車庫飛ばしをご存知ですか。車庫飛ばしとは身近に起こる可能性があるのです。車庫飛ばしについて正しい知識を持ちうっかり車庫飛ばしにならないように気を付けましょう。車庫飛ばしをしてしまった場合などの罰則や罰金についてもご紹介。車両は正しい管理を行いましょう

車庫飛ばしとはなに?違反の罰則や正しい車両の管理方法についてまとめ

目次

  1. 車庫飛ばしとは?車の管理の方法について調査
  2. 車庫証明について
  3. 車庫証明が不要な地域もある!?
  4. 車庫飛ばしとは?
  5. 車庫飛ばしは違法!?
  6. 車庫飛ばしには罰金や罰則はある?
  7. ついうっかりじゃ済まない車庫飛ばし
  8. 中には悪質な車庫飛ばしがある!?
  9. 車庫証明の変更の手続きの方法
  10. 車庫飛ばしに関するまとめ

車庫飛ばしとは?車の管理の方法について調査

「車庫飛ばし」をご存知ですか?車の管理に関する言葉なのですが、その車庫飛ばしとは一体なんのことを表しているのか、そして車庫飛ばしをするとどうなるのかを調査しました。

車庫飛ばし、知らないからと言って「知らなかった」の一言では済まされないのです。そういった事態にならないように、車庫飛ばしについて知る必要があるのです。

モテる車ランキング!女性ウケ◎おすすめの「彼氏に乗ってほしい車」 | MensModern[メンズモダン]

車庫証明について

車庫証明についてですが、正式名称は「自動車保管場所証明」というもので、管轄の警察署に車両の保管場所を申請し確認を取ってもらうものです。

お車のお持ちの皆さんの大半の方が「車庫証明書」を取得しているでしょう。車庫証明書とは、車の保管場所を表す物です。自宅の駐車場や月極め駐車場などに、使用者の住民票を置いている場所から直線距離で2km以内に保管場所を設けないといけません。

自宅の駐車場ならほとんど問題はありませんよね。ですが、賃貸やマンション住まいの場合などは月極め駐車場を借りたりしないといけない場合がありますので、距離に関しては注意が必要です。さらに、車庫から道路への出入りが何の支障も無く行えることや、駐車スペースに収まり、なおかつ前後左右に約50㎝の余裕がある場所でないといけないのです。

おしゃれなガレージ集!車やバイク好きにはたまらない夢の暮らし | MensModern[メンズモダン]

車庫証明が不要な地域もある!?

実は、車庫証明ですが、全ての地域で全てに車種に必要なわけではないのです。普通車に関しては、保管場所が「村」の場合不要になります。軽自動車に関しては、東京や大阪の中心から30km外のところや人口10万人以下、県庁所在地ではない市などに保管場所がある場合は、車庫証明が不要となります。

ちなみに、一般的に車庫証明が必要なのは普通自動車で、軽自動車で必要なのは、車庫証明ではなく「保管場所届出」という車両の保管場所の届出が必要となります。

車庫飛ばしとは?

車庫飛ばしとは「車庫証明の場所以外に車を保管すること」

車庫証明について知識を得たところで本題の「車庫飛ばし」についてですが、車庫飛ばしとは簡単に言うと「申請した車庫証明の場所以外に車を保管していること」です。

近所の路上駐車はなぜ駐車違反ではないの?

都会では駐車違反で多くの方が、違反となり罰金などを受けていますが住宅街などでは路上駐車している車が多くみられます。ですが、なぜ車両の保管場がありながら路上駐車し自分の車両の管理を怠っているのに違反にならないのかをご存知ですか?

実は、「駐車違反」とは駐車してはいけない場所に駐車していることなのです。例えば標識や踏切内や線路内など坂に頂上やトンネル内など様々な規定がありそれ以外の場所に駐車している場合は駐車違反にはならないのです。

駐車違反にはならないが公道を保管場所としているなら車庫飛ばし

駐車違反にはならないのですが、昼間12時間以上夜間8時間以上公道に駐車しているもしくは、公道を保管場所として使用している場合は「車庫法違反」となり、車庫飛ばしと同等の罰則が与えられる場合もあるようです。

もちろんこれも立派な車庫飛ばしです。路上駐車は自分だけが便利なだけで他人にとってはとても迷惑な行為です。他にも道路交通法違反が適用される場合もありますので、しっかり車の保管場所の管理をする必要があります。

車庫飛ばしは違法!?

車庫飛ばしは違法行為である

車庫飛ばし、皆さんも経験ありませんか。車庫証明を取得している場所に車をいつも保管しているのであれば何の問題はありません。ですが、例えば友人から譲り受けた車などは車庫証明が前の使用者のままになっている可能性もあるでしょう。ちゃんとした手続きをしていない場合は、車庫飛ばしとなり違法となってしまうのです。

さらに、賃貸住まいの方は車の購入時に住んでいたアパートやマンションなどの駐車場のままに保管場所がなっていませんか。それも、車庫飛ばしとなるんです。車庫飛ばしとは違法行為であるにも関わらず身近な存在なのです。

車庫飛ばしには罰金や罰則はある?

車庫飛ばしは、立派な違法で罰則も罰金もある

車両の保管に関する法律があるのですが、虚偽の保管場所の申請をした場合は20万円以下の罰金、保管場所の不届けや虚偽の届出をした場合は、10万円以下の罰金、道路を車庫代わりに使用していた場合は、3ヶ月以下の懲役または20万円以下の罰金と違反点数3点の罰則、道路に長時間駐車していた場合は20万円以下の罰金と違反点数2点の罰則となります。

もちろんすぐに罰金や罰則や懲役刑になることは少ないでしょう。ですが、立派な犯罪行為となりますので、特に引っ越しなどの場合で保管場所が変わる場合は、車庫証明書を再度取得する必要があります。

ついうっかりじゃ済まない車庫飛ばし

車庫飛ばししない為には住所変更と共に車庫証明も新規取得する必要がある

車庫飛ばしは、先ほども紹介しましたが、ついうっかりでは済まされない違法行為なのですが、引っ越しの他に、好きな地域のナンバープレートなんていいなと思ったことありませんか。もちろん一時的に住民票を住んでる地域ではなく、別の場所に移して車庫証明を取ることも出来ます。

ですが、所有者の家などから2km以上離れた場所に車両の保管場所を確保することは違反となります。さらに、自動車税は車庫証明を取得した時の住所に送られてくるので手間になりますよね。

引っ越しなどで車両の保管場所が変わった場合は、引っ越しから15日以内に車両の保管場所の変更手続きが必要となります。後ほど車庫証明の手続きの方法もご紹介しますのでお早めに忘れず手続きするようにしましょう。

中には悪質な車庫飛ばしがある!?

悪質な車庫飛ばしは罰則も重くなる

車庫飛ばしは、違法行為なのですが罰則や罰金のところでも紹介しましたが、悪質な車庫飛ばしを行っている場合もあるのです。

例えば、自宅の車両の駐車スペースが1台しか停めることが出来ない場合は、そこに2台分の駐車は出来ませんよね。それなのに、以前登録していた車両を書類上廃車にし、新たにその場所で車庫証明を取得することは、悪質な違法な車庫飛ばしです。

他にも、ディーゼル車排気ガス総量規制条例から逃れる為に規制外の場所で車両を保管するための車庫証明を取得する場合も、悪質な車庫飛ばしとなります。

悪質な車庫飛ばしは他の罪にも問われることも

こういった悪質な車庫飛ばしは、公正証書原本不実記載等の罪に該当し「5年以下の懲役または50万円以下の罰金」となる可能性も大きいので注意が必要です。

車庫飛ばしを車の販売業者があっせんするところも!?

車庫飛ばしを実は、車の販売業を行う会社が悪質な車庫飛ばしをあっせんすることもあるそうです。車の販売を行う会社の目的は車を売ることなので車庫飛ばしを提案された場合は、断る必要があり正しい方法で車庫証明を申請するようにしましょう。

中には、書類の偽造を手伝わせる方法などを進めてくる業者もあるそうです。車庫飛ばしは、知らなかったでは済まされない違法行為なので、車の購入時に疑問に感じた場合は車庫飛ばしになる方法なのか調べたりする必要があります。

車庫証明の変更の手続きの方法

うっかり車庫飛ばしにならないように保管場所が変わったら車庫証明の取得を行おう

車庫飛ばしは何度も言いますが、違反です。車庫飛ばしに気付いた時点で、新たに車庫証明を取得する必要があるのですがその為の手続き方法をご紹介します。

車庫証明を取得する為に用意するもの

自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書・保管場所の所在図・配置図・保管場所使用権原疎明書面(自認書)この4つは自宅の敷地内などで取得する場合に必要なものです。

自宅の敷地内ではなく、月極め駐車場で車庫証明を取得する場合は、自動車保管場所証明申請書・保管場所標章交付申請書・保管場所の所在図・配置図・保管場所使用承諾証明書もしくは、駐車場の賃貸借契約書のコピーか駐車場使用料金の領収書や公的法人が発行する確認証明書などが必要となります。

注意点としては、訂正する場合は訂正印が必要な事、車庫証明書の交付まで3~7日程度日にちがかかることです。ちなみに、費用は手数料が約2,000円、交付された時に300円から500円程度必要となります。金額に関しては自治体などで異なります。

車庫証明の取得に関する用紙は、管轄の警察署でも受け取ることが出来ますが、警察署のホームページからダウンロード出来る地域もあるそうです。正しい方法と知識で車を管理するようにしましょう。

車庫飛ばしに関するまとめ

車庫飛ばしとは、車両の保管場所として申請している場所とは異なる場所に保管していることを表す言葉であり、その車庫飛ばしは違法であることがわかりました。車両の保管場所も所有者がしっかり管理必要があります。うっかり違反となって罰金や罰則といったことにならないように注意しましょう。


評価 3.6/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ