みなさんの中で、ふるさと納税をされたことある方いらっしゃいますか?今回はふるさと納税のメリットやデメリットについて、いろいろお伝えします。ふるさと納税のメリットやデメリットって何がある?またふるさと納税者はお得というのは本当?確定申告については?

ふるさと納税のメリット・デメリットまとめ!納税者にお得というのは本当?

目次

  1. ふるさと納税のメリット・デメリットや納税者にお得は本当か、確定申告などについて
  2. ふるさと納税とは?
  3. ふるさと納税のメリット1:被災地の復旧や復興に役立てることができる
  4. ふるさと納税のメリット2:好きな自治体に寄附が可能
  5. ふるさと納税のメリット3:金額に制限はない
  6. ふるさと納税のメリット4:特産品がもらえる
  7. ふるさと納税のメリット5:確定申告義務がない方でも利用可能
  8. ふるさと納税のメリット6:クレジットカード払いでもできる
  9. ふるさと納税のメリット7:ポイントサイト経由の寄附でポイントが貯まる
  10. ふるさと納税のメリット8:自由なタイミングで寄付できる
  11. ふるさと納税のメリット9:使途目的を限定できる自治体に寄付できる
  12. ふるさと納税のメリット10:Tポイントが使える
  13. ふるさと納税のデメリット1:ふるさと納税で損することもある
  14. ふるさと納税のデメリット2:確定申告をしないといけない
  15. ふるさと納税のデメリット3:特産品がいつ届くが不明な時がある
  16. ふるさと納税のデメリット4:所得が低いと控除されない
  17. ふるさと納税のデメリット5:お金が出ていくイメージがある
  18. ふるさと納税のデメリット6:手間がかかる
  19. ふるさと納税のデメリット7:納税を年末にする場合の注意事項
  20. ふるさと納税者にお得というのは本当?
  21. ふるさと納税の確定申告を必要としない人とは?
  22. 【まとめ】ふるさと納税のメリット・デメリットや納税者にお得は本当か、確定申告などについて

ふるさと納税のメリット・デメリットや納税者にお得は本当か、確定申告などについて

今回はふるさと納税のメリットやデメリットについて、いろいろお伝えしたいと思います。これから、ふるさと納税をやってみようと考えていらっしゃる方は是非、メリットやデメリットをご覧になってください。また、ふるさと納税者にお得って本当?ふるさと納税のメリットやデメリット、お得なのか?また、確定申告のこともお伝えします。

ふるさと納税カニのランキング!お礼品で高還元率・狙い目は海の幸? | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税とは?

テレビでも特集を組まれたことがある「ふるさと納税」とは一体なんでしょうか?既に、ふるさと納税をされていらっしゃる方、多くおられると思います。反対に、周りの知り合いや友人がやっているので、ご自身も便乗してふるさと納税をしてみたい方、いらっしゃったら、まず、ふるさと納税って一体なんなのかを抑えておく必要があります。

ふるさと納税とは、自治体に寄付をして、その自治体がある地域を活性化したり、創立したりすることに参加できる制度のことです。そして、ふるさと納税を支払うと、その自治体から特産品が送られてきます。この特産品目当てにふるさと納税をされる方、多くいらっしゃると思います。地域の特産品が魅力あるのだと思います。

ふるさと納税ランキング・ビールまとめ!お得な還元率を自治体ごとに調査 | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税のメリット1:被災地の復旧や復興に役立てることができる

ふるさと納税者にとって、被災地の復旧や復興に役立てることができることはメリット大!

最初にお伝えするふるさと納税のメリットは、被災地の復旧や復興に役立てることができることです。ふるさと納税をすることで、被災地の復旧や復興などに協力することができるのです。被災地の困っていらっしゃる方に、みなさんがふるさと納税を納めて頂くことで、大きな力になりますし、多くの被災地の方々が喜んでくれると思います。

被災地の復旧や復興には、みなさんの力が必要になります。もし、余裕がある方は是非、ふるさと納税をお願い致します。現在でも被災地で困っていらっしゃる多くの方がいます。その方のために早く復旧や復興ができるように、ふるさと納税をして頂ければありがたいです。ふるさと納税を行うことで人のためになれるなんて素晴らしいことですよ。

モンベルのふるさと納税がお得!どうやってポイントがもらえるの? | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税のメリット2:好きな自治体に寄附が可能

ふるさと納税者にとって、好きな自治体に寄附が可能なことはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、好きな自治体に寄附が可能なことです。ふるさと納税のメリットはいろいろありますが、ふるさと納税者のふるさとでなくても、好きな自治体に寄付することができます。これはふるさと納税する大きなメリットになるのでは、ないでしょうか?ふるさとにしか寄付できなかったら、こんなに人気は出なかったと思います。

これからふるさと納税をされる予定の方は、まず、好きな自治体をインターネットなどで調べて見つけてみましょう。そして、ふるさと納税をしたら、どんな特産品をもらえるのかも予め調べておきましょう。ご自身が欲しい特産品がある自治体にふるさと納税すると良いのでは、ないでしょうか?是非、好きな自治体をまず調べて見ましょう。

ふるさと納税のメリット3:金額に制限はない

ふるさと納税者にとって、金額に制限はないことはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、金額に制限はないことです。とてもお得ですよね。ふるさと納税をする時に、とても気になること、みなさんありませんでしょうか?それは、どのくらいの金額を納めれば良いかということです。ふるさと納税があまりにも高いと、納めたくても気持ちが冷めて納めたくなくなりますよね。ですが、ふるさと納税の金額はフリーなんです。

ふるさと納税がフリーとはどういうことなのでしょうか?それはふるさと納税に決まった額がないので、ご自身で自由に決めることができるのです。これはとても大きなメリットだと思います。ですので、ご自身でこの自治体にはこのくらい納税しようかなと思えば、その金額をふるさと納税として納めましょう。ご自身で決められますが、どのくらい納めようか悩みますね。

ふるさと納税で金券・商品券がもらえる?還元率が高いおすすめ自治体まとめ | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税のメリット4:特産品がもらえる

ふるさと納税者にとって、特産品がもらえることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、特産品がもらえることです。ふるさと納税をすると、その自治体の特産物をふるさと納税者に送ってくれます。この特産品を目当てにふるさと納税をされる方、日本全国に多くいらっしゃるのではないでしょうか?自治体によって、特産品の種類が異なりますので、あなたの好きな特産品がある自治体にふるさと納税されると良いと思います。

ふるさと納税の特産品としては、お酒やカニやお魚、サザエなどの海産物、お米、果物、旅行、野菜、お菓子、日用品など数多くのアイテムがあります。ふるさと納税される予定の方は、いろんな自治体の特産品をいろいろ調べてみて、あなたの欲しい特産品を取り扱っている自治体にふるさと納税をすることをおすすめしたいと思います。お得なので是非やりましょう。

ふるさと納税のメリット5:確定申告義務がない方でも利用可能

ふるさと納税者にとって、確定申告義務がない方でも利用可能なことはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、確定申告義務がない方でも利用可能なことです。確定申告義務がない方でもふるさと納税ができるって、とても大きなメリットだと思います。働いている方でしたら、毎年、確定申告の手続きをして余計に払った分が還付金として戻ってきます。ですが、確定申告の義務がない方もいらっしゃいます。

そんな確定申告をしなくても良い方でも、ふるさと納税ができるのはとてもいいと思います。ふるさと納税をすれば、その自治体の特産品が家に送られてくるので、こんなにメリットが大きい制度は使わないと損をすると思います。確定申告義務がない方、ふるさと納税ができることをご存知でしたか?確定申告義務がなくてもできますので安心してください。とてもお得です。

競馬と税金に関するまとめ。いくらから払う?確定申告はどうする? | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税のメリット6:クレジットカード払いでもできる

ふるさと納税者にとって、クレジットカード払いでもできることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、クレジットカード払いでもできることです。ふるさと納税をされた方、クレジットカード払いできることを、ご存知だったでしょうか?ふるさと納税の支払い方法について、少しお伝えしたいと思います。これから、ふるさと納税をされる方は、是非ふるさと納税の支払い方法を知っておいてください。

ふるさと納税の支払い方法は。au決済、コンビニ決済、ペイジー、ソフトバンクでの機器(iphoneなど)での支払い、そしてクレジットカード支払いの5つがあります。そして、クレジットカード支払いで扱えるブランドは、VISA、Mastercard、DinersClub、JCB、AMERICANEXPRESSの5つがあります。是非、知っておいてください。

クレジットカードのおすすめは?専門家・節約家による徹底比較ランキング | MensModern[メンズモダン]

ふるさと納税のメリット7:ポイントサイト経由の寄附でポイントが貯まる

ふるさと納税者にとって、ポイントサイト経由の寄附でポイントが貯まることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、ポイントサイト経由の寄附でポイントが貯まることです。みなさんは、ポイントサイトってご存知でしょうか?ポイントを稼いで現金やアマゾンのポイントなどに換金できるサイトのことです。ちなみに、ポイントサイトは、「げん玉」「ポイントタウン」「ちょびリッチ」「ポイントインカム」などいろいろあります。

全てのポイントサイト経由の寄付でポイントが溜まるかというとそうでもないです。まず、ポイントサイトにふるさと納税のお金を寄付してポイントを貯めることができるかどうか、ご自身で調べてみてください。ポイントサイトの中には、寄付でポイントが溜まらないところもありますので、必ず調べることが必要となります。お得なことは確かです。

ふるさと納税のメリット8:自由なタイミングで寄付できる

ふるさと納税者にとって、自由なタイミングで寄付できることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、自由なタイミングで寄付できることです。ふるさと納税のメリットでもある自由なタイミングで寄付ができるという点は、ふるさと納税を納める側からすると、とても便利なことだと思います。反対に、ふるさと納税を納めるのに、いつまで払ってくださいなど期限が設けられているのであれば、ここまで人気にはなっていないでしょう。

ふるさと納税をするに当たって、タイミングはあなたが自由に決められるので、とてもお得な感じがしますよね。このお得感が人気を博してきたのだと思います。是非これからふるさと納税を支払う方は、タイミングはあなたが自由に決められることを覚えておいてください。そして、友人にふるさと納税を支払いたい方がいらっしゃったら伝えましょう。

ふるさと納税のメリット9:使途目的を限定できる自治体に寄付できる

ふるさと納税者にとって、使途目的を限定できる自治体に寄付できることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、使途目的を限定できる自治体に寄付できることです。これは全ての自治体が行っているということではないので、ふるさと納税を支払う前に、使途目的を限定にできる自治体を探してみてください。使途目的とは、例えば、被災地の復旧や復興のためや他の目的も数多くあります。

特に、被災地への復興や復旧は何年もかかることですので、もし、被災地の復興や復旧が使途目的の自治体でしたら、ふるさと納税を被災地の方々を助けると思って、納めて頂きたいと思います。そのお礼に、いろんな特産品があなたの元に送られてきますので、楽しみに待っていましょう。使途目的を限定できる自治体に寄付できることを知っておきましょう。

ふるさと納税のメリット10:Tポイントが使える

ふるさと納税者にとって、Tポイントが使えることはメリット大!

次にお伝えするふるさと納税のメリットは、Tポイントが使えることです。Tポイントとはコンビニのファミリーマートが行っているポイントサービスのことです。Tポイントはファミリーマート以外でも、ファミリーマートと提携している業者であれば、ポイントを使うことができます。とても便利でふるさと納税を今後、頻繁に使うのでしたら、お得ですよ。

Tポイントを使うためには、まず、ファミリーマートでTポイントカードを作成しないといけません。ですから、ふるさと納税にTポイントを使いたい方は是非、Tポイントカードを早めのうちに作成しましょう。申し込んでから家に届くまで、1〜2週間はかかります。Tポイントカードを作ってふるさと納税に使いましょう。お得なサービスです。

ふるさと納税のデメリット1:ふるさと納税で損することもある

ふるさと納税者にとっては、ふるさと納税で損することもあることはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、ふるさと納税で損する場合があるということです。ふるさと納税を支払っていらっしゃる方、全国に数多くいらっしゃると思いますが、ふるさと納税を支払うことで損することがあるようです。では、ふるさと納税を支払うことで、損をするというのはどういうことなのでしょうか?お伝えします。

実は、ふるさと納税は税金から控除されるんです。どのくらいの金額が控除されるかは、家族構成によって金額が変わってきますので、インターネットで調べてどのくらいの金額が控除されるか調べてみてください。ですが、税金がかかっていない方がふるさと納税を支払うと税金を払っていないために損をします。知っておいてください。

ふるさと納税のデメリット2:確定申告をしないといけない

ふるさと納税者にとっては、確定申告をしないといけないことはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、確定申告をしないといけないことです。みなさんの中で、ふるさと脳納税は確定申告をする必要はないと思っていらっしゃる方、多くいるのではないでしょうか?実は、ふるさと納税は毎年行われる確定申告をしなければいけないのです。確定申告をすれば、ある程度戻ってくる可能性があります。

ふるさと納税を今まで支払ってきて、確定申告を一度も行ったことがない方は、次回開催される確定申告時に必ず行ってください。どのくらいの金額が戻ってくるかは、家族構成やどのくらいの年収を稼いでいるかなど、いろんな面から調べないとわかりません。わからないことがありましたら税務署に連絡して詳しく聞いてみましょう。

ふるさと納税のデメリット3:特産品がいつ届くが不明な時がある

ふるさと納税者にとっては、特産品がいつ届くが不明な時があることはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、特産品がいつ届くが不明な時があることです。ふるさと納税を支払ったのに、特産品がまだ届いていなくて、イライラされた方多くいらっしゃるのではないでしょうか?これはふるさと納税の大きなデメリットでは、ないでしょうか?普通はふるさと納税を申し込み後、特産品が1〜2ヶ月くらいの間につくそうです。

ですが、例外があるそうです。では、どんな例外があるのでしょうか?それは、特産品がとても人気があることです。人気がある特産品の場合、長くて半年くらい届くのにかかるようです。ふるさと納税を支払ったのに、特産品が未だ届いていなくて心配な方は是非、ふるさと納税した自治体に連絡をして詳しく聞いてみると良いと思います。

ふるさと納税のデメリット4:所得が低いと控除されない

ふるさと納税者にとっては、所得が低いと控除されないことはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、所得が低いと控除されないことです。ふるさと納税を支払っていらっしゃる方やこれからふるさと納税を納めようとしていらっしゃる方に是非、覚えておいて頂きたいことがあります。これはとても重要なことですので、覚えたら忘れずに覚えておいて頂きたいと思います。では、どんなことなのでしょうか?

それは、所得があまりにも低いと税金が控除されないことです。ですから、所得があまりにも低い方はふるさと納税を支払うことによって損をする可能性が大きくなりますので、気をつけてください。一番いいのは、所得を増やすことです。そうすれば税金の控除が活用できますので、是非所得を増やせるように仕事をして頑張りましょう。

ふるさと納税のデメリット5:お金が出ていくイメージがある

ふるさと納税者にとっては、お金が出ていくイメージがあることはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、お金が出ていくイメージがあることです。ふるさと納税を数回、行ったことがある方にはお金がどんどん出ていっているイメージは少ないかと思いますが、ふるさと納税を何度も行って特産品をたくさん自治体から送ってもらっている方は、お金がどんどん出ていってしまっているイメージがあります。

ふるさと納税を支払う回数が多くて、生活ができなくならないように、月にふるさと納税を何回まで支払うというご自身のルールを設けた方が良いかと思います。ふるさと納税を自治体に支払って頂けるのはとてもありがたいことだと思いますが、あなたの生活を優先にして行って頂くようお願いしたいと思います。ふるさと納税に力を入れないようにしましょう。

ふるさと納税のデメリット6:手間がかかる

ふるさと納税者にとっては、手間がかかることはデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは手間がかかることです。では、ふるさと納税のデメリットに挙げられる一つとして、手間がかかるというのは一体どういうことなのでしょうか?その手間というのは、ふるさと納税を行う方はほとんど確定申告をしなければいけないということです。つまり確定申告書にその旨、書かなければいけません。

確定申告書に書かなければいけない手間や確定申告の時期に税務署に行かないといけない手間などがあります。ふるさと納税は特産品を送ってもらえる最大のメリットがある他、確定申告をしなければいけないという手間がかかるデメリットがあるのも事実です。これを頭にいつも入れておきましょう。ふるさと納税の確定申告については税務署に連絡してください。

ふるさと納税のデメリット7:納税を年末にする場合の注意事項

ふるさと納税者にとっては、納税を年末にする場合の注意しないとデメリットになるかも

次にお伝えするふるさと納税のデメリットは、納税を年末にする場合の注意事項です。12月は年の最後の月に当たりますが、今年納めたふるさと納税を申告を12月末までに申告される方、多くいらっしゃるのではないでしょうか?では、どうして12月末までに、ふるさと納税を申告する方が多くいらっしゃるのでしょうか?少しお伝えしたいと思います。

実は12月末までにふるさと納税をすれば、寄附金控除の対象になるのです。これはとての大きなメリットだと思います。ですが、12月31日にふるさと納税を行った場合、年末の忙しい時期に当たるために、自治体によっては受付を来年に見送りをする場合がありますので、ギリギリにふるさと納税をするのではなくなるべく早めに行いましょう。

ふるさと納税者にお得というのは本当?

次にお伝えするのは、ふるさと納税者にお得というのは本当なのかどうかについてです。ふるさと納税をすれば、特産品を送ってもらえたり、確定申告をすれば戻ってくる場合もありますので、お得感はとてもあると思います。先ほど、ふるさと納税のメリットとデメリットをそれぞれ、いくつかお伝えしてきました。いろいろありましたよね。

ふるさと納税のメリットがあれば、反対にデメリットもあります。これは、ふるさと納税に関してだけでなく、物事には全てにおいて、メリットやデメリットがあります。ですから、ふるさと納税があなたにとってお得なのかどうかを考えた方が良いかと思います。人それぞれ価値観が異なりますのでお得と感じる方もいれば、そうでないと感じる方もいます。

ふるさと納税の確定申告を必要としない人とは?

最後に、ふるさと納税の確定申告を必要としない人はどんな人かをお伝えして終わりにしたいと思います。ふるさと納税をされた方、全員が確定申告を必要としていることはないことをまず、お伝えします。ふるさと納税をされた方の中でも確定申告をしなくても良い方がいらっしゃいます。では、どんな方が確定申告を必要としないのかお伝えします。

まず1年間で全く働いていなくて収入がない方です。例えば、働かないで実家で遊んでいたりしている方は収入がないので確定申告の必要がありません。他に1ヶ所からの収入しかない方、給与以外の所得が20万円にならない方、公的年金が400万円以下の方です。ざっとこんな感じでお伝えしましたので、是非参考にしてみてください。

【まとめ】ふるさと納税のメリット・デメリットや納税者にお得は本当か、確定申告などについて

今回は、ふるさと納税のメリット・デメリットや納税者にお得というのは本当なのかどうかなど、いろいろお伝えしました。これからふるさと納税をされる方は特に、メリットやデメリットをご覧になって納得したら行いましょう。ふるさと納税者にお得というのは本当ですが、デメリットもありますので、十分理解した上で行うことが必要だと思います。


評価 4.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ