コートエシエルのリュックが使いやすい!Sサイズが良すぎる理由とは?

みなさんコートエシエルのリュックをご存知ですか?聞いたことがない方も多いかもしれませんが、実はコートエシエルのリュックはあの有名人も愛用し、機能性とデザインが優れていることで有名です。今回はコートエシエルのリュックの魅力と使いやすさについて特集しました!

コートエシエルのリュックが使いやすい!Sサイズが良すぎる理由とは?

目次

  1. コートエシエルのリュックとは?
  2. コートエシエルのリュックは意外とでかい!
  3. コートエシエルのリュックは細部まで細かい!
  4. コートエシエルのリュックはメッセンジャーにも!
  5. コートエシエルのリュックは疲れにくい!
  6. コートエシエルのリュックの外側収納
  7. コートエシエルのリュックの内側収納
  8. コートエシエルのリュックのインナーポケット
  9. コートエシエルのリュックの今後に注目!
  10. コートエシエルのリュックが使いやすいまとめ!

コートエシエルのリュックとは?

みなさんは、コートエシエルのリュックをご存知ですか?あまり聞いたことがないなとおっしゃる方も多いと思いますが、実はこのコートエシエルは、ある有名人が使用したことでとても有名になりました。その有名人とは、Appleの6代目のCEOである「スティーブ・ジョブズ」です。

Appleの直営店でも取り扱われていることから、まさにAppleが認めたリュックとも言えるのです。このコートエシエルは、フランスのバックブランドで、斬新なアイデアのもと機能性も考えられており、デザインも都会の街並みに映えるものになっております。ノートPC専用のポケットやガジェット好きにはたまらない作りになっており、とても人気なブランドなのです。

まだ、ご存知のない方も一度、公式ホームページを覗いてみるとイメージがつかみやすいかもしれません。今回はスティーブ・ジョブズも認めたコートエシエルの魅力と、メッセンジャーや通勤に使えるのか、コートエシエルのisarという商品の特徴や、サイズはSとM、Lどちらが良いのかなどの、詳しい情報まで、ご紹介いたします。これを気にファンになること間違いなしですよ。

スーツにリュックはおしゃれ?おすすめのメンズブランドリュック紹介 | MensModern[メンズモダン]

コートエシエルのリュックは意外とでかい!

ではここからは、コートエシエルのリュックの特徴を詳しくお伝えしていきます。サイズはどのくらいが目安なのか、S、Mなどのサイズの比較と、isarというコートエシエルを代表する商品の特徴をお伝えします。また、コートエシエルは、メッセンジャーなどにも使えるのかをサイズごとに検証します。

では、まずコートエシエールのリュックのサイズですが、コートエシエールを代表する「isar」というリュックで説明いたします。まず、この「isar」ですが、その特徴は人間工学に基づいて、多忙な起業家やクリエイター向けに作られたリュックなのです。

リュックの外見的なデザインは、とてもシンプルで、ゆったりとしたスペースを確保しながら、ノートPCなどのオフィスの必需品を素早くとり出せることを重視しています。つまり。このコートエシエルのリュック「isar」は、オフィスに勤務する全ての人に向いているといえます。

コートエシエールのリュックの「ISAR ECO YARN Sサイズ」

ではここで、コートエシエールリュックのサイズごとの魅力度を比較したいと思います。まず、ISAR ECO YARNのSサイズからご紹介します。ISAR ECO YARN は、どちらかと言うと、サイズが大きいことで知られているので、Mサイズでも相当大きく感じるそうです。

ですので、日本人の女性や、普段あまり容量を使わない男性でもこのSサイズは最適だと思います。Sサイズといっても、パッドつきの13インチラップトップ用インナーポケットが装備されているので、ノートPCの13インチモデルであれば収納できる容量は備えております。

またこの商品の名前の由来ですが、isar ECO YARNは、エコヤーンという環境に優しい素材を使用して作られています。Sサイズは、W32㎝、H40㎝、D18㎝のサイズになります。普段使いには最適なサイズになります。ですので、Sサイズがもっとも後悔しないサイズになるでしょう。

コートエシエールのリュックの「ISAR ECO YARN Mサイズ」

続いては、コートエシエールのリュックの「ISAR ECO YARN Mサイズ」をご紹介します。このコートエシエールのリュックの「ISAR ECO YARN Mサイズ」は、Sサイズに比べて容量がやや大きくなります。なかにはMサイズですと大きすぎてSサイズの方が良いと言う方も多いです。

実際、コートエシエールの、リュックは、Mサイズだと大きいので、Sサイズの方が断然よかったといわれるゆえんは、やや大き目に作られているからに他なりません。とはいえ、普段から容量を多く使用する方は、ぜひこちらをおすすめします。では具体的なサイズですが、幅が32㎝、高さが約48㎝、奥行きが23.5㎝です。

ですので、結構な物が入るようになります。また、ノートPCについては、13インチモデルがSサイズだったのに対して、こちらのMサイズは、13インチ〜15インチが入る内容になっていますので、大き目のノートPCでも十分対応可能です。

コートエシエルのリュックは細部まで細かい!

コートエシエルのisarが細部までよく作られております。例えば、ノートPCを収納するポケット部分もとても分厚く作られており、このポケットが背面に設置されております。ですので、背面にあるがゆえ、歩行中にそのまま後ろに倒れたとしても直接ノートPCにダメージがこないような作りになっております。

そして、万が一衝撃があったとしてもポケット部分のクッションでノートPCを守ってくれることでしょう。一つ一つの縫い目にしても、全体的にしっかり作られているなという印象です。

コートエシエルのリュックはメッセンジャーにも!

コートエシエルのリュックのメリットとして、メッセンジャーにも最適です。というのも、例えば容量をより多く積みたい場合は、より容量の多いサイズを選べば申し分ないです。

また万が一にも衝撃に強い、クッション性のある素材の厚みもありますので、長距離を走りたいメッセンジャーの方にも、容量も、そして耐久性も優れているので、安心して使用することができます。ですので、ぜひメッセンジャーの方も検討に入れてみてはいかがですか?

コートエシエルのリュックは疲れにくい!

今回はコートエシエルのリュックは、背中に当たる部分には暑いクッション材が使われていますので、長時間リュックを背負っていても疲れにくい構造になっています。

また、重いものがリュックに入っていても、クッション材の効果でうまく重みを分圧してくれるのです。そして、ベルトですが、こちらもしっかりと作りこんであるので、長時間使用するメッセンジャーのような方にも、ぜひおすすめしたいアイテムになっております。

コートエシエルのリュックの外側収納

続いては、コートエシエルのリュックの外側の収納について見ていきたいと思います。今回は、コートエシエルのisarの外部収納です。こちらの商品の外部収納には、ファスナーポケットが2箇所、そして固定バンドが2箇所と特にファスナーポケットが多いというわけではありません。

しかし、ポケットが多いというわけではなくても、機能的にどこにポケットがあるか判断がつくのは非常に重要なことです。あくまで外側収納もシンプルにという点で、とても評価できるポイントですね。

コートエシエルのリュックの内側収納

続いては、コートエシエルisarの内側収納をご紹介していきます。まず内側収納ですが、PC収納ポケット、ファスナーポケット、仕切りありオープンポケットがあります。あくまでコートエシエルは、収納ポケットこそ多くはありませんが、シンプルに使いやすくを徹底しているなという印象です。

ポケットは多くはなくても、すぐに何がどこにあるかを確認できるのは、最大のメリットですね。コートエシエルは、機能性とデザインに特化しています。ぜひ、あなたもコートエシエルの機能性をご堪能して下さい。

コートエシエルのリュックのインナーポケット

続いてのコートエシエルのリュックの特徴は、側面にインナーポケットがあるのです。このインナーポケットがとても便利で、普段使いの小物であれば、すぐに収納できるのです。

ですので、定期券や社員証、ボールペン、スマホ、ポケットティッシュや、すぐに収納できるので例えばメッセンジャーの方のようにすぐに小物を取り出したいシーンでとても大活躍してくれます。このような機能性を重視してくれるところも、コートエシエルの良いところですね。

コートエシエルのリュックの今後に注目!

ここまでコートエシエルの、リュックの特徴について見てきました。そして、今後のコートエシエルですが、続々と新商品が入荷される予定です。販売されると、公式ショップでは完売なんてことも珍しくないコートエシエルですから、新商品はすぐにチェックしておきたいものです。つまり、コートエシエルの新商品に注目していきましょう。

コートエシエルのリュックが使いやすいまとめ!

コートエシエルのリュックの特徴をたくさん見てきました。その中で、わかったことそれはコートエシエルがいかに機能性に優れているか、ノートPCを収納しておくポケットもクッション性のある厚みのある素材を使用していますし、長時間背負っても疲れない構造。

そして、極限まで機能を追求したからこそ得られるシンプルさ、さりげないインナーポケットなど、やみくもにポケットをつけずに、人が必要なものにだけフォーカスを当てる。これは、Apple製品のテーマに非常によく似ているのかもしれないですしだからこそ、スティーブジョブズも愛用していたのかもしれません。今回は、コートエシエルのリュックの特集でした。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ