iPhoneの容量が増え過ぎて困っている方は書類とデータカテゴリーを見直してみましょう。iPhoneを使っていると知らない間に書類とデータは蓄積され続けているのです。そこで空き容量を増やすという観点からみる書類とデータについてまとめてみました。

iPhoneの書類とデータを減らす方法!整理して容量を増やすには?

目次

  1. iPhoneを使用していると
  2. iPhoneの動作が遅いと感じたら
  3. iPhoneのストレージについて
  4. iPhneの7つのカテゴリー
  5. iPhoneで見る容量の確認方法
  6. PCで見る容量の確認方法
  7. iTunesとiCloud
  8. そもそも書類とデータとは
  9. iPhoneの書類とデータを減らすには
  10. Safariのデータを整理
  11. iPhoneに残るサムネイルを整理して
  12. 見落としがちなメールもメールもチェック
  13. LINEも書類とデータに関係している
  14. いらないアプリをiPhoneから削除して
  15. 一旦アプリを消してから再インストール
  16. アンインストール時の注意点
  17. それでも書類とデータの容量が変わらないときには
  18. 他の容量を減らすには
  19. 実は写真も落とし穴
  20. こまめなチェックで書類とデータを整理しましょう

iPhoneを使用していると

容量が足りないと警告がでることも

iPhoneを長く使っていると容量が足りないなんて表示が出る方もいますよね。それどころかたいして使っていないのにもう容量がいっぱい?と驚く方もいるのではないでしょうか。実はiPhoneのデーターは蓄積したままクリアーされていないデータが知らず知らずの内にたまっているのです。

iPhoneにはSDカードがない

SDカードが使えないiPhoneでは8G、16Gなどの容量では1つのデーターが命取りとなります。容量がいっぱいになってからでは処理が大変ですからiPhoneの空き容量はこまめにチェックすることがおすすめです。

特に見直したいのは書類とデータ

iPhoneの使っている容量を減らすには、まず書類とデータというカテゴリーを覚えておくことが大切です。日ごろから見直している方には馴染のある言葉ですが、iPhoneの容量が足りなくなってきたから調べているという方にはぜひこのカテゴリーについて知ってもらいたいです。ここを見直すだけでiPhoneの容量が劇的に変化するはずですよ。

スマホシェア率を比較!世界・日本のAndroid・iPhone比率は? | MensModern[メンズモダン]

iPhoneの動作が遅いと感じたら

iPhoneの充電の減りやアプリの起動時間

iPhoneだけではありませんが空き容量が少ないと充電の減りやアプリの起動に時間がかかることがあります。これはPCを良く使う方ならわかると思いますが、情報が多いと処理をするのに時間がかかり起動やバッテリーを使う原因となるのです。この情報といのは様々なことが含まれています。

アプリの強制終了が多くて困る

iPhoneの容量を沢山使うアプリは特に強制終了を起こしやすいです。これはゲームデータがiPhone内に保存されるタイプのゲームで特に言えることですか、プレイデータを逐一保存しているので起動に時間がかかりその負荷に耐えられずアプリが強制終了してしまうのです。iPhoneに十分な容量がある場合の強制終了は原因が違っていると考えられます。

写真を加工するアプリでもiPhoneの容量が多いと強制終了ないし、フリーズを起こすということがあります。スタンプやフィルターはiPhoneの空き容量が十分であることを想定して構築されている機能ですからiPhoneの容量が増えすぎていると処理が追いつかなくなるんですよ。

iPhoneの容量不足を増やす方法!効果的な解消法・解決策まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPhoneのストレージについて

ストレージ=容量

iPhoneの空き容量を増やしたいと考えたときにアンドロイドだとSDカードを買えば解決できます。ですがiPhoneはあらかじめ容量が決められており多い機種だと200GBを超える物もあります。ですから上限が決められていることを理解した上でiPhoneの容量の整理をすることが必要不可欠です。

さてiPhoneでは空き容量をストレージと呼び容量がないときにはテロップでストレージの警告がでます。長くiPhoneなどを使っていると馴染のある表示なので問題ありませんが、初めて見る方はどうしたらよいのかと思ってしまいますよね。そこで「ストレージが~」と出たときにはiPhoneの容量のことを言っていいるんだなと確認する足掛かりにしましょう。

iPhoneの最小ストレージ

中古で手に入るiPhoneも含め最小のストレージは8GBです。最大は256GBととなっています。256GBだと容量に困るということはほとんどありません。しかし値段が張るので68GBを選ぶ方もいますよね。68GBは写真を撮ったり動画を沢山撮る方にはやや少なく感じる容量ですから整理することが大切です。

iPhone7の容量の選び方!32・128・256GBではどれがいい? | MensModern[メンズモダン]

iPhneの7つのカテゴリー

iPhoneの容量を確認するときに

iPhoneの容量はオーディオ、ビデオ、写真、App、ブック、書類とデータ、その他の7種類に分類されます。オーディオや写真、Appはピンときますが、ビデオに違和感を感じる方もいますよね。このビデオのカテゴリーはiTunes Storeで購入できるミュージックビデオや映画、テレビ番組のデータをまとめたものです。

書類とデーターのカテゴリー

次に書類とデータというカテゴリーですが、ここが1番わかりにくい部分です。ここには連絡先を始めとするカレンダーやアプリのデータなどまさに「データ」と呼ばれる細々したものが含まれています。アプリによってはiPhoneからPCに直接データをコピーすることができますよ。

他の動画保存アプリなどに保存されている動画は基本的にはiPhoneの写真または書類とデータに保存されることとなります。ですからほとんどが書類とデータにカテゴライズされていると考えて良いでしょう。こうやってどこに何が分類されるのか理解しているとiPhoneの容量の整理がしやすいですね。

写真でiPhoneが容量不足になったら?削除しないで解決する対処法 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneで見る容量の確認方法

iPhoneは設定から確認

iPhoneの容量は設定から確認することができます。まずホーム画面で設定というアイコンを探しましょう。開けたら少しスワイプして一般というカテゴリーをタップしましょう。その中にiPhoneのストレージというカテゴリーがあるのでそこを開くと容量が確認できます。iPhoneの容量が多いと計算に少し時間がかかるりますよ。

ちなみに下の方に出てくるアプリのアイコンをタップすると書籍とデータを確認できます。iPhoneのOS11では削除項目をわかりやすく表示してくれます。問題がなければ指示に従って削除してしまっても良いです。間違えてアプリを削除しないように気を付けてくださいね。

PCで見る容量の確認方法

iPhoneとPCの接続だけ

iTunesを使った確認方法はPCとiPhoneをUSBケーブル、またはWi-fiを使って接続しましょう。データ量が多い場合はUSBケーブルを使う方が早く表示されます。アップデートのときと同じですね。iTunesに繋いだら左上のiPhone型のボタンをクリックすると下の方に容量が表示されます。

左にはそれぞれのカテゴリーが選べるようになっていますからデータの整理をしたいところを選ぶと良いでしょう。もちろん同期するフォルダも個別に選択できるので不要なデータはPCから移さないようにしましょう。

iPhoneのバックアップ時間の目安は?遅い時の短縮方法はある? | MensModern[メンズモダン]

iTunesとiCloud

iCloudについて

iPhoneのバックアップなどを取るときにiCloudという単語を目にすると思います。これはアップルのデーター預かりサービスでバックアップを取るときにも使います。容量が足りないときにはこちらにそれぞれ移しておくのも良いでしょう。ちなみに無料サービスが受けれるのは5GBまでですからそれ以上のデータを保存したい場合には別途支払いが必要です。

iTunesは知名度高!

データを確認するときに使うiTunesは音楽プレイヤーのころから使っている方も多いと思います。こちらは無料で使えるソフトとなっていて、書籍とデータに関するアプリ情報をPCに移動したり、音楽を入れたりバックアップを取るという使い方までできる使い勝手も良いです。データ処理の面では確認以外に使うことは少ないです。

バックアップを取ったり、アップデートのができないときにiThunesを使うということができるのでまだPCにダウンロードしていない方はぜひダウンロードしてみると良いですね。CDをiPHoneに入れることもできたり、このような整理面以外の利用度のほうが高いです。

新iPhoneへデータを移行する方法!PCなどを使った手順まとめ | MensModern[メンズモダン]

そもそも書類とデータとは

iPhone内の情報なら

書類とデータカテゴリーは容量が増えやす部分となっています。何気なくネットを見たり、メールの添付ファイルを放っておくということが考えられるからです。

書類とデータは増えやすい

Safariを使うときにお気に入り、リーディングリスト、履歴、キャッシュと機能を使っていることが多く、それぞれは大したことがない容量ですが、積り積もって全体の4分の1を占めるなんてこともあります。この書類とデータの容量は知らないとiPhoneの容量を増やすどころか圧迫する原因になりますよ。

iPhoneの書類とデータを減らすには

書類とデータはポイントで見直す

iPhoneの空き容量を増やすときに注意したいのはポイントを押さえた整理の仕方をしているかどうかです。特に書類とデータは1つの部分を減らしただけでは容量を減らすことには繋がりません。そこでポイントにしたい観点をご紹介します。劇的な変化とはいきませんが、どれも使用している容量を減らすことに繋がるものばかりですよ。

Safariのデータを整理

書類とデータを減らすこと

ブラウザアプリの履歴を見たことはありますか?思っているよりも昔の履歴が残っていてびっくりするはずです。これらの情報を削除することで動作が良くなるといわれており、裏を返せばそれだけ多くの情報が眠っているということがわかります。

設定からSafariを選び履歴とWebデータを削除を選びましょう。注意してもらいたいのはこれを行うとサイトのログインで使っているパスワード類がデリートされてしまうということです。履歴のみを消したい場合にはSafariを開き下にある本マークをクリックした後、履歴を押して削除しましょう。

ちなみにWebサイトのデータのみを削除する場合には設定のSafariを選んでくださいね。このようにサイト情報を削除していくことで空き容量を増やすことに繋がります。写真と違って一気に消してしまえるところは便利ですよ。

iPhoneにもキャッシュ機能がある

キャッシュとは表示したことのあるページを記憶し、再度開く場合には早く開けるようにするという機能のことです。自動削除機能がないのでスマホ、PCすべてに言えることですが、定期的にキャッシュを削除するようにしましょう。知らなかった方も今日から初めてみると良いですね。

iPhoneに残るサムネイルを整理して

iPhoneはサムネイルも残る

書類とデータのキャッシュはなんとサムネイルまで記憶しているのです。1つのサイトに複数枚写真があると容量が増え、YouTubeなどをWebで開いているときにはサイト上のサムネイルとして何枚も保存されていることが想像できますよね。

書籍とデーターを圧迫するサムネイルとは

さてここでは空き容量を減らす原因であるミュージックやメディアデータに由来するサムネイルのキャッシュについて見ていきましょう。ミュージック、メディアデータはそれぞれのカテゴリーに分類されていますが、書類とデータにもサムネイルとして保存される物があります。

もちろんキャッシュとして残る物もありますから1度削除してから入れ直すという方法がおすすめです。入れ直す際にはPCを使って同期させれば大丈夫です。書類とデータに関わるこれらの情報を削除するだけで空き容量も少し増やすことができるはずですよ。

見落としがちなサムネイルを整理

iPhoneで見落としがちなのが写真です。何枚も写真を撮ると必要ない物も出てきますよね。そういった物を削除していても実際にはまだフォルダにサムネイルが残されています。すぐにでも容量と増やしたいというときには削除済みの写真を完全に消してしまいましょう。

削除の仕方はアルバムをスワイプすると最近削除した項目というのがありますここをタップすると写真の一覧になります。右上の選択という所をタップしましょう。これですべて削除という所があるのでそこを押すとデータが消えて使っていたiPhone分の容量が減ります。

見落としがちなメールもメールもチェック

もっと書類とデータの空きを増やす

LINEやSNSなどを使うことでメールのやり取りをするということが減ってきているためついメールが溜まりがちです。昔と違い容量がある限り溜まり続けるのがiPhoneや他のスマホで、削除されてしまうことがありませんそのためメールをいつまでも保存し続けるとiPhoneの書類とデータの容量を増やすことの繋がります。

写真や大きなファイルを添付したまま放置し続けるといPhoneの容量は多くなってしまいます。ですから定期的にメールは削除しましょう。添付ファイルはダウンロードしたらメールの添付ファイルを消してしまうなど、こまめに行う癖をつけることがiPhoneの容量を増やさない近道です。

iPhoneでメッセージが送れない時の対処法!不具合の原因や対策は? | MensModern[メンズモダン]

LINEも書類とデータに関係している

記録を残す書類とデータ

さてメールが書類とデータに保存されるならLINEのデータも書類とデータに保存されているんじゃないかと考えた方もいるはずです。そうです。トーク履歴はきちんと保存されているのです。ですから動画やビデオ、スタンプを沢山送り合っているとiPhoneの容量が圧迫されてしまうんですよ。

iPhoneでLINEのトークデータを削除する方法はそれぞれのトークを個々に消していく方法とアプリを1度消してしまう方法の2つあります。トーク履歴が多く個々に減らすのが面倒なときはアプリを消して再度インストールした後にログインすると良いでしょう。

個々に消すにはトークを開いたら、消したいスタンプやコメントを長押しすると削除というタブがでるのでそこをタップするんです。これは容量の大きい動画や写真をダウンロードしたときに消すという癖付けにもおおすすめです。整理することで余計なデータも減りますからぜひiPhoneの書類とデータの容量に悩んだら試してみてください。

iPhoneで全角スペースを入力する方法!簡単にできるやり方は? | MensModern[メンズモダン]

いらないアプリをiPhoneから削除して

書類とデータはこんなところでも

現在iPhone上に落としているアプリはいくつあるか覚えていますか。これはiPhoneのストレージから確認できます。アプリを個々に見るとわかりますが、ゲーム類の書類とデータは1GB以上保有しているはずです。起動回数が多ければ多いほどiPhoneの空き容量を圧迫し減らしているのです。

そこでアプリを1度削除してしまうというのが解決方法となります。データの整理という面でも使っていないアプリはiPhone上から消す、書類とデータが多いアプリは消してインストールし直すというのがiPhoneの空き容量を増やすことに繋がりますよ。アプリは削除するというところを選ぶと完全に削除できます。

一旦アプリを消してから再インストール

iPhone上から消したアプリを再インストールするときには引継ぎや、ログインするための情報をあらかじめメモなどに残しておきましょう。アプリによっては1度削除してもデータが残っている場合もありますが、注意しておく方が良いでしょう。消してから後悔したのでは遅いですもんね。

iPhoneの購入記録は消えません

iPhoneのアプリを削除してしまうと再度購入しなければならないと思っている方は安心してください。アップルストアを通して購入しているアプリは仮に消してしまっても購入記録は残っています。再度ダウンロードするときには購入の必要はありませんよ。ただしアプリ内課金はバックアップを取っていたり、ログインができた場合のみ復元できます。

アンインストール時の注意点

書籍とデータを整理するときに

iPhoneの容量を増やしたいと考えたらまずは無駄を省くことが大切です。しかしアプリのように1度消してしまうと取り返しのつかない物も中にはあります。そのためiTunes、iCloudにバックアップを取ってから消すようにしましょう。ゲームデータなども基本的にはすべて保存されているのでiPhoneを使って継ぎなどの面倒なことをしないで済みます。

写真などのデータもバックアップを取ることで保存されます。そのためiPhone上で削除してしまっても同期することで取り戻すことができます。ただし、この同期のときにPC上の写真も一緒に同期しないようにだけ注意しましょう。

それでも書類とデータの容量が変わらないときには

書類とデータの空き容量を増やす

書籍とデータの大部分を見直してきましたが、それでもiPhoneの容量を減らすことができないときにはiBookのデータを整理していきましょう。このiBookというアプリはマンガやPDFファイルを保存しておくアプリであり、沢山マンガを保存していると嵩張りがちです。削除してしまっても同じアップルアカウントを使う限りは何度でもダウンロードが可能です。

PDFファイルは必要がなくなったら削除するようにしましょう。それと写真データをPDFにしてiBookに保存している場合は特別な理由がない限り削除しておくとiPhoneの容量を増やすことができます。iPhoneの書類とデータを減らす方法に行き詰まったらここを見直すと良いでしょう。

マンガアプリの見直しを

アプリの中でもマンガアプリはiPhoneの書籍とデータの容量を増やす原因になります。ここは差支えがなければ定期的にキャッシュを削除するという意味でアンインストールすると良いですね。削除をすることでキャッシュがリセットされますからその分iPhoneの容量を減らすことができるはずです。

他の容量を減らすには

ミュージックはほどほどに

iPod時代からiTunesを使っている方は聞かない曲も同期したままになっていませんか。iPhoneは限られた容量しかないのでiThunesの曲を沢山同期しているとiPhoneの容量を増やす原因になります。同期をするときには個別設定でどの曲、どのプレイリストを入れるのか選択するようにするといいでしょう。

他のアプリでも曲は聞けるので最初からiPhoneと同期しないというのも限られたiPhoneの容量を増やす意味ではおすすめです。

書類とデータに影響あり

アプリによってですが、書類とデータという所に分類される動画保存アプリがあります。動画ファイルは重ければ100MBを超える物も多く10MB前後だとしても容量を増やすことに違いはありません。基本的委は見たら消すなどの整理が必要ですが、気に入っている動画などはiPhoneの容量と相談して整理していくと良いですね。

実は写真も落とし穴

iPhoneを占拠する写真について

iPhoneの書類とデータ、ミュージック、を整理したら写真も整理しましょう。1枚1枚は容量も小さいためある程度の量が溜まらないと意識しづらいのが写真なんです。日常生活で連写をしがち、動画を沢山撮るという方は1度確認してみましょう。

iPhoneの解像度に注意

写真の容量を増やす原因といえば枚数もありますが、解像度も関係してきます。iPhoneのOSが9以降であれば解像度の変更ができるので確認してみると良いですね。動画を例にすると通常モードが1分あたり130MB(1080p HD/30fps)でこれより高画質にすると21分あたり200MBとなります。

もちろん解像度を下げると60MBほどにすることも可能です。さて通常モードを元にして考えると約8分ほどの動画で1GBを超えると考えられますよね。8分というと少し長い気もしますが、1分の動画を8本と考えればすぐに超えてしまえます。そのため定期的にiPhone内のデータを整理する必要があるのです。

書類とデータを減らすことと同時に

写真をPDFとしてiBookなどに保存している場合には書類とデータを増やす原因となっていますし、メモなどに写真を貼りつけたままであればこれも書類とデータを増やすことに繋がります。iPhoneの容量を減らしたいと考えたときにはいろいろなカテゴリーにも目を光らせることが大切です。

もちろんそれぞれを必要な物と分類してから全体を見て減らすようにすることも大切です。書類とデータを減らしても変化が見られないときには書類とデータに分類られるアプリを見直したり、写真データ、ミュージックデータを見直してみましょう。

iPhoneで4K動画を撮影する方法!設定のやり方やデータ使用量を調査 | MensModern[メンズモダン]

こまめなチェックで書類とデータを整理しましょう

iPhoneの書類とデータは減りましたか

いかがでしたか。書類とデータを減らす方法についてご紹介しました。使っているiPhoneの容量を減らすにはまずどこがiPhoneの容量を使っているのか知ることが大切です。特に書類とデータは減らすポイントを押さえていないとなかなか減ってこない部分ですから参考にしてみてくださいね。

iPhoneの寿命は何年くらい?長持ちさせる方法と故障のサインまとめ | MensModern[メンズモダン]

評価 4.8/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ