チーズの食べ過ぎのデメリットや量の目安についてまとめました。チーズの食べ過ぎは太る原因になったり、塩分過多になるなどのデメリットがあります。チーズを食べ過ぎないように量の目安を把握することで太ることや塩分のとりすぎを防げるので気をつけていきましょう!

チーズの食べ過ぎは太るだけじゃない?体への負担や摂取量の目安を調査!

目次

  1. チーズの食べ過ぎはデメリットがある?
  2. チーズには体に必要な栄養がたっぷり!
  3. 栄養豊富なチーズでも食べ過ぎは体に悪い
  4. デメリット1:チーズを食べ過ぎると塩分過多になる
  5. デメリット2:チーズを食べ過ぎると太る
  6. デメリット3:チーズの食べ過ぎは体臭の原因になる
  7. デメリット4:チーズを食べ過ぎると下痢になる
  8. デメリット5:吐き気や頭痛を起こすチーズの食べ過ぎ
  9. チーズを食べすぎない適正な量の目安は?
  10. チーズは内臓脂肪を減らすのに役立つ?
  11. 食べる前に知っておきたいチーズの種類
  12. ボリューム満点!トマトとチーズの煮込みレシピ
  13. ヘルシーで美味しい鶏胸肉のチーズピカタのレシピ
  14. お弁当にも最適!ササミとチーズの春巻きレシピ
  15. チーズの食べ過ぎを防ぎながら美味しくいただこう!

チーズの食べ過ぎはデメリットがある?

ついつい食べ過ぎてしまうチーズ

美味しくてついついたくさん食べ過ぎてしまうチーズ。チーズが入った料理はとろけるような口当たりと旨味がたっぷり含まれているのでたくさん食べたくなりますよね。ただし、チーズを食べ過ぎると太る原因となったり塩分のとりすぎになるなどのデメリットがあらわれることも。チーズを食べ過ぎないように量の目安を把握しておくことが大切です。

チーズの食べ過ぎを防ぎながらチーズを楽しもう!

「チーズの量の目安を知って太ることなく食べたい!」「チーズの食べ過ぎのデメリットはどんなもの?」といったようにチーズの食べ過ぎについて気になった場合に役立つ情報についてまとめました。チーズは食べ過ぎなければ太ることなく塩分もおさえられるので安心。チーズの食べ方をチェックして、分量の目安を守りながらいただきましょう!

チーズの賞味期限は?未開封・開封後で違う?種類別ガイド! | MensModern[メンズモダン]

チーズには体に必要な栄養がたっぷり!

豊富なカルシウムやビタミン

チーズは食べ過ぎなければ豊富な栄養を摂取することができる便利な食材です。チーズの栄養としてあげられるのがカルシウム。カルシウムは骨作りに欠かすことができない栄養ですが、普段の生活の中で不足しがちなのでしっかりと補っておくことが大切になります。また、コラーゲンの生成にも役立つので若々しい肌を保ちたい時にも必要不可欠。

チーズにはビタミンB1が豊富に含まれているのも特徴。ビタミンB1は代謝を促進する働きがあるとされているので、ダイエットのサポートになります。また、代謝が促進されることによって肌細胞の生まれ変わりもしっかり行われるようになるので、ハリのある肌を保つためにも役立つとされているのもポイント。チーズは栄養バランスの良い食材と言えそうですね。

良質なタンパク質

チーズには良質なタンパク質も含まれています。タンパク質は健康的な髪や肌を作ったり、筋肉を鍛えるために欠かせない栄養素。毎日の食事の中でしっかりと摂取していくことで健康的な生活をキープすることができます。このようにチーズにはさまざまな栄養素が含まれているのが特徴。これらの栄養素を無駄にすることなく活用していきたいですね。

チーズの栄養素とその効果とは?健康維持におすすめの理由! | MensModern[メンズモダン]

栄養豊富なチーズでも食べ過ぎは体に悪い

チーズの食べ過ぎは体調不良の原因に

さまざまな栄養素が含まれているチーズですが、食べ過ぎると体調不良の原因になってしまうことがあります。何事も食べ過ぎは体に悪い影響を与えることがあるので気をつけたいですね。チーズの栄養を無駄にしないためにも食べ過ぎにならない分量の目安を把握しておくことが重要になります。

チーズを食べ過ぎないためにデメリットをチェックしよう

チーズの食べ過ぎにはさまざまなデメリットがあらわれます。どのようなデメリットが引き起こされるのか知っておけば、チーズの食べ過ぎも抑制することができるのではないでしょうか。今回はチーズの食べ過ぎによって引き起こされるであろうデメリットについてまとめました。参考にしながら、チーズの食べ過ぎを防いでくださいね。

デメリット1:チーズを食べ過ぎると塩分過多になる

1日に推奨されている塩分量

チーズの食べ過ぎのデメリットとしてまずあげられるのが塩分過多になるということ。そもそも、1日あたり必要とされている塩分量の目安は男性で8g未満、女性で7g未満とされています。それ以上の塩分を摂取するとむくみや血中コテステロールの増加などの悪生協を与える場合があるので気をつけていきたいですね。

チーズに含まれている塩分量

それではチーズに含まれている塩分はどのくらいなのでしょうか?チーズには100gあたり2.8gの塩分が含まれています。他の食材でも塩分を摂取するということを考えると、チーズの食べ過ぎは塩分過多になってしまうので塩分量を目安にしながら気をつけていくことが大切。塩分量を把握して食べ過ぎないようにしてくださいね。

デメリット2:チーズを食べ過ぎると太る

1日に推奨されているカロリー量

チーズはカロリーが高めなので食べ過ぎると太る原因になってしまいます。人間の1日あたりの平均摂取カロリーは2000kcal〜3000kcalほど。その人の身長や体重などによってカロリーは変化していきますが、だいたいこのくらいのカロリー量におさえておくと健康的な生活を楽しめるように。カロリーの取りすぎは、もちろん太る原因につながります。

チーズのカロリー量の目安

チーズのカロリー量は100gあたり340kcal。1日の摂取カロリーを2000kcalとした場合は1/3以上のカロリーとなります。太ることなくチーズを楽しみたい時は、こうしたカロリー量も把握しておくことが大切。チーズは美味しくついつい食べ過ぎてしまいますが、最初に分量を決めて食べることによって太るのを防ぐことができるようになります。

デメリット3:チーズの食べ過ぎは体臭の原因になる

チーズの食べ過ぎにより脂質が体臭を引き起こす

チーズの食べ過ぎは体臭の原因になることをご存知ですか?チーズには脂質が多く含まれており、食べ過ぎると腸にある絨毛の突起に脂質が詰まってしまうことがあります。こうした詰まった脂質が体臭の原因になるのが問題。チーズの食べ過ぎにより自分では気付かない体臭が出てしまう可能性が高くなります。

食べ過ぎは腸の働きを弱めてしまうことも

チーズの食べ過ぎにより脂質が絨毛の突起に詰まると、腸の動きを弱めてしまうことにもなります。腸の動きが弱まることによってどう廃物の排出がうまくいかなかったり、お腹がゆるくなってしまったりといったことの原因にもなるので健康的な生活を送りたい場合は食べ過ぎないことが大切。

デメリット4:チーズを食べ過ぎると下痢になる

チーズは消化に悪い

チーズは脂質以外にも腸に悪影響を与える場合があります。まずあげられるのが、チーズは消化に悪いということ。消化に悪いチーズを食べ過ぎることによって腸の動きがうまく果たされず、下痢になってしまうことがあります。腸の動きを正常にするためにはチーズを食べ過ぎないことも重要。

チーズの食べ過ぎにより善玉菌が減ってしまうことも

脂質や動物性たんぱく質といったチーズに多く含まれる成分は腸内の悪玉菌の餌になります。悪玉菌が腸内に増えることによって結果的に善玉菌の減少につながることも。こうして下痢などの体調不良を引き起こしやすくなるのです。チーズの食べ過ぎは腸内に悪い影響を与える場合があるので気をつけておきたいですね。

デメリット5:吐き気や頭痛を起こすチーズの食べ過ぎ

チーズの食べ過ぎでチラミンが吐き気や頭痛の原因に

チーズに含まれているチラミンと呼ばれる成分は摂取しすぎることによって血圧の上昇につながり、頭痛や吐き気といった体調不良を引き起こす場合があります。チーズを食べ過ぎることによって思わぬ体調不良になってしまうこともあるので食べ過ぎには注意しましょう。

体調によって程度は異なる

チラミンによる頭痛や吐き気といった症状は体調や体質によって重さが変わってきます。体質や体調によってはこうした体調不良を引き起こさない場合も。いずれにせよチーズの食べ過ぎは体によくない影響を与えることが多いので気をつけていきましょう。

チーズを食べすぎない適正な量の目安は?

食べ過ぎないためには1日あたり60gくらいの量が目安

それでは、チーズを食べ過ぎずに適量を楽しむにはどのくらいを目安にすれば良いのでしょうか?カロリーや塩分量、脂質などの観点から見ると1日あたり60gくらいのチーズであれば大丈夫なようです。食べ過ぎないように60gを目安にしていきましょう。

栄養バランスや食べ過ぎないように量を気をければ毎日食べても問題ない

チーズはもともと栄養バランスの整った食材。食べ過ぎずに適量を守れば、毎日食べても問題はありません。他の食事との栄養バランスも考えながらチーズを楽しんでくださいね。

チーズは内臓脂肪を減らすのに役立つ?

チーズは血中脂肪や内臓脂肪を減らすと言われている

チーズに含まれている成分は血中脂肪や内臓脂肪を減らす働きがあるとされています。なので、食べ過ぎを防いでいればチーズの効果によって不要な脂肪を減らせることも。

食べ過ぎに気をつければ体に良い

さまざまな栄養が含まれているチーズなので、適量さえ守れば体に良いと言えるでしょう。チーズの食べ過ぎにはデメリットがいろいろありますが、食べ過ぎを防げばチーズによって健康的な生活を楽しめます。

チーズダイエットの効果とやり方徹底ガイド!どんな種類が効果的? | MensModern[メンズモダン]

食べる前に知っておきたいチーズの種類

ハードタイプやナチュラルタイプ

チーズを美味しく食べるために知っておきたいのがチーズの種類。モッツァレラチーズなどのフレッシュタイプのチーズは熟成させずに作られたチーズのことです。ゴーダーチーズなど固いハードタイプのチーズはナチュラルチーズから水分を圧力で取り除いた種類。どちらも比較的食べやすい風味のものが多くあります。

青カビタイプや白カビタイプ

青カビタイプのチーズは青カビを加えて熟成させた種類で、ゴルゴンゾーラチーズなどがあげられます。白カビタイプは表面に白カビをつけて熟成させたもの。カマンベールチーズなどがあげられますね。青カビ・白カビ共に独特の風味があるのでチーズを食べ慣れた人におすすめです。

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いを比較!特徴やレシピを紹介! | MensModern[メンズモダン]

ボリューム満点!トマトとチーズの煮込みレシピ

トマトとチーズの煮込みに必要な材料

チーズは食べ過ぎなければ健康に良い栄養がたくさん含まれている便利な食材です。料理に上手に使って太ることなくチーズを楽しんでいきたいですね。チーズを活用した料理としておすすめなのがトマトとチーズの煮込み。トマトは加熱することにより栄養価がアップするとされているので健康的な食卓に最適です。チーズの分量も調節して美味しく作っていきましょう!

トマトとチーズの煮込みに必要な材料は、ニンニクひとかけら、玉ねぎ1個、ジャガイモ2個、人参1本、鳥もも肉1枚、トマト水煮缶1個、コンソメキューブ2個、ローリエ1枚、粉チーズ大さじ2、塩胡椒になります。トマト煮込みはいろいろな野菜と相性が良いので、このほかにキャベツやセロリなどの野菜を入れるのもおすすめ。きのこを加えても美味しくいただくことができます。

気軽に作れるレシピ

鳥もも肉は一口大にカットしましょう。人参は乱切り、ジャガイモは皮をむいて4等分にします。玉ねぎはくし切りにしましょう。ニンニクは薄切りにします。鍋に油をしいたらローリエとニンニクを入れて弱火で炒めてください。香りが出てきたら鳥もも肉をプラス。鳥もも肉の色が変わるまで炒めたら、玉ねぎやジャガイモ、人参も加えます。

全体に油が回ったらトマトの水煮を加えて潰しながら加熱をします。コンソメキューブを入れ、蓋をしたら弱火で15分ほど煮込みましょう。塩胡椒で味を整えて器に盛り付け、粉チーズをふりかけたら完成です。

ヘルシーで美味しい鶏胸肉のチーズピカタのレシピ

鶏胸肉のチーズピカタに必要な材料

チーズを活用したレシピとしておすすめなのが鶏胸肉のピカタ。脂肪分の少ない鶏胸肉を使うことによってヘルシーなのにボリューム満点なピカタを楽しめるようになります。チーズを加えることによって旨味たっぷりのピカタを作るのがレシピのポイント。しっとり美味しい鶏胸肉のピカタをチーズを活用することで作ってみてはいかがですか。

鶏胸肉のチーズピカタに必要な材料は、鶏胸肉1枚、パン粉大さじ1、粉チーズ大さじ3、卵2個、パセリのみじん切り大さじ1、トマト2個、レモンのくし切り2個、塩胡椒、小麦粉、バターになります。チーズを入れることによって風味豊かなピカタにしていきましょう。さっぱりといただくためにトマトを添えて、美味しいチーズピカタを作ってくださいね。

美味しく作れるレシピ

鶏胸肉は皮と脂肪を取り除き、6等分にします。ラップを鶏胸肉の上にしいてから麺棒を使って平たくなるように叩いていきましょう。卵を溶き、粉チーズと塩胡椒、パセリのみじん切りを混ぜ合わせます。鶏胸肉に塩胡椒をしてから薄く小麦粉をまぶし、卵とチーズの衣につけてください。フライパンにバターを溶かしたら鶏胸肉を焼きます。両面がこんがり焼けたらOK。

トマトはざく切りにしてフライパンで軽く炒めます。塩胡椒と分量外の刻んだパセリを加えて混ぜ合わせたら、器に盛りつけたチーズピカタにトッピング。レモンのくしぎりを添えたら完成です。

お弁当にも最適!ササミとチーズの春巻きレシピ

ササミとチーズの春巻きに必要な材料

美味しいチーズ料理を食べたい時にぴったりなのがササミとチーズの春巻き。淡白な味わいのササミとチーズを組み合わせることによって食べ応えのある春巻きに仕上げることができます。ササミとチーズの春巻きは冷めても美味しくいただけるのでお弁当のおかずとして使うのにもぴったり。ぜひササミとチーズの春巻きも作ってみてはいかがですか。

ササミとチーズの春巻きに必要な材料は、ササミ2本、大葉2枚、梅干し2個、スライスチーズ2枚、春巻きの皮4枚になります。梅干しと大葉を加えることによってさっぱりとした味わいのチーズ春巻きにするのがレシピのポイント。梅干しは甘めではなくすっぱめのものを選ぶのがおすすめです。ササミの美味しさを引き立ててくれます。

おすすめのレシピ

ササミは筋を取り除き、半分にカットしましょう。大葉とスライスチーズも半分にカットします。梅干しは種を取り出して包丁で叩いてください。春巻きの皮に大葉をのせたら梅干しペーストを塗り、スライスチーズとササミをのせます。春巻きの巻き方でしっかりと巻いたら180℃の油で揚げましょう。キツネ色になるまで揚げたら完成です。

チーズの食べ過ぎを防ぎながら美味しくいただこう!

チーズは食べ過ぎなければ体に良い作用を及ぼしてくれる栄養を健康的に摂取することができます。食べ過ぎには気をつけながら、チーズを美味しくいただいてくださいね。


評価 4.3/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ