タープのおすすめランキング!人気ブランドやメーカーを価格・種類別に紹介

キャンプでタープあれば格段に快適に過ごすことができるって知っていましたか。テントとセットで準備しておきたいタープ。どんなブランドがおすすめなのでしょうか。また価格はどのくらいするのでしょうか。タープの種類別におすすめブランドを調査してみました。

目次

  1. キャンプを楽しむなら必須のタープ!
  2. タープの種類を紹介
  3. タープおすすめの選び方
  4. 初心者におすすめのタープブランドは?
  5. おすすめタープブランド:コールマン
  6. おすすめタープブランド:ロゴス
  7. おすすめタープブランド:モンベル
  8. おすすめタープブランド:スノーピーク
  9. おすすめタープブランド:キャンパルジャパン
  10. おすすめタープブランド:ドッペルギャンガー
  11. その他おすすめタープブランド
  12. 価格別おすすめヘキサタープ
  13. 価格別おすすめスクエアタープ
  14. 価格別おすすめスクリーンタープ
  15. おすすめワンタッチタープ
  16. タープで快適アウトドアライフを!

キャンプを楽しむなら必須のタープ!

キャンプが気軽に出来るようになったので、休みとなるとデイキャンプや泊まりキャンプに出掛ける人が増えました。キャンプと言えばテントのイメージがあると思いますが、テントは主に寝るための場所です。食事をしたりくつろいだりするリビングの役割をするのがタープです。一日の内、かなりの時間利用するので、重要な役割ですよね。

紫外線を防いだり、雨除けにもなるのでぜひ一つもっておくべきアイテムです。タープがあればキャンプも断然快適に過ごすことができるのですから。そんなタープですが、種類も色々、価格も色々でどれにするか決めかねている人もいるかもしれません。これからタープの種類や、価格、おすすめの人気ブランドについて紹介していきます。

タープの種類を紹介

ヘキサタープ

タープの主流といえるのがヘキサタープです。上から見ると六角形(ヘキサゴン)の形で、設営も手軽なので人気があります。慣れれば一人でも張ることができるので、初心者でもおすすめですよ。風にはあおられやすいので風の強い日は注意が必要です。

2本のポールと1枚の大きな布で出来ているので、軽量で持ち運びに便利な点がおすすめ。張り方も、全体を低くしたり1本を高く1本を低くしたり、アレンジできるのも嬉しい点です。サイドはがらあきなので、強風や横殴りの雨には対応できません。寒い時期には向かないので、春・夏・秋におすすめです。

2本のポールで支えるため、布はあまり大きくなく大人数キャンプには向かないでしょう。家族キャンプには解放感抜群の自然を味わえる、最高のリビングが出来あがりますよ。

スクエア(レクタ)タープ

スクエアタープは長方形の大きい布を6本のポールで支えるタープです。ポールが多い分、ヘキサタープよりは重量が重くなり持ち運びは大変かもしれません。張るのも数人で協力して立てる必要があります。ですが、ヘキサタープより大きな空間を確保できるので、大人数のキャンプにはおすすめです。

リビング・ダイニング・キッチンの役割を果たせる大きさなので、料理も会話も楽しめますよ。中にはテントとの連結や、張り方のバリエーションを変えられるタイプあるので、様々な形で利用することができそうです。ただ、スクエアタープもサイドは解放されているので、横に吹き付ける雨や風を防ぐ効果がありません。

スクリーンタープ

スクリーンタープは床のないテントのような形状で、サイドも覆われているタイプのタープです。設置は他のタープに比べるとやや難しく、初心者は手間取ってしまうかもしれません。ですが、雨風を避けることができ、出入り口もふさげば虫が入るのも防げるので夏の蚊の多い時期にはおすすめです。

寒いときはサイドを閉めて、暑いときはメッシュタイプの窓や入口を利用して快適に過ごしましょう。同じブランドなら、テントと連結できるものもありリビングと寝室(テント)のように使うこともできるので人気です。風や寒さを防げる点はよいのですが、他のタープより解放感には劣ります。最近はサイドをフルオープンできるタイプもありますのでおすすめです。

ワンタッチタープ

ワンタッチタープはその名の通り、ワンタッチ式で開くことができるタープです。設営は数分で完成。ポールとフレームが一体化していて、フレームを開き、布をかけ、ポールを伸ばす、の3段階でOK!女性でも簡単に設営できることで人気がでました。地面に固定しなくても自立するタープなので、手軽で初心者にもおすすめです。

ただ、ポールとフレームが一体化しているため、かさ張るのと重量が少し重くなっています。近くまで車で運べる場所や、駐車場から近い場所に設営できるキャンプ場が向いています。あまり長い時間持ち歩くと疲れてしまいますね。

コットン素材のタープまとめ!焚火や雨漏りも大丈夫なおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

タープおすすめの選び方

キャンプの仕方や行く人数によって、必要なタープの種類が変わってきます。少人数でキャンプすることが多い場合や、デイキャンプ中心の場合はヘキサタープがおすすめ。コンパクトに収納もできるので、フットワークの軽い人には利便性が高くおすすめです。

大人数でゆっくりキャンプ希望の人は、スクエアタープを選ぶとよいでしょう。広い空間を確保できるので、食事もおしゃべりもゆうくり楽しめるのでおすすめです。風に弱いですし、収納はコンパクトではありませんが、開放的で快適な空間が欲しい人には人気です。

解放感はあまりありませんが、居住性を求めるならスクリーンタープが人気です。プライベート空間を確保できますし、虫除けにもなります。寒いときは防寒もできるのであらゆるキャンプを想定している方にはスクリーンタープがおすすめです。

ワンタッチタープは設営簡単で、デイキャンプやガーデンパーティなどの日よけにはぴったりです。キャンプとなると風に弱く、応用がきかないので使い方が限られてしまいます。収納もコンパクトにならないので、車の側で張れる場所があれば便利です。普段の公園遊びやピクニックにも簡単に広げられる手軽さはあります。

初心者におすすめのタープブランドは?

欲しいタープの種類が分かったら、今度はタープ選びです。メーカーも数多くあるので、初心者が選ぶにはかなり迷うところです。有名なメーカーやアウトドアブランドであれば失敗はありませんので、自分の好きなアウトドアブランドをまずチェックするとよいでしょう。

価格も色々ですが、耐久性を考えるとそれなりの値段はすると思ってください。あまり安いものだと生地が薄かったりして、すぐに買い換えることになるかもしれません。あとは見た目の好みもあるでしょうから、気に入ったものを近くで見て品質を確かめるのがおすすめです。

おすすめタープブランド:コールマン

言わずと知れた有名なアウトドア総合メーカーコールマン。初心者でもこの名前は知っていることでしょう。キャンプ用品から、小物まで幅広く商品を取り扱っています。タープも簡単に張れておしゃれなものがラインナップされていておすすめのブランド。

ヘキサタープだけでもいくつか種類が分かれるほど、豊富なコールマンのタープ。同じ種類のテントと連結できるタイプもあって、広い空間を確保できる魅力的なタープが多いのでおすすめです。

おすすめタープブランド:ロゴス

ロゴスも有名なアウトドアメーカーです。ブランドロゴも有名ですよね。タープはお手頃価格で種類も豊富。キャンプのスタイルによって選ぶことができます。カラーが綺麗なのと、デザインもこだわりがあるので、自分流キャンプをしたい人にもおすすめなのです。

車とつなげられるカーサイドタープもあって、車でのキャンプがより快適になります。デイキャンプにも気軽に使えて、車が止められればどこでもキャンプできてしまいます。カーサイドタープなら、荷物の出し入れも楽々ですね。

おすすめタープブランド:モンベル

モンベルも聞いたことがない、って人がいないくらい有名な総合アウトドアブランドです。タープの種類も多く、耐久性も優れいていて人気のアイテムです。ミニタープはソロキャンプやツーリングでも持ち運べるコンパクトサイズで、どこへでも持って行けるおすすめタープです。

ファミリーや4,5人でキャンプする時ように、ヘキサタイプの大き目タープもあります。ヘキサタイプは先に書いたように風に弱いのですが、このヘキサタープは耐風性が考えられているので比較的風にも強く便利です。スクエアタープには大型があるので、大人数キャンプにも対応できます。

モンベルのタープやテントの生地には、どれも燃えにくい加工がしてあるので安心です。痛みやすいポールの接合部はステンレス金具を使って丈夫にしています。耐久性にもこだわっている作りなので、長く使えて経済的なのでおすすめですよ。

モンベルのタープ・ミニタープはHXが人気?張り方・活用術まとめ! | MensModern[メンズモダン]

おすすめタープブランド:スノーピーク

上級者キャンパーからも高い支持のあるスノーピークは、日本のアウトドアメーカーです。日本のメーカーなので、日本の気候を知り尽くしているわけで、それも考慮にいれた高品質のタープなのです。キャンプ場で目にするスノーピークのタープは、誰の目にもとまる美しいフォルムにもなっています。

テントと連結できるタープももちろんありますし、小型五角形タイプという珍しいものもあります。スクリーンタープの種類が豊富なのも特徴かもしれません。どれもお手頃、とは言えない価格ですが、耐久性と機能性を考えれば納得のいくものなのです。ブランド力も高いのでおすすめです。

おすすめタープブランド:キャンパルジャパン

キャンパルジャパンが運営するogawa(小川キャンパル)は、日本のアウトドアメーカーです。品質の高いテントやタープを製造している100年以上の歴史のあるメーカーで、2015年にキャンパルジャパンに事業譲渡して小川キャンパルから名称がキャンパルジャパンに変更された経緯があります。

キャンパルジャパンのテントやタープはクオリティの高さには定評があり、国産らしい丁寧な作りで耐久性にも優れています。元々テントの専門メーカーだったので、ボールの強度や生地の丈夫さ、縫製の技術などにはこだわりがつまっています。決して派手ではないデザインにも、職人のこだわりを見ることが出来ます。

上級キャンパーにも支持されている点からも、機能性と品質の高さがうかがえます。テントと連結できるタープや車に取り付けるカーサイドリビングもあり、居住性の高さの点から見ても活躍するタープが豊富にあると言えます。

おすすめタープブランド:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーアウトドアのタープはなんといっても目を引くポップなカラーリングです。女性キャンパーや若い世代にも受け入れられるおしゃれなタープが多くなっています。もちろん家族キャンプでも子供も喜ぶことも間違いなし。

比較的お手頃価格で、設置も簡単なタープが多く初心者にも優しい作りです。個性的なキャンプサイトを作ることができテントと合わせれば、広いキャンプ場で迷子になってもカラーリングを目印になるおすすめタープです。

その他おすすめタープブランド

キャプテンスタッグは、アウトドア・レジャー関連用品メーカーです。BBQコンロやアウトドア食器からはじまり、テントやシュラフ、テープも手掛けています。サイクリング用品やカヌー用品まで幅広いアウトドアブランドなのです。

タープの種類も豊富で、どの種類のタープもラインナップされています。グリーンやブルーの生地の色も綺麗で、珍しい白を使ったタープもあります。自分のスタイルにあったタープを購入すれば、快適なキャンプが約束されます。

価格別おすすめヘキサタープ

1万以下~3万のタープ

人気のブランドの中から紹介していきましょう。ロゴスのナバホTepeeブリッジヘキサは、ナバホ柄入りです。ナチュラルなカラーに水色のパイピングがおしゃれ。同じ柄のTepeeテントと連結ができるので、広々リビングになります。左右非対称なので、張り方もアレンジ自在ですよ。

モンベルのミニタープHXはシンプルで軽量、少人数のキャンプにはぴったりです。サイズが小さい分、価格もお手頃ですよ。ドッペルギャンガーアウトドアではカラフルなトリコロールタープがあります。キャンプサイトで目立つので、目印代わりにもなりますね。お手頃価格で、耐水性とUVカットも叶うのでお得感ありです!

3万以上のタープ

スノーピークのHDタープヘキサProセットは、LとMがあり、セットにしておくとペグハンマーやペグもついてきます。追加で購入する必要がないので便利ですよ。組み立てが簡単で、フォルムもかっこよく決まります。

コールマンのウェザーマスターは、耐水性が高く遮光性も高くなっています。通常のヘキサタープとやや立て方が違うので、色々な張り方が楽しめるヘキサタープです。直径30mmある極太アルミポールながらも、軽量に仕上げてあるので持ち運びにも便利です。

価格別おすすめスクエアタープ

1万以下~3万のタープ

モンベルのビッグルーフレクタは7,8人の大人数でも対応できる大きさで、3万以下というお手頃価格なのです。グループキャンプにも使えて人気です。中央が高くなる立て方なので、雨がたまることもなく快適なリビングとなるでしょう。ポールが別売りなので、注意しましょう。

3万以上のタープ

キャンパルジャパン(ogawa)のフィールドタープレクタはシンプルで、大人数で使いやすいスクエアタープです。元々テントメーカーなので、タープも丈夫ですし大人数対応できるスクエアタープは人気なのです。ポールはスチール製なので風にも強く、生地は紫外線カットも耐水性も優れています。

価格別おすすめスクリーンタープ

1万以下~3万のタープ

ロゴスのナバホラウンドタープは、ヘキサタープのナホバと同じ種類です。2人用と小ぶりですので少人数キャンプやピクニック、デイキャンプにおすすめです。同じナホバチェアーもあるので、セットで使うとよりおしゃれですね。

キャプテンスタッグのラニーメッシュは、タープには珍しい白のスクリーンタープです。グリーンに映えるので立てたときも美しいですよ。サイドメッシュシートを上げると、スクエアタープに早変わり!二役こなす優秀なタープです。

3万以上のタープ

コールマンのドームスクリーンタープは、4面のパネルをすべて解放することができます。フルオープンすると開放的で快適なリビングダイニングスペースとなります。テントとの連結もできるので、同じカラーで揃えるのはどうでしょうか。バーガンディとグリーンがありますよ。

キャンペルジャパン(ogawa)のドームシェルターラナは、出入り口以外はフルメッシュ仕様です。虫除けにはできるし風は通るし、いいことづくめです。サイドは張り出しや巻き上げが出来るので、すきな形にアレンジできます。全部閉めればプライベート空間も確保できるので便利ですよ。

おすすめワンタッチタープ

3万円以下

ワンタッチタープは比較的安値で手に入るタープです。アレンジ性は低いですが、ピクニックや運動会の日よけにも活躍します。ドッペルギャンガーのワンタッチクレイジータープはカラフルで目を引くワンタッチタープです。設営簡単なので、デイキャンプにもおすすめです。

コールマンのパーティーシェードは丸いドーム型のような形が特徴的で人気です。設営が簡単で見た目もおしゃれなのでおすすめですよ。タープのトップにはベンチレーションが装備され、BBQの煙や熱がこもらないようになっているのも嬉しいですね。

タープで快適アウトドアライフを!

キャンプにいってくつろげるかどうか、タープにかかっているといってもよいと思いませんか?これまで見てきたおすすめタープのうち、自分のキャンプスタイルに合ったものをぜひ手に入れてください。念願のタープを手に入れて、快適なキャンプライフを送りましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ