Wi-Fiルーターは無線LAN環境を構築する際に必須のアイテムですが、皆さんはどのような基準で無線LANルーターを選択されていらっしゃいますか?今回はWi-Fiルーターのおすすめ人気機種をランキングにてご紹介!おすすめ機種が目白押しです。

Wi-Fiルーターのおすすめランキング!人気の無線LANの選び方は?

目次

  1. 快適な無線LAN環境には優秀なWi-Fiルーターが必須
  2. 快適無線LAN環境の為の正しいWi-Fiルーターの選び方
  3. Archer C1200(TP-Link)
  4. WHR-1166DHP4(BUFFALO)
  5. WN-AX1167GR(IODATA)
  6. Pocet WiFi 603HW(ファーウェイ)
  7. Speed Wi-Fi NEXT W04(ファーウェイ)
  8. Aterm MR05LN PA-MR05LN(NEC)
  9. Aterm WG2600HP2(NEC)
  10. R8500-100JPS(NETGEAR)
  11. RT-AC88U(ASUS)
  12. WXR-2533DHP2(BUFFALO)
  13. AirMac Time Capsule(Apple)
  14. WRC-2533GHBK2TA(ELECOM)
  15. おすすめWi-Fiルーターで快適無線LAN生活を!

快適な無線LAN環境には優秀なWi-Fiルーターが必須

PCを用いたインターネット接続において、通信速度を考えると有線接続での利用が最適である事は言うまでもありません。しかしながら有線接続の場合はどうしても利用場所が限定されてしまいます。更に現在は様々な機種がWi-Fiに接続する事が出来る時代。月々の通信費の節約も勿論ですが、同一Wi-Fiネットワーク上のデバイス同士がLINKする機能なども備わっており、もはやWi-Fi環境は必須となっております。

そういった理由も有る事から何よりもまずWi-Fiを利用した無線LAN環境を構築したい所ですが、その為には兎にも角にもWi-Fiルーターが必要となります。無線LAN環境を快適に使う事が出来るか否かは、このWi-Fiルーターによるところが非常に大きい為、Wi-Fiルーター選びは無線LAN環境を構築する上での「最重要ポイント」となっております。

そこで今回は、今話題の人気おすすめWi-Fiルーターをジャンル別のランキングにてご紹介させて頂きたいと思います。この記事を参考にあなたの利用環境に適した一台を探し出し、快適な無線LAN環境をGETしてください。また、正しいWi-Fiルーターの選び方も併せてご紹介致しますので、そちらも要チェックですよ。

快適無線LAN環境の為の正しいWi-Fiルーターの選び方

正しいWi-Fiルーターの選び方①周波数帯域をチェック

それでは環境や目的ごとのルーターの選び方を紹介していきたいと思います。まず現在一般的になっている無線ルーターは「2.4GHz」と「5GHz」という2つの周波数帯を利用できるものがほとんどです。ルーターにこういったGHz表示がされているのを見た事がある人も多いでしょう。これらはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

2.4GHz帯の周波数はほとんどの無線ルーターが対応可能な周波数で、様々なパソコンや周辺機器、または電子レンジなどにも使用されていますね。電波が強く、比較的障害物があっても遠距離でも適応できるのが特徴でもあります。その反面、この周波数は使用している機器が多いため混雑と電波干渉が起こりやすいのがデメリットと言えるのでそこが選び方の注意点です。

反対に5GHzの周波数は新しい周波数帯でこの帯域を使用している機器がまだ少ないため電波干渉が起こりにくいのがメリットです。数字通り2.4GHzより速度も速いですね。しかし障害物に弱かったりまだ対応していない機器があるなどデメリットも存在していますので選び方としてはどの目的で使用するにしても2.4GHzと5GHz両方に対応しているルーターを選ぶのがおすすめです。

正しいWi-Fiルーターの選び方②通信速度と規格をチェック

無線ルーターにはそれぞれ「規格」が設定されています。無線ルーターの詳細表示欄を見てみれば「11a」とか「11n」といった数字とアルファベットが書いてありますが、それがその無線ルーターが対応している通信規格になります。「11b」と「11g」が2.4GHz帯、「11a」と「11ac」が5Ghz帯、「11n」が両対応となっていますね。

また通信速度もそれぞれ違い、速い順に11ac>11n>11a>11g>11bとなっています。特に11acは最新の通信規格で11nが600M(メガ)bpsなのに対し11acは6.9G(ギガ)bpsという速度になっており単位そのものが違い非常に高速です。したがって通信規格の選び方では11acにも対応しているルーターを選ぶと非常に快適だと言えますね。

しかし11acは通信を受ける機器のほうも対応していないと接続できないため選び方は注意です。しっかり購入前に対応規格は確認しておきましょう。古いパソコンだと対応していない可能性も高いです。その場合は11nに対応しているモデルを選ぶといいでしょう。11nでもそんなに悪くはありません。通信規格の選び方としては十分おすすめできます。

正しいWi-Fiルーターの選び方③自身の居住環境との適合性をチェック

上記した通り無線ルーターは通信を無線で飛ばす機器のため、ルーターと受ける機器の間に障害物があると通信が阻害されてしまう可能性もあります。したがってルーターの選ぶ際は居住している空間も考慮した選び方をしなければいけません。

例えばワンルームの部屋で無線ルーターを使用するなら障害物がほとんどないので範囲が狭いルーターや障害物に弱い5GHz帯のルーターでも問題なく使用できますね。しかし部屋が広く、1台のルーターで複数階または複数の部屋で使用する場合は範囲が広いルーターだったり障害物に強い2.4GHz帯のルーターを基準値として選ぶことも考慮しなければなりません。

無線ルーターの電波は壁を通り抜ける際に弱まるため壁の厚さなども選び方としては重要ですね。いずれにしても無線ルーターの選び方では居住空間のレイアウトを考えて目的にあった基準の種類を選ぶ必要があります。仮に壁が厚い部屋を通すのであれば後述する「ビームフォーミング」などの機能を備えているモデルも選び方として選択肢に入ってくるでしょう。

正しいWi-Fiルーターの選び方③アンテナの本数をチェック

また多い人数で一度に一つのルーターに接続する場合は無線ルーターの「アンテナの数」も基準に合わせて選んだ方がいいでしょう。実は無線ルーターはデータの送信を希望したデバイスに順番に電波を送信しているので(もちろん人間には分からないくらい高速)一度にアクセスが集中すると混雑を起こして速度が低下してしまう可能性があります。

アンテナの数が多いとそれだけ処理を分散できるので通信速度が速くなりやすいというわけですね。例え人数が多くなくとも現代ではスマホ、パソコン、タブレットなど一人で複数のデバイスを接続しますから今からルーターを購入するなら最低でもアンテナが2本あるタイプのルーターを選びたいですね。

上記のようにアンテナの数はルーターの選び方において非常に重要ですが、アンテナの種類も重要です。ルーターのアンテナは内蔵されているタイプと外に出ているタイプの2種類があります。内蔵型アンテナのメリットはコンパクト性です。全体の形状が箱型になるのでどこにでも置きやすいですね。

アンテナが外に出ているタイプはコンパクト性にこそ掛けますが、見た目通りアンテナの角度によって電波の受信、発信状況を変えられるため比較的電波が届きにくい場所にもアンテナを物理的に向けることで届かせることが可能になります。階層の多いマンションや戸建てに住んでいる人はこれも重要視すべきですね。

Archer C1200(TP-Link)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【コスパ】③位

一人暮らしやそれほど広くない家にお住まいであれば機能を抑えたコスパのいいルーターを選んでも問題なく使えます。コスパのいいルーターの基準値は1万円になるでしょうか。それ以下であれば比較的安価と言ってもいいと思います。この価格帯は無駄な機能を捨て、通信に特化した機種が多いので選び方もそれほど難しくありません。

中国のメーカーTP-Link(ティーピーリンク)の「Archer C1200」というルーターは外部アンテナが付属しており、電波が強くておすすめです。価格も小売店では5000円や6000円で販売してることも多くコスパがよくておすすめですね。

WHR-1166DHP4(BUFFALO)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【コスパ】②位

パソコン周辺機器業界でトップクラスに有名なバッファローの「WHR-1166DHP4」という種類は高性能なわりに値段が控えめでコスパがいいです。通信規格も最新の11acまで対応していますし、5GHzと2.4GHz両方が使用できます。

公式ホームページでは2階建ての家での使用が推奨されているように範囲も広いですね。これで価格は6,998円と手を出しやすい価格(公式の価格なので小売店によってはもっと安い)なので迷ったらこの機種を選ぶのがおすすめですね。機能性と経済性を両立させた選び方をするなら非常におすすめです。

WN-AX1167GR(IODATA)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【コスパ】①位

IODATA(アイオーデータ)の「WN-AX1167GR」はアンテナが2ついており、さらに11bから11acまで対応しているなど通信規格が多くビームフォーミングまで対応しているおすすめのルーターです。価格も公式では8,900円ほどしますが、某カメラ店などでは5,000円台で販売していることもありコスパがいいです。

Pocet WiFi 603HW(ファーウェイ)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【モバイル】③位

モバイルルーターは基本的に販売している通信会社と契約し、無線通信を行えるようになります。契約さえすればモバイルルーター自体の料金がゼロになることも珍しくないですね。ワイモバイルの無線ルーターも2年契約を結べば月4,000円前後でモバイルルーターを使用することができます。モバイルなので外出時にも持ち歩けて便利ですね。

Speed Wi-Fi NEXT W04(ファーウェイ)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【モバイル】②位

こちらは近頃CMでもよく見るようになった「UQコミュニケーションズ」のWiMax(ワイマックス)回線を使用したモバイルルーターです。魅力は3,411円ほどで月間の使用データ量が無制限になる「ギガ放題」というプランですね。モバイルルーターは月間の通信料に制限が掛かることが多いのでこれは非常にありがたいです。

また大手通信事業者だけあってキャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁にやっているため通常料金より割安で済む事も珍しくありません。それらのメリットを合わせると、外出先でも動画などが見放題になるUQのWiMaxが最もおすすめだと感じますね。

Aterm MR05LN PA-MR05LN(NEC)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【モバイル】①位

モバイル部門の1位はNEC製モバイルWi-Fiルーター「Aterm MR05LN PA-MR05LN」このWi-Fiルーターが1位に選ばれたのは「SIMフリー」だからというのが最大のポイントです。このWi-FiルーターならどのキャリアのSIMカードでも利用する事が出来るので、MVNOキャリアの格安SIMを使えば毎月の通信費の部分で大きな恩恵を受ける事が出来るのです。

また、海外へ渡航する際も現地のSIMをプリペイドで購入して使用する事も出来たりと、SIMフリー端末を選択した場合のメリットは非常に大きいのです。端末自体の性能は、どの製品もそこまで差がある訳では無いので、通信費を安くしたり、海外への渡航を頻繁に行うような方は、間違いなくSIMフリー端末を選択するとよいでしょう。

Aterm WG2600HP2(NEC)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【ハイエンド】③位

クオリティの高い無線機器を送り出しているNECの無線ルーターブランド「Aterm」のハイエンドモデルである「WG2600HP2」は11ac対応かつアンテナが4つあり、無線ルーターをバリバリ使いこなしたい人にとって非常におすすめの機種です。

価格は1万5,000円前後と上記に紹介したコスパのいいモデルより若干値は張りますが、最大1428Mbpsもの速度を叩き出します。自宅だけでなくオフィスなどでも有用ですね。

R8500-100JPS(NETGEAR)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【ハイエンド】②位

こちらの機種はデュアルCPU搭載で通信速度もASUSのRT-AC88Uに負けず劣らずで「MU-MIMO」まで搭載しているという優れものです。オンラインゲームの為に作られたような無線ルーターですが、大容量のファイルの通信を無線で行いたい場合にも便利です。ただし、発熱温度が高いので熱暴走しないよう設置場所は注意して選ぶ必要があります。

RT-AC88U(ASUS)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【ハイエンド】①位

最大接続台数18台という脅威の数字を出す、台湾のPCメーカー「ASUS(エースース)」の「RT-AC88U」です。接続機器を狙って電波を飛ばせる「AirRader」という機能が特徴的ですね。また設定すればゲーム機との通信を優先してくれるシステムもあるので通信負荷の大きいゲームをやるときにはおすすめです。

この機種は2,4GHz帯の通信速度が1000Mbps、5GHz帯の通信速度が2167Mbpsと5GHz帯が2Gbpsを越えるハイスペックになっています。4K動画の視聴や配信、オンラインゲームを無線で行いたい場合に打ってつけと言えます。ただし設定の方法がわかりにくく、通常のネット使用ではオーバースペックの為マニア向けの製品になっています。

WXR-2533DHP2(BUFFALO)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【総合】③位

この「WXR-2533DHP2」というモデルは2.4GHzと5GHzに対応しており、アンテナも「4×4」、通信速度が最大「1733+800」という非常に基準値の高いWi-Fiルーターです。これ一台で大抵の居住空間をカバーする事が可能です。通信速度も非常に高速で、まさに万能型Wi-Fiルーターと言えるでしょう。

CPUも無線ルーターなのにノートパソコン並みの1.4GHzデュアルコアを搭載していますし、「MU-MIMO」という複数デバイスへの接続を容易にするシステムも搭載されているので機器の同時接続、高負荷通信の処理に強みを見せる機種ですね。さすがバッファローといった所でしょう。

AirMac Time Capsule(Apple)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【総合】②位

こちらはIPhoneやMacでお馴染みのAppleコンピューターの超高速Wi-Fiベースステーションである「AirMac Time Capsule」です。こちらはただのWi-Fiルーターでは無く、HDDを搭載したベースステーション。このステーションに接続した全てのApple製デバイスのバックアップは自動的に行われ、Time Capsule内に保存してある全てのデータを全デバイスで共有する事が出来ます。

早い話がWi-Fiルーターと大容量の自宅用iCloudが一つになったものというイメージでOK。Apple製のデバイスで統一している方に非常におすすめな製品です。このベースステーションがWi-Fiネットワークの司令塔となり、同一ネットワーク上にある全デバイス間のデータ移行や、プリンター接続も可能にします。一度使うと手放せない!そんなアイテムです。

WRC-2533GHBK2TA(ELECOM)

快適無線LAN!おすすめ人気Wi-Fiルーターランキング【総合】①位

この機種は簡単に言えばNECとバッファローの両方の良さを兼ね備えたものになってます。どう兼ね備えてるかですがNECの「MU-MIMO」とバッファローの簡単な設定の部分になります。特に設定面は専用アプリからスマホで簡単に行うことができます。また、セキュリティ面も強化されており現時点で一般家庭向けでは一番おすすめと言えます。

おすすめWi-Fiルーターで快適無線LAN生活を!

こうしてご覧いただいて、Wi-Fiルーターにも様々なジャンルやタイプがある事がお分かりいただけたのではないでしょうか。冒頭で申し上げた通り、Wi-Fiルーターは無線LAN環境を構築する「肝」となる部分を担う物です。自分の環境に最適なものを選ぶ事が何よりも重要です。是非今回の記事を参考に、快適無線LAN生活を実現してください。

ルーターとハブの違いとは?利用用途や接続方法・選び方など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]
ルーターとモデムの違いとは?初心者必見の接続方法や相性など調査 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.3/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ