うことができます。使い慣れたキーボードでタイピングできると作業も捗るのでおすすめです。また、SDやmicroSDなどの各種カードリーダーを繋いで外部ストレージにすることも可能です。動画などクラウドでPCとやりとりするのが厳しい場面などで活躍しそうです。

iPadのバッテリーを交換する方法は?寿命の目安・長持ちさせるポイント | MensModern[メンズモダン]

iPadを有線LANでネットに繋ぐ方法まとめ

iPadを有線LANでインターネットに繋ぐ方法を紹介しました。各種変換アダプタを2つ揃え、ケーブルを接続するだけで難しい設定をしなくても簡単にネットに繋がりました。Wi-Fiなどの無線通信が主流になっていますが、それぞれの用途によっては有線LANの方がいい場合があるのも事実です。

また、無線通信は傍受などのハッキング被害に遭いやすいので、有線LANを用いることでセキュリティー対策にもなります。有線LANでのネット接続、おすすめですので興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

iPadはパソコンの代わりとして使える?違いやできることまとめ | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ