スマホの電源が入らない!突然そんなトラブルに見舞われることは誰しも経験あるだろう。電源が入らないと何も使えないスマホ。再起動もできないしどう対処してらいのか焦ってしまいがち。そこで今回は、充電できない場合の対処法や解決方法を解説していこう。

スマホの電源が入らない!充電できない場合の対処・解決方法も解説

目次

  1. スマホの電源が入らない相次ぐトラブル
  2. スマホの電源が張らない!原因は?
  3. スマホの電源が入らないときの対処法は?
  4. 電源が入らない!そんな時には電源ボタンを長押ししよう
  5. スマホの電源が入らないなら電池パックを外してみよう
  6. スマホの充電器やケーブルを変えて充電してみよう
  7. それでも電源が入らない!?30分以上は充電してみよう
  8. スマホからカード類を外してみよう
  9. リセットボタンを探そう
  10. 皆知ってる?13秒ルールとは?
  11. どうにもならないときは最寄りのショップで対処してもらおう
  12. 適切な対処方法で直そう!

スマホの電源が入らない相次ぐトラブル

スマホやiPhoneで相次ぐ電源が入らないトラブル。突然こういったトラブルが起きた場合、本当に焦るものだ。電話もできないし、対処方法を調べようにもスマホが使えない。また、精密機械にありがちな再起動を試そうにも操作が効かないとなると対処のしようがないというものだ。

こういったトラブルは実は珍しいものではなく、長年スマホを愛用している人であれば誰しも一度は経験があることだろう。さらに、こういったトラブルは何もスマホの劣化だけが原因ではないので、新品のスマホでも買ったばかりなのに電源が入らないといったケースは実在する。これらの対方法はどうすればいいのか。また何が原因なのかじっくり見ていこう。

スマホの電源が張らない!原因は?

【スマホの電源が入らない原因①】充電不足

スマホの電源が入らない原因であるが、まず一つ目に考えられることが、充電不足だ。スマホ内部のバッテリーに、スマホを起動させるだけの電池が残っていないために、電源が入らないことが考えられる。誰でも気づきそうなものなので、そんなことがあるのかと疑う人もいるかもしれないが、アプリが動きっぱなしだと気づかないうちに充電切れになる可能性もある。

また、電池がないので当然動かないが、単純に充電すればいいという話ではなく、電池が切れて充電不足になってしまった原因を突き止める必要もある。充電しても、再び同じように電池不足になる可能性があるためだ。充電して復活できればいいというものではないので、この原因を突き止めよう。

【スマホの電源が入らない原因②】OSやアプリのトラブルによるもの

次に考えられるのが、OSやアプリのトラブルによるものだ。スマホが買い替えたばかりにも関わらず電源が入らないのであれば、この可能性を疑ったほうがいいだろう。AndroidやIOSといったスマホを動かしている基本ソフトウェアは何らかの原因でフリーズを起こすことは少なくない。

こうなると、画面が真っ黒で、何も操作を受け付けず、何も画面に表示されないので電源が入らないと勘違いするケースもある。実際はフリーズしているだけなのだが、真っ暗で操作ができないので、不安になるということだ。また、当然OSだけでなくアプリにも原因があるケースはある。

極度に重たいアプリをスペックに似合わないスマホに入れてしまい動かしているとフリーズする可能性は高くなる。また、スペックを例え満たしていたとしても、アプリの不具合によってスマホがフリーズしたり、電源が入らないトラブルを引き起こす可能性もある。これらのアプリやOSのトラブルに関しても電源が入らない原因としては多いので注意しよう。

【スマホの電源が入らない原因③】バッテリーの劣化

バッテリー自体が劣化しており、電気をうまく貯めることのできない状態である可能性ももちろんある。バッテリーの劣化は長年愛用しているスマホであれば十分可能性が考えられるだろう。そして、上記の原因の中では最も深刻さでいうと一番深刻な原因位なる。本体交換やバッテリー交換が必要になるからだ。

特に、最近のスマホはバッテリーを外せない仕様になっているケースも多く、本体ごと修理に出さなければならないケースもある。その場で即対応ができないようになっている機種もあるので、たかが電源が入らないだけのトラブルで、一度預かり修理になることも大いに考えられるのだ。スマホが手元になくなるなんて深刻なトラブルに違いない。

スマホバッテリーの寿命は?交換の症状や時期の目安・復活方法まで解説 | MensModern[メンズモダン]

スマホの電源が入らないときの対処法は?

では、そんなスマホの電源が入らないときの対処法はどうすればいいのだろうか。適切な方法を足らないと、全く治る気配のないこのトラブル。何とかなるケースもあるのだが、適切な対処方法を知っておかないと、無駄にショップに行かないといけなかったり、スマホを使えない不便な時間ができる。正しい対処方法を解説していこう。

電源が入らない!そんな時には電源ボタンを長押ししよう

まずは電源が入らないスマホにやるべきことは、電源ボタンの長押しだ。誰もが試す一番手っ取り早い対処方法だろう。これをまず試してみて、意外に解決することもあるので、試してみよう。OSやアプリのフリーズによって、電源が入っていながらも画面がつかない、あるいは操作ができないトラブルに関しては、強制終了や再起動が非常に有効な方法だ。

Androidスマホに関しては機種によっても操作が異なるが、電源ボタンだけ、あるいは電源ボタンとボリュームボタンを10秒以上同時押ししていれば、多くのスマホの場合強制終了や再起動ができる。iPhoneでは、電源ボタンとホームボタンを同時押しすればAppleのロゴが出てきて、アプリの強制終了ができる。

スマホの電源が入らないなら電池パックを外してみよう

上記の方法を試してみてもスマホの電源が入らないようであれば、電池パックを外してみよう。システムにエラーが起こって操作を受け付けないような状態であれば、強制終了もままならない。そんな時には、根本的な電源をカットする方法が有効だ。それがスマホの電池パックを外すことだ。外せる機種に限定はされてしまう方法だが、できるのであれば外してみよう。

この時、電池パックの接点部分が汚れていないかも確認してみよう。汚れているようであれば、接点部分を綿棒や乾いた布でふき取ってると解決できるときがある。そして、スマホの電池パックをはめる際には、すぐにはめるのではなくて、できるだけ時間を置いてはめるようにしよう。目安としては1分ほど待ってから取り付けると安全だ。

スマホの充電器やケーブルを変えて充電してみよう

スマホを充電しようにも充電できないのであれば、スマホ充電器側のトラブルの可能性もある。もししばらく差し込んでいても充電できないようであれば、充電器や充電ケーブルが故障しているケースも考えられるので、交換して試してみよう。本来ならば正規のアダプタやケーブルを使うのが理想だが、それらがなく対応できないようであれば、非正規品でも構わない。

スマホ充電器の交換を試してみて、充電ができるのであれば、スマホ充電器やケーブルに問題があるということになるので、それらは今後使わないほうがいいだろう。

それでも電源が入らない!?30分以上は充電してみよう

最も簡単な対処法補としてはスマホを充電することは当然有効な方法だ。しかし、充電を試すのであれば、しっかりとそのケーブルや充電器が使えることをわかったうえで充電を30分以上続けてみよう。単純にバッテリーが空になっているケースも考えられる。5分などの短い時間ではなく、ある程度受電が完了できる時間は充電器に接続しておこう。

もちろん、この30分という時間は正規品を使用した場合になる。スマホ充電に用いる充電器はできるだけ、スマホに対応した正規品のものを使うように心がけよう。

スマホからカード類を外してみよう

スマホの電源が入らない原因として、可能性は低いが差し込んであるカード類に原因があるケースもある。スマホにセットされているSIMカードやmicroSDなどのカード汚れや接触不良が原因となっている可能性があるのだ。そのため、一度カード類をスマホから取り出して、汚れや接触不良がないかを確かめよう。

カードの汚れは、綿棒や乾いた布で落とすことができる。セットしなおしてスマホの電源を入れなおしてみると解決できることもあるので試してみよう。

リセットボタンを探そう

再起動や強制終了について先ほど触れたが、機種いよっては本体に物理的なリセットボタンが備わっているケースもある。例えばXperiaZ1ではカードの挿入口の近くに赤色のリセットボタンがあり、そこを爪楊枝などの先の細いもので長押しするとスマホを強制終了することができる。強制的に再起動を賭けることができるので、電源ボタンを押すよりも有効な時もある。

皆知ってる?13秒ルールとは?

以上のような対処方法で、スマホに電源が入らないトラブルを解決してほしいが、何はともあれ最初にみんな試すのが再起動だろう。その再起動について、実はあまり知られていないルールがある。それが、13秒ルールといわれるものだ。Androidスマホに関しては、実は再起動は単純に電源ボタンを長押ししても効果がないときがある。

本当にスマホを再起動させたい場合は、実は電源ボタンを数秒間押すのではなく、13秒以上押すとリセットがかかるようになっているのだ。また、1度やってもできない場合は何度かこの13秒以上の長押しを試すことで、改善されるケースもあるという。Androidスマホに関しては覚えておいたほうが良い対処方法だろう。

どうにもならないときは最寄りのショップで対処してもらおう

上記のどんな対処方法を試しても効果が見込めない時には、最終手段に出る必要がある。それがスマホのショップにいって対処をお願いするケースだ。もしかすると修理になることも考えられる。自分で試せる方法は、ショップ店員さんも同じでお店であろうと試せる方法はそこまで多くない。内部の異常であれば、ショップでは対応できないので修理という形になるのだ。

iPhoneであれば、各キャリアのショップでは対応できないので、Applestoreに電話をして配送か、あるいは自分でもっていって修理になるだろう。また、Androidスマホに関しても、ショップでできることは限られるので、どちらにしても修理になる場合には、一時的に手元からスマホが離れてしまう。不便ではあるが、最終手段として覚えておこう。

iPhoneの電源が入らない時の原因は?症状や対処法について調査 | MensModern[メンズモダン]

適切な対処方法で直そう!

スマホの電源が入らないと何かと不便で焦ってしまうもの。普段からスマホにどれだけ頼っているかがわかる瞬間だが、使いえないのはやはり困る。正しく適切なスマホの対処方法を覚えておき、いざというときにしっかり対処できるようにしておこう。


評価 4.0/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ