トイレや洗面所などの省スペースに置けるセラミックヒーター。直ぐに暖かくなるので重宝するアイテムです。しかし暖房器具を使うと気になるのは電気代。そこで、セラミックヒーターの電気代エアコンやストーブと比較して調査しました。効率の良い使い方をしてコストの削減を!

セラミックヒーターの電気代を調査!エアコン・ストーブと比較して安い?

目次

  1. どんな暖房器具を使っていますか?
  2. 暖房器具の特徴は?
  3. ヒーターの種類
  4. 暖房器具の電気代計算方法
  5. セラミックヒーターの電気代
  6. メーカー別セラミックヒーターの電気代比較
  7. セラミックヒーターの選び方
  8. プラスアルファ機能付きセラミックヒーターがおすすめ
  9. セラミックヒーターの電気代を押さえるポイント
  10. セラミックヒーターの電気代調査まとめ

どんな暖房器具を使っていますか?

肌寒くなってくると衣替えをしたり夏の間収納していた暖房器具を出す時期になります。エアコンは一年中出ていますが、ヒーターやストーブ、こたつなどを使っている方や新たに暖房器具を購入する方は何を基準に選択しているのでしょう。パワーや暖かくなり始める時間、危険性やコンパクトさ、本体価格や電気代など比較する項目はたくさんあります。

最近ではインテリアにこだわる方も増えてきているのでデザイン性に富んだものや、加湿機能や空気清浄機能の付いたプラスアルファの暖房器具が発売されています。本体価格が少し高価であってもデザインやプラスアルファの機能、そして電気代が安い暖房器具を選択する方が増えてニーズの変化が感じられるようになってきています。

暖房器具の特徴は?

そこで、市場でよく見かける暖房器具の特徴を紹介します。暖め方の違いによってサイズや電気代などにも違いが表れるので暖房器具を購入する際には参考にしてみてください。

セラミックヒーターの特徴

コンパクトですぐに暖かくなるのが特徴のセラミックヒーター。リビング全体を暖かくするには少しパワー不足ですが、トイレや洗面所、寝る前の寝室などを温めるのには最適な暖房器具です。

非燃焼系の暖房器具でヒーターの内部にはアルミ基板と発熱体(セラミック)が入っています。アルミ基板に電圧を通し、室内の冷たい空気を取り込むことでセラミックが発熱する構造です。消費電力が高いので電気代もそれなりに高くなります。

エアコンの特徴

空気を循環させることで広範囲を温めることが出来るエアコン。室内機や室外機の設置に工事が必要なのが難点ですが子供やペットがいる家庭では危険性がないので最適な暖房器具です。非燃焼系の暖房器具で、熱導体や半導体を用いて気体の圧縮や膨張、熱交換を組み合わせたヒートポンプ技術を使用しています。運転方法や温度にもよりますが電気代は他の暖房器具よりも安くなります。

ストーブの特徴

短時間の使用や部分的に暖めたい時に重宝するのがストーブです。赤外線や遠赤外線の熱エネルギーを使うので室内の空気を温めるものではなくストーブ本体の前方のみが暖かくなる仕組みですが、暖かくなる時間も早くパワーもあるので早朝や外出から帰った時などにはおすすめです。

ただし熱くなりすぎることもあり火災にも注意が必要です。セラミックヒーターと同じく消費電力が高いので電気代も高いものが多いです。

オイルヒーターのおすすめランキング!人気機種の性能など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

ヒーターの種類

セラミックヒーターの特徴を紹介しましたが、実はヒーターにはいくつか種類があります。1つ目は温風を送ることで室内を温めるファンヒーターという種類。セラミックヒーターはこの部類に分けられ、同じ構造としてガスファンヒーターや石油ファンヒーターがあげられます。

2つ目は遠赤外線ヒーターです。ハロゲンヒーターやカーボンヒーターなどがこの部類に入り、上記で紹介した俗にストーブと呼ばれるものです。

3つ目はオイルヒーターやパネルヒーターという特殊な方法で温める種類です。機器本体の熱で室内を壁から温めてくれるので温風が出ず、乾燥が気になる方やほこりなどのアレルギーがある方にはおすすめです。暖かくなるのに時間は掛かりますが、部屋全体を優しく温めてくれるので注目されているヒーターです。ただし消費電力が高いので電気代もかなり高くなります。

オイルヒーターの電気代を調査!エアコンと比較してどちらが安い? | MensModern[メンズモダン]

暖房器具の電気代計算方法

夏場の冷房に限らず、冬場の暖房器具の使用はその電気代が家計を圧迫する要因になります。新しい暖房器具の購入を検討されている方は、本体価格だけではなく使用時の電気代を計算することも重要な比較ポイントです。電気代の計算方法は「消費電力(W)÷1000×使用時間(h)×1kwhあたりの単価」で求めることが出来ます。

本体価格が安い暖房器具でも電気代がかさむのであれば意味がありません。たとえ少し本体価格が高価であろうとも効率の良い暖房構造の器具を購入することで月々の電気代を抑えることできます。家電量販店では電気代の目安が記載されている所もありますし、インターネットでも電気代が計算できるサイトもあるので参考にしてみてください。

一人暮らしの電気代はどのくらい?夏と冬ではどのくらい違う?節電方法も | MensModern[メンズモダン]

セラミックヒーターの電気代

セラミックヒーターの電気代はいくら?

セラミックヒーターを購入するときに気になるのはやはり電気代です。すぐに部屋を暖めてくれるので暖房機能としてはかなりおすすめですが、電気代は少し高いと言われています。セラミックヒーターの本体はコンパクトなものが多いので部屋全体を温めるのにはやはり少し役不足で強設定で暖房をセラミックヒーターを付けるとその分消費電力が掛かってしまうのが要因です。

電力会社によっても異なりますが1kwhあたりの単価を26円とした場合、標準的なセラミックヒーターの強(1200w)を1時間使用すると電気代は31.2円になります。これを月(30日)単位に表すと936円になり、冬場の電気料金のおよそ1000円分はセラミックヒーターの使用電気代ということになります。

セラミックヒーターとエアコンの電気代比較

ではセラミックヒーターとエアコンとの電気代を比較してみましょう。6畳から9畳用の2.2kwのエアコンで比較してみると自動運転の消費電力の平均値は355wなので1kwhあたりの単価を26円として1時間使用した場合は9.2円の電気代になります。月単位(30日)で表すと276.9円、セラミックヒーターよりもかなり安い電気代で部屋全体を暖めてくれることになります。

セラミックヒーターとストーブの電気代比較

次にセラミックヒーターとストーブの電気代を比較してみます。ストーブの中でも一般的な1000wのハロゲンヒーターで比較してみるとセラミックヒーターやエアコン同様、1kwhあたりの単価26円で1時間使用した場合26円の電気代になります。月単位(30日)で表すと780円。こちらもセラミックヒーターよりも安い電気代で使用できます。

メーカー別セラミックヒーターの電気代比較

セラミックヒーターはたくさんのメーカーから発売していますが、中でも有名で人気のあるセラミックヒーターのモデルを上げて電気代の比較をしてみます。

Panasonic

Panasonicで人気があるのはDS-FKX1205の加湿機能付きセラミックヒーターです。本体価格は約19000円する高めの価格ですが、ナノイーでの脱臭や加湿機能が付いているので人気の高いセラミックヒーターになっています。消費電力は1250wなので、上記の式に当てはめると一日1時間使用すれば32.5円、月単位では975円の電気代になります。

SHARP

SHARPで人気のあるセラミックヒーターも加湿機能の付いているHX-G120というモデルになります。セラミックヒーター本体の価格はこちらも約19000円しますが、加湿機能が付いていることで人気が高いようです。消費電力は強で1200Wなので1時間31.2円、月単位で936円の電気代になります。

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマで人気のセラミックヒーターはJCH-125Tです。安い価格でコンパクトなのが特徴で省スペースでも置きやすく人気があります。本体価格は約6000円とお手頃で消費電力は1200wなのでSHARPのセラミックヒーターと同じく1時間31.2円、月単位で936円の電気代です。加湿機能は付いていませんがセラミックヒーター本体の価格が安い分愛用者も多い商品です。

YAMAZEN

YAMAZENで人気があるのはDF-J121というセラミックヒーターです。コスパが高く人気のあるYAMAZENはネットランキングでも上位に入る電機メーカーです。こちらのセラミックヒーターの本体価格も約5000と低価格。消費電力は1200Wで上記メーカーと同じく1時間31.2円で月単位936円の電気代になります。

セラミックヒーターの選び方

メーカー別セラミックヒーターの電気代を比較しましたが、実は消費電力が同じであれば電気代は同じです。有名メーカーでセラミックヒーター本体の価格が高価なものであっても、同じ機能であれば価格が安いものでも十分使用出来ます。セラミックヒーター購入後の保証に関しては手厚いかもしれませんが、一時的に使うのであればわざわざ高いものを買わなくてもいいかもしれません。

セラミックヒーターを選ぶ際に比較するべきポイントは電気代ではなくプラスアルファの機能です。加湿器を稼働していても消費電力は変わらないのでセラミックヒーター本体の価格がほとんど変わらなければ、冬場の乾燥を考慮して加湿器付きの方がおすすめです。他にもタイマー機能付きや自動ONOFF機能など便利な機能が付いているのもあるので選ぶ際にはポイントになります。

プラスアルファ機能付きセラミックヒーターがおすすめ

上記でも説明しましたが、セラミックヒーターはどのモデルも消費電力が高いので、本体価格が変わらないものを選ぶならプラスアルファの機能が付いているものがおすすめです。加湿器付きのモデルはもちろん、ナノイーの消臭機能やプラズマクラスターの空気清浄機能が付いたセラミックヒーターもあります。

他にも人感センサー搭載のセラミックヒーターだと効率的に電気代を押さえることが出来ますし、倒れたときに自動OFFになる機能やタイマー機能が付いているのもおすすめです。セラミックヒーター本体の価格もメーカーによってかなり差があるので、自分の使用方法に合ったモデルを見つけることが重要です。

セラミックヒーターの電気代を押さえるポイント

セラミックヒーターはその構造上、室内を暖めるのにパワーが必要なのでどうしても消費電力が高くなってしまいます。そこでセラミックヒーターの電気代を押さえるには2つのポイントがあります。1つ目はコンパクトなものはトイレや洗面所、寝室などの狭い空間を暖めるために使用すること。広いリビングなどを暖めるのにはかなりの電力が必要なので電気代が高くなってしまいます。

そして2つ目はセラミックヒーターを主の暖房として使用するのではなく、エアコンやオイルヒーターが暖かくなるまでの短時間の使用として使うこと。セラミックヒーターにタイマー機能や自動ONOFF機能が付いているものもおすすめです。短時間でなるべく狭い空間で使用することで効率よく暖房が出来て電気代も抑えられます。

セラミックヒーターの電気代調査まとめ

電気代が高いとされているセラミックヒーターですが、ポイントを押さえて効率よく使用すればそこまで負担にはなりません。セラミックヒーターにはストーブやエアコンとは違い加湿機能の付いたモデルも発売されているのでプラスアルファの機能にも優れています。セラミックヒーター本体もコンパクトで非燃焼系なのでトイレや洗面所などの狭い空間でも危険性がないのも特徴です。

セラミックヒーターは長時間、広い空間での使用は電気代がかさんでエアコンやストーブよりもかなり高くなってしまいますが、短時間、狭い空間で使う分にはおすすめの暖房器具です。毎日1時間使うと1ヶ月約1000円の出費になってしまいますが、10分15分程度の短い時間の使用なら毎日使っても1ヶ月250円以下なのでサブの暖房器具としておすすめです。


評価 3.8/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ