雪道で大活躍のタイヤチェーンですが、たくさん種類があって選び方もわからないからなんて適当に選んでませんか?そんな方に、おすすめのタイヤチェーンとおすすめの種類をご紹介します。さらに、タイヤチェーンの付け方・種類・選び方もまとめてご紹介します。

タイヤチェーンのおすすめを紹介!付け方や価格・種類など選び方は?

目次

  1. 冬に大活躍「タイヤチェーン」について調査
  2. タイヤチェーンとは?
  3. スタッドレスタイヤとタイヤチェーンの違い
  4. タイヤチェーンの種類
  5. タイヤチェーンの選び方
  6. タイヤチェーンの寿命は?
  7. いつ着ける?タイヤチェーン
  8. タイヤチェーンの装着時の注意点
  9. タイヤチェーンの付け方
  10. おすすめタイヤチェーン①バイアスロン・クイックイージー
  11. おすすめタイヤチェーン②ECO MESH Ⅱ
  12. おすすめタイヤチェーン③ツインロック2
  13. おすすめタイヤチェーン④P1マジック
  14. おすすめタイヤチェーン⑤クラック&ゴーユニカ
  15. おすすめタイヤチェーン⑥Easy-fit
  16. おすすめタイヤチェーン⑦Autosock
  17. おすすめタイヤチェーン⑧Easy Grip
  18. おすすめタイヤチェーン⑨バイスソック
  19. おすすめタイヤチェーン⑩イエティスノーネット
  20. 冬に大活躍「タイヤチェーン」について調査まとめ

冬に大活躍「タイヤチェーン」について調査

雪道で大活躍するタイヤチェーン、たくさん種類がありますが、選び方ご存知ですか?正しい選び方をしないといざという時に通行出来ないなんて場合もあるようです。

今回は、タイヤチェーンについてや注意点や装着方法、選び方や種類、そして気になるおすすめのタイヤチェーン10選をご紹介します。

アウトドアにおすすめのストーブランキング!寒い冬キャンプもぽかぽかに | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンとは?

まずタイヤチェーンについてですが、タイヤに装着することで凹凸が出来て雪道でも滑りにくくなるので車で雪道を走ることが出来ます。タイヤチェーンについては、様々な種類があり、それぞれメリットやデメリットもあります。

さらに、高速道路では「チェーン規制」などもあり、チェーンやスタッドレスタイヤでないと通行出来ないこともあるので、車を持っている方で冬に山道などを通る際は、持っておかないと大事故や通行出来ないということにもなりかねません。

車中泊で冬の寒さ対策まとめ!防寒におすすめのグッズや注意点など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンの違い

冬用タイヤとして知られている「スタッドレスタイヤ」ですが、「タイヤチェーン」とどのような違いがあるのでしょうか。

スタッドレスタイヤももちろん雪道を通行することは出来ますが、タイヤチェーンと比べるとやはり滑り止めの効果は落ちてしまうようです。スタッドレスタイヤは、深い溝と細かい溝があり、タイヤ部分のゴムも通常のタイヤと異なるので雪道を走ることが出来るのです。

ですが、スタッドレスタイヤを装着しているからとスリップしないと言う事では無いので、過信は禁物です。スタッドレスタイヤは、タイヤ自体を交換する必要がありますが、それに比べて簡単に装着・取り外しが可能なのがタイヤチェーンです。

雪のあまり降らない地域ではスタッドレスタイヤに交換する方は少ないでしょう。そんなスタッドレスタイヤが必要ない地域の方などが雪道を走る際に必要となるのがタイヤチェーンです。タイヤチェーンをタイヤに装着することで雪道を走ることが出来るようになります。

さらには、スタッドレスタイヤを装着している方でも積雪のある山道を走る際は、タイヤチェーンを着けることで滑りにくくなります。ただ、タイヤチェーンを装着していると乗り心地は悪くなってしまいます。他には種類によってはタイヤチェーンを装着している車は通行できない道路などもあるので注意が必要です。

スパイクタイヤとスタッドレスタイヤの違いは?罰則や指定・禁止地域も調査 | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンの種類

一言にタイヤチェーンと言っても様々な種類があるのをご存知ですか?そんなたくさん種類のあるタイヤチェーンを大きく分けて3つご紹介します。

金属チェーン

一般的に金属チェーンと呼ばれているタイヤチェーンにも細かな種類で分けることが出来るのですが、ハシゴ型・ラダー型・亀甲型・リング型・スプリング型・ワイヤー型・ケーブル型などと細かく分かれているのですが、全て金属チェーンに分類されます。

主にタイヤチェーンと呼ばれるのが、この金属チェーンでしょう。主流は、亀甲型の物でラダー型は安価なタイヤチェーンに多く採用されているようです。オートバイなどにもこれらの金属チェーンを装着しています。

比較的どの金属チェーンも安価で購入は出来ますが、乗り心地は良いとは言えません。ですが、万が一チェーンが切れてしまっても補修出来るような物が多いので寿命は長い物が多いでしょう。

非金属チェーン

非金属チェーンと呼ばれるタイヤチェーンは、主にウレタンやゴムなどで作られていて金属チェーンよりは付け方は簡単と言われています。さらに、乗り心地も金属チェーンよりは良いと言われていますが、金属チェーンと比べると高価な物が多いです。

一部の製品では補修パーツも販売されています。ただこの非金属チェーンは、収納スペースが大きくなってしまいます。他には、金属よりも柔らかい為、アイスバーンなどでは効果を十分に発揮出来ない場合もあるようです。

布チェーン

布チェーンと呼ばれているタイヤチェーンは、他にもタイヤソックスやタイヤストッキングなどとも呼ばれています。名前の通り、タイヤに靴下のように特殊な繊維で作られた布を装着するのです。

布チェーンは近年新しく登場したタイヤチェーンの種類なのですが、付け方が他のタイヤチェーンに比べて簡単でコンパクトに収納出来るというメリットがあるので人気です。ですが、金属チェーンよりは価格は高くなってしまいます。

頻繁にタイヤチェーンをする場合はあまりおすすめ出来ませんが、緊急時などにしようする場合は布チェーンがおすすめです。雪道以外を走行する場合は、取り外しを行わないと布チェーンが痛みますので注意が必要です。

さらに、滑り止めの効果だけを見ると他のチェーンの方が滑り止め効果は高いようです。ですが。他のタイヤチェーンよりも装着可能車種が多いので、布チェーンなら装着出来る車種もあるかもしれません。

石油ストーブのおすすめランキング!燃費が良くて冬キャンプにも使える? | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンの選び方

たくさんの種類があるタイヤチェーンですが、どのように選べば良いのでしょうか。タイヤチェーンの選び方について調査しました。

タイヤチェーンの選び方①装着可能か調べよう

一部の車種は、タイヤチェーンを装着することが出来ません。車の車種やタイヤの大きさを把握しタイヤの大きさに合ったタイヤチェーンの選び方をしないといけません。

タイヤチェーンの選び方②メリットデメリットをふまえて選ぼう

タイヤチェーンには様々な種類があり、それぞれにメリットもデメリットもあります。なので、目的に合ったタイヤチェーンを選ぶ必要があります。

タイヤチェーンの選び方③自分で装着や取り外しが出来るか

タイヤチェーンの選び方は、自分で装着したり取り外ししたり出来ることが大事なポイントです。いくら他人が付け方が簡単だと言われても、簡単の度合いは人によって多少異なります。なので、カー用品店で付け方や外し方を教えてくれて実践出来る見本品などがある物で練習する方が良いでしょう。

さらに、購入後も実際車に装着出来るか練習する必要があります。実際、タイヤチェーンが必要な場所というのは寒く雪が積もっていたりするので、スムーズに行う必要があるので練習は必須です。

JISマークやJASAA認定票が付いているものがおすすめ

まず「JISマーク」とは、日本工業規格のことで、この規格に適合している製品に付けられているのがJISマークが、第三者機関で定期的な認証を受けている商品なので安心安全と言えます。

次に「JASAA認定票」は、一般財団法人日本自動車交通安全用品協会で認定されているタイヤチェーンに付いているマークのことです。この認定品のタイヤチェーンは、アイスバーンに強く、着脱が簡単で耐久性も高く日本一長いトンネル関越トンネルを装着したまま走行することが出来ます。

これらの2種類の「JISマーク」「JASAA認定票」のマークが付いたタイヤチェーンは、安全性が高く品質も良いということが言えるでしょう。

車中泊におすすめの車を調査!軽自動車やフルフラットなど人気の車種は? | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンの寿命は?

タイヤチェーンを買うと長期的に安心かと言われるとそうでは無いようです。タイヤチェーンの「寿命はおよそ5年」です。この寿命は、使用頻度が高い場合はさらに短くなります。

使用しないと寿命が延びるの?と思われがちですが、そうではありません。経年劣化などにより安全性が低くなります。さらに、布用チェーンの寿命は長期的な使用には不向きなので他のタイヤチェーンに比べると短命と考えた方が良いでしょう。

なので中古で購入する際は、十分注意が必要です。安全性を優先する為にも新品を購入するようにしましょう。寿命となったタイヤチェーンは、お住まいの各自治体の指示に従い廃棄するようにしましょう。

車中泊用のカーテンでおすすめは?自作・手作りのポイントや選び方を調査 | MensModern[メンズモダン]

いつ着ける?タイヤチェーン

どこまで普通のタイヤで走れて、どこからはタイヤチェーンの装着が必要なのか疑問に思ったことありませんか?通常の道をタイヤチェーンをつけて走るのは走り辛くなりますよね。

タイヤチェーンの装着は、雪が降り出して来たらでもなく、雪景色になってから対向車などをチェックしてみましょう。他には、外気温がマイナス5℃以下になるとスリップしやすくなります。なので、そういった条件があるのであればタイヤチェーンを装着するべきでしょう。

他には、「タイヤ規制」などの掲示があれば必ず必要となります。タイヤチェーンを着ける際は、路肩ではなく、チェーンの脱着場やSAやPAなどで行いましょう。外す際も同じように路肩では行わないようにしましょう。

アウトドアの車の選び方!おすすめSUVなど人気車種を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンの装着時の注意点

タイヤチェーンの付け方をご紹介といきたいところですが、タイヤチェーンを装着している時にはいくつかの注意点があるので、先に注意点をご紹介します。

タイヤチェーンを装着している時も、もちろんですがスピードの出し過ぎに注意しましょう。急停止や急ハンドルなどは大変危険です。大半のタイヤチェーンは、制限速度50km以下となっています。金属チェーンは、30km以下での走行を推奨されていますのでスピードには注意が必要です。

スピードを出し過ぎるとチェーンが切れてしまう恐れもありますので十分注意しましょう。タイヤチェーンの使用後は、水洗いをしましょう。融雪剤などがチェーンの劣化を進ませることがあります。

タイヤに合ったサイズのタイヤチェーンを使用し、劣化していない物を使用しましょう。他には、タイヤとフェンダーの間が十分に空いた車でないと装着出来ない物もありますので確認は必要です。

車中泊におすすめの安心な場所は?簡単に見つける方法や注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

タイヤチェーンの付け方

タイヤチェーンの付け方についてご紹介します。種類によって付け方が異なりますので詳しくは、タイヤチェーンに添付されている付け方をご覧ください。

タイヤチェーンの付け方①全部のタイヤに付ける?

タイヤチェーンの付け方は、FFと呼ばれる前輪駆動・FRと呼ばれる後輪駆動・そして4WDと呼ばれる4輪に駆動力を伝える車種がありますが、それぞれ駆動輪へ装着するのが大半です。4WDでは前輪に装着する車種と後輪に装着する車種があるようです。

どちらのタイヤに装着すれば良いのか迷った際は、車の取扱説明書を読んでみましょう。他にも車に関する役立つ情報が書いていますので見たことが無いかたは、見てみましょう。

タイヤチェーンの付け方②ジャッキアップは必要?

タイヤチェーンの付け方で、タイヤに巻きつけるのでジャッキアップが必要なのでは?と思われる方が多いようですが、ほとんどはジャッキアップは必要ありません。駐車した状態でタイヤの上部から付けれるような仕組みになっています。

車中泊のおすすめ便利グッズまとめ!快適に過ごせる必須アイテムは? | MensModern[メンズモダン]

おすすめタイヤチェーン①バイアスロン・クイックイージー

JASAA認定品なのでおすすめ

カーメイトから販売されているバイアスロン・クイックイージーは、 JASAA認定品で日本製で国内の自動車メーカーの純正品としても販売を行っている程のタイヤチェーンです。

3箇所ロックが付いており、付け方も簡単です。108本のスパイクピンが付いているので、アイスバーンでもしっかりタイヤチェーンの効果を発揮出来るようです。さらに、極寒でも壊れにくい素材が使用されているので安心です。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約26,000円程度とタイヤチェーンの中では高価格です。付け方は、動画で紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン②ECO MESH Ⅱ

JASAA認定品で低価格なのでおすすめ

FECから販売されているECO MESH Ⅱ、 JASAA認定品なので安心安全なタイヤチェーンです。さらに、こちらも付け方は簡単です。

両側ワンプッシュでロックが出来るので素早くタイヤチェーンを取り付けることが出来ます。さらに、収納時もコンパクトに収納出来るので邪魔になりません。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約15,000円程度というタイヤチェーンの中でも低価格で買う事が出来るのでおすすめです。さらに、動画で付け方もご紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン③ツインロック2

JASAA認定品で低価格なのでおすすめ

サイバーネットから販売されているツインロック2、こちらもJASAA認定品で内側にあるロックは差し込むだけという簡単さ、さらに外側のロックもたった2カ所なので付け方が簡単です。

側面部分は伸縮するようになっているので力いらずで取り付けることが出来ます。他には、4.5mmのスパイクピンが付いているので、しっかり滑りやすい路面もキャッチしてくれます。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約15,000円程度というタイヤチェーンの中でも低価格で買う事が出来るのでおすすめです。さらに、動画で付け方もご紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン④P1マジック

30秒で取り付け可能なのでおすすめ

コーニックから販売されているP1マジックは、コーニック社最高傑作とも言われているタイヤチェーンです。付け方はものすごく簡単で、なんとたったの30秒という速さです。

心配なチェーンのズレもマジックテンションシステムというシステムによってベストポジションにチェーンが移動するようです。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約15,000円程度というタイヤチェーンの中でも低価格で買う事が出来るのでおすすめです。さらに、動画で付け方もご紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン⑤クラック&ゴーユニカ

超低価格で緊急時におすすめ

イタリアの会社バイセンフェルス社のクラック&ゴーユニカ、なんと装着すると自動的にがっちり締まるようになっているのでとっても安心です。

亀甲タイプの金属タイヤチェーンなので横滑りしにくいようになっています。さらに、超コンパクトに収納出来るので邪魔になりません。ただ緊急用のタイヤチェーンとなっているようなので、長期利用は難しそうです。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約10,000円程度というタイヤチェーンの中でも超低価格で買う事が出来るのでおすすめです。さらに、動画で付け方もご紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン⑥Easy-fit

12秒で取り付け完了のギネス記録を持ったおすすめのタイヤチェーン

THULE(スリー)から販売されているEasy-fit、何と言ってもこのタイヤチェーンは、ギネス世界記録を持っている取り付けスピード。わずか、12秒という速さで取り付けが可能なのです。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約30,000円から50,000円程度というタイヤチェーンの中でも性能が高い分、高価格です。こちらも同じく動画で付け方が紹介されているので安心です。

おすすめタイヤチェーン⑦Autosock

軽くて超低価格なのでおすすめ

Autosock社の布製タイヤすべり止め、とっても軽量で重さはわずか1㎏程度と軽く、さらに収納時もコンパクトに収納することが出来ます。

緊急用なので、機能はタイヤチェーンと同じような効果がありますが、チェーン規制に関しては場合によっては通行出来ない場合があるので注意が必要なようです。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約8,000円から10,000円程度という超低価格で購入することが出来ます。付け方は、半分被せてから車を少し移動させて着けるという付け方なので少し手間に感じる方もいるかもしれません。

おすすめタイヤチェーン⑧Easy Grip

ミシュラン社が開発した新世代のタイヤチェーン

ミシュラン社が開発したEasy Gripは、ネットタイプの新世代のタイヤチェーンです。150個の金属リングが付いているので、しっかりとタイヤチェーンの効果を発揮してくれます。

さらに、欧州スノーチェーン認定商品なので安心です。夜間反射ディスクが付いているので真横からの視認性も高まるので安心ですね。Easy Gripならタイヤとフェンダーの間が狭い車でも取り付けが可能です。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約14,000円程度という価格で購入することが出来ます。英語での動画になりますが付け方が紹介されています。

おすすめタイヤチェーン⑨バイスソック

ヨーロッパとオーストラリアで認定を受けたタイヤチェーンなのでおすすめ

バイセンフェルスから販売されているバイスソック、ヨーロッパとオーストラリアで認定を受けた安心安全なタイヤチェーンです。

撥水性に優れた繊維が使われていて、付け方も簡単です。ただ、こちらも緊急用としてなので、長距離などには不向きなようです。さらに、チェーン規制時も通行出来ない場合があるようです。タイヤとフェンダーの間が狭い車に関しては、ジャッキアップが必要です。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約8,000円から10,000円程度という超低価格で購入することが出来ます。付け方は、半分被せてから車を少し移動させて着けるという付け方なので少し手間に感じる方もいるかもしれません。

おすすめタイヤチェーン⑩イエティスノーネット

JASAA認定品で世界19か国で認可を受けたおすすめタイヤチェーン

スイス生まれのタイヤチェーン、イエティスノーネットは、スイスをはじめ、日本、ドイツ、アメリカなどなんと19カ国で認可を受けた特許のタイヤチェーンです。

とにかく静かなのに、しっかり路面をキャッチするので安定性もあります。さらに、付け方も簡単でたった2カ所ロックをするだけです。もちろんJASAA認定品なので安心安全です。タイヤとフェンダーの隙間も20mmあれば装着可能です。

価格は、店舗や時期や地域などによって異なりますが、インターネット通販では約30,000円から50,000円程度というタイヤチェーンの中でも性能が高い分、高価格です。こちらも同じく動画で付け方が紹介されているので安心です。

冬に大活躍「タイヤチェーン」について調査まとめ

たくさん種類のあるタイヤチェーンですが、選び方を間違ってしまうと通行出来なかったり、付け方を間違うと事故に繋がることもありますので注意が必要です。適正な選び方、買い方をしてこれから迎える冬支度を行いましょう。くれぐれもタイヤチェーンを過信し過ぎず安全運転で走行して下さいね。


評価 4.2/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ