バイクに乗っている方は「バイクは渋滞にひっかからないからいいな~」などといわれたことはないでしょうか。バイクはすり抜けができるから重体に引っ掛からないということですが、それははたして法律的に違法なのでしょうか。今回はバイクのすり抜けについてまとめました。

バイクのすり抜けは違法?法律的に大丈夫なのかなどポイントを調査

目次

  1. バイクのすり抜け
  2. バイクのすり抜けとは
  3. バイクのすり抜けは危険?
  4. 原則右側のみ!バイクの「すり抜け」は存在しない?
  5. 法律にはバイクの「すり抜け」を禁止するものはない
  6. バイクのすり抜けで違反になるケース
  7. 信号待ち中のバイクのすり抜けのポイントと注意点
  8. 渋滞の真ん中をバイクですり抜ける場合
  9. バイクのすり抜けは注意点やポイントを守って
  10. バイクのすり抜けまとめ

バイクのすり抜け

よくバイクに乗られている方は「バイクは渋滞にひっかからないからいいな~」などと言われたりすることはありませんでしょうか。これは別の言い方をすると「パイクはすり抜けできるからいいな~」という意味を持っています。

しかし、でもすり抜けは違法なのではないかということも言われているようです。都会のバスには「No すり抜け」などと書かれているものもあるのだとか。そういったものを見ると、バイクですり抜けをしていいのかどうかわからなくなりますよね。

果たして、バイクでのすり抜けは法律的に違法なのでしょうか。どこまでが合法で、どこまでが違法なのか、気になるのではないでしょうか。ということで今回は、バイクのすり抜けは法律的に違法かどうかややる際のポイント、注意点についてをまとめてみました。

バイクのすり抜けとは

ではそもそも、バイクのすり抜けにはどういった行為が該当するのでしょうか。まずこれらについて整理してみます。バイクのすり抜けには、主に「赤信号や渋滞などで停止中の車列をすり抜ける」「ゆっくりと運転中の車列をすり抜ける」「普通に流れている車列をすり抜ける」の3つが考えられるかと思います。

「赤信号や渋滞などで停止中の車列をすり抜ける」は車が停止している状態か、「ゆっくり運転中の車列をすり抜ける」と「普通に流れている車列をすり抜ける」はスピードによって区別がされます。

バイクでイヤホンを使用するのは違反?乗りながら音楽を聴く方法 | MensModern[メンズモダン]

バイクのすり抜けは危険?

バイクのすり抜けというのは、車から見るととても危険な行動と思われているかもしれませんし、逆にバイクから見ると車の方が邪魔な存在に見えると思います。なぜバイクと車はお互いを危険で邪魔に思うのかというと、その理由は、「狭い隙間をバイクがすり抜けて行く」からです。

例えば、信号待ちの度にバイクが車の横の狭い隙間をすり抜けて行ったり、渋滞の時は車の隙間をぬって行くことが多くなります。車からすると、車と車の隙間を縫うように走っていくということになり、バイクをとても危険に感じる瞬間です。

逆に、バイクからすると車は車体が大きく道を無駄に使って渋滞の原因になっていると感じて、渋滞の元になっている車に律儀に付き合う必要はないと考え、どんどんすり抜けをして進もうとする方もいるかと思います。

原則右側のみ!バイクの「すり抜け」は存在しない?

実は法律上、バイクの「すり抜け」という言葉、行動は存在しないのだそうです。一番近いのは「追い越し」や「追い抜き」で、走っている車を後ろから追い越したり横の車線から追い抜いていくというものに分類されるということになっています。

そして、走っている車を左側から追い抜くのはそれだけで法律的に違法となるそうです。走っている前の車を追い抜くことで法律上認められているのは、右側からの追い越し、追い抜きだけです。これはバイクでも車でも同じです。

バイクのおすすめ車種ランキング!250ccや400ccで失敗しない選び方 | MensModern[メンズモダン]

法律にはバイクの「すり抜け」を禁止するものはない

また、法律には「すり抜け」というものが存在しないために、すり抜けを禁止するような条文はないのです。ですが、以下に記載した条文をご覧になってみてください。

「追越しの方法」第18条の第28条には「車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両)の右側を通行しなければならない。」「車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。」とあります。

ここで書かれていることを要約すると「走行中の追い越しは右側からしなければならない。」「他の車両が道路の中央か右側に寄って通行している場合の追い越しは、左側からしなければならない。」ということになります。つまり、最も一般的な交差点でのすり抜けは合法ですが、交差点での右側からの追い越しや、走行中の車の左側をすり抜けていく行為は違法ということになります。

バイクのすり抜けで違反になるケース

では、バイクですり抜けを行った場合に法律違反になる場合とならない場合をご紹介しましょう。まず、今までもご紹介してきましたが、同車線にいる車の左側をすり抜けることは違反になり取り締まられます。また、車線を変えつつ縫うようにすり抜けていくことは「車間距離不保持」が適用されることがあるそうです。

反対に違反にならない場合ですが、同車線にいる車の右側をすり抜けていくのは「追い越し」となり、取り締まりにはならないそうです。また、右折しようとしている車がいる場合は、その左側をすり抜けしていくのも問題ないようです。

基本左側からすり抜けをしなければ大丈夫のようです。しかし注意点になるは、自分が右車線を走っていて交差点手前30mで先頭に出るために前車の間をすり抜けをした場合、黄線を踏んでしまうと違反切符を切られることが結構あるので、信号停止ですり抜けをする時は、一番左側の車線から前に出るのが無難ですね。

バイクのSSとはなに?スーパースポーツでおすすめの車種・特徴を紹介 | MensModern[メンズモダン]

信号待ち中のバイクのすり抜けのポイントと注意点

よく前の車が信号で止まり、バイクが横からすり抜けて前に出ようとするパターンがあると思いますが、この場合でも原則右側からしかしてはならず、路側帯を踏んではいけないそうです。しかし、注意点として止まっている車を左側から抜いて前に出ても、路側帯を踏まなければ取り締まることはないということもあるそうです。

おそらく信号付近でのすり抜けについては、各都道府県の警察官の判断によるところが大きいようです。すり抜けのポイントがもし分からない場合は、直接警察官の方に質問してみるのも良いかもしれません。

バイクの排気量が大きいメリット・デメリットは?維持費や税金など比較 | MensModern[メンズモダン]

渋滞の真ん中をバイクですり抜ける場合

大きな幹線道路などで渋滞にはまった時、片側二車線の真ん中をすり抜けるバイクを見たことがあるかもしれません。その場合は、左車線を走って車の右側を抜ければ違反にはならず、もし右側の車線に車線変更しないと抜けない場合は、合図を出してすり抜けをし、また左車線に戻るなら問題はないようです。

ただし、これは抜く車が完全に停止している場合に適用される方法であって、少しでも動いているようなら違反になってしまい、違反切符を切られてしまう可能性があるそうです。車が動いているかいないかというのがポイントです。

バイクで高速道路を走る時の注意点!初心者が快適に走行するコツは? | MensModern[メンズモダン]

バイクのすり抜けは注意点やポイントを守って

すり抜け自体は別にしてもしなくてもよいものですし、安全を重視するのであれば、しない方がよいのかもしれません。すり抜けができる、つまり渋滞に強いというのも、バイクの特徴です。ただし、バイクでのすり抜けには、ご紹介したようにいろいろと注意点があります。

かといって、法律で規制されているわけでもないですし、すり抜けをしてはならないということもありません。各都道府県によって取り締まりのポイントも微妙に違うようですし、もしすり抜けをする際には、注意点やポイントをしっかり押さえておくことが大切です。

バイク用の靴・ブーツの選び方は?メンズにおすすめのブランドも紹介 | MensModern[メンズモダン]

バイクのすり抜けまとめ

バイクの「すり抜け」は、法律的に違法となっているわけではなく、元々そういった言葉も存在していませんでした。一番近いのは「追い越し」に当たるということでしたが、しかし四輪車とは勝手が違いますので実行できる手段も豊富になります。

ですが、だからといってすり抜けがすべて合法になるというわけではありません。違反として取り締まられるものと取り締まられないものがありますし、その線引きも各地域によって違っているようなので、注意点をしっかり覚えておくことが大切です。

皆さんもすり抜けを行う際には十分に注意してください。ついついすり抜けをしたくなってしまうかもしれませんが、事故を発生させる要因になってしまう可能性もあります。今回は「違反になるバイクのすり抜けや注意点など」についてをまとめてみました。


評価 4.1/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ