HDDのRAW状態は復旧できる?原因やNTFSへの修復方法を解説

ある日突然、パソコンのデータにアクセスできなくなる時があります。そんな時はもしかしたらHDDがRAW状態になってしまったのかもしれません。HDDがRAW状態になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか。今回はその対策を解説していきたいと思います。

HDDのRAW状態は復旧できる?原因やNTFSへの修復方法を解説

目次

  1. 急に動かなくなるHDDのRAW状態とは!?
  2. そもそもHDDって何?
  3. HDDがRAW状態になるってどういうこと?
  4. HDDのRAW状態の原理
  5. ディスクドライブのNTFS形式ってなに?
  6. HDDのRAW状態に関係するコンピューター用語
  7. HDDがRAW状態になる原因って?
  8. RAW状態からの復旧方法その1:フリーウェアで復旧
  9. RAW状態からの復旧方法その2:シェアウェアで復旧
  10. RAW状態からの復旧方法その3:HDDのフォーマット
  11. RAW状態からの復旧方法その4:PC修理サービスを使う
  12. パソコンだけじゃない!RAW状態が起こるその他の機器
  13. 備えあれば憂いなし!HDDのRAW状態への対策
  14. HDDのRAW状態からの復旧の注意点
  15. これでHDDがRAW状態になってももう大丈夫!

急に動かなくなるHDDのRAW状態とは!?

昨日までパソコンで使えていたファイルに突然アクセスできなくなる時があります。そんな時はHDDがRAW状態になってしまった事態を疑ってみましょう。RAW状態はパソコンのファイル認識がおかしくなっただけで、内部機器が壊れてしまったわけではありません。そして、大半の場合はソフトウェアを使って簡単に直せます。落ち着いて問題に対処しましょう。

そもそもHDDって何?

どんな部品?

HDDとはHardDiscDriveの略で、パソコンの中のデータを長期的に保存する役割を持っています。パソコンがメモリで処理したデータは電源を切れば失われてしまいますが、HDDに保存しておけばデータをいつでも好きな時に使えます。加えて、パソコンの記憶容量や処理速度はHDDの性能に左右されるため、HDDはパソコンの中の重要な部品です。

HDDが使えなくなるとどうなる?

もしもHDDが使えなければパソコンはどうなってしまうのでしょうか。HDDの中には画像や文書などのファイルデータがおさめられています。HDDが使えなければ、内部のファイルデータにアクセスできなくなってしまいます。HDDの中にはOSを構成するデータも収められているため、HDDが完全に使えなくなればOSすら起動しなくなってしまいます。

HDDが認識しない時のデータ復旧方法とは?原因別に簡単な対処法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

HDDがRAW状態になるってどういうこと?

RAW状態とは?

RAWとは、英単語で「生の」という意味を持つ言葉です。パソコンのRAW状態とはディスクドライブがフォーマットされていない生の状態であることを表します。ついこの間まで使えていたのにある日急に未フォーマットの状態になるのはどういうことでしょう。突然RAW状態になるのはパソコンが誤作動を起こしディスクドライブの位置情報を見失ったことが考えられます。

HDDのRAW状態の見分け方

HDDがRAW状態になった時はどのような症状が現れるのでしょうか。代表的な症状としてはパソコンから、ドライブが認識できなくなっているためフォーマットするかどうか、といった警告文が出されるというものです。また、ディスクの管理画面から 様子のおかしいドライブを見てRAWという文字が表示されていれば、RAW状態になっています。

ノートパソコンのハードディスクを交換する方法!初心者にできる取り出し方 | MensModern[メンズモダン]

HDDのRAW状態の原理

つまりパソコンがどうなってしまった?

静電気などの外部からのストレスなどが原因となってディスクドライブの中の情報が不具合を起こし、RAW状態として表示されています。機器あるいはディスクドライブの機器の接続不良が原因となっていることもあります。データや機器が破損しているわけではないので、しかるべき対処を行えばまた元の通り使えます。

何が困る?

HDDのRAW状態で困ることはRAW状態を起こした部分に存在するデータが読み取れなくなってしまうことです。パソコン内のHDDのほか外付けHDDなどの機器で起きた時も読み取れないデータが出てきてしまいます。使いたい時に大事なデータが読み取れなくなっていては色々支障が出てきてしまうため、早めに対処をしておきましょう。

どうすればいい?

HDDのRAW状態を解決するためには、3つの方法があります。まず1つ目はソフトウェアを使ってパソコン内に蓄えられたディスクドライブの位置情報を直す方法です。2つ目は重要なデータがない場合にはフォーマットを行いディスクドライブを再び使えるようにする方法です。最後に、もしも問題解決に不安を覚えるなら、修理サービス業者に頼む方法があります。

Mac用の外付けHDDを用途別におすすめ紹介!フォーマット手順は? | MensModern[メンズモダン]

ディスクドライブのNTFS形式ってなに?

NTFSはファイルシステムの分類の一つ

多くのパソコンのHDDはNTFSというファイルシステムで管理されています。RAW状態とはファイルシステムが読み取れない生のデータですから、再びNTFS形式にすればNTFS形式のドライブとして読み取れるようになります。ちなみに、NTFS形式とはNewTechnologyFileSystemの略で、NTFSはWindowsNTに搭載するためにその名前がつけられました。

NTFSとFAT32との違いは?

NTFS形式の他にFAT32というファイルシステムが使われていることがあります。FAT32形式はNTFS形式よりも多くのWindowsOSおよびMacに対応しているなどの特徴があり、外付けHDDやUSBメモリのファイルシステムに使われています。現在は管理できるファイルサイズが大きく、暗号化や圧縮もできるNTFS形式が主流となっています。

HDDのRAW状態に関係するコンピューター用語

パーティション

パーティションという言葉は、ディスクドライブの中の区切りを意味します。 例えばディスクドライブをOSの構成情報を記録した領域と、日常的に使うファイルデータを記録する領域の二つに分けたとします。このように、ディスクドライブの中の記録領域に区切りをつけることをパーティションをつけると言います。

セクタ

セクタとは部門や区域といった意味の英単語で、コンピューター用語ではディスクドライブの中のデータが収められる領域を指します。RAW状態を直す方法を探る時にセクタという単語が出てきたら、何々をするための場所、くらいに読み替えてあまり深く考えないようにしましょう。ちなみに不良セクタとは何らかの原因によって読み込みができなくなったセクタのことです。

ブートセクタ

ブートとは起動するという意味で、ブートセクタは起動するためのセクタという意味になります。つまり、ブートセクタはパーティションの最初に配置されるプログラムを起動するためのとても重要な記憶領域です。HDDのRAW状態ではブートセクタに問題が発生している場合もあるため、ソフトウェアを使うなどして不具合を解消する必要があります。

HDDがRAW状態になる原因って?

マスターブートレコードの不具合が原因

マスターブートレコードとはOSなどのプログラムを読み出すために最初に参照される記録のことです。静電気など何らかの原因でマスターブートレコードが破損すると、うまくファイルを読み込むことができず、HDDのRAW状態の原因となることがあります。内部データに問題がないならば、マスターブートレコードを復旧してやればデータを再び読み出せるようになります。

機器の接触の不具合が原因

HDDのコネクタ(接続端子)が接触不良を起こしていたりするとうまくデータが読み込めず、RAW状態として表示されることがあります。このような時はHDDの接続状況を確かめる必要がありますが、デリケートな部分であるため疑うのは後回しにしておきましょう。また、HDDの物理的な劣化によってもRAW状態が起こることがあります。

MacのHDDをフォーマットする方法!簡単な初期化手順がある? | MensModern[メンズモダン]

RAW状態からの復旧方法その1:フリーウェアで復旧

復旧目的で有名なTestdisc

HDDのRAW状態への対策として広く使われているフリーウェアです。TestDiskはデータを復旧させるソフトではなく書き換えるソフトであるため、注意が必要です。つまり、まちがった使用法をとるとパソコンに被害が出てしまうかもしれません。もっともそんなに複雑なことは行わないため、間違えることはおそらくないと思います。

インターフェイスがわかりやすいEaseUS

EaseUSもHDDのRAW状態への対策として一般的に使われるフリーウェアです。EaseUSはデータ復旧を目的としたソフトであるため、TestDiskのように間違いが被害をもたらすこともありません。インターフェイスも直感的に分かりやすいため、TestDiskを使いづらく感じる人はこちらを使いましょう。

Windowsを強制終了する方法!パソコンがフリーズした時の対処法 | MensModern[メンズモダン]

RAW状態からの復旧方法その2:シェアウェアで復旧

AcronisDiskDirectorでPCも快適に

AcronisDiskDirectorを使えば、RAW状態の原因を取り除きディスクドライブを元通り使用できるようになります。加えて、ディスクドライブのパーティション管理などの機能によりPCパフォーマンスを改善できるため、RAW状態の解決以外の目的がある方におすすめです。ちなみに、体験版を無償で使用することができます。

削除したデータも復旧できるデータリカバリー

データリカバリーはRAW状態の復旧に使えるだけでなく、削除したファイルを元に戻したりもできます。RAW状態からの復旧以外にもファイル復元機能に魅力を覚える方なら購入してみてもいいかもしれません。データリカバリーも無料体験版が公開されているため、使って感触を確かめてみることをおすすめします。

RAW状態からの復旧方法その3:HDDのフォーマット

重要なデータが無ければフォーマットも

もしもRAW状態になっているディスクドライブに重要なデータが入っていないなら、ディスクドライブをフォーマットすればRAW状態を解決できます。ディスクドライブをフォーマットすれば位置情報も全てリセットされるため、正常な状態に戻すことができます。当然、フォーマットすればデータは全て消えてしまうため注意して行なってください。

フォーマッタが必要な時もある

場合によってはwindowsに備え付けられているフォーマット機能が使えない時もあります。原因はパーティションテーブル(ディスクドライブ内のパーティション情報をまとめた情報)に異常が起きていることが考えられます。そのような時にはフォーマッタ(フォーマット専用のプログラム)を使ってフォーマットしましょう。

HDDをフォーマット・復元する方法!認識しない時の対処法は? | MensModern[メンズモダン]

RAW状態からの復旧方法その4:PC修理サービスを使う

メリットは時間を節約できること

もしも時間がなかったり、問題が複雑で手に負えそうになかったらPC修理サービス業者に頼むのも一つの方法です。お店にパソコンを預けて修理を頼む形式になります。 業者によっては早いところでは1時間かからないところもあります。うっかり壊してしまいそうだったら無理をせずに専門家に頼みましょう。

予算はどのくらい?

データ復旧はパソコンの頭脳ともいえるHDDに関係するため、それなりの金額がかかります。相場としては3万円から4万円くらいかかることを心得ておきましょう。 ほとんどの業者は最初に見積もり金額を出してくれるため、電話で相談しておけば相場を知ることができます。もしもデータの内容がそこまでお金を出すものでないならば、自分でチャレンジするか新しく買いましょう。

パソコンだけじゃない!RAW状態が起こるその他の機器

RAW状態が起こる機器その1:USBメモリ

USBメモリもHDDと同じくRAW状態になることがある記録媒体です。解決方法もHDDと同じで、ソフトウェアを使った復旧を行うか、あるいはフォーマットすればまた元の通りに使えます。安全な取り外しを行わずそのまま引き抜いてしまったことが原因となって、USBメモリのRAW状態が発生することがあります。

RAW状態が起こる機器その2:外付けハードディスク

外付けハードディスクもパソコンのHDDと仕組みが同じため、RAW状態が起きる可能性があります。外付けハードディスクのUSB端子を差し込んだ時にフォーマットするかどうかの警告文が出たら、RAW状態を疑いましょう。対処方法もパソコンのHDDと同じくソフトウェアを使った解決方法またはフォーマットを行う解決方法をとりましょう。

RAW状態が起こる機器その3:SDカード

SDカードもRAW状態による読み取りの不具合が起きることがある記録媒体です。SDカードのRAW状態の場合も原理はパソコンのHDDと変わらないため、対処方法はパソコンのHDDに行う方法がそのまま使えます。SDカードを差し込んだ時にフォーマットするか問いかける警告文が出る、ファイルにアクセスできないといった症状が出たら、RAW状態への対処をしましょう。

外付けHDDのおすすめは?用途別の選び方や売れ筋をランキングで紹介 | MensModern[メンズモダン]

備えあれば憂いなし!HDDのRAW状態への対策

バックアップデータをとっておく

RAW状態はデータエラーによって起こるため、残念ながら有効な予防方法は存在しません。ただ、あらかじめデータのバックアップを取っておけば、RAW状態を起こした時の被害も少なくてすみます。重要なデータは複数の記録媒体に記録を取ってバックアップをしておきましょう。RAW状態以外のリスクも回避できるためおすすめです。

HDDのRAW状態からの復旧の注意点

復旧ソフトとの相性がある

パソコンによっては1つの復旧ソフトが効果を持たない時もあります。エラーの種類によるものかパソコンとの相性によるものかはわかりませんが、別の復旧ソフトを使えば簡単にRAW状態が解消できたという事例もよく聞きます。まずはフリーウェアを試して効果がなければシェアウェアの使用を検討してみましょう。

辛抱強く複数の手段を試していこう

RAW状態になったドライブによっては、中に膨大な量のデータが入っていることもあります。ソフトウェアはドライブの復旧を行うときにデータを移し替えて作業を行うため、ドライブ内のデータが多いと、けっこうな時間がかかってしまいます。復旧作業を行うときは時間に余裕を持って辛抱強く行いましょう。

USBメモリをフォーマットする方法!間違えた時に復旧させる対処法は? | MensModern[メンズモダン]

これでHDDがRAW状態になってももう大丈夫!

HDDやそのほかの機器がRAW状態になってもそれほど深刻な事態ではないこと、おわかりいただけたでしょうか。内部機器が壊れたわけではないので、適切な対処を行えば愛用の機器を使い続けることができます。HDDがRAW状態になる事態はいつ起こるかわからないだけに、普段から対策を学んでしっかり備えておきたいですね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ