ハロウィン工作の作り方!簡単手作り小物・装飾が子供でも作れる?

街中ではハロウィンムードが濃くなってきました。子供たちにとってハロウィンのイベントに欠かせないのは工作。イベントが楽しみな一方で、工作が苦手だったり、どんなものを作っていいのかわからなくて困っていませんか?子供でも簡単に作れるハロウィンの工作をまとめました。

目次

  1. ハロウィンの工作!何が作りたい?手作りしたいものをスケッチしよう!
  2. ハロウィンの工作!子供でも簡単に作れる折り紙5選
  3. ハロウィンで簡単に作れる工作!折り紙を使って切り絵づくり!
  4. ハロウィンで簡単に作れる工作!トイレットペーパーの芯を使ったミイラ作り!
  5. ハロウィンで簡単に作れる工作!空き箱を使ってかわいいミイラを手作り!
  6. ハロウィンで簡単に作れる工作!風船を使って手作り!
  7. ハロウィンで簡単に作れる工作!モールを使って楽しく手作りしちゃおう!
  8. ハロウィンで簡単に作れる工作!どんぐりを使ってかわいいおばけを手作り!
  9. ハロウィンで簡単に作れる工作!ビニール袋を使ってジャック・オ・ランタンを手作り!
  10. ハロウィンで簡単に作れる工作!観賞用のかぼちゃでキャンドルホルダーの手作り!
  11. ハロウィンで簡単に作れる工作!ろうそくを使って手作りキャンドル!
  12. ハロウィンで簡単に作れる工作!ストローを使ってかわいいコウモリを手作り!
  13. ハロウィンで簡単に作れる工作!粘土を使ってかわいいおばけの手作り!
  14. ハロウィンで簡単に作れる工作!牛乳パックを使って手作り!
  15. 【まとめ】子供でも簡単に作れる手作り工作で楽しくハロウィンを盛り上げよう!

ハロウィンの工作!何が作りたい?手作りしたいものをスケッチしよう!

今や、クリスマスに次ぐ大きなイベントとなったハロウィン。子供たちにとっても、ハロウィンデーである、10月31日は楽しみな1日となることでしょう。そして、ハロウィンでのパーティやイベントで欠かせないのが、自分たちで作る工作や、装飾品の手作り作業ではないでしょうか。

とっても楽しいハロウィンのイベントやパーティ。しかし、パーティやイベントをを開くにあたって、どのような装飾品の材料を買って、どんな装飾品を作ればよいか悩んでいませんか?また工作が苦手という方も多いのではないでしょうか。

装飾や工作の手作りをしてみたいと思うのならば、まずはハロウィンのイベントやパーティをどのような雰囲気にしたいのか、どんな色や形の装飾を作りたいのか、どんなハロウィンの工作を作ってみたいのかを、あなたなりのハロウィンをイメージしてスケッチしてみてはいかがでしょうか。

既に、ハロウィンのイベントやパーティに参加している自分を思い描きながら描くとイメージがわきやすくなってくると思います。その場にいるような雰囲気で楽しんでスケッチしてみると、ハロウィンの工作アイデアが浮かびやすくなりますよ。難しく考える必要はありません。

ハロウィンの飾り付けをおしゃれに!手作り・100均おすすめアイデア集 | MensModern[メンズモダン]

ハロウィンの工作!子供でも簡単に作れる折り紙5選

手作り小物としての工作で、最も多く使われるのが折り紙。折り紙は刃物や火などを一切使わないので小さい子供でも、安全に作れて簡単にできるし、お金もかからないというメリットがありますよね。

そんな折り紙は、ハロウィンでも大活躍しちゃうんです。ハロウィンに関する折り紙のレパートリーも、豊富にあって、装飾や工作の応用も幅広く活用出来ます。初心者の方や小さい子供にも簡単に作れるハロウィンのお化けの折り方をご紹介します。

子供でも簡単に作れるハロウィン工作!折り紙でかぼちゃのお化けを作ろう!

【用意するもの】オレンジ色の折り紙1枚、黒の折り紙1/4にしたものを2枚【作り方】①オレンジ色の折り紙を三角に折る。②更にもう1回三角に折る。③三角に折った部分を四角に広げる。

④反対側も③と同じように広げる⑤右側の部分を左側に倒し左上の部分を三角に織り込む⑥下の部分を三角に織り込む⑦上下織り込んだ部分を右側に戻し左側の部分も⑥と同じ要領で織り込む。

⑦ひっくり返して四面ともに三角に織り込んでセロハンテープかステックのりなどで貼り付ける。⑧黒の折り紙で目と鼻と口を作り、貼り付ける。黒の折り紙がなければマジックなどで顔を書いてもかわいくなります。

かぼちゃがかぶる帽子【用意するもの】黒の折り紙1/4枚【作り方】①黒の折り紙を白色の部分が表に出るようにひっくり返し、上の部分を左に織り込む②右も同じように三角に織り込む③下の部分を三角に織り込む④ひっくり返して、下の部分を2回ほど織り込んでいく。

③折った部分をステックのりで貼り付ける④帽子をかぼちゃお化けの頭の部分に帽子を貼り付けて完成です。折り紙を折るだけなので、子供でも簡単にできますよ。パーティなどの飾りつけなどにいくつか作っておくと良いアクセントになります。

子供でも簡単に作れるハロウィン工作!折り紙でこうもりを作ろう!

【用意するもの】黒の折り紙1枚【作り方】①折り紙を半分に折って折り目をつけたらひっくり返して白い部分を表に出す。②三角に折り込む。③上の部分を下に折り込む。④右側の部分を下に折り込む。

⑤左側も同じく下に折り込む。⑥右部部分を上に折り返す。⑦左も同じように上に折り返す。⑧真ん中の三角の部分を下に折り込む。

⑨黄色の折り紙などを使って、目の部分を貼り付けて完成です。こちらもハロウィンのパーティの飾りつけなどにぴったりです。親子で作っても楽しいですよね。

子供でも簡単に作れるハロウィン工作!折り紙でおばけを作ろう!

【用意するもの】白の折り紙1枚【作り方】折り紙を半分に折って折り目をつけておく。②左上の部分を折り込む。③同じように右側も折り込む。④左下側を上に折り込む。⑤同じく右側も上に折り込む。

⑥左下側の部分の袋を開いてつぶす。⑦同じく右側も袋の部分を開いてつぶす。⑧左下の部分を後ろ側に折る。⑨同じく右側も後ろ側に折る。⑩左下に三角に折り、手の部分を作る。⑪同じく右側も下に折り込む。⑫頭の部分を後ろに折り込む。⑬下の部分を斜め上に折る。⑭先っぽを下に折り返す。

⑮ペンなどで顔を書いて完成です。たくさん作って顔の表情を色々変えてハロウィンのパーティの飾りつけをしても楽しめると思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

子供でも簡単に作れるハロウィン工作!折り紙でガイコツを作ろう!

【用意するもの】白の折り紙1枚【作り方】①縦と横に折り目をつけておく。②左下の部分を真ん中に向けて三角に折り込む。③右下も同じように真ん中に向けて三角に折り込む。④頭の部分を下に折り込む。⑤あごの部分を段折りする。

⑥裏返して⑦あごの部分を段折りしていきます。⑧段折り下部分をのり付けします。⑨顔を書いて完成です。

子供でも簡単に作れる!折り紙でほうきに乗った魔女を作ろう!

【用意するもの・魔女】黒の折り紙1枚【作り方】①三角に折り、折り目をつけて戻す。②左側を三角に折る。③右側も三角に折る。④三角になっている上の部分の真ん中に折り目をつけて戻す。⑤下の部分を三角に折る。⑥三角の上の部分から④で折り目をつけた部分までの真ん中に折り目をつけて戻す。⑦左側から真ん中の部分を三角に外側へ折る。⑧右側も同じように外側へ三角に折る。

⑨左側から開いた部分の袋を折ってつぶす。⑩右側も同じように袋の部分を折ってつぶす。⑪左側に倒す⑫真ん中から少し上の部分を折り目をつけて戻す。⑬⑫からすぐ上を斜めに折り目をつけて戻す。⑭⑬の部分を開いてつぶし折り曲げる。⑮訳5mm間隔に2回くらい折り込む。⑯向きを変えて、のり付けをする。⑰顔を書いて魔女の完成。

【用意するもの・魔女のほうき】オレンジ色の折り紙1/2枚【作り方】①オレンジ色の折り紙1枚を4つに折り目をつけて戻す。②折り目を付けた部分に沿って、はさみでカットする。③折り目をつけた部分から更に半分のところで折り目をつけて戻す。1/4ずつ折り目がついてる状態にします。

④上下ともに真ん中に折り込み、右側の部分を段折りにする。⑤更に内側に折り込み、段折りになっている部分の袋を開いてつぶす。右側が台形のような形になるようにする。ほうきの完成。作っておいた魔女の下の部分に挟み込むようにしてほうきを入れる。内側を糊付けしたら、ほうき乗った魔女の出来上がりです。

ハロウィンのおばけの種類・仮装まとめ!キャラクターの名前や衣装も紹介 | MensModern[メンズモダン]

ハロウィンで簡単に作れる工作!折り紙を使って切り絵づくり!

折り紙の工作を5つご紹介しました。こちらでは折り紙でできる切り絵のご紹介をします。切り絵にするために必要な基本の6つ折りが出来れば、きれいに切り絵が出来るのをご存知でしょうか。基本の6つ折りをマスターして、ハロウィンの工作のレパートリーを増やしましょう。

まずは折り紙を1枚用意します。①裏返して三角に折ります。②更に三角に折ります。③折り目をつけて戻します。④上から底部に合わせて折ります。⑤更に下に折ります。⑥折り目をつけて戻します。⑦上から一番下の折り目に合わせて折ります。⑧折り目をつけて戻します。

⑨上から2番目の折り目の端っこと真ん中を結んだ線に合わせて折ります。⑩左も⑨と同じように折っていきます。⑪下書きをしていきます。この時あまり上の方に書かないように。⑫下書きの線に沿って切り落としていきます。⑬広げて完成です。

ハロウィンらしくオレンジ色の折り紙にしてみましたが、紫や赤などを使ってみても良いでしょう。ハロウィンのパーティの装飾品として使用する場合は、台紙などに貼っておくことをおすすめします。

ハロウィンで簡単に作れる工作!トイレットペーパーの芯を使ったミイラ作り!

トイレで使った後のトイレットペーパーの芯、気づいたらトイレで散乱していたなんてことはありませんか?実はトイレットペーパーもハロウィンの工作にはうってつけの材料になってしまうんです。トイレットペーパーの芯でお金のかからないかわいいミイラの工作をしてみませんか?

【材料2個分】トイレットペーパーの芯3本、トイレットペーパー、ステックのり、はさみ【作り方】①手の部分をつくります。トイレットペーパーに腕を2本描いて切り取る②腕の部分約5mmのところを折り曲げる②別のトイレットペーパーの芯の真ん中あたりにステックのりで貼り付ける。

④トイレットペーパーは細切りにしておく。⑤トイレットペーパーの芯の表面ににスティックのりを塗る。⑥④をねじってトイレットペーパーの芯の周りにクルクルと貼っていく。⑦腕の部分にもクルクルとトイレットペーパーを張っていく。⑧目を折り紙などで作り、貼り付けて完成です。目玉はマスコットなどに使われる動く目玉シールを使っても面白いでしょう。

ハロウィンで簡単に作れる工作!空き箱を使ってかわいいミイラを手作り!

上記ではトイレットペーパーを使ったミイラづくりをご紹介しましたが、もっとリアル感を出したい!という方は、もう少し大きめの箱に包帯や白い布を細く切って箱に巻き付けても良いでしょう。箱の形は四角はもちろん、円筒状の缶でできたものでもリアル感が出せると思います。木箱でも問題ありません。お好きな箱でいろんなミイラを作ってパーティーで楽しむのも良いでしょう。

ハロウィンで簡単に作れる工作!風船を使って手作り!

【用意するもの】白の風船(お化け)オレンジ色の風船(かぼちゃ)黒の風船(コウモリ)、油性マジック、サインペン、色画用紙(または折り紙)①風船を膨らましてから、好きな顔をサインペンや油性マジックで描く②オレンジ色の風船に色画用紙や折り紙で作った帽子をセロハンテープなどでつけて完成です。

ハロウィンで簡単に作れる工作!モールを使って楽しく手作りしちゃおう!

こちらでは、棒付きのキャンディにモールをつけた蜘蛛の工作をご紹介します。棒付きキャンディはハロウィンが終わった後に美味しく召し上がれますよ。

【用意するもの】蜘蛛1匹分:黒のモール4本、棒付きキャンディー(チュッパチャップスが最適)1本【作り方】棒付きキャンディの付け根のところにモールを2回巻いていく(モールの真ん中をしっかり合わせて巻いていくのがポイントです)

②①と同じような要領でモール3本も巻いていきます。モールを並べて巻くのではなく、重ねて巻くこともポイント。蜘蛛らしく見えますよ。③動く目のシールを貼るか、折り紙などで目を作って両面テープで貼っても良いでしょう。

ハロウィンで簡単に作れる工作!どんぐりを使ってかわいいおばけを手作り!

どんぐりでハロウィングッズの工作!その前に

秋になると公園などにいくと転がっているどんぐり。拾って飾りにしたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。ハロウィンの工作にももちろん応用ができます。ただ、衛生面の上でどんぐりを使って工作をする前にまずはしておくことがあります。それは殺虫殺菌です。小さいお子様が触れても良いようにしっかりと殺虫殺菌をしておきましょう。

大量のどんぐりを拾ってきたら…。まずは軽く水洗いした後に蒸し器に水を張ります。どんぐりは布でしっかり包んで5分から10分蒸すようにします。それ以上蒸し続けると柔らかくなりすぎてしまい、工作ができないので注意をしましょう。

またどんぐりは冷凍保存をすることによっても殺虫殺菌もできます。冷凍保存をする場合もまずは水洗いをしてから、ジッパー付きのビニールなどに入れて冷凍保存と良いでしょう。

どんぐりでハロウィン工作!好きな顔を描いてみよう

どんぐりの殺虫殺菌が済んだら、工作開始!そのまま油性ペンで顔を描いても良いし、絵の具を塗ってから輪郭を描いても良いでしょう。絵の具の種類はアクリルがおすすめです。

どんぐりでハロウィン工作!ハロウィンリースを作ってみよう

【用意するもの】100均リース1つ、リボン1本、鑑賞用のカボチャ2~3個、どんぐり適量、松ぼっくり(なくても可)4~5個、フェークグリーン適量、小枝(あれば)適量、乾燥ネット1つ、グルーガン、木工用ボンド、油性ペン白と黒各1本ずつ

【作り方】①リースにリボンを巻き付けて上で結ぶ。②リボンの長さを調整し、長い部分をカットします。③グルーガンを使って小物を貼り付けていきます。カボチャなどの大きい小物を最初に貼り付けてリースの全体的なバランスを見ます。④大きい小物を貼り付けたら、どんぐりなどの小さい小物を貼り付けていきます。この時もリース全体のバランスを見ながら位置を調整してください。

ハロウィンリースの作り方!100均・折り紙で簡単おしゃれに手作り | MensModern[メンズモダン]

ハロウィンで簡単に作れる工作!ビニール袋を使ってジャック・オ・ランタンを手作り!

ハロウィンの主役と言えば、カボチャで作るジャック・オ・ランタン。本物のカボチャでの工作が難しいという方はおうちにあるビニール袋で、なんちゃってジャック・オ・ランタンを工作してみてはいかがでしょうか。

【用意するもの】黄色またはオレンジ色のビニール袋、新聞紙、タコ糸または麻ひもなど(長めのものを用意する事)、黒のビニールテープまたはマスキングテープなど、はさみ。

【作り方】①ビニール袋の底をひもで縛り、縛った部分を中に押し込むように裏返します。②新聞紙を丸めてビニール袋の中に入れます。この時新聞紙をカボチャっぽい形に整えておくと良いでしょう。③タコ糸や麻ひもの真ん中部分で袋の入り口を縛ります。

④縛った口から底の方にかけて2本で十字に交差させて、上の縛った口で一旦結びます。これをあと3回ほど繰り返します。ひもはきつめに交差させるのがポイントです。⑤上の袋の入り口の余った部分をカットする。カボチャの茎の部分になります。⑥テープで目と鼻と口をビニールのカボチャに貼って完成です。

ジャック・オ・ランタンと言えばハロウィングッズでも代表格と言えますよね。おうちにあるビニールを使ってジャック・オ・ランタンが簡単に作れますので、試してみてください。インテリアにもとっても合いますよ。

ハロウィンで簡単に作れる工作!観賞用のかぼちゃでキャンドルホルダーの手作り!

9月を過ぎるとお花屋さんなどではすでに、ハロウィンの鑑賞用のカボチャが販売されていますよね。ただただ買ってきてかぼちゃを飾るだけでは物足りない!と思っていませんか?ハロウィンの鑑賞用のかぼちゃで楽しい工作が出来ちゃうんです!鑑賞用のカボチャで今年のハロウィンのパーティーのランクを上げてみませんか?

【用意するもの】鑑賞用のカボチャ、キャンドル【作り方】①鑑賞用のカボチャの上部をカットします。(切る作業は大人の方が行ってください。)②切り抜いたカボチャをキャンドルの大きさに合わせて丸く切り抜き、種を取り除きます。

③くり抜いた部分にキャンドルをはめ込めば出来上がり。キャンドルはLEDのものを使用すればお子さんでも安心して工作ができますよ。カボチャの鑑賞が終わる、10月31日のハロウィン本番に工作をするのがおすすめです。

ハロウィンのかぼちゃランタンの作り方!使用する種類や由来も紹介 | MensModern[メンズモダン]

ハロウィンで簡単に作れる工作!ろうそくを使って手作りキャンドル!

こちらは、火を使うので必ず大人の方が目を離さないようにお願いします。初心者の方でも簡単にできるキャンドルです。ハロウィン前のお休みの日に、親子で工作してみてはいかがでしょうか。

【用意するもの】鍋(ろうを溶かすのに必要です)、ろうそく、クレヨン(2色を用意し砕いておく)、ガラス耐熱容器、タコ糸、クリップ、割り箸【作り方】①鍋でろうを溶かします。(ろうを溶かす作業は大人の方と一緒に行ってください。)②①の鍋の中にタコ糸を入れ、ろうをしみ込ませ、タコ糸を真っ直ぐにします。

③②のろうをしみ込ませたタコ糸にクリップをつけて、ろうそくの芯が完成。④③の芯はクリップがあるほうを瓶の中に入れ、割り箸を挟んでおきます。⑤砕いておいたクレヨンを①の鍋で溶かしておいたろうに入れて着色をします。

⑥そっと瓶にろう液を流し込み、30分ほど冷やし固めます。⑦もう1色ろう液を作り、⑥が固まったら⑥の上に静かに流し込みます。⑦しっかり冷やし固めて、キャンドルの完成です。クレヨンの色は何色でもOKですが、ハロウィンのイメージカラーと言えば、オレンジ色、黒、紫。2色でご紹介しましたが、この3色で作っても、ハロウィンとしてのイメージになりますよね。

ハロウィンで簡単に作れる工作!ストローを使ってかわいいコウモリを手作り!

ハロウィンパーティの縁の下の力持ちでしょうか。飲み物を引き立てる、ストローにもさりげない演出をしてみてはいかがでしょうか。こちらではストローを使った子供でも簡単にすぐできる工作をご紹介します。

【用意するもの】ストロー、黒のリボン、動く目玉、ピンキングバサミ、ボンド、ピンセット、はさみ、メタルスタッズ(なくても可)【作り方】①ストローにリボンを2回巻いて結ぶ。②はさみでリボンの両端を斜めにカットする。③リボンの結びめの反対側にひっくり返し、(あれば)メタルスタッズをシルバー、黒の順に真ん中に貼り付ける。④動く目玉を貼り付けて完成です。

目玉は貼る位置を変えると違った表情が楽しめますよ。簡単に作れるので、ハロウィンパーティにたくさん作って演出してみてはいかがでしょうか。

ハロウィンで簡単に作れる工作!粘土を使ってかわいいおばけの手作り!

画用紙や折り紙でのハロウィンの工作をご紹介しましたが、もっと立体感をが出る工作がしたいという方は紙粘土や軽量粘土を使った工作はいかがでしょうか?10月いっぱいまでのインテリアとしてはもちろんのこと、ハロウィンパーティにももちろん演出ができるのでおすすめです。

【用意するもの】紙粘土または軽量粘土白のタイプ、絵の具(アクリルのものがおすすめです)、水性ニスかラッカー。【作り方・ジャック・オ・ランタン】①粘土適量を取って、丸めます。②ヘラや先のとがったもので、粘土に線をいれてくぼみを立てに6か所付けて行きます。③2~3日くらい乾燥させます。

④絵の具を使って色付けをしていきます。この時、竹串やつまようじなどで底の部分を刺して塗るようにすると手が汚れずに済みます。絵の具はいきなり多量をつけるのではなく、少しずつ重ね塗りをするときれいに仕上がります。⑤約1日から2日にかけて絵の具を乾かします。

⑥絵の具が乾いたら、ヘタになる部分に色付けをしてからボンドでカボチャ本体にくっつけます。⑦ボンドが乾いたらニスかラッカーで艶出しをします。⑧1日乾かします。⑨乾いたら油性ペンで顔を描いて完成です。ジャック・オ・ランタン以外にももちろん応用できますので、好きなお化けを紙粘土で工作してみてくださいね。

ハロウィンで簡単に作れる工作!牛乳パックを使って手作り!

ほぼ食生活に欠かせない牛乳ですが、牛乳パックをそのままリサイクルに出すのはちょっと待って!牛乳パックでもハロウィングッズが作れてしまうんですよ。牛乳パックを使った簡単にできる、ハロウィングッズの工作をご紹介します。

【用意するもの・ハロウィンバッグ】牛乳パック、色画用紙(オレンジ、黒、紫、白)各1枚ずつ、カッター、はさみ、のり、両面テープ、黒油性マジック、ペンタイプの修正液

【作り方】①牛乳パックを底の部分から20㎝くらいを残してカットします。この時、1か所だけバッグの持ち手となる部分を残しておきましょう。持ち手の幅は5㎝~8㎝くらいが最適です。

②持ち手を含む、周囲に紫色の色画用紙を貼っていきます。③持ち手を反対側の側面に持っていき、ホチキスで止める。④ハロウィンの主役であるジャック・オ・ランタンの絵をオレンジ色の色画用紙に下書きをします。⑤黒の画用紙にコウモリのイラストを下書きします。

⑥白の画用紙にお化けの下書きをします。⑦それぞれに黒の油性ペンで輪郭をつける、コウモリのイラストは白の修正ペンで輪郭をつけます。⑧できたイラストははさみでカットします。⑨カットしたジャック・オ・ランタンやお化けを牛乳パックの側面にそれぞれのり付けして完成です。

ポイントは、ハロウィンらしさを出すために、色画用紙をオレンジ色、黒、紫を使用するということでしょうか。もちろん、他の色やキャラクターを使用しても面白いでしょう。ポップで斬新なあなただけのハロウィンバッグの工作をしてみてはいかがでしょうか。

【まとめ】子供でも簡単に作れる手作り工作で楽しくハロウィンを盛り上げよう!

今回はハロウィンにちなんだ、子供はもちろん大人の方でも楽しく、簡単に作れる工作をご紹介しました。この数年では10月末の週末ともなると、ハロウィンパーティをする家庭が増えてきましたよね。

パーティの飾りつけや工作を親子で楽しむのも良いと思います。また、工作の苦手なお子さんはもちろん初心者の方でも、とても簡単に作れるものばかりなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

また工作が苦手という方は、色合いをオレンジ色、黒、紫という3色を基準に組み合わせてコーディネートをする意識を持つことで、ハロウィンらしい雰囲気が出て、工作の失敗が少なくなりますよ。

気を付けてほしいのは、火や、カッターやはさみ、包丁を使う危険な作業がある工作は、大人の方が一緒に作業をすることを心がけてください。くれぐれも怪我をしないように気を付けて楽しい工作をしてください。手作りのハロウィングッズで、素敵なハロウィンを過ごしてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ