スマホの時間制限アプリおすすめ特集!子供の依存症防止にも使える?

スマホの時間制限アプリがあることを知っているだろうか。スマホの利用を時間で制限することで、依存から回避することができるわでだが、実はこの時間制限アプリは子供のスマホ依存にも使える。今回はそんなアプリのおすすめを紹介していこう。

スマホの時間制限アプリおすすめ特集!子供の依存症防止にも使える?

目次

  1. スマホの時間制限アプリとは?
  2. なぜそんなスマホ時間制限アプリがあるの?
  3. 時間制限アプリには子供のスマホ依存を防げる効果もある?
  4. 子供のスマホ依存を防ぐための注意点
  5. あくまでも時間制限アプリは補助として使おう!
  6. おすすめのスマホ時間制限アプリ特集
  7. ドコモからおすすめ時間制限アプリ「あんしんモード」
  8. 条件次第でいろいろロックを掛けられる「モバイル・ライフ・パタン」
  9. スマホ依存症アプリ「タイマーロック」
  10. 通知機能を使えば制限解除も知らせてくれる「ペアレントコントロール」
  11. スマホ時間制限アプリがもたらす効果は?
  12. 時間制限アプリを有効活用してスマホ依存から脱却しよう

スマホの時間制限アプリとは?

そもそも時間制限アプリとは何なのか。始めてく人も多いのではないかと思われるが、じつはもともとは大人のスマホ依存を解消するために設けられたアプリで、時間帯を設けたり利用時間を定めて、その条件を超過するとスマホ利用ができなくなるという機能をもつアプリなのだ。

必要でもない仕事の時間や、メリハリをつけるときにわざとこれらの時間制限アプリを用いてロックをかけてスマホの利用を制限できるものなのである。

なぜそんなスマホ時間制限アプリがあるの?

普段スマホを利用していて、何か依存気味と感じたことがないだろうか。気づいたらスマホを見ていたり、空き時間はいつもゲームやSNSなどのアプリを開いて情報を集めていたりと過度な使用をしている人は意外にも多い。そんな利用頻度の多いスマホを手が離せればと考える人も多く、そこで活躍するのがこのアプリだ。

時間や利用頻度を確実に減らすことができ、スマホ中心の生活を確実に改めていくことができる。スマホ依存を解消するため、また、スマホを触っているからこそ犠牲になっている時間があるはず。そんな時間を取り戻すために作られたアプリなのだ。

時間制限アプリには子供のスマホ依存を防げる効果もある?

そんな大人のスマホ依存を解消するためのアプリであるが、近年では子供のスマホ依存を解消させるアプリとして活躍することでおすすめされているあぷりでもある。実は子供のスマホ依存も現代では問題になっている。スマホを過度に触るあまり、宿題をしなかったり予定が狂ったりと様々なところに影響を与えている。

特に物心のついた小学校高学年や中学生にはスマホを触りすぎて勉強の時間が削られていたり、家族との時間が割かれてしまい予定が組めないなどの影響が出ており、子供のスマホ依存はとても大きな問題になっているのだ。この時に時間制限アプリを使えば、効果的に依存から脱却できるということで、とてもおすすめされている対策になっているのだ。

子供のスマホ依存を防ぐための注意点

【時間制限アプリによるスマホ依存を防ぐ上での注意点①】制限アプリは完ぺきではない

しかし、スマホの時間制限アプリを使ううえでの注意点も知っておかなければならない。それが、制限といっても完ぺきではないということだ。当たり前ではあるが、制限アプリは自分でパスワードなどを設定するもの、どんなに頑張って設定しても、頑張ればパスワードは解除できてしまう。

いくら、子供の知らないパスワードをかけていようとも解除自体は簡単だ。自分で調べたりすれば解除はできるし、メモを取ってあったりするようものならそれを確認ししまえば解除は容易にできてしまう。手間と時間を使えばパスワードは解除可能なのだ。また、もちろん制限前にこれらのアプリを消してしまえば、当然制限はかからない。

そもそも制限アプリが起動しないので、依存に効果があるはずもない。時間制限アプリといってパスワードなどを設定できるからといっても完璧ではないということだ。

【時間制限アプリによるスマホ依存を防ぐ上での注意点②】制限する理由やルールが大事

このような制限アプリを用いても、突然使えなくなったスマホだ。子供は納得するはずがないだろう。制限を完全にしたいのであれば、制限する理由づけやルールの説明もとても大事になる。むしろ、こちらを併用して、しっかりと設定をしておくことがスマホ依存をより効果的に解消することにつながるだろう。

納得させる理由やルールがなければ、子供が自分でアプリを消す可能性もあるし、制限のルールを破ることもできてしまう。時間制限アプリを使うのであればこういった理由説明とルールの設定を合わせてしっかり行うことが必要だ。

あくまでも時間制限アプリは補助として使おう!

【補助として時間制限アプリを使用するポイント①】携帯の触る回数を減らしたいとき

あくまでもスマホ依存を解消するための補助的なアプリとして活用する上ではとても有効な方法だ形態の触る回数を効果的に減らすことが可能で、使える時間が限定されるので、その状態で使い続ければかならず習慣化できる。最初はスマホを確認することも多いと思うが、次第にスマホ確認回数も減り、依存も減っていく。

また、このようにスマホを見る時間を定めてしまうと生活リズムの矯正にもつながる。スマホを無駄に見ることがなくなるので、夜更かしなどを防ぐことができる。しかし、注意も必要で、必要なLINEなどの連絡が遅くなるということだ。また、緊急時の必要なタイミングで使えないこともデメリットになる。

【補助として時間制限アプリを使用するポイント②】連続利用を減らしたいとき

利用時間を減らすこともできるとともに、連続利用時間を減らすことにも効果的だ。時間制限アプリには、スマホの一日のトータル時間を設定することもできる。時間帯に縛られることなく、また、緊急連絡時も対応できるので今まで通り利用できるのがメリットだろう。

1日のトータル利用時間が限られているので、時間管理も自分で考える能力が身につく。しかし、デメリットとしてスマホを触る回数自体は変わらない。少ない時間を利用する分には何度もスマホを見ることは可能なので、無意識にスマホを触ってしまうくせに関しては取れないだろう。

どちらの特性も理解したうえで、やはり自分たちで理由やルールを設定したうえで、あくまでもそのルールがメインであって、アプリは補助的な役割として用いることが効果的に活用する方法となる。

スマホ依存の対策まとめ!治す・解消する方法から症状・危険性まで徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

おすすめのスマホ時間制限アプリ特集

それではここからは、おすすめのスマホ時間制限アプリについて紹介していこう。具体的なその性質と簡単な使い方についても合わせて紹介いしていくので、これを使って自分や子供のスマホ依存を解消していってほしい。

FPSのアプリゲームでおすすめは?スマホ向けの人気シューティングなど | MensModern[メンズモダン]

ドコモからおすすめ時間制限アプリ「あんしんモード」

まず紹介するのが、安心モードと呼ばれるドコモから提供されているアプリだ。無料のペアレンタル・ロックアプリであり、ドコモの端末を利用している人にはおすすめのアプリだ。アプリの使い方としては、アプリを起動して、アプリ起動制限から時間帯制限を選択する。

そして、時間帯制限にチェックを入れると、その下にある時間帯設定で各曜日の起動の許可をする時間を指定することができる。例えば、中学校や高校生の場合では、学校滞在時に必要のないゲームをプレイできないように、また、深夜帯では無駄にゲームができないように制限を掛けることができる。

しかし、LINEのアドレス交換などの問題もあるので、すべてのアプリを制限掛けると何かと不便な点も多いだろう。特にSNS系のアプリであれば子供との相談をしたうえで、制限を掛けるのかどうか。また、どの程度の制限にするのかどうかを考える必要がある。

もしアプリ個別設定から時間制限を掛けるアプリを設定するのであれば、親がパスワードを入力しない限アプリが解除できないようになるので、制限時間中には全く使用できなくなる。これらの不要な時間に不要なアプリを起動できないようにすることができるので、大変おすすめのアプリだ。

条件次第でいろいろロックを掛けられる「モバイル・ライフ・パタン」

コマかな制限をかけて使用できないようにしたいという人には、このアプリもおすすめだ。自分で決めた時間だけスマホを操作できないようにロックするのはもちろん、毎日何時から何時までの間は使用できないように設定することも可能。そして、1日の利用時間を決めて、超過したら自動でロックすることもできたりと、いろいろな条件を決められる。

さらに、スマホ使用中には、時々画面に現在のスマホ使用時間が表示される。この機能により、ついつい使いすぎるという依存を予防することも可能だろう。そのほかにも1日単位や1週間単位、1カ月単位の通算スマホ利用時間もわかったりと機能面も優れているので、生活を見直すことには一役買ってくれる。

スマホ依存症アプリ「タイマーロック」

次に紹介するのが、このタイマーロックというアプリだ。簡単なロック機能だけをかけられるアプリで、パスワードを設定して、ロック開始とロック終了時間を設定するだけの簡単なものだ。タイマーがロックされている間は、通話しかできないようになるのが特徴だ。しかし、こちらのアプリの欠点として、トータル利用時間を設定できないことが挙げられる。

また、ロックがかかっていない状態では、通常通り使用できるのだが、この時に簡単にこのアプリをアンインストールできてしまう点も大きな欠点になる。性能としては、簡単でもしっかりしているので、とりあえず使うのであればおすすめの商品だ。

通知機能を使えば制限解除も知らせてくれる「ペアレントコントロール」

このような便利な時間制限アプリがあるが、先ほどから言ったようにこれだけでは依存解消ができるほど甘くはない。そこには理由やルールの設定をか必ず必要とする。しかし、かといって最初のうちは依存度合いもまだ高く、子供の方も禁断症状が出ることもあり、解除してしまう危険性もある。

そこで、時間制限アプリと同時併用して効果があるのが、このペアレントコントロールだ。これは、スマホ制限をしていない状態で、アプリのインストールを行ったり制限アプリを削除したときに通知が来るというものだ。子供がもし削除をしたのであれば、それはルールを破ったということ。スマホ制限を改めて厳しくしてもいいだろう。

スマホ時間制限アプリがもたらす効果は?

では最後に、スマホの時間制限アプリを用いてどれほどの効果があるのかを紹介していこう。まずはいつものスマホを触る時間を趣味に回せるというものだ。ダラダラと触る時間が単純に減るので、趣味に費やす時間が増える。また、スケジュール通りにタスクが終えることができるだろう。

まさか、仕事中にスマホを見ることはないと思うが、それでもやらなければならないことの最中についついスマホを手に取ってしばらく見てしまうことは誰しも経験あるはずだ。そんなことを無くすことができる。また、同時に早く寝ることも可能になるだろう。スマホを見ないのだからブルーライトの影響も少なくなり、よく眠れるようになるはずだ。

時間制限アプリを有効活用してスマホ依存から脱却しよう

スマホ依存は今や怖い病気の一種。時間制限アプリを使えば、自分がどれくらい依存しているかが具体的にわかるようになるだろう。ただ、このアプリを使ったからといって完璧というものでない。適度な使用条件と、理由の設定などを各自で行い、合わせて活用していってほしい。

スマホの最適化にアプリがおすすめ!無料のメモリ解放ツールや方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ