誠意を伝えて許してもらえる謝罪の言葉のフレーズや例文、謝り方についてまとめました。許してもらえる謝罪の言葉や謝り方の例文をチェックしておけば誠意を伝えられるようになります。謝罪の言葉や許してもらえる謝り方のフレーズ・例文で誠意を伝えましょう!

謝罪の言葉まとめ!許してもらえるフレーズ・例文や謝り方とは?

目次

  1. 許してもらえる謝罪の言葉のフレーズ・例文を知りたい
  2. 誠意を伝えて許してもらえるために重要なポイント
  3. 謝罪の言葉のフレーズ・例文1:責任を認める
  4. 謝罪の言葉のフレーズ・例文2:「でも」を使わない
  5. 謝罪の言葉のフレーズ・例文3:同じ過ちを繰り返さない
  6. 謝罪の言葉のフレーズ・例文4:相手の主張をリピート
  7. 謝罪の言葉のフレーズ・例文5:相手を思いやる
  8. 謝罪の言葉のフレーズ・例文6:最後にもう1度謝る
  9. こちら側にも主張がある場合は?
  10. 誠意が伝わる謝罪の言葉をチェックしよう!

許してもらえる謝罪の言葉のフレーズ・例文を知りたい

誠意を伝えるためには許してもらえる謝り方が大切

何か失敗をしてしまった時は相手にしっかりと謝ることが大切になります。謝罪の言葉がちゃんとしていないと誠意が伝わらず、相手に許してもらえる機会を逃してしまうので気をつけましょう。謝罪をしたいと思っていたとしても謝罪の言葉が思ったものとは違う風に捉えられてしまっては意味がないですよね。そういったことがないように謝り方を把握しておくことが大切です。

プライベートでも仕事でも相手を怒らせてしまった場合は誠意ある対応が必要になります。怒らせてしまった直後の対応によっては縁を切られてしまうこともあるので気をつけましょう。逆に誠意を見せることができれば信頼を回復して、それまでの関係に戻ることができるようになるのでしっかりと謝ってスムーズな関係を構築したいですね。

許してもらえる謝罪の言葉で誠意を伝えよう!

「相手を怒らせてしまった時の謝罪の言葉はどうすれば良い?」「誠意が伝わる謝罪の言葉を知りたい!」という場合におすすめのフレーズをまとめました。許してもらえるような謝り方には謝罪の言葉や誠意の伝わる態度が大切になります。しっかりと相手に謝罪の気持ちを伝えられるようなフレーズを用いて信頼関係の構築に努めましょう!

謝罪文をお客様に書く注意点は?接客クレームへのお詫び状の書き方・例文 | MensModern[メンズモダン]

誠意を伝えて許してもらえるために重要なポイント

なるべく早い謝り方がおすすめ

まずは誠意を伝えられる謝り方の重要なポイントについてチェックしていきましょう。まず気をつけておきたいのが謝るのはなるべく早い方が良いということです。謝るのが遅れれば遅れるほど相手は自分がないがしろにされていると感じ、怒りもどんどん上がっていってしまうので気をつけましょう。「こんなに遅いなんて全く反省していない!」と思われてしまいます。

どんな予定があったとしても、まずはそれをすべて置いて謝罪相手のもとに向かいましょう。何よりも先に謝罪相手の方へ行くことによって誠意を伝えることができるようになります。何かトラブルが起きた場合は、いち早く相手のもとへ向かってくださいね。謝るのは気が重いかもしれませんが、時間が経過するごとに状況が悪化するので気をつけましょう。

第一声に謝罪の言葉を持ってくる

第一声は謝罪の言葉にするのも重要なポイント。最初から「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉をいうことによって相手に誠意を伝えることができるようになります。謝罪の言葉がなく、ただ状況を説明したり、言い訳をしたりしていては相手に対して誠意が伝えられないので気をつけましょう。謝罪の言葉1つだけで全くその後の対応が変わってきます。

仕事で怒られる時の対応方法は?上手な対処法や上司への謝罪の仕方 | MensModern[メンズモダン]

謝罪の言葉のフレーズ・例文1:責任を認める

言い訳をする謝り方はNG

それでは謝罪の言葉についてチェックしていきましょう。謝罪をする上で最も大切なのは責任を認めるということです。「〜のせいでうまくやることができなかった」「〜がいたから結局はこうなってしまった」といったように言い訳ばかりを並べていると相手に対して誠意を伝えることができず、「本当に反省しているのか?」と思われてしまうので気をつけましょう。

誠意を伝えるには責任を認めよう

まずは「申し訳ありませんでした」と謝罪の言葉を伝えましょう。こちら側が100%悪い場合は「この度は一切の責任がこちら側にあります」といったように責任を認めるのがおすすめです。「他の業者がこうしたから状況が悪くなってしまった」といったように責任転嫁をすると誠意が伝わらなくなるので気をつけてくださいね。まずは謝り、責任を認めましょう。

謝罪の言葉のフレーズ・例文2:「でも」を使わない

「でも」「ただし」といったフレーズは避けよう

相手が怒っている時に「でも、こういう状況だったから仕方がない」「ただし、あちら側にだっていろいろと問題がある」といったように謝罪の言葉も言わずに「でも」「ただし」で言い訳ばかりしていると誠意が全く伝わらず、火に油を注ぐ結果になってしまうので気をつけましょう。言い訳は相手に対して失礼なので、誠意をしっかりと伝えていくことが重要です。

ストレートな謝り方なら許してもらえる

謝る場合はストレートに「申し訳ありませんでした」「すみませんでした」といったように謝罪の言葉を伝えることが最も効果的です。回りくどい言い訳を長々と連ねていたとしても「結局、何を言いたいの?」と相手に思わせてしまうので要注意。「責任転嫁をして逃れようとしているんだな」と思われたらなかなか許してもらえないので気をつけておきたいですね。

謝罪の言葉のフレーズ・例文3:同じ過ちを繰り返さない

言葉だけの謝り方だと誠意が見えない

仕事でもプライベートでも大きな失敗をして相手を傷つけてしまった場合、謝罪の言葉だけ並べても許してもらえないことがあります。相手の傷つき度合いにもよりますが、言葉のみでは修復できないような怒りをかってしまった場合は同じ謝りを二度としないという誠意を見せることも重要。相手の状況を見ながらどうやれば良いか判断していきましょう。

同じ失敗はしないと誠意を見せる

「もう二度と同じ失敗はしません」「今度、このようなことは絶対に起こさないと誓います」といったように同じ失敗はないと誠意を見せるような謝罪の言葉を伝えることが重要になります。相手にとっては「また同じ失敗をしてしまっては関係を続けることは無理」という気持ちになっているので、絶対に同じことはしないと誓うようにしましょう。

もちろん言葉だけでは誠意が見えないので同じ失敗を繰り返さないための改善策を提示することも重要なポイント。具体的な改善策を提示することによってしっかりと反省して謝っているのだということがわかるようになります。具体的にどんなことをして相手の信頼を戻していくことができるのか考えながら謝っていきましょう。

彼女を傷つけた時はどう対処する?謝罪や反省、連絡のタイミングなど。 | MensModern[メンズモダン]

謝罪の言葉のフレーズ・例文4:相手の主張をリピート

改善点をしっかり把握することが大切

相手がどうして怒っているのか、どうすれば怒りを沈めることができるのか、相手の状況や改善点を把握していくことが大切になります。「この人は謝っているけれども、何が悪いのか本当にわかっているのかな?」と相手に思わせてしまうような謝り方だとなかなか許してもらえないので気をつけましょう。

相手の主張をリピートすることで理解していることを伝える

「〜さんがおっしゃっている通り、〜には改善点があり、今後しっかりと正していきたいと思います」といったように相手が主張していることをリピートして何が悪いのか理解していることを伝えましょう。しっかりと相手の主張を意識した謝罪の言葉を伝えることによって「一応、こちら側の気持ちがわかっているのだな」と思わせることができます。

謝罪の言葉のフレーズ・例文5:相手を思いやる

相手の怒っている感情を理解する

相手が怒っているということをしっかりと意識することが重要になります。相手が怒っているのに軽い雰囲気の謝り方をすると火に油を注いでさらに怒ってしまうことが気をつけましょう。相手がどういった感情で怒っているのかなど、相手の気持ちを考えながら謝罪の言葉を伝えていくことが重要になります。

感情の食い違いで悪化してしまうことも

自分にとっては大したことないと思っていたとしても、相手にとっては重要な事柄でひどく怒っているのに軽い感じで謝られたら怒ってしまうのは当たり前ですよね。そういった感情の食い違いから関係が悪化してしまうことがあります。

謝罪の言葉のフレーズ・例文6:最後にもう1度謝る

謝罪の言葉が1番の解決方法

相手の怒りをおさめる特効薬はやはり「申し訳ありませんでした」という謝罪の言葉です。とにかく謝ることによって誠意を見せて許してもらえるようにしましょう。

最後に謝ってさらに誠意を伝える

最初に謝罪の言葉を伝え、そのあとに改善点などを伝えたら、最後にもう1度謝罪の言葉を伝えましょう。「この度は本当に申し訳ありませんでした。〜の改善点を把握し、今後絶対にこのようなことがないように善処いたします。申し訳ありませんでした」といったよに謝罪の言葉を繰り返すことが大切です。

こちら側にも主張がある場合は?

言い訳に聞こえないように構成が大切

向こうが怒っていたとしてもこちら側に主張がある場合もありますよね。そんな時は言い訳に聞こえないように相手に伝えることが重要になります。

謝罪をしてから主張を伝えよう

言い訳に聞こえないようにするためには、まず謝罪の言葉を伝えます。「申し訳ありませんでした。先日、〜のような事情があり納期に遅れてしまうことになりました。本当に申し訳ありません」といったように謝罪の言葉の間に主張を挟むと言い訳に聞こえにくくなるのでおすすめ。

誠意が伝わる謝罪の言葉をチェックしよう!

相手が怒っている時は誠意の伝わる謝罪の言葉が大切になります。責任を認めなかったり、下手に言い訳をしても相手の怒りを買うだけなので気をつけましょう。許してもらえる謝罪の言葉を伝えて、相手との関係修復に努めてくださいね。


評価 5.0/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ