田舎暮らしの仕事13選!年収から仕事事情まで実態を調査!

ストレス社会から解放され、田舎暮らしをしたいという人が増えています。田舎は空が澄んでいて、ビルが立ち並ぶ都会とは空気が違います。そんな田舎暮らしに憧れる人が一番気になるのが、田舎の仕事事情ですよね。今回は田舎での仕事の実態を調査します。

田舎暮らしの仕事13選!年収から仕事事情まで実態を調査!

目次

  1. 最近流行りの「田舎暮らし」って?
  2. 田舎暮らしのメリット&デメリット
  3. 田舎暮らしの仕事事情の実態①デザイナー
  4. 田舎暮らしの仕事事情の実態②ジュエリーデザイン
  5. 田舎暮らしの仕事事情の実態③テキスタイルデザイナー
  6. 田舎暮らしの仕事事情の実態④公共事業関連
  7. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑤地域おこし協力隊
  8. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑥農業
  9. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑦林業・自伐林業
  10. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑧漁業
  11. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑨畜産業
  12. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑩古民家カフェ・民宿
  13. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑪役場
  14. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑫高齢者サポート
  15. 田舎暮らしの仕事事情の実態⑬事業継承
  16. 田舎暮らしの仕事事情!

最近流行りの「田舎暮らし」って?

オフィスビルが立ち並ぶ都会で仕事を頑張っているサラリーマンの中には、将来は田舎でゆったり暮らしたいと願っている人も少なくありません。ここ10年間で田舎暮らしを希望している人は2倍に増えています。昔は、田舎なんてダサい!都会で派手に暮らしたい!と希望する人が多かったのですが、最近は逆に田舎暮らしを希望する人が多いのですね。

ただ、田舎暮らしを希望している人も「今すぐに」ではなく「将来的に」と考えている人が多いようです。その理由は、田舎には仕事が無いと感じているからです。今回は、田舎暮らしの仕事事情の実態を調査していきます。田舎での仕事事情がわかれば、今すぐにでも田舎暮らしを始められるかもしれませんね!

オモシロ田舎暮らしブログ12選!成功者の自給自足ライフスタイルを紹介! | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしのメリット&デメリット

さて、田舎暮らしの仕事事情を見ていく前に、まずは田舎暮らしのメリットとデメリットを確認しておきましょう。田舎でのんびりゆったりスローライフ!と夢見ていると、思ってもいなかったデメリットに遭遇する場合があります。田舎暮らしのメリットとデメリットを知ることで、田舎暮らしを夢から現実に一歩近づけましょう。

まず、田舎暮らしのメリットとしては空気が綺麗なことが一番のポイントです。車や人がひしめき合っている都会とは違って、田舎は空気が澄んでいます。都会では病気がちだった子も田舎に引っ越したら元気になった、なんてこともあるようです。また、物件の値段も安いので都会では夢だった一戸建てマイホームを持つことも可能になるかも知れませんよ。

反対に、田舎暮らしのデメリットとしては田舎独特の雰囲気に馴染めないということがあげられるでしょう。田舎の人々は温かい反面、ドライな都会に慣れている人にとってはおせっかいに感じることも。そんな雰囲気に馴染めず、都会へ戻っていく人も少なくないのです。

また、田舎暮らしには車が必需品です。近くのスーパーまで車で30分の距離があるなんて場合も少なくありません。他にも虫が多いのも田舎暮らしならではですね。始めはなかなか慣れないかもしれませんが、住むうちに人の温かさや自然の豊かさに心が癒されること間違いなしです。

田舎暮らしの仕事事情の実態①デザイナー

では、さっそく田舎暮らしの仕事事情の実態を見ていきましょう。田舎暮らしの仕事として多いのは「デザイナー」です。これはWebサイトなどをデザインするデザイナーのことです。ネット環境が整ってればどこでも仕事が出来るので、Webデザイナーの仕事は田舎暮らしにもピッタリだと言えるでしょう。

田舎の企業にデザイナーとして勤めるならば、デザイン以外にも事務や企画、設計などの様々な仕事を請け負えるといいでしょう。田舎の企業ではデザイナー枠として採用されても人が少ない為様々な仕事を割り振られることがあるのです。年収は300~500万円くらいの人が多いようです。

30代が転職する時に未経験の仕事は不利?成功する為の5つポイントを紹介! | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態②ジュエリーデザイン

田舎暮らしの仕事事情の実態、二つ目の仕事は「ジュエリーデザイン」です。田舎では、その土地名産の素材を使ってジュエリーをデザインしているジュエリーデザイナーが多く存在します。田舎ならではの素材を使っているので、都会で作るのとは一味違ったジュエリーが出来るようですね。

ジュエリーデザイナーの年収は、企業に勤めている場合は300~500万円が相場のようです。個人で請け負っている場合、人気のデザイナーになると年収1000万円以上稼いでいる人もいるんだとか。しかし、逆になかなか人気が出ないと年収300万円以下のデザイナーも少なくないようです。

田舎暮らしの仕事事情の実態③テキスタイルデザイナー

田舎暮らしの仕事事情の実態、三つ目の仕事は「テキスタイルデザイナー」です。テキスタイルデザイナーとは、洋服や装飾品、インテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインする仕事です。どの糸を使うのか、プリントのデザイン、織りの染色方法、加工方法などをデザインするのです。

テキスタイルデザイナーは、企業などで務めている場合年収400~500万円くらいの人が多いようです。ただし、個人での活躍は難しい仕事でもあります。田舎でのほほんと営める仕事ではないので、よっぽどの営業スキルやデザインの腕が無い限りは別の仕事に就くのをおすすめします。

ファッションデザイナーは資格が必要?年収や仕事内容はどんなもの? | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態④公共事業関連

田舎暮らしの仕事事情の実態、四つ目の仕事は「公共事業関連」です。公共事業とは、国や自治体が公的な施設の修繕、建設などを民間事業に委託することです。最近では、震災の復興やオリンピック関連の施設など、需要が増えています。土建や電気設備などの仕事をしたことがある人には有利な仕事だと言えるでしょう。

公共事業関連の仕事の年収は、勤める先によって変わります。平均すると、400~500万円程度の人が多いようですね。今は特に需要の高い仕事ですから、思い切って田舎暮らしを始めてみるチャンスかもしれませんね。

田舎暮らしの仕事事情の実態⑤地域おこし協力隊

田舎暮らしの仕事事情の実態、五つ目の仕事は「地域おこし協力隊」です。地域おこし協力隊をご存知ですか。あるテレビ番組で地域おこし協力隊の体験記録を放送していたので、名前は知っている人も多いかもしれませんね。地域おこし協力隊とは、人口が減った痴ほうに地域外から人材を受け入れて地域の活性化を目指す制度のことです。

地域おこし協力隊は、地域の為に働くのが仕事です。例えば、山の管理を手伝ったり地域の環境保全に努めたりと、自治体によって具体的な仕事内容は変わります。年収も自治体によってバラバラですが、200万円前後の場合が多いようです。少ないと思うかもしれませんが、田舎暮らしならこの年収でも快適に暮らせるんですよ。

気になる30代の年収や手取りの平均はいくら?男女差・地域差はどれくらい? | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態⑥農業

田舎暮らしの仕事事情の実態、六つ目の仕事は「農業」です。農業を知らない人はいないでしょう。農作物を作るのが農業の仕事です。作る農作物によって、労働時間も年収も変わってきます。また、農業は初期投資がかなりかかります。専用の機械を揃えたり苗を買ったりで1000万円くらいかかることもあるんだとか。

また、農業初心者は最初の数年は上手くいかないことを見越して始めるのがいいでしょう。始めから上手に出来るなんて、あり得ません。年々成長していって初めて売りに出せる品物が出来るのです。農業はハードな仕事なので、体力が無い人は別の仕事を探しましょう。年収は400~500万円くらいが平均です。

田舎暮らしの仕事事情の実態⑦林業・自伐林業

田舎暮らしの仕事事情の実態、七つ目の仕事は「林業・自伐林業」です。林業とは、山や森林の木を伐採し、木材に加工する仕事です。木材は家の建築や家具を作る際に使われるので、需要がありそうな仕事ですね。しかし、林業だけで生計を立てるのはなかなか難しいのです。

自伐林業とは、副業を前提とした林業のことです。今では自伐林業の人も増えてきているようですね。林業の年収の平均は300~400万円です。林業の仕事は天候にも左右されやすいので、他にも仕事を持っていると安心ですね。在宅でも出来る仕事とのWワークをおすすめします。

グリーンカーテンの作り方!おすすめ植物・効果やネットの張り方など調査 | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態⑧漁業

田舎暮らしの仕事事情の実態、八つ目の仕事は「漁業」です。漁業は魚を獲るのが仕事です。天候が悪ければ船を出せないので仕事が出来なかったりと、デメリットもあります。しかし獲る魚の種類によってはものすごい年収を稼いでいる人もいるのです。体力があって海の近くの田舎で暮らすなら、漁業は絶好の仕事だと言えるでしょう。

遠洋漁業のカニやマグロを獲る人たちだと、年収は1500万円を超えることもあります。また、魚は種類によって獲れる時期が違うので、その時期だけ働いてあとの時期は自由に過ごしている人もいます。一定の時期頑張ればあとは自由に暮らせるとなると、希望する人も増えそうですね。漁業は体力が必須です。今から体力づくりに励みましょう。

田舎暮らしの仕事事情の実態⑨畜産業

田舎暮らしの仕事事情の実態、九つ目の仕事は「畜産業」です。畜産業とは、牛乳や肉を作るための牛・鶏・豚などの畜産を育てる仕事です。牛や鶏など動物に囲まれて生活するなんて、田舎ならではの経験ですよね。そんな牛たちのお世話にも、体力は必須です。牛舎の掃除や牛の乳搾りなど、簡単そうに見えて実はとってもハードな仕事なんですよ。

畜産業は、お世話する牛たちに愛情が沸いてしまうと出荷の時にとても悲しくなってしまうのがネックですね。ですが、搾りたての牛乳や新鮮な肉は都会では味わえない美味しさです。畜産業の平均年収は300~500万円です。こちらも農業と同じく初期投資が必要になります。ある程度まとまったお金が無いと始めるのが難しい仕事です。

一人暮らし向けペットおすすめ15選!飼いやすい動物ペットの種類紹介 | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態⑩古民家カフェ・民宿

田舎暮らしの仕事事情の実態、十個目の仕事は「古民家カフェ・民宿」です。古民家カフェとは、既に建っている古民家を活用したカフェのことです。古民家は新築の店舗を建てるよりもはるかに低価格で手に入れることが出来ます。カフェのオーナーになりたいと願っている人は、古民家を活用することをおすすめしますよ。

また、古民家はカフェだけでなく民宿や雑貨屋など様々な形で活用することが出来ます。田舎は人口減少により、空き家になっている古民家がたくさん存在します。古民家を活用して商売を始めることで、人が集まり地域の活性化にも貢献できることでしょう。

古民家カフェや民宿などの年収は、店によって大きく変わります。上手くいけば年収1000万円超えも夢ではありません。他の古民家カフェとは一味違った特色を出すことで、都会からお客さんが寄ってくるのです。都会で生活する人が田舎に求めているのは「癒し」です。それをどうやって提供するのか、斬新なアイデアが求められますね。

田舎暮らしの仕事事情の実態⑪役場

田舎暮らしの仕事事情の実態、十一個目の仕事は「役場」です。役場とは、市役所や町役場などの公的機関のことです。ここで働くということはつまり、地方公務員になるということですね。公務員は安泰な仕事だと聞いたことはないでしょうか。給料が安定しているのに加えて福利厚生もしっかりしているので公務員は狙うべき仕事だと言えるでしょう。

地方公務員の年収は、自治体によって違います。だいたい400万円前後の人が多いようですね。ただし、地方公務員になるには公務員試験に合格する必要があります。公務員試験には受けられる年齢の制限があります。年齢制限にも自治体によって違いがありますが、長い所でも35歳までに受からなければなりません。間に合う人は今から必死に勉強しましょう。

仕事がうまくいかない時の対処法まとめ!思考のテクニックやNG行動も紹介 | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情の実態⑫高齢者サポート

田舎暮らしの仕事事情の実態、十二個目の仕事は「高齢者サポート」です。高齢者のサポートと言うと「介護」が一番に思いつくでしょう。介護は、少子高齢化社会である現代では欠かせない仕事の一つですね。特に田舎になると、若者は都会に出て行ってしまうので介護の手が足りていない場合が多いのです。そんな高齢者をサポートする仕事が田舎では必要不可欠なんですね。

介護職は給料が安いとよく言われますね。人を介護するのはとても重労働です。労働に対して賃金が安すぎるので若い人の介護職離れも深刻化しています。田舎に限らず、介護の仕事の平均年収は約300万円くらいだと言われています。一家の大黒柱としては心もとない金額ですね。ですが、物件が安く周りから差入れを貰える田舎ならばその金額でも生活していくのに十分です。

介護の仕事は、ハードな上に給料が安く離職率が高いです。体力に自信があり、人の役に立つ仕事がしたいと切に願っている人でもなかなか長続きしないものです。なので、介護の仕事ならば田舎でも確実に求人があるのも事実です。田舎暮らしをしたい人には一番就きやすい仕事だとも言えるでしょう。

田舎暮らしの仕事事情の実態⑬事業継承

田舎暮らしの仕事事情の実態、十三個目の仕事は「事業継承」です。田舎では独自の事業を営んできた高齢者もたくさんいます。せっかく成功している事業でも、後継者がいなければ一代で幕を下ろすことになりますね。そんな事業を継承するのが「事業継承」ということです。

田舎の事業者は後継者となる子どもが都会に出てしまい、後継者がいないという問題も多く存在します。そういった事業に弟子入りし、後継者となることで事業を続けることが出来るのですね。後継者とはいわゆる「次期社長」です。田舎ならば社長になるのも夢じゃないということですね。

田舎の事業には様々な種類の仕事があります。名産品を加工したり、染色業だったり、その仕事の種類だけでなく事業がどれだけ成功しているかによっても年収は違ってきます。やみくもに後継者になりたいと願うのではなく、まずは自分がどんな事業に興味があるのかを知ることが大切ですね。

年収600万円は本当に勝ち組なのか?生活や仕事など生活実態を調査! | MensModern[メンズモダン]

田舎暮らしの仕事事情!

今回は、田舎暮らしの仕事事情の実態を紹介しました。自然豊かな田舎での暮らしは心にゆとりをもたらしてくれます。田舎でも様々な形で仕事をしている人がたくさんいます。この機会に田舎暮らしを始めてみませんか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ