今や世界で10億人もの人が使用してると言われているFacebook。使い方が慣れている方は毎日のようにログインして、友人にコメントいいね!をやするのが常に日課になっている方も多いと思いますが、改めてFacebookの使い方を復習してみるのはいかがでしょうか。

Facebook使い方まとめ!楽しみ方から注意点を初心者向けに解説!

目次

  1. 今更聞けない!Facebookって何?
  2. Facebookは何歳から始められるの?
  3. 初心者の方必見!Facebookの初期設定の仕方!
  4. Facebookの基本的な機能って何?使い方は?
  5. FacebookのMessengerって何?使い方は?
  6. Facebookの基本的な使い方!まずは投稿してみよう!
  7. Facebookの基本的な使い方!コメントやリアクションをしてみよう!
  8. Facebookのこんな使い方も! 【使い方応用編】
  9. Facebookの上手な使い方をしたい!注意点はどんなこと?
  10. 【まとめ】Facebookを上手な使い方をして楽しい投稿をしよう!

今更聞けない!Facebookって何?

今や世界中で10億人もの人が使用していると言われているFacebook。周囲を見渡してもほとんどの人が利用している中で、Facebookって何?と今更聞きづらいのが現状です。Facebookとは数あるソーシャルネットワークサービスのうちの1つで、ソーシャルネットワークサービスの中でも実名を使って、他の方々と交流する場だと言えます。

実名を使うから、お友達もリアな方々が多いのも特徴で、既にFacebookを利用している方には学生時代の懐かしいお友達とつながったという方も多いのではないでしょうか。

Facebookは何歳から始められるの?

小学生、中学生のスマホ利用率が高くなってきている今日、若い世代のSNS普及率は30代から40代に比べると断然高く、SNSの平均利用時間もメールに比べると長いということが分かります。ところで、FacebookをはじめとするSNSを始められる年齢は何歳からだかご存知でしょうか。

Facebookの規約によると「Facebookを登録するには13歳以上である必要があります。」とあるように、12歳以下の方は利用できないシステムになっています。12歳以下の方が登録しようとすると、「登録できません」とエラー表示が出てしまうので、注意が必要です。

TwitterやInstagramと言った主要のSNSでも利用が出来るのが13歳以上であることが条件となっていますので、SNS初心者の方で12歳以下の方はきちんと規約を確認してくださいね。

SNSの中高生トラブル事例に注意!原因や対策方法を解説! | MensModern[メンズモダン]

初心者の方必見!Facebookの初期設定の仕方!

Facebookを始めたいのだけど、どうやって登録したらいいの?どうやって設定したらいいのかわからない!と悩んでいませんか?Facebookを始めるには、Facebookの登録と初期設定が必要です。

Facebookを始める一歩として、まずは「Facebook」または「フェイスブック登録」などで検索をしてください。一番上のリンクに「Facebook-ログインまたは登録」と出てくると思いますので、そのリンクをクリックして登録をしましょう。

初心者必見!Facebookの初期登録の仕方【パソコン版】

「Facebook-ログインまたは登録」のリンクをクリックするとアカウント登録画面に切り替わります。既にアカウントを持っている場合は右上のメールまたは携帯番号とパスワードを入力するとログインができますが、初めての方は以下アカウント登録が必要になります。

初心者必見!Facebookのアカウント登録!

①「アカウント登録」の下にある「性」「名」「携帯番号かメールアドレス」「携帯番号かメールアドレス再入力」「新しいパスワード」「生年月日」を入力し、アカウント登録のボタンをクリックします。

初心者必見!Facebookの認証の完了!

②アカウント登録をクリックすると「Facebookの認証を完了してください」と表記されます。その下に登録した名前「〇〇さん最近登録したFacebookアカウントの登録を完了するにはアカウントの認証を行ってください」と」書かれ、その下に「アカウントを認証」というボタンが出てきます。「アカウントを認証」ボタンをクリックし次のページに移ります。

初心者必見Facebookのコード入力

③次のページに移ると、コード入力画面になります。あらかじめアカウント登録の最初のページに登録したメールアドレスにコードが記載されているのを確認し、そのコードを入力し、「次へ」のボタンをクリックします。この時コードが記載されたメールが届いていない場合は登録したメールアドレスが間違っている場合がありますので、最初のページでメールアドレスを確認し入力しなおしてください。

初心者必見!Facebookの自動でお友達探し

④Yahoo!やGoogleのサービスなどから友達を探してくれる画面に移ります。ここでも友達を作ることは可能ですが、Facebook設定後でも友達につながることが可能です。友達を探すのはFacebookを完全に設定してからがおすすめです。

初心者必見!Facebookのプロフィール入力

⑤プロフィール画面に移ります。日本語表記の氏名、カナ、ローマ字表記の氏名、居住地、出身地、高校、大学・専門学校、勤務先の順で表記されています。個人情報となるため誰でも見れるようにしておくとリスクが伴い、あまりお勧めできません。

観覧できる設定として友達となった方のみ、自分のみ、カスタム(特定のお友達のみ)にすることができるので、この設定を活用して個人情報の保護をしておくことがおすすめです。

初心者必見!プライバシー設定

「〇〇さんFacebookへようこそ」と表記され、その下にメールアドレスとパスワード、プライバシー設定について、プロフィール写真をアップロードする画面になります。ここで必要なのは、プライバシー設定です

自分で投稿した記事をはじめとする個人情報をWEB公開するか、友達のみの公開にするかを設定します。最近では個人情報漏洩のため、友達のみの公開にする方が多くみられます。

トラブルを未然に防ぐためにも友達のみの公開にしたほうが安全かもしれませんね。また、これらの設定は投稿するときなど、後から変える事が可能なので、気づいたときに設定しなおすことをおすすめします。

初心者必見Facebookの初期登録の仕方【モバイル版】

スマホからの登録も基本的には同じです。まずはFacebookのアプリをダウンロード、インストールをしましょう。それから登録画面に従って入力してください。①Facebookに登録画面が出ます。登録ボタンを押して登録を完了します。②携帯番号とメールアドレスの入力画面になります。スマホからの場合は携帯番号を入力することで登録ができます。

③メールアドレスの入力画面になります。メールアドレスを使用するか、携帯番号で使用するか選びます。個人情報漏洩防止のため、メルアドを使用することをおすすめします。

④氏名入力画面になります。自分の氏名を入力します。⑤6文字以上の英数パスワードを作成します。⑥生年月日を入力します。⑦性別を選びます。⑧プロフィール画面を設定します。これで基本的な登録は完了です。設定は後から変えられるので、気になる部分が出たら、その時に変えると良いでしょう。

Facebookのアカウントの削除の仕方は?完全に削除して辞める方法 | MensModern[メンズモダン]

Facebookの基本的な機能って何?使い方は?

Facebookを始めるにあたって、何といっても気になるのがFacebookの機能。どんな機能があって、どんな使い方をしたら良いのか、いろいろ悩めるところですよね。実際に使い始めて、「使い方がいまいちわかりません」という投稿も多く目にします。

Facebookの機能は、アップデートごとに新しく機能が追加されることがあるので要チェックですよ。こちらでは2017年10月現在でFacebookに搭載されている基本的な機能をご紹介します。

Facebookの機能!リアクションって何?

投稿記事に対する反応と言ったところでしょうか。2017年4月に入り、これまでの「いいね!」に加えて、ピンクのハートマークの「超いいね!」、笑い顔の「うけるね」、びっくりした顔の「すごいね」、泣いている顔の「悲しいね」、怒っている顔の「ひどいね」の5つが加わりました。

投稿の内容によって、お友達の反応がこれでより分かるようになったと言えるでしょう。これらの機能を「いいね!」から「リアクション」と呼ぶようになりました。コメントをする代わりにリアクションの種類を選んでクリックするという使い方をする方が増えてきています。

Facebookの機能!コメント

投稿記事に対して、思ったことや感じたことをお友達が入力する欄。最近ではその人のコメントに対する返信欄が加わり、コメント欄も見やすくなってきました。コメント欄には文字を入力できるほかに、自分で撮った画像やネットからの画像や動画も送ることができます。

最近ではGIF動画も送ることが出来るようになり、使い方によって、よりコメントで気持ちを伝えやすくなったといえるでしょう。

Facebookの機能!シェアって何?

他の方が投稿したものを共有する機能になります。Twitterやインスタグラムでいう、リツイートのような機能ではないでしょうか。お友達の投稿など気に入った投稿などに自分のコメントを入れてタイムラインに入れてお友達とみることができます。

とあるお店の宣伝投稿を拡散するという使い方や、他の方のお気に入りの投稿を、他のお友達にも見てもらいたい!などの使い方が一般的です。

Facebookの機能!Pokeって何?

Facebookの機能には「poke」という機能もあります。Pokeを直訳すると「(指などで)突っつく」という意味があるのですが、Pokeは何のためにある機能で、どういった使い方をすればよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この機能の意味は親しみを込めた挨拶というように、お友達になった方の間で使用が可能となっています。使い方はPokeから目当てのお友達にPokeをクリック(スマホからはタップ)するだけです。

最近Facebookの投稿が少なくなってしまったお友達や、気になるお友達へ、と言った使い方が多いようです。注意点として一旦クリックすると相手から返されない限りこちらからはPokeが出来ないシステムになっています。Pokeはやたらと使用すると相手の迷惑になる場合があります。

Facebookの機能!友達を検索

PC、スマホ共に画面の上に「友達を検索」という機能があります。クリックすると、「知り合いかも」と表記され、設定したプロフィールに共通点があったり、お友達のお友達として候補の方々が一覧で出てきます。その中からお友達を探すこともできます。

お友達になりたい方の横にある「友達になる」をクリックし、相手から承認がもらえれば、その方とお友達が成立します。また興味がなければ「友達になる」の横にある「削除」をクリックすることでその方は表記されなくなります。

Facebookの機能!友達リクエスト

相手からあなたのプロフィールや、「知り合いかも」にあなたの名前が載っているのを見て「友達になる」をクリックされたときにその方が「友達リクエスト」に表記されてきます。ここに表記される方は、あなたとお友達になりたい方です。

あなたもお友達になりたい場合は「承認」を押すことで、お友達が成立します。お友達になりたくない場合は「削除」を押すことで、その方の表記はリクエストから消えます。

Facebookの機能!お知らせって何?

Facebookでは、お友達の投稿やコメントがついた時に通知される、お知らせ機能があります。友達が新規で投稿したり、自分の投稿にリアクションがついたり、コメントをくれる時など。

またお友達の投稿にコメントした際に友達がそのコメントにリアクションをしたり、コメントを返してくれた時、友達にコメントした投稿に他の方がコメントした時などにお知らせとして通知されます。通知された時点でパソコンやスマホでは、音でお知らせしてくれるのでわかりやすい機能ですよね。

また、忙しくて返事が出来ない時は、お知らせを確認するだけという使い方をすることができます。しかし、これらのお知らせの通知を鬱陶しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

スマホからの場合は長時間タップ、PCの場合はお知らせの右側をクリックすると「このお知らせを非表示にする」が出てきますので、クリックするとその方の記事に関連するものが通知されなくなります。

鬱陶しいと感じたら設定を非表示にするという賢い使い方があります。また、公共の場や職場など音が出てはまずい場所で非表示の機能をうまく活用するようにしましょう。

Facebookの機能!ブロックと解除機能って?その違いは?

友達を承認する一方で、同時にその友達との絡みがなくなったり、嫌がらせを受けた場合は、友達をやめるをクリックすることで友達から外れることができます。

また、ブロックすることによって友達を外すことも可能です。削除とブロックの違いは、削除はその方のプロフィールが観覧できますが、ブロックすることによってその方の投稿はもちろんのこと、ブロックした相手のコメントも見ることが出来なくなります。

ブロック機能の特徴としてその方の存在すら消えてしまうので、その方に嫌がらせを受けたり、中傷するコメントをされた時、怪しい人物を友達として承認してしまったときなどにブロック機能は有効な使い方となるようです。

Facebookの機能!タグ付けってなに?

Facebookのお友達と会ったり、一緒にお出かけすることはありませんか?そんな時は投稿にタグ付けをすることが出来る機能を使うと良いでしょう。タグ付けとは、一緒に会ったお友達とお出かけしたことを投稿し、お友達Facebookとリンクすることを言います。タグ付けをすると投稿欄には「〇〇さんと一緒です」と表記されます。

使い方として主にオフ会やリアのお友達と会った時などが多いようです。リンクされたお友達はたとえ自分のお友達ではなくても、タイムラインに乗ってしまいますので、タグ付けをする際には慎重に行いましょう。

Facebookの機能!投稿のプライバシー設定とは?

記事の投稿には全ての方が観覧できる「公開」とFacebookで友達としてつながってる方のみ観覧できる「友達」、特定の友達には観覧ができない「次を除く友達」、一部のお友達のみに観覧が可能な「一部の友達」、自分にしか観覧ができない「自分のみ」の設定ができます。

最近ではトラブル回避のために、プライバシー設定の範囲を友達のみの設定にしている方が多くみられます。また、Facebookで友達になっていても、この人には記事を見せたくないなんて言う場合もあるでしょう。その場合は次を除く友達で、特定の方を設定することで、その人はその記事を見ることが出来なくなります。これを「カスタム機能」と呼んでいるようです。

カスタム機能は、友達になっている方でこの人にだけは知られたくないという内容を、投稿するときの有効な使い方と言えるのではないでしょうか。また、範囲を一部の友達に設定は、特定の友達にだけ記事を見てもらいたい場合に有効な使い方と言えます。

記事投稿範囲の有効な使い方をするためにも、記事の内容によって、プライバシー設定の範囲をうまく活用できるようにしましょう。

Facebookで友達を削除するとばれる?削除した後は相手にどうなる? | MensModern[メンズモダン]

FacebookのMessengerって何?使い方は?

Messengerをインストールしていれば、1対1でチャットが出来ます。ほぼLINEと同じような機能での使い方ができます。本来Facebookの機能の1つとして存在していたMessenger。2014年にはFacebookの機能から削除され、Messengerとしてスマホでは1つのアプリとして独立し、Facebookを開かなくても使えるようになりました。

Facebookでつながっている人とはだれでもチャットが可能です。スタンプや画像、動画はもちろんのこと、Messengerから通話も可能なのです。

Facebookにつながっている方で電話番号を知らない方でもMessengerで通話をするという使い方もありでしょう。また、コメントやチャットでは伝えられないことはMessengerの通話機能でという使い方をしている方もいるようです。

Facebookの基本的な使い方!まずは投稿してみよう!

Facebookの設定と基本的な機能を覚えたら、自分のタイムラインに投稿をしてみましょう。使い方としては「今何してる?」の入力画面から文字を入力し、画像や動画をアップロードをして投稿ボタンをタップまたはクリックをします。

日常をつづっても良し、お出かけした記録をつづっても良し、Facebookでお友達になった方と会ったことをつづるもよし。投稿された自分の記事はタイムラインに乗り、友達に反映されます。

記事を見た友達がリアクションをしてくれたり、コメントをしてくれるようになります。友達が増えてくると、リアクションやコメントの数も多くなってくることでしょう。

Facebookの基本的な使い方!コメントやリアクションをしてみよう!

自分の記事を読んで、リアクションやコメントを残してくれた友達に、今度はその友達の投稿にもリアクションやコメントをしてみましょう。リアクションは記事に対して感じたリアクションをする、コメントではその記事に対する感じたことなどを入れるのが一般的です。

コメントを入れると友達から返事が返ってきますので、その返事に対する反応を示すと良いでしょう。コメントに対する返事をしても良いし、リアクションをしてコメントの返事を終わらせるというのが一般的な使い方です。

Facebookって足跡はつくの?衝撃の機能でバレる!注意点を調査 | MensModern[メンズモダン]

Facebookのこんな使い方も! 【使い方応用編】

Facebookの使い方に慣れてきたら、こんな使い方もあるんだ!という新たな発見をした方も多いと思います。そんな主な使い方の応用編をご紹介します。

Facebookの活用!趣味のグループに参加してみる

Facebookには個人で投稿が出来るほかに、趣味や地域が共通しているなどのグループとしての投稿が出来る場所がいくつか存在しています。

Facebookの使い方に慣れてきたら、自分に合った趣味や同じ地域の方が所属しているグループに参加するのも良いでしょう。グループには公開しているものと非公開しているもの、秘密のグループなど投稿を制限しているグループがあります。

グループに参加するには、そのグループの管理する方などの承認が必要になります。また参加にあたって、グループでの決まり事を設けていることが多いのも現状です。グループに参加したらグループの規約を読んでおくことをおすすめします。

グループに参加することによって、同じ趣味である友達ともつながることが出来るようになります。同じグループから友達になったという方も多いのではないでしょうか。友達を作る際に参加しているグループから探すという使い方もできますよね。同じ趣味を持つ者同士でFacebookも盛り上がることでしょう。

また、グループは自ら作成することができますので、自分の趣味と共通する方や地域が同じ方などを集めて自ら管理人になるという活用もありでしょう。グループを作成したら、トラブルにならないように、グループ投稿をする際のルールをきちんと決めてしっかり管理する必要があります。

Facebookの活用!友達申請って名刺代わり?

Facebookに慣れてくるとこんな使い方も!オフ会や大勢の集まりなどでは、初めての出会いも多いですよね。最近では、初めて会った方とFacebookで友達となるケースが多くみられます。

名刺交換の代わりにFacebookで友達とつながるという使い方をしている方が最近増えているようですね。友達としてつながっておけば、またオフ会を開くなんて時に連絡をしやすくなりますよね。

Facebookの活用!イベント機能をつかってイベントに参加してみよう

Facebookにはイベントの内容を作成する機能があります。自分でも作成は可能ですが、同じ趣味のグループに所属している方から趣味に合うイベントに招待されることがあります。参加する、興味あり、参加しないの3項目があるので、イベントまで時間がある場合は参加しようかしまいか、迷ってるときは興味ありにチェックを入れておくと良いでしょう。

イベントに招待されたら、なるべく参加するかしないか、返事をしておくことをおすすめします。興味があれば参加するのも良し、都合が悪くて行けないなんてことがあったら、イベント画面でコメントを入れておくと良いでしょう。

Facebookの上手な使い方をしたい!注意点はどんなこと?

Facebookの活用で、便利になった反面、一歩使い方を誤るとトラブルの元となるので注意が必要です。また、Facebook上において、実際にトラブルも急激に増えてきています。どんなことに注意をしたらよいのか、具体的な注意点をご紹介します。

Facebookの注意点!Pokeはほどほどに

Facebookにつながる、気になるお友達に出来る機能であるPoke。Pokeを返すボタンで相手にPokeを返すことができます。とっても親しい人で、キャッチボールのようにPokeを返しあえれば問題はありません。しかし、中にはPokeをすることで、迷惑が掛かってしまう場合があります。

一旦Pokeををクリックすると取り消しができません。いきなりPokeをすると嫌がる方もいるので、よく考えてするようにしましょう。

Facebookの注意点!中傷コメントはやめて

同じコメントでも人によっては取り方が変わってくることを覚えておきましょう。自分が良かれと思ってコメントしたことが、実は相手にとっては深く傷つくということがあります。すでにコメントをしてしまって、そのようなトラブルがあった場合はすぐに友達に謝っておくことをおすすめします。

また、無理にコメントをする必要はありません。コメントができないならリアクションをしておくだけというのも、賢い使い方と言えます。

Facebookの注意点!友達申請はMessengerでコメントを

最近増えてきているトラブルに、友達になった人がLINEなどに誘導して詐欺を働くといったケースや、友達になっていない外国人のMessengerでお付き合いくださいなどのメッセージなどが来ることや、友達のなりすましなどです。怪しいと思った人物は、承認をせずにリクエストから削除しましょう。

友達にリクエストをする際にはMessengerでコメントをくれるように、プロフィール画面などに記載しておくことをおすすめします。また、自ら友達申請をする際にも、Messengerで「申請をしました」という内容を入れておくのが、友達申請をする上での常識と言えます。

Facebookの注意点!診断アプリで個人情報漏洩?

Facebookをやっている方ならだれでも診断アプリを利用したことがあると思います。ゲーム感覚でお友達とも共有が出来るこのアプリでは、冗談半分に盛り上がることも多いと思います。しかし、これらのアプリを使用することによって、個人情報の漏洩が懸念されています。気になる方は使用しないのが賢いFacebookの使い方と言えるのではないでしょうか。

Facebookの注意点!ネガティブな投稿は避けよう

日常や行動が、投稿によって友達にも共有されるFacebook。時にはその投稿によって友達に不快を与えてしまうことがあります。特にネガティブな投稿は注意が必要です。たまに愚痴を吐く程度なら良いですが、連続でネガティブな投稿をするのはやめましょう。連続での暗い投稿にうんざりして、いつの間にか友達を解除されたりブロックされてしまうことがありますよ。

Facebookの注意点!投稿に友達のタグ付けは本人に許可をもらって

トラブルになる原因の1つに、投稿する際の友達のタグ付けがあげられます。友達とどこかにお出かけしたり、イベントに参加したりすると、そのような投稿をする方も多いでしょう。その際に、友達をタグ付けにするという方も多いと思いますがその投稿のタグ付け、友達本人にきちんと許可をもらっていますか?

何も知らない友達がタグ付けの投稿を見てびっくりしてしまいますよ。また、投稿したあなたはいいですが、友達はあまり知られたくない内容だったりする場合もあるのです。トラブルになる前に、タグ付けしてよいかどうか、友達にきちんと確認をしましょう。

Facebookの注意点!特定の友達の陰湿ないじめはやめよう

Facebookのリアな友達のつなががりや、同じグループにいるお友達とたくさんつながっているという方も多いのではないでしょうか。そんな中で問題になっているのが、共通のお友達を叩くようないじめまがいのコメントや投稿によるものです。お互いが気持ちよく利用するために、こういう陰湿な使い方はご法度と言えます。

本人は冗談や笑いを取り、盛り上げるためにしていることでも、相手には深く傷つくことになるということを覚えておきましょう。トラブルになり、最悪友達解除になったり、ブロックをされたりして友達が離れてしまいますよ。

Facebookの注意点!広告からの買い物は慎重に

Facebookのライムラインを見るとところどころに、広告の投稿があるのをご存知でしょうか。その中には詐欺まがいの美容通販を時々見受けられます。

Facebookを使用している人を利用して、ありとあらゆる手段を使って、美容商品を売るために詐欺を働いている場合があります。Facebookをうまい使い方をするためにもこういった広告で釣る通販には注意しましょう。オーダーした後で品物が届かなかったとか、効き目がなかったなんて泣かないように。

Facebookの注意点!乗っ取りの予防と対処

友達の承認で一番怖いのが乗っ取り。友達と同姓同名の人物がリクエストしてきたり、不審と思われる人物が友達リクエストをしてくることがあります。

うっかり承認をしてしまうと、乗っ取られてしまうことがあるのが注意点。乗っ取られた場合、乗っ取られた本人が気づかないうちに、友達のMessengerに大量の不審なメッセージを送るなどの被害が急増しているのが現状です。

もし、このような不審なメッセージが来たら、本人に確認の上削除しましょう。乗っ取りは誰にでも起こりうるという認識を持つことが必要です。

【まとめ】Facebookを上手な使い方をして楽しい投稿をしよう!

Facebookを使用する初心者はもちろんのこと、Facebookを既に使用している方のために、活用方法や注意点などをご紹介しました。2004年にFacebookが誕生して以来、既に世界中でも利用者が10億人を超している主要SNSと言えますよね。

Facebookで懐かしい友達とつながったり、記事やコメントで楽しく盛り上がれる一方で、Facebookの使い方を1歩間違えるとトラブルの元になってしまうので、注意も必要になります。友達として繋がった、方全てに記事の投稿が共有されてしまうという怖さもあるということを覚えてもらいたいものです。

Facebookを使用している方々がお互いに気持ちよく楽しく利用するためにも、譲り合いや労りの気持ちが必要になってくると思います。Facebookの機能を最大限に生かし、友達との交流や日常での活用の幅を広げてくださいね。


評価 3.7/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ