美形や美人の必須条件としてよく聞く鼻筋。そんな鼻筋のない人は、鼻の低さなどで悩むこともあるだろうが、鼻の形は自分では変えられないとあきらめてはいないだろうか。実はマッサージなどで鼻筋の問題は解消できるのだ。今回はそんな鼻筋の悩みとお別れする方法を紹介しよう。

鼻筋がない人の原因とは?マッサージで解消する方法を紹介!

目次

  1. 鼻筋のある鼻とはいったいどんな物を言うのか
  2. 鼻筋がないことをコンプレックスに感じる人は多い
  3. もともと日本人は鼻筋がない?
  4. 鼻筋がない?理想的な鼻筋はいったいどういうものか種類と理想を知ろう
  5. 鼻筋のない人は習慣に原因あり!
  6. 鼻筋がない人必見!鼻筋を作るマッサージ
  7. セルフマッサージをして鼻筋を作る!
  8. 鼻筋マッサージを細かく段階に分けて解説
  9. ない鼻筋は鍛えて作る!片鼻呼吸でエクササイズ
  10. 効果あり?鼻叩き
  11. ない鼻筋を本当にマッサージで作ることができる?
  12. 鼻筋のない人もあきらめずにじっくりマッサージを行っていこう!

鼻筋のある鼻とはいったいどんな物を言うのか

自分の鼻筋にいったい何人の人が自信を持っているだろうか。鼻筋がスッととっている人は、目鼻立ちがはっきりして、やはり美人といわれる。誰しも憧れる顔のパーツだ。しかし、鼻筋のある人というとどんな鼻筋のことを言うのか。そもそも鼻筋とはいったい何なのか知らない人も多いだろう。

鼻筋とは、一般的には眉間から鼻先までのラインのことを指している。鼻筋が通っているというのは、顔の真ん中を通る眉間から鼻先までのラインがまっすぐに伸びている状態を指し、鼻筋が通っていると、顔全体がすっきりと整った印象になるといわれている。

鼻筋は、鼻が高い人の方が立体的でわかりやすい。つまり幅が高い人ほど、鼻筋が通っているように見えることになるのだ。

鼻筋がないことをコンプレックスに感じる人は多い

この鼻筋。鼻の種類によっては、ほとんどない人もいて、特に女性であれば鼻筋や花の低さや形などをコンプレックスに感じる人はとても多い。そもそも日本人は鼻が低い種類であることが特徴なのだ。しかし、やはり高い鼻は女性の憧れでもあり、美人の象徴として理想と掲げられることも多いのがこの鼻筋だ。

鼻筋の通った高い鼻の女性にあこがれを抱く人も多く、目元とおなじくして鼻筋は重要な顔のパーツと認識されることは多い。そのため、女性にとっては重要な鼻筋を美容整形を受けて整える人も多くなっているという。

もともと日本人は鼻筋がない?

しかしながら、そもそも日本人は鼻が低い種類であることが特徴だ。堀の浅い日本人は鼻が低いのは当然といえば当然で、顔が平らとも評されるほど。欧米人などと比べると、育てられてきた環境によって骨格に大きな違いが出るといわれており、そのため海外の人は鼻が高く、そして、日本人は鼻が低いと評される。

これらの鼻が低い理由には、もう一つ寝方の問題もある。日本人は仰向けに寝るのが一般的で、後頭部が平らになり、左右の骨が広がった頭部となる。頭部そのものが平らであるため、鼻の付け根も広く伸びているのだ。

鼻筋がない?理想的な鼻筋はいったいどういうものか種類と理想を知ろう

【鼻筋を問題解消のために鼻の種類を知っておこう①】ローマ鼻

鼻筋の低い日本人。しかしあきらめきれない人は多いはずだ。少しでも自分で鼻筋を高くするためにも、その方法を解説していきたいところだが、そのまえに自分の鼻がどのような鼻か。そして、理想的な鼻筋とはどのようなものなのかを知るために、鼻の種類を知っていこう。

まずはローマ鼻だ。目頭付近の鼻筋がくぼんでおり、そこから直線的に花が伸びているのが特徴になる。いわゆる、この鼻が鼻筋の通った鼻になる。西洋の方でおおい印象のあるローマ鼻を理想的に感じる日本人は多いだろう。

【鼻筋を問題解消のために鼻の種類を知っておこう②】団子鼻

そして、ここから紹介する鼻が、日本人がコンプレックスと感じやすい花の鼻の代表的なものになる。それらも一つずつみていこう。まずは団子鼻だ。一般的に鼻先に厚みがあり、全体的にぼてっとした印象を与える丸い花のことで、生まれ持った特徴であることが多い。

この団子鼻の原因として挙げられるのが、鼻先の軟骨の発達具合や位置、そして、鼻先の皮下脂肪の蓄積などが原因として挙げられる。

【鼻筋を問題解消のために鼻の種類を知っておこう③】豚鼻

こちらもコンプレックスを持つ人の多い鼻の種類の一つ。豚鼻というと、鼻先が上向きで正面から見た時に鼻の穴が見える形をした鼻のことを思い浮かべるだろう。しかし、これだけでなく、鼻の低い人も鼻の穴が目立ちやすく、豚鼻と認識されてしまうことは多い。

こちらも生まれ持ってこの鼻であることが多いが、日ごろの癖でこの鼻に徐々に変化する例もある。それが鼻を上に指で上げたり、鼻が上を向いた状態でうつぶせに寝てしまったりするケースだ。それらの原因で、豚鼻になることも考えられる。

さらに、日ごろの習慣で、体重の増加によって顔の脂肪が増え、鼻の下の皮膚が伸びてしまい鼻の穴が見えやすくなるケースもある。これらの原因は生活の癖や習慣にもよるので、一概には言えないが、原因としては十分考えられるものだ。

【鼻筋を問題解消のために鼻の種類を知っておこう④】あぐら鼻

あぐら鼻もコンプレックスを抱く人の多い鼻だ。この鼻は、小鼻が横に広がっている鼻のことで、あぐらをかいている姿に似ていることからこう呼ばれるようになった。小鼻が横に広がっていることで花が低く見え、全体的にのっぺりしているという印象を持つ人も多いだろう。

こちらもほとんどが生まれつきだといわれているが、まれに幼少期に鼻に何らかの負荷がかかり、このような形に変形してしまうことも原因の一つとして挙げられている。

鼻筋のない人は習慣に原因あり!

【鼻筋がない原因!?困った習慣①】鼻を指でほじる

鼻の種類が分かったところで、それではどうしてこのような鼻筋や鼻の種類になってしまうのであろうか。その原因を探っていこう。確かに鼻の種類によっては、生まれつきでそのような鼻を持つことも十分考えられる。しかし、原因はそれだけではない。実はある習慣で、このような形に鼻が変形してしまうのだ。

まず一つ目の習慣が、鼻を指でほじる行為だ。鼻の穴を指でほじると、小鼻が刺激されてしまいどんどん広くなっていくと考えられている。鼻の穴の形や向きが変わってしまうと鼻筋の印象も変わってしまうもの。鼻が詰まった時やムズムズする時に、つい指を突っ込んでしまいがちだといしても、ぐっと我慢して、綿棒などでお手入れをすることを心がけよう。

【鼻筋がない原因!?困った習慣②】定期的に強い力を加える

鼻筋がないと悩んでいる人の多くが、習慣としてやってしまいがちなのが鼻を絞ったりして定期的に強い力を加えていたりする行為だ。毛穴の詰まりを取りたいなどの場合、鼻をつまんで絞ってしまうことがあるだろう。そんな強い力を、それも定期的に加えていると鼻の形を崩してしまい、鼻の形を変えてしまう原因になってしまう。

【鼻筋がない原因!?困った習慣③】鼻にティッシュなどを詰める

上記のお手入れ同様に、鼻の穴にティッシュなどを詰めることもあまりおすすめできない。これも鼻の中に何かを詰めていることになるので、小鼻が広がる原因を作ってしまっているのだ。例えば鼻血になった時に、ティッシュを無理やり詰めてしまうと大変良くない。小さく丸めた脱脂綿を詰めたり、鼻をつまむなどして対処しよう。

鼻筋がない人必見!鼻筋を作るマッサージ

鼻筋のない人は、やはり鼻筋をはっきりさせたいもの。そこで、鼻筋を高くするために効果があるのが、マッサージだ。実は鼻筋を高く整えるには、マッサージが非常に有効な方法なのだ。しかし、やり方は細かいので、しっかりと身に着けて試すためにも、詳しく方法を紹介しよう。

セルフマッサージをして鼻筋を作る!

まず鼻筋解消方法として紹介するのがセルフマッサージだ。特殊な器具も必要ないので、試してみよう。まず手順としては、中指と人差し指をそれぞれ両サイドの小鼻にあてて、両方の指で鼻を挟むようにする。そして、そのまま小鼻をぐるぐると優しく回す。強い力ですると、鼻の皮膚を傷めたりする可能性があるので注意しよう。

小鼻が柔らかくなったと感じてきたら、中指と薬指で花をかむようにして押しながら、優しい力で鼻を前に引っ張っていこう。小鼻から眉間というように、下から上の順番で行う。そして、親指の腹で眉間のくぼみをおして、鼻が柔らかくなって来たら小鼻をつまみ上げる。鼻先がツンとなるようなイメージで小鼻が柔らかくなるのを感じながら行おう。

鼻筋マッサージを細かく段階に分けて解説

【ない鼻筋を作るマッサージ手順①】小鼻の脂肪を取る

鼻筋がない人に効果的なマッサージ解消方法。この解消方法はできるだけ、細かく知っておいたほうがいいので、細かく解消方法を解説していこう。まずは小鼻の脂肪取りからだ。両手の人差し指と中指で小鼻を挟み、ッくるくると回すようにマッサージをする。その時に余分な脂肪を落とすようにイメージしながら、白い脂肪が出るまで続けてみよう。

強い力を入れずとも、小鼻が温かくなるのを感じる程度までできれば大丈夫だ。団子鼻であれば、これを続けるだけでも、小鼻の肉が取れて印象も変わってくる。

【ない鼻筋を作るマッサージ手順②】彫りを作る

次は彫り作りだ。両手の中指と薬指で鼻をかむようにして小鼻を挟みこみ、鼻が高くなるように引っ張っていく。小鼻から始めて鼻骨、眉間まで丁寧に下から上へとやっていくのがポイント。鼻筋が取ってきたのが感じれたら、手のひらを外に向けて、親指の腹で眉間のくぼみをゆっくりと押していこう。

【ない鼻筋を作るマッサージ手順③】隆鼻形成

鼻筋がない人でも、ここまで来ればかなり脂肪が取り除かれ、癖がつきやすい状態になっているので、そこで鼻をつまみあげて固めていこう。器具を使う必要はなく、手でつまんでおく程度で大丈夫だ。もし、手が疲れてしまうようであれば、市販の鼻つまみ器具や、弱い洗濯バサミでも効果は得られる。あまり力が強いものは避けて使おう。

ない鼻筋は鍛えて作る!片鼻呼吸でエクササイズ

マッサージと同様に、エクササイズもない鼻筋を作るのには効果的だ。小鼻は脂肪以外にもちろん筋肉もついている。この筋肉を鍛えることで、小鼻を引き締めることができるのだ。手順としては、右手指で、小鼻の右側を軽く押さえ、左鼻からゆっくりと長く息を吸い込む。この時、勢いよく吸うことはせず、鼻の穴が内側へすぼむのを感じながら行おう。

息を吸ったら、口からゆっくりと息を吐く。鼻から息を吐くと、鼻の穴が膨らむので、必ず口から吐くようにしよう。左の鼻の穴で5分から10分程度行ったら、次は左右を変えて行おう。

効果あり?鼻叩き

実際に効果があるといわれている方法の中に、鼻叩きというものがある。文字通り鼻をたたいて鼻筋を高くする方法なのだが、方法としては、目と目の間にある硬骨を上から軽く10分から30分程度叩く美容法になる。頭蓋骨と鼻骨の接合部分をたたくことで高くするのが目的だ。

しかし、実際に効果があるのかと疑問を抱く人も多いだろう。なぜ叩くと鼻筋が高くなるのかというと、鼻の骨は一生成長する部位であり、鼻の骨に小さな刺激を与えることで骨を高くしようというものなのだ。根気強く時間をかけて行えば、必ず高くすることは可能なのだ。

広瀬すずの横顔が美しい!横顔美人の条件は、鼻筋の綺麗さ? | MensModern[メンズモダン]

ない鼻筋を本当にマッサージで作ることができる?

また、上記の鼻叩き以外の方法でも、本当に効果があるのかと思う人もいることだろう。しかし、これは本当に効果の見込める方法だ。骨は軟骨なので、成長しやすく癖をつけやすい部位だといわれている。つまり、毎日時間をかけてじっくりとマッサージを行えば確実に矯正を行うことは可能なのだ。毎日続ければ早い人であれば1カ月で変わる人だっている。

顔のリンパマッサージでたるみ解消!効果的なクリームや方法を紹介! | MensModern[メンズモダン]

鼻筋のない人もあきらめずにじっくりマッサージを行っていこう!

高い鼻筋は確かに憧れてしまうもの。美しい人の代表的な特徴であり、鼻の形や鼻筋にコンプレックスを抱く人が多いのも事実だ。しかし、それらのコンプレックスは時間をかければ必ず治るもので、じっくりとマッサージをしていけばいつかは必ず矯正できる。あきらめずに、時間をかけて取り組んでみてほしい。

肩・首のマッサージ機おすすめランキング!ガチガチ肩こりを解消 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.9/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ