アウトドアをしていると、必ずしも晴れが続くとは限りません。そんな時に助かるのがゴアテックスのレインウェアです。とにかく雨の日でも快適に過ごすことができるゴアテックスのレインウェアは、多くのメーカーから販売されています。今日はおすすめのレインウェアも紹介します!

ゴアテックスのレインウェアおすすめ特集!お手入れやケア方法も徹底解説

目次

  1. アウトドアに最強!ゴアテックス
  2. ゴアテックスおすすめのレインウェア
  3. 【モンベル】トレントフライヤージャケット
  4. 【モンベル】レインダンサージャケット
  5. 【モンベル】ストームクルーザージャケット、パンツ
  6. 【パタゴニア】ビオレットジャケット
  7. 【ザ・ノース・フェイス】クライムライトジャケット
  8. ゴアテックスは毎回の手入れが重要
  9. ゴアテックスのレインウェアの洗濯方法
  10. ゴアテックスのレインウェアを定期的にケアしよう
  11. 撥水剤はレインウェアを長持ちさせるポイントになる
  12. アイロンをあてて撥水性を回復させよう
  13. 傷や小さな破損はその都度修復を!
  14. ゴアテックスのレインウェアは保管もきちんと行おう!
  15. ゴアテックスのレインウェアで雨の日も快適なアウトドアを

アウトドアに最強!ゴアテックス

アウトドアを趣味にしている人はたくさんいるのではないでしょうか?釣りをしたり、キャンプに出かけたり、アウトドアで現実の生活から離れて自然を感じることは、とてもリラックス出来ますよね。しかし、毎回晴れが続くとは限りません。

ベテランのアウトドアをしている人達なら、雷雨に見舞われたり、大雪に遭遇したことは1回や2回はありますよね。前もって決めているアウトドアの日を変更することは難しいですし、雨の中でアウトドアをしなければなりません。そんな時に助かるのがレインウェアです。

アウトドアをするのにゴアテックスのレインウェアは必須!

天気が代わりやすい山や、海の側だと急な雨がふってしまうことがあります。そんな時に助かるのがゴアテックスのレインウェアです。レインウェアなんてどれも一緒と思っていませんか?実はゴアテックスのレインウェアを着てしまうと、その圧倒的な差に驚きますよ。

アウトドアをしていく上で、ゴアテックスのレインウェアは1つもっていると非常に便利なアイテムです。100円均一でもレインウェアは販売されていますが、やはりアウトドアをするならゴアテックスのレインウェアを持っておきましょう!

ゴアテックスのレインウェアには多くの魅力がある

ゴアテックスのレインウェアにはおすすめするポイントがたくさんあります。ゴアテックスは防水性が高く、雨水を弾いてくれますので、雨が降っていても濡れることはありません。また、レインウェアにありがちなことが防水性が高くても中に湿気がこもってしまうことです。

ゴアテックスのレインウェアなら、その心配もなく、水分子よりも小さな孔がゴアテックスの表面に開いており、その孔から水蒸気を排出します。孔は水分子より小さいので、水を通すことはありませんが、中の水蒸気は外に出してくれますので、快適にすごすことができるのです。

また、レインウェアとしてではなくても、ゴアテックスの生地自体とても強度があり、防風性にも優れています。寒い時にも風を通しませんので、寒さを凌ぐことができます。ゴアテックのレインウェアは、雨が降っていなくても助かりますよね。

ゴアテックスおすすめのレインウェア

ではゴアテックスを取り入れているレインウェアでおすすめのレインウェアは、何でしょうか?ゴアテックスのレインウェアは非常にたくさんの種類があり、それぞれに機能性や着心地などのメリットがあります。

多くのアウトドアブランドがゴアテックスを取り入れたレインウェアを販売している

ゴアテックスは生地の素材になりますので、多くのブランドに取り入れられています。アウトドアブランドから販売されているレインウェアには、多くゴアテックスが使われていますので、それぞれのブランドで着比べてみて下さいね。

では、ゴアテックスのレインウェアでおすすめを紹介します!どのレインウェアも高機能かつ、デザイン性も高くなりますので、レインウェアだけでなく、アウトドアでのおしゃれとしても使えますよ。是非参考にしてみてくださいね。

ゴアテックスのジャケットおすすめ集!メンズ用の人気ブランドを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【モンベル】トレントフライヤージャケット

アウトドアブランドの中でも、人気が高いのがモンベルです。モンベルからはゴアテックスのレインウェアとしては、トレントフライヤージャケットが販売されています。このレインウェアの特徴は軽さに特化していることです。

軽量コンパクトなステイルで作られており、また細部まで撥水処理されていますので、ちょっとした雨の侵入も防いでくれます。アウトドアをしている時に、衣服が重いと最初はよくてもだんだん動くことに負担になってきてしまいます。トレントフライヤージャケットは、シームテープを細くしたり、裁縫箇所を減らしたりすることで軽量化を実現しています。

トレントフライヤージャケットはカラーも豊富ですのでメンズだけでなく、レディースでも兼用で使うことができます。またトレントフライヤージャケットにはスタッフバッグが付いていますので、持ち運びにも便利でコンパクトに収納できます。

モンベルのレインウェアをご紹介!おすすめはやっぱりゴアテックス? | MensModern[メンズモダン]

【モンベル】レインダンサージャケット

モンベルから販売されているレインダンサージャケットも、ゴアテックスを使用したモデルです。レインダンサージャケットは、モンベルでは定番のモデルで、比較的手頃な値段になります。初心者の方はまずこのレインダンサージャケットがおすすめです。

レインダンサージャケットはシルエットも綺麗になりますので、すっきりとレインウェアを着こなしたい人にはもってこいです。もちろん、防風性にも優れていますので、冬場は下にニットやフリースを着たりするだけで、寒さを十分凌ぐことができますよ。

レインウェアはたくさんの種類がありますよね。初心者だとさらに悩んでしまいます。レインウェアにあまり高い値段はだしたくない、けれども機能性は十分確保したい、という方にはレインダンサージャケットがおすすめですよ。

【モンベル】ストームクルーザージャケット、パンツ

モンベルから販売されているストームクルーザージャケットとパンツも非常に高い防水性を誇っています。沢山販売されているレインウェアの中でも最高クラスのレインウェアで、防水性、透湿性、軽量化、耐久性を備えています。どの機能をとっても最高傑作のレインウェアです。

ストームクルーザーに使われているゴアテックスの素材は、高いレベルの通気性があり防水性に関しては右に出るものはいません。また、ストームクルーザージャケットやパンツは、縫い目も最小限になっており、軽量化しています。

レインウェアといえばジャケットがメインになりますが、ストームクルーザーパンツは登山靴を履いたままでも脱着できるようになっています。サイドにジップがついており、楽に脱着ができます。登山は山頂に近づくと、雨になることも多いので、とっさに履くことができるストームクルーザーパンツはとても役立ちますのでおすすめです・

【パタゴニア】ビオレットジャケット

アメリカの登山用品やサーフィン用品などアウトドアの用品を中心に販売しているブランドですよね。パタゴニアから販売されているビオレットジャケットは耐久性が高く、防水性も最高クラスのゴアテックスファブリクスを採用しています。

ビオレットジャケットはストームフラップと止水ジップがフロントにあり、フードも視界を遮らないので雨の日でも快適に過ごすことができます。また、寒い時期にでもビオレットジャケットで助かるのが、ハンドウォーマーポケットがついていることです。

パタゴニアにビオレットジャケットは他のレインウェアに比べると、値段は高価になりますが、その分性能は素晴らしくなります。

【ザ・ノース・フェイス】クライムライトジャケット

アウトドアブランドで人気のザ・ノース・フェイスからもゴアテックスを使用した、レインウェアが販売されています。ザ・ノース・フェイスのクライムライトジャケットはコンパクトに設計されており、アウトドアに最適なレインウェアです。

もちろんゴアテックスを使っているので、防水性は抜群なのは確かですがハンドウォーマー付きのポケットがあり、防寒性にも優れています。またベンチレーションが付いていますので、汗をかいても素早く汗を発散させることができます。

ボーチがついていますので、コンパクトに持ち運びすることができますし、カラーも豊富なので自分好みのレインウェアを選ぶことが出来ますよ。アウトドアをする際には持っておきたいレインウェアです。

ゴアテックスは毎回の手入れが重要

ゴアテックスは基本的にレインウェアとしては高価になります。ですが、しっかりと手入れをしておくと、長く使用することができます。せっかく手に入れたゴアテックスのレインウェアなので、正しい方法で手入れやケアをしましょう!

ゴアテックスのレインウェアの洗濯方法

ゴアテックスのレインウェアは使用したら毎回きちんと正しい洗濯方法で洗濯しなければなりません。初めは面倒と思うかもしれませんが、慣れてくると簡単ですので、しっかりと覚えておきましょう!ゴアテックスのレインウェアの洗濯方法を紹介します!

①必ずファスナーを閉じて、ネットに入れる

まず洗濯をする時に、ゴアテックスのレインウェアについている洗濯などの表示タグを確認しましょう。同じゴアテックスといえど、使われているパーツなどによって洗濯機で洗濯しても良かったり手洗いしかしてはいけなかったりと、洗濯方法が変わってきてしまいます。必ず確認してから洗濯するようにしましょうね。

ゴアテックスのレインウェアを洗濯する前に、することとして、必ずファスナーなどを閉じておきましょう。パーツによっては負荷がかかってしまい破損や劣化の原因になります。また、ネットに入れて洗濯しましょう。

ネットにいれることで、紐などが引っかかってしまったりする危険を減らすことができます。収納されているフードなどがあれば、出してからネットにいれましょうね。

②専用洗剤を入れてぬるま湯で洗濯する

ゴアテックスのレインウェアは汚れが残ってしまうとと撥水性が低下してしまいます。ですので、洗濯する時には専用の洗剤とぬるま湯で洗濯するのがベストです。一般的な洗剤をつかってしまうと、ゴアテックスの表面にある小さな孔に洗剤あつまってしまう危険があります。

孔に洗剤が詰まってしまうと、中にある汗や湿気を外に排出することができませんし、撥水性も低下してしてしまいます。専用の洗剤ですが、アウトドアショップにいけばほぼ必ず販売されていますので、レインウェアを購入する時に一緒に購入しておきましょう。

ぬるま湯で洗濯することで、汚れを落としやすく、かつ洗剤残りも少なくなるので、ゴアテックスのレインウェアの撥水性を維持することができますよ。ゴアテックスのレインウェアを長く使うためにも、専用洗剤とぬるま湯を使って洗濯しましょうね。

③すすぎは2回以上しっかりとする

洗濯が終わると、すすぎをしましょう。ゴアテックスのレインウェアの場合には、すすぎをしっかりと行いましょう。先程述べたように、ゴアテックスのレインウェアに洗い残した汚れや洗剤は、天敵になります。必ずすすぎをしっかりと行いましょう。

可能であれば2回~3回がおすすめです。防水性が高いゴアテックスのレインウェアは、水を通すことが少ないので、1回のすすぎでは高価が弱くなります。ですので、最低でも2回はすすぎをおこないましょうね。

④風通しが良い日陰に干す

洗濯し終わったら、風邪通りがよいベランダへ干しましょう。ここで注意しなければならないのが、直射日光の場所に干さないということです。ついつい天気がよかったら、おひさまがあたる場所に干したくなりますよね。しかし、直射日光はゴアテックスそのものの生地の劣化を招いてしまいます。

もしも、洗濯した後に乾燥機がある場合には、乾燥機を使うのも1つの方法です。ゴアテックスのレインウェアは大部分が乾燥機に入れても大丈夫です。乾燥機があるなら、熱を加える乾燥機の方がおすすめです。しかし、表示によっては乾燥機がいけないものもありますので、しっかりと確認することが大切です。

ゴアテックスの洗濯方法まとめ!長持ちさせる正しいメンテナンスの仕方は? | MensModern[メンズモダン]

ゴアテックスのレインウェアを定期的にケアしよう

ゴアテックスのレインウェアは、毎回の洗濯以外でも定期的にケアをしなければいけません。きちんと手入れをした上で、定期的なケアをしておくと、長持ちしますので、是非定期的に行いましょう。

ゴアテックスのレインウェアを長持ちさせるには定期的なケアが大切

ゴアテックスのレインウェアは、素材が非常に高機能ですので、使用した後は必ず洗濯したりと手入れをしたり、数ヶ月に1回の間隔でケアをしなければいけません。しかし、それさえしておけば、ゴアテックスのレインウェアを長く使用することができます。

ではそのケアをする方法を紹介します。どれもよくゴアテックスのレインウェアを使う人は1ヶ月に1回程度、たまに使う人であれば3ヶ月に1回程度の手入れの頻度で大丈夫ですので必ずするようにしましょうね。

撥水剤はレインウェアを長持ちさせるポイントになる

定期的なケア方法の1つが、撥水剤を使用することです。ゴアテックスのレインウェアは撥水性に優れていますが、やはり長く使用しているとだんだん撥水性は低下していってしまいます。ですので、撥水剤をしようして撥水性を復活させましょう。

撥水剤もアウトドアショップにいけば、ほぼ必ず手に入りますし、今はネット通販でも購入することができますので、1つ持っておきましょう。撥水性はレインウェアの要になります。

アイロンをあてて撥水性を回復させよう

ゴアテックスのレインウェアに熱をあてると撥水性を回復させてくれます。ですので、日頃の手入れとしては乾燥機などで温めて乾燥させたり日陰に干すことで良いですが、たまにはアイロンを当てて熱で撥水性を回復させることが大切です。

熱はレインウェアの撥水性を回復させることができる

ゴアテックスのレインウェアは熱で撥水性を回復するので、アイロンを低温~中温に温めてレインウェア全体にまんべんなく熱を加えていきましょう。そうすると撥水性が回復して、水を弾いてくれるようになります。この方法で注意しなければならないのが、いきなりレインウェアで試さずに、初めは見えない場所でアイロンが大丈夫か試してみましょう。

いきなり行ってしまうと、熱で溶けてしまうことがありますので、必ずアイロンを当てる方法をするときには、見えない場所で試して大丈夫か確認してからにしましょうね。

傷や小さな破損はその都度修復を!

アウトドアでレインウェアを使っていると枝に服をすってしまったりして、小さなキズが出来たり破れてしまうことがあります。そんな時には、きちんと修理することも大切なケアです。小さなキズを放置していると、そのまま大きくなってしまう危険があります。

リペアシートなどで補修しよう

今は、ゴアテックスのレインウェアに使えるリペアシートも売られていますし、それらは簡単に修理をすることができますので、必ず見つけた時には補修しておきましょうね。リペアシートもアウトドアショップや通販で購入することができます。

ゴアテックスのレインウェアは保管もきちんと行おう!

ゴアテックスのレインウェアは保管もきちんとしておかなければなりません。畳んで他の服と一緒にいれているのではなく、きちんとした方法で保管しておくのが長持ちの秘訣です。ではその方法とは何でしょうか?

直射日光や湿気が多い場所には保管しない

せっかく手入れやケアをきちんとしたのに、保管を適当にしてしまうとゴアテックスのレインウェアも劣化していってしまいます。ゴアテックスのレインウェアを保管する時には、風邪通りが良く、湿気が少ない場所に保管しましょう。

もちろん直射日光があたる場所はNGです。クローゼットでも保管は大丈夫ですが、除湿剤や防虫剤をしっかりと置いておき、定期的に空気を入れ替えてあげましょう。

たたまずハンガーに吊るして保管

ゴアテックスのレインウェアはたたまずにハンガーに吊るして保管することを、推奨しています。湿気もこもりにくいですし、シワにもなりにくいので、レインウェアを保管する時には、必ず吊るして保管しましょうね。

ゴアテックスのレインウェアで雨の日も快適なアウトドアを

アウトドアで雨の日って、本当に憂鬱ですよね。しかし、ゴアテックスのレインウェアがあれば、そんな雨の日も快適に過ごすことができます。湿気がこもりにくいのに、ちゃんと雨をはじいてくれるゴアテックスのレインウェア。

1つ持っておくと、アウトドアだけでなく通勤通学などにも非常に便利です。スポーティなデザインもおしゃれですので、おすすめのアイテムです。

雨の日もゴアテックスのレインウェアがあれば、アウトドアを楽しむことができる

雨の日もゴアテックスのレインウェアがあれば、楽しくアウトドアをすることができますし、雨の日にしか出来ないことも、チャレンジすることができますね。ゴアテックスのレインウェアはきちんとケアや手入れをしておくと、長い人だと10年以上使っている人もいます。

せっかく購入したゴアテックスのレインウェアなので、きちんと手入れをして今の状態を維持してあげましょう。手入れ自体も難しいことはありませんので、是非手入れやケアをしてあげてくださいね。


評価 4.5/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ