電動の折りたたみ自転車が便利で人気が集まっているようです。今、主流の電動折りたたみ自転車は、軽量で坂道もスイスイ走れます。今回は、電動の折りたたみ自転車にスポットを当て、おすすめの商品やメリットなどを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

折りたたみ自転車の電動アシストおすすめ特集!軽量でスイスイ走ると人気?

目次

  1. 電動折りたたみ自転車に人気が集まっています
  2. 電動折りたたみ自転車とは?
  3. 電動折りたたみ自転車の選び方について
  4. 電動折りたたみ自転車のメリットについて
  5. 電動折りたたみ自転車の注意点とは?
  6. スッキリしたフォルムが人気!A2B(エーツービー)の「 Kuo/20R」
  7. 最軽量モデル!「YS-11ハイブリッド」
  8. 入門機としてはおすすめ!シティグリーンの「リトルミニ」
  9. 圧倒的なコンパクトボディ!A-bikeの「Electric」
  10. 走行距離が長くて乗りやすい!KyowaCycleの「電動折りたたみ自転車YF20B」
  11. しっかり長く乗れて人気抜群!パナソニックの「オフタイム」
  12. 手ごろな価格ならコレ!スイスイ の「SUISUI・KH-DCY03」
  13. デザインで選ぶならこのモデル!ハマーの「折りたたみ電動アシスト自転車 AL-FDB207E」
  14. すっきりした印象が特徴!リッチビットの「RT618」
  15. 【まとめ】電動折りたたみ自転車に乗って、快適な自転車ライフを送ろう!

電動折りたたみ自転車に人気が集まっています

皆さんは、どのような自転車に乗っているでしょうか?最近はコンパクトな電動の折りたたみ自転車に人気が集まっているようです。電動の折りたたみ自転車だと、坂道や砂利道などで、運転をアシストしてくれるので、非常に乗りやすくおすすめです。特に折りたたみ自転車になりますと、折りたたんで持ち運びもできるので便利です。

今回は、電動の折りたたみ自転車にスポットを当て、電動の折りたたみ自転車とは具体的に、どのような自転車なのか?また、おすすめの選び方、そして、人気の車種について見ていきたいと思います。軽量でコンパクトな、電動の折りたたみ自転車に乗り、自転車ライフを気持ちよく良く送りましょう。ぜひ、参考にしてみてください。

折りたたみ自転車の最小・最軽量まとめ!持ち運びに便利でカバンにも入る? | MensModern[メンズモダン]

電動折りたたみ自転車とは?

電動折りたたみ自転車は、モーターにより駆動します

電動折りたたみ自転車は、モーターにより、人力をアシストしてくれる自転車のことを言います。折りたたみ自転車だけでなく、一般的なシティサイクルのタイプの自転車でも、アシスト機能の付いた自転車が登場しています。電動の折りたたみ自転車は、ペダルを踏む力や回転数を検出して、ペダルを漕ぐパワーを低減し、運転のアシストをしてくれます。

電動の折りたたみ自転車の場合、平地でも上り坂でもペダルを踏むのは軽く、非常に便利です。どんな道でも難なく走ることが可能になるのです。現在の電動折りたたみ自転車は、軽量のタイプも多く、乗りやすく人気が集まっています。モーターにより、自転車の運転をアシストしてくれるので、壮快に走れ、一度乗ると虜になる方が多いようです。

折りたたみ自転車のおすすめ人気ブランドは?選び方のコツや注意点など調査 | MensModern[メンズモダン]

電動折りたたみ自転車の選び方について

電動折りたたみ自転車は、バッテリーが重要になる

電動折りたたみ自転車を購入する場合、どのようなポイントがあるのでしょうか?おすすめの選び方をご紹介します。まず、最も大切になってくるのは、モーターを駆動させる「バッテリー」です。バッテリーは電動折りたたみ自転車の心臓部分なので、しっかりと選びましょう。

安価な電動折りたたみ自転車になりますと、ニッケル電池というバッテリーを使用していますが、こちらは、充電回数も多くなり、短寿命になりやすいので、注意が必要です。現在の電動折りたたみ自転車の主流のバッテリーは「リチウムイオン電池」です。これから、電動折りたたみ自転車を購入するのであれば、リチウムイオン電池のタイプを選ばれると良いです。

電動折りたたみ自転車は、バッテリー容量が多いものを選ぶと良い

電動折りたたみ自転車を使う場合、充電して利用することになりますから、バッテリーの容量は大きなものの方が良いでしょう。バッテリー容量の少ないタイプは、充電する回数が増えて、寿命が短くなりがちです。バッテリーの交換と言う方法もありますが、こちらは数万円の費用がかかります。

バッテリーの交換は面倒ですし、費用がかかるので、なるべくならしたくないですよね。そこでおすすめなのは、初期コストは高くなりますが、最初からバッテリー容量の多いものを選ぶということです。このようにすると、効果的に電動折りたたみ自転車に乗れます。運転をアシストする電動折りたたみ自転車では、バッテリーが非常に大切になってくるのです。

電動折りたたみ自転車は、距離と用途に適したタイプを選ぶと良い

電動折りたたみ自転車を購入する場合、ご自分が乗る距離や用途によって選ぶのがおすすめです。例えば、バッテリー容量が10Ah以上であれば、1日20㎞走っても、3日程度は充電しなくてもバッテリーは持ちます。通勤や通学などで往復20㎞圏内であれば、このような電動折りたたみ自転車で充分です。

しかし、乗る距離が長くなり、バッテリーの容量が小さいものを選んでしまうと、充電回数が増えて、面倒になってしまいます。最近はバッテリー容量20Ah以上のタイプも登場しているので、乗る頻度が多い方は、そのようなタイプを選ばれると良いでしょう。機種によっては、減速時にモーターを発電機として、バッテリーの充電を行うタイプもあります。

電動自転車では、アシストの比率を把握しておくと良い

電動の折りたたみ自転車は、人力とモーターによるアシストにより駆動します。人力とアシストの比率は1:2であり、時速24km以上ではアシストされない法制限があります。普通に街中を走る分には、通常の電動の折りたたみ自転車で充分ですが、乗る距離が長いなど、それ以上を求める場合は、ギア多段式のモデルを選ばれるのがおすすめです。

自転車の空気圧の目安は?正しい見方や適切な量・単位など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

電動折りたたみ自転車のメリットについて

電動折りたたみ自転車は収納できて便利!

電動折りたたみ自転車は、モーターの力で運転をアシストしてくれますが、折りたたみ自転車なので、簡単に収納ができます。軽量なタイプも多いので、持ち運びに便利ですし、簡単に収納できます。自転車に乗りたいけれど、置き場所がないという方にはおすすめのタイプの自転車です。軽量で乗りやすい電動折りたたみ自転車を選びましょう。

電動折りたたみ自転車は、盗難防止になる

コンパクトに折りたたんで収納できるので、保管は屋外ではなく室内でできます。家の中で保管できるので、盗難の心配がありません。また、雨や風などを防げるので、サビなどの傷みが少なく、長く乗ることができます。電動折りたたみ自転車は、それなりの金額がするので、盗難対策はしっかりとしたいものです。自宅での保管なら非常に安心でおすすめです。

電動折りたたみ自転車は、デザインがカッコいい!

電動折りたたみ自転車の人気の秘密は、ビジュアル面の高さでしょう。やはり、カッコよい自転車に乗りたいものですよね。電動折りたたみ自転車は、デザイン性に優れたものが多いので、人気が集まっているようです。見た目がオシャレですと、自転車に乗るのが楽しくなりますし、街乗りにも最適ですよね。本当におすすめであると言えます。

自転車のおすすめまとめ!通勤用や折りたたみなど人気商品・メーカー紹介 | MensModern[メンズモダン]

電動折りたたみ自転車の注意点とは?

電動折りたたみ自転車は、軽量タイプでも持ち運びは大変!

折りたたみ自転車にどのようなイメージがあるでしょうか?折りたたみという言葉が入っているので、折りたたんでどこへでも持ち運びができる印象があると思います。ですが、ここに注意点があります。電動折りたたみ自転車は軽量のタイプでも20㎏程度あります。これはバッテリーが重いため、ここまでの重量が出てしまうのです。

折りたたみ自転車は持ち運んで使えますが、電動折りたたみ自転車の場合、持ち運びは面倒になると思った方が良いでしょう。但し、車に積んで持ち運ぶ分には、問題はないでしょう。いずれにしても、軽量タイプでもそれなりの重さがあるので、持ち運びを前提に考えるのならば、電動折りたたみ自転車に乗るのは難しいかもしれません。

電動折りたたみ自転車は、充電をしっかりと行おう!

バッテリーを充電するためには、電気を使うので、電気代がかかりますが、充電しないで使うと、普通の自転車になってしまいます。これでは、電動でアシストしてくれるメリットを生かせません。しっかりと使う前に充電するようにすると良いでしょう。

電動折りたたみ自転車は、価格が高いので注意!

電動折りたたみ自転車は、通常の折りたたみ自転車に比べると、高価な部類に入ります。平均しても10万円近くするので、初期コストはそれなりにかかります。それでも、モーターの力でアシストしてくれるので、運転はしやすく、一度購入してしまえば、長く使えるので、コストパフォーマンスが悪いわけではありません。

自転車のトレーニング方法まとめ!効果的な鍛え方・やり方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

スッキリしたフォルムが人気!A2B(エーツービー)の「 Kuo/20R」

シンプルで洗練されたデザインが魅力の、電動折りたたみ自転車です

A2B(エーツービー)のKuo/20Rという、電動折りたたみ自転車が人気です。こちらはイギリスの電動自動車メーカーであるHERO Eco社がデザインした、折りたたみタイプの電動アシスト自転車です。電動折りたたみ自転車の場合、電動バッテリーがあるので、ごてごてした印象がありますが、こちらの自転車はすっきりとした印象があります。

フレーム素材はアルミニウムで、重量は19.8㎏です。電動折りたたみ自転車の中では、軽量ではなく、まずまずの重量があります。バッテリー容量は8Ahなので、長距離を乗るのには向きませんが、日々の買い物や通勤・通学などには活躍してくれるでしょう。洗練されたオシャレな電動折りたたみ自転車なので、デザイン性が高いものを求める方にはおすすめです。

自転車用のライトでおすすめは?選び方や防水・充電式など機能を比較 | MensModern[メンズモダン]

最軽量モデル!「YS-11ハイブリッド」

とにかく軽量の電動折りたたみ自転車を、探している方にはおすすめです

電動折りたたみ自転車は、重量があるのが注意点の1つですが、YS-11ハイブリッドは総重量が12.8㎏と、とても軽量のタイプの電動折りたたみ自転車でおすすめです。一般的な電動折りたたみ自転車は20㎏以上ありますから、10㎏近く軽量になるのです。フレームが軽量で、更に独自のモーターで電池の軽量化に成功しているようです。

電動折りたたみ自転車は、電池が切れた際、元々の重量があるため、漕ぐのが重くなってしまいますが、このYS-11ハイブリッドですと、重量がないので、スイスイ走れます。ただ、バッテリーが小さいので、一度の充電で22㎞程度しか走らないので、長距離をサイクリングするのには向きません。この点は注意しましょう。

自転車で小学生におすすめは?選び方・おしゃれな人気商品などまとめ | MensModern[メンズモダン]

入門機としてはおすすめ!シティグリーンの「リトルミニ」

ちょっとした日常の足に最適な、電動折りたたみ自転車です

こちらの電動折りたたみ自転車は、カナダの自転車ブランドであるシティグリーンと言う会社が販売しています。電動折りたたみ自転車としては、価格が安いので、入門機としておすすめできます。重量も16.9㎏なので、比較的軽量な部類に入ります。フォルムも低めのフレームで、シンプルにまとめられており、オシャレな感じが良いですね。

バッテリーの容量が4.5Ahと少ないので、長距離を運転するのには向きません。平均で1回の充電で20㎞走ります。近所を回ったり、買い物をしたりする使い方がおすすめと言えます。激しく使う予定はないけれど、電動折りたたみ自転車に興味があり、乗ってみたい方には、乗りやすく良いのではないでしょうか?

自転車のサングラスでおすすめは?ロードバイク用人気アイウェアまとめ | MensModern[メンズモダン]

圧倒的なコンパクトボディ!A-bikeの「Electric」

軽量で持ち運びも可能の、電動折りたたみ自転車です

A-bikeの「Electric」という電動折りたたみ自転車も乗りやすく人気が集まっています。自転車を展開した時、フォルムがアルファベットのAの形になるのが名前の由来です。イギリスの発明家によって設計された箱の中に、ぴったりと納まった形のクランクとチェーン機構により、圧倒的にコンパクトで軽量な、電動折りたたみ自転車に仕上がっています。

重量はバッテリーを合わせても12.3㎏と、非常に軽量で人気があります。折りたたんでもコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。こちらの自転車は乗り心地よりも、持ち運びや軽量化に特化したモデルなので、毎日乗りこなしたい方の場合、物足りないかもしれません。外出先でのちょっとした移動に使いたい場合には、人気がありおすすめです。

自転車の整備方法まとめ!自分でできる愛車のメンテナンスのやり方 | MensModern[メンズモダン]

走行距離が長くて乗りやすい!KyowaCycleの「電動折りたたみ自転車YF20B」

走行距離が長く、安心の国内メーカーの電動折りたたみ自転車です

Kyowa Cycleの「電動折りたたみ自転車 YF20B」は、広島市にある電動アシスト自転車メーカーのキョウワテクノ社によって販売されています。こちらの電動折りたたみ自転車は、大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しているので、走行距離が圧倒的に長いのでおすすめです。一度の充電で約60㎞程度走ります。

ボックスタイプのバッテリーを積めば、約80㎞のアシスト走行になるので、長距離を運転する方にもおすすめできます。重量はバッテリーを含めると18㎏程度になるので、それなりの重さがあります。また、こちらのメーカーは安心の国内メーカーなので、キメの細かい長期の保証期間が設定されており、人気が集まっています。

自転車で使う筋肉は?効果的なトレーニング方法と部位について調査 | MensModern[メンズモダン]

しっかり長く乗れて人気抜群!パナソニックの「オフタイム」

大手家電メーカーの販売する、電動折りたたみ自転車です

こちらはパナソニックから登場した電動折りたたみ自転車です。大手家電メーカーの強みを生かした使い勝手の良さが魅力となっています。重量が20.5㎏あるので、非常に重たいですが、バッテリー容量が8Ahあるので、一度の充電で、34㎞程度走ります。安心の国内メーカーの電動折りたたみ自転車なので、非常におすすめです。

自転車で音楽を聴く方法!イヤホン以外のスピーカーや骨伝導など紹介 | MensModern[メンズモダン]

手ごろな価格ならコレ!スイスイ の「SUISUI・KH-DCY03」

お客様満足度の高い、電動折りたたみ自転車です

こちらの電動折りたたみ自転車は、電子製品を輸出入しているカイホウジャパン社から販売されています。価格が安く約6万円と、費用を抑えたい方にもおすすめできます。デザインもシンプルなものなので、街でモノりやすいと思います。バッテリー容量は5Ahと少なめなので、スペックやデザインよりも、手ごろな電動折りたたみ自転車が欲しい方にはおすすめです。

自転車のチェーン交換の料金はどれくらい?自分でやる方法も紹介 | MensModern[メンズモダン]

デザインで選ぶならこのモデル!ハマーの「折りたたみ電動アシスト自転車 AL-FDB207E」

ハマーブランドが好きならおすすめの、電動折りたたみ自転車です

ハマーにも電動折りたたみ自転車があります。デザイン性に優れており、非常にカッコよい電動折りたたみ自転車に仕上がっています。フル充電した場合、走行距離は20㎞となっています。よって、あまり長距離を走るのには向いていません。また、重量も18㎞あるので、スペックが高い電動折りたたみ自転車ではないようです。

ただし、デザイン性に優れており、電動折りたたみ自転車以外にも、三輪車や子供用の自転車まで展開しているので、家族でハマーブランドを使いたい場合には、人気がありおすすめと言えます。とにかくカッコいい電動折りたたみ自転車に乗りたい場合には、ハマーを選ばれても良いのではないでしょうか?

自転車の虫ゴムとは?空気漏れの原因かも?種類や交換方法について調査 | MensModern[メンズモダン]

すっきりした印象が特徴!リッチビットの「RT618」

デザインやスタイルが素敵な、電動折りたたみ自転車です

こちらの電動折りたたみ自転車は、サイクリング用品の専門商社であるCyrusher社が販売しています。海外ブランドらしく、ビビットカラーと、コンパクトなカッコよさが融合したデザインが特徴です。電池をフレーム内に隠しているので、電動アシストには見えないすっきりとした印象があります。デザイン重視の方にはおすすめできます。

自転車のタイヤ交換の値段は?料金の相場・安く済ませる方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

【まとめ】電動折りたたみ自転車に乗って、快適な自転車ライフを送ろう!

電動折りたたみ自転車があると、移動がとても楽になります。モーターの力を使ったアシストで、快適に走行できます。今回は電動折りたたみ自転車にスポットを当て、メリットや特徴、おすすめで人気の車種を紹介しました。価格は少し高いですが、長く使えるのでコストパフォーマンスは悪くありません。より良い自転車ライフを送るためにも、参考にしてみてください。


評価 3.6/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ