会議前のアイスブレイクゲーム・ネタ集!大人数でも簡単に出来るものを紹介!

会議前などのあの堅苦しい雰囲気どうにかしたいと思ったことはありませんか。その雰囲気アイスブレイクのネタやゲームで和やかな雰囲気に変えることが出来るかもしれません。会議前に簡単に出来るアイスブレイクのネタやゲームをご紹介します。

会議前のアイスブレイクゲーム・ネタ集!大人数でも簡単に出来るものを紹介!

目次

  1. 会議前のアイスブレイクゲーム・ネタを大調査
  2. 会議前のあの雰囲気どうにかしたい
  3. アイスブレイクとは?
  4. アイスブレイクネタ①他己紹介
  5. アイスブレイクネタ②積木式自己紹介
  6. アイスブレイクネタ③ハイタッチ
  7. アイスブレイクネタ④今日の漢字
  8. アイスブレイクネタ⑤1分間体内時計
  9. アイスブレイクゲーム①指を使って「指運動」
  10. アイスブレイクゲーム②共通点探し
  11. アイスブレイクゲーム③拍手しよう
  12. アイスブレイクゲーム④後出しじゃんけん
  13. アイスブレイクゲーム⑤目と目が合った
  14. アイスブレイクのネタやゲームを成功させるコツは?
  15. アイスブレイクゲーム・ネタまとめ

会議前のアイスブレイクゲーム・ネタを大調査

会議や研修や講座の前などのたくさんのところで行われているアイスブレイクですが、アイスブレイクってすごいんです。知ってる方も知らない方もアイスブレイクを知って楽しく和やかに仕事などを行いましょう。

会議室の上座下座は左右どちら側が正しい?席次のビジネスマナーを説明! | MensModern[メンズモダン]

会議前のあの雰囲気どうにかしたい

会議や講習会やセミナーの始まる前は、皆さん大人数でよそよそしく空気が緊張しているような感じ体感したことは無いですか?会議でも場合によっては和やかに行いたいのに、皆さん顔が強張り前に立って話す時にうまく話せなかったりという体験あるでしょう。

他には、セミナーの講師などとして行かせて貰った時に、クライアントの顔が強張り、こちらも緊張してしまうなんてこともあるでしょう。そんな張り詰めた空気を変えることが出来るのが、「アイスブレイク」なのです。

会議体の意味とは?普通の会議との違いやその主な役割について紹介! | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクとは?

アイスブレイクとは、ネタやゲームを使って緊張をほぐす手法

「アイスブレイク」とは、日本語に直訳すると「氷を壊す」という意味なのですが、ネタやゲームを用いて初対面の方などが緊張をほぐす手法なのです。

張り詰めた空気をアイスブレイクのネタやゲームを使って和ませることで、強張った顔から和やかに相手を変えることが出来ます。

アイスブレイクのネタやゲームが使えるところ

アイスブレイクのネタやゲームは、様々なところで実際使われています。主に初対面が集まるセミナーや研修やお見合いパーティーなど様々なところ使われていてるのですが、方法は難しいということはなくほんとに簡単な方法で雰囲気を変えることが出来るのです。

アイスブレイクのネタやゲームは、大人数が集まる場だけでなく少人数の場でも使う事が出来るので少人数での会議にもおすすめ出来ます。

会議室の上座下座は左右どちら側が正しい?席次のビジネスマナーを説明! | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクネタ①他己紹介

では早速アイスブレイクに使えるネタからご紹介します。まずは「他己紹介」です。自分のことを紹介する自己紹介ではなく、他人のことを紹介するのが他己紹介です。

他己紹介の方法は簡単です。まずは、2人ずつもしくは3人などの少人数のグループに分かれて普通の自己紹介をします。

自己紹介が終わったら、他己紹介の始まりです。参加者が少人数なら他己紹介を参加者全員に向かって紹介しても良いでしょう。大人数であれば少人数のグループ内などで自己紹介をしてもらったことをグループ内の方に他己紹介しても良いでしょう。

大人数であれば円になって右の人に自己紹介し左の人から自己紹介を受けるなどという形ですれば大人数んでも楽しくアイスブレイク出来ます。両側に来る人のことを知ることが出来るので会話も交流もしやすくなりますよ。

他己紹介のネタに出身地や趣味などがあると共通点を見つけやすい

ただ単に自己紹介するだけでは、名前などを言っておしまいとなってしまい他己紹介するには内容が薄くなってしまいますので、他己紹介のネタとして出身地や趣味や家族構成など自己紹介するネタを決めておくとアイスブレイクしやすくなるでしょう。

就活での自己紹介の例文集!1分間の効果的な回答で好印象を与える方法 | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクネタ②積木式自己紹介

次に紹介するアイスブレイクのネタは「積木式自己紹介」です。この積木式自己紹介は、大人数の方が難易度は上がりますが、楽しく雰囲気を変えることが出来るでしょう。

積木式自己紹介の方法は、とっても簡単で特に円形に座った状態などにおすすめです。まずは、一人目の人が自己紹介します。簡単に名前だけで結構です。

次の人は「〇〇さんの隣の△△です」などといった形で、隣の人の名前を言ってから自分の名前を言い、さらに隣の人は「〇〇さんの隣の△△さんの隣の□□です」などというようにどんどん増えていきます。

アイスブレイクネタ「積木式自己紹介」の応用編

この積木式自己紹介の応用編として名前だけでなく出身地と名前を合わせて言ってもおもしろいですよ。例えば「東京都出身の〇〇です」→「東京都出身の〇〇さんの隣の大阪府出身の△△です」などと出身地や昨晩のご飯や好きな食べ物などでも良いですよ。

合コンは自己紹介でキマる!面白いネタや女の子にウケる項目など紹介 | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクネタ③ハイタッチ

次に紹介するアイスブレイクのネタは「ハイタッチ」です。もしかするとアイスブレイクの中でもこのハイタッチが一番簡単で話下手な方でも出来るアイスブレイクかもしれません。

やり方は、とっても簡単でとにかく「ハイタッチ」するだけです。隣の人や前後左右の人など講義や発表会などの大勢が集まるところでも出来るアイスブレイクです。

まずはハイタッチのアイスブレイクを行い、その後に他のアイスブレイクのネタやゲームを使ってさらにアイスブレイクを行うこともおすすめです。

コミュニケーションゲームおすすめ8選!チームワーク研修に◎のゲームは? | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクネタ④今日の漢字

次に紹介するアイスブレイクのネタは「今日の漢字」です。これは紙とペンがあれば良いので座って会議の初めなどにも行えます。

まずは、紙を全員に配りテーマを決めて漢字を一文字書いて貰います。テーマは「今の心境」・「自分を表す漢字一文字」などなんでも構いません。紙に大きく書いて貰いましょう。

その紙を見せながらテーマに沿って話を始めます。自分の気持ちを相手と共有することで場の雰囲気を和ませることが出来ます。

お互いを知ることで自分のことをも知って貰うきっかけにもなりますので、他のアイスブレイクのネタやゲームの前に行っても良いでしょう。

アイスブレイクネタ⑤1分間体内時計

次に紹介するアイスブレイクのネタは「1分間体内時計」です。皆さんご存知の体内時計ですが、いざやってみるととてもおもしろいんです。

まずは、参加者全員に目をつぶって貰って心の中で1分間数えたら手を上げて目を開けて貰うという簡単な方法です。もちろん1分でなくても30秒などでも構いませんし、立ってもらってもOKです。

1番に手を挙げた人が何秒で手を上げたかなど発表したりしても良いでしょう。お堅い方でもあれ?というにこやかな表情になったり、中には眠気に襲われてしまう方なんているかもしれませんよ。

社会人向けの時計おすすめメンズブランド&人気モデル26選! | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクゲーム①指を使って「指運動」

ここからは、アイスブレイクのゲームをご紹介します。まず初めに紹介するアイスブレイクのゲームは「指運動」です。もちろんこの指を使ったアイスブレイクのゲームもとっても簡単です。

両手を前に出してグーの状態を作ります。次に右手は親指を立て、左手は小指だけを立てます。次は、左右入れ替えて右手は小指、左手は親指を立てます。これをタイミング良く繰り返します。

隣の人と向き合ってなどやるとおもしろいですよ。最初は、自分の指に集中していますが、少しすると出来た人と出来ない人がいて皆さんあーだこーだ言いながらしているのを見てると自然と雰囲気も和みます。

集中するとついつい怖い顔になってしまいがちになるので、「顔が怖いですよ~」なんて声かけをしながらすると良いでしょう。雰囲気も良くなりますが、眠気覚ましにもなりますのでおすすめです。

ちなみに、このアイスブレイクのゲーム一度自分でやってみて出来るのであればやってみると良いでしょう。出来ないのにこのアイスブレイクのゲームをセレクトするのはちょっとかっこ悪いかもしれませんよ。

部下の育成に大切なポイントを紹介!失敗しない指導方法とは? | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクゲーム②共通点探し

次に紹介するアイスブレイクのゲームは「共通点探し」です。このアイスブレイクのゲームもとっても簡単で少人数でも大人数でもどちらでも行うことが出来ます。

少人数なら2つにグループを分けて、大人数なら数名の人数でグループを作ります。そのメンバー内で共通点を探し最後にグループ内での共通点の数を競うゲームです。

共通点は、どんなことでもOKです。性別・出身地・職業や趣味などなんでもOKです。共通点を見つけることで会話も弾みますし、輪も広がるでしょう。

成功者の習慣と特徴について調査!共通点とやらなかった事とは? | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクゲーム③拍手しよう

次に紹介するアイスブレイクのゲームは「拍手しよう」です。このアイスブレイクのゲームもとっても簡単です。簡単なゲームなので少人数でも大人数でも出来ます。

主催者となる人が数字のカードや指を使って数字を参加者にわかるようにします。参加者は、その数字の数だけ拍手をするだけです。拍手のリズムは、初めはゆっくり行いだんだんスピードアップしても楽しいですよ。

アイスブレイクゲーム「拍手しよう」応用編

応用編として数字では無く、「おやつの時間」・「会議室の階数」など数字に関する質問を出しその数だけ拍手をしてもらうのもおもしろいですよ。簡単に思うかもしれませんが、意外と1つ多く叩いちゃう人もいるんですよ。

アイスブレイクゲーム④後出しじゃんけん

次に紹介するアイスブレイクのゲームは「後出しじゃんけん」です。みなさんじゃんけんを知らない方なんていないですよね。なので、とっても簡単でわかりやすいゲームでしょう。

方法は簡単です。主催者が「じゃんけん、ぽん」で出した後に参加者が勝つように後出しをするだけです。タイミングは「じゃんけん、ぽん、ぽん」ぐらいのタイミングですると良いでしょう。

慣れたらスピードアップしてやってみるとおもしろいですよ。意外と難しいと感じ笑顔がこぼれ雰囲気も一気に変わるでしょう。失敗したら座るなどしても良いですよね。

アイスブレイクゲーム「後出しじゃんけん」応用編

応用編として主催者に勝つのではなく、負ける・あいこなどでも楽しく出来ますよ。もちろん途中でルールを変えても良いですよね。大人数でも少人数でも、準備物も無く出来るのでおすすめです。

アイスブレイクゲーム⑤目と目が合った

次に紹介するアイスブレイクのゲームは「目と目が会った」です。このゲームは、大人数でするととってもおもしろいですよ。

参加者全員は立ち上がり、周りを見渡して貰います。その間に目と目が合ったらにこやかに手を振り座ります。たったこれだけのゲームなのですが、目が合ったと思っていても合っていなかったり、ずっと見ていても気づいて貰えなかったり…様々なことが起きますよ。

最後に残った人などに感想を聞いてみたり、主催者が「私はすぐにあの方と目が合ってしまいました」などと楽しく話すことで雰囲気が和みますよ。

アイスブレイクのネタやゲームを成功させるコツは?

アイスブレイクの目的は「雰囲気・コミュニケーション・安心感」

アイスブレイクの目的は、大きくわけて3つ「雰囲気・コミュニケーション・安心感」です。氷のように張り詰めた雰囲気を和やかにし、参加者同士がコミュニケーションを取ることで参加者同士の心も広く豊かにします。さらに、初めての場というのは、お互い緊張し不安になります。その不安を取り安心感を与えるのがアイスブレイクなのです。

アイスブレイクにルールは無い

紹介したアイスブレイクのネタやゲームに決まったルールはありません。紹介したアイスブレイクのゲームやネタをアレンジして行ったり、ご自身で考えたアイスブレイクのゲームやネタを行っても良いのです。

アイスブレイクの目的は、ゲームやネタをすることではなく、アイスブレイクを行うことによって雰囲気が良くなり会話や交流がしやすくすることなのです。

アイスブレイクは、恥ずかしさを出すと失敗しやすい?

アイスブレイクを行う際に、恥ずかしがりながらボソボソ話しながら強引にやってしまうと失敗する可能性があります。アイスブレイクを行う進行役の方は、明るく笑顔で行うことが必要不可欠です。アイスブレイクを行い、全体がクスクスと笑いが起きたりすれば成功と言って良いでしょう。

アイスブレイクは場を見て判断が必要

アイスブレイクを行うか、辞めるか判断する必要があります。アイスブレイク自体は、会議や研修など様々な場で活用されているのですが、同じ会議でも内容や参加者によってはアイスブレイクをおすすめ出来ない場合もあるのです。

アイスブレイクから本題に入る時は切り替えが必要

アイスブレイクを行い場が和んだのは良いけれども、和み過ぎては会議や研修などがだらけてしまうというようなこともあるでしょう。なのでアイスブレイクをした後は、気を引き締めるような一言を付け足し、アイスブレイクから本題に切り替える必要があります。

司会を任された時の会議の進め方!効率的に進める方法やルールを紹介! | MensModern[メンズモダン]

アイスブレイクゲーム・ネタまとめ

会議や研修など様々な場所で使われているアイスブレイクですが、色んなアイスブレイクがありどれも楽しく場の雰囲気が一変するような力を持っていることがわかりました。意見交換などを積極的に行いたい会議などで一度アイスブレイクやってみて下さい。いつもの硬い雰囲気がほんとに和やかになりますよ。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ